友引とは!お宮参りや引っ越しはOK?宝くじを買うのは?

それとなくカレンダーを見ていると、「大安」や「仏滅」、

「友引」などと書かれているのを見たことはありませんでしょうか?

普段の生活であまり気に留めたことがないかもしれませんが、

カレンダーの日付の横あたりに小さく書かれていることを

目にしたことがあるのではと思います。

 

大安や仏滅であれば字面からなんとなく意味も想像で分かると思いますが、

友引とは具体的にどのような日か想像しづらいですよね。

周りの人に聞いても、

友引とはどんな日か具体的に知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

友引などにはきちんとした意味があり、

実はその日にやる行動で避けた方がいいことなどがあるんです!

 

ここでは、そんな友引の具体的な意味について、

そして友引の日にやっても大丈夫なこと、

避けた方がいいことなどを紹介していこうと思います。




スポンサーリンク






友引って聞くけれど、そもそも友引とは?

すでにご存知かもしれませんが、

「友引」は「ともびき」、または「ゆういん」と読みます。

 

この「友引」は中国の暦法である六曜のひとつです。

六曜と言うように、その種類は

「大安」、「先勝」、「友引」、「先負」、「赤口」、「仏滅」

と6つあります。

 

日々の吉凶や運勢が順番に流れており、

それぞれの日付、そして時間ごとに運勢が決まっているという思想です。

 

中国で使われ始めた正確な時期は判明していないのですが、

日本では鎌倉から室町時代(1185~1573年ごろ)にかけて

伝来してきたと言われております。

日本で広く庶民の間にも使われる要になり始めたのは

江戸時代(1603~1868年)の末期頃だそうです。

 

しかし、明治時代(1868~1912年)に入ると

「六曜に根拠はなく迷信である」として政府が利用を禁じました。

一度利用が禁じられたのですが、

庶民の間で必要であるという要望も多かったことから、

完全に廃止されることがなく現在も使われております。

 

ただ、六曜は根拠のない迷信であり、無用な混乱を避ける必要がある等の理由から、

公共機関の作成するカレンダーでは掲載しないように指導を行う行政機関があるようです。

 

六曜についてはこれぐらいにしておきまして、

そろそろ「友引」の意味についてご案内しましょう。

 

友引は「何をしても勝負がつかない」とする日、

つまりは現状が継続する日という意味です。

それに加え、「朝晩は吉、昼は凶」というように、

時間帯によって吉凶が変化する日でもあります。

 

もともとは「勝負事で共に引き分けになる」ということで、

「共引」と書いていたそうですが、

音が同じであることから陰陽道で使われている「友引方」と混同されて

「友引」と変わっていきました。

 

「友引方」は「凶禍が友人に及ぶとする方角」で、

今では「凶事を友に引く」という意味合いでの友引の使われ方がむしろ一般的です。

 

いま一度整理しますと、友引にはふたつの意味があるということになります。

 

凶事を友に引く

勝負がつかない日

 

うーん・・・意味だけ分かっていてもイメージが沸いてこないですね。

 

友引の日とは、

「吉凶を引き込む日」というように言い換えると分かりやすいと思います。

 

葬式や葬儀などの「不幸(凶)事」は、

友に悪い事を引き込んでしまうため避けたほうがいいとされます。

それとは逆に結婚式などの「お祝い(吉)事」は、

友に福を招くということでいいとされております。

 

友引は友人と一緒に祝い事をしようという日なんですね。




スポンサーリンク






赤ちゃんを迎えてからの一大行事、友引の日にお宮参りは大丈夫?

授かった赤ちゃんの今後の成長を祈念するための行事である「お宮参り」。

赤ちゃんが生まれてから一番初めに迎える行事ですので、

避けた方がいい日があるならば知っておきたいですよね。

 

お宮参りをする日としては、

男の子であれば「生後31日または30日」、女の子であれば「生後33日または31日」

に行うのが良いとされております。

 

お宮参りは「お祝い事」に当たりますので、

友引の日にお宮参りを行っても大丈夫です。

ただ、友引の日は昼は凶とされておりますから、

できれば昼を避けたほうがよいという程度です。

 

赤ちゃんは夕方に愚図る事が多いでるから、

友引の日にお宮参りをする際は午前中に行うことが良いでしょう。

 

しかし、最近では参拝時期や六曜にこだわることも少なくなってきており、

赤ちゃんの体調や天候などを見て都合のいい日にお宮参りを実施することが多いです。

お宮参りに当たる季節が真夏や真冬で赤ちゃんに負担がかかってしまうようなときは、

気候が緩やかになる時期にずらして行うというケースも少なくありません。

 

少々話しがずれてしまいましたが、友引の日にお宮参りを行うことは大丈夫です。

朝晩は吉、昼は凶とされておりますので、

友引であれば昼を避けた時間帯がいいですね。




スポンサーリンク





友引に引っ越しするのはどうなの?

友引の日は厄事が友人に及ぶかもしれないとのことでしたが、

それでは引っ越しを友引の日にしても大丈夫なのでしょうか?

 

引っ越しの手伝いを友人に頼むことで、

何か厄介ごとが友人に降りかかってしまいそうで怖いですね。

重い荷物を運んでもらって、

「もしかしたら怪我をさせてしまうかも・・・」なんて考えが浮かんできそうです。

 

しかし、友引の日に引っ越しをすることはおススメなんです!

 

友引の意味について紹介した時に触れましたが、

友引には二つの意味がありましたよね。

 

「凶事を友に引く」と、「勝敗がつかない日」。

 

友人と友好な関係が気付けている場合は、

「友人との関係が今後も継続する」というような意味合いと取ることができます。

それに引越しも「新しい門出」ということで、お祝い事のひとつですからね。

このため友引の日に引っ越しをすることはおススメなのです。

 

ただ、やはり友引の日は昼は凶とされていますので、

11~13時のお昼時に作業を行うことを避け、

この時間帯に食事休憩などを挟めばより順調に引っ越し作業が進むでしょう。

 

友引の日は葬式等の不幸事を避けたらいいだけですので、

良好な事柄は翌日以降も続いていく吉日でもあります。

関連記事:北枕で寝るのは風水的には縁起がいい?恋愛運についても詳しく解説!

友引に宝くじを買うのはどうなの?

引っ越しは大丈夫なことはわかりましたが、

それでは宝くじなんかはどうでしょうか。

運気に流れがあるのであれば、

少しでも運気がいい日に夢を買いたいですよね!

 

上にも書いておりますが、友引の日は「勝負がつかない日」。

より詳しく言えば、「勝負をしても引き分けとなる日」です。

 

このため、友引の日に宝くじを買って勝負に出ても・・・

運気を引き寄せることは難しいかもしれませんね。

それでも友引は六曜の中では大安に次ぐ吉日とされておりますので、

友引の日に宝くじを購入したからといってとりわけ結果が悪いということもないでしょう。

 

友引は時間帯によって吉凶が変わり、昼時は凶とされております。

友引の日の夕方は「大吉」とされているようですので、

友引の日の16時過ぎに宝くじを買えばいい結果が・・・あるかもしれませんよ?




スポンサーリンク





関連記事:財布の寿命、風水では?運気を上げる変える頻度は?

最後に

いかがでしたでしょうか。

カレンダーに書かれていて何となく意味があるんだろうな程度に思っていた言葉でも、

結構重要な意味があったんですね。

 

友引の日には避けた方がいいことなどが分かれていることが特徴です。

何度も説明してきたことではありますが、

基本的に不幸事を避けていれば大丈夫な日です。

 

結婚式や入籍などの「お祝い事」に当たる事柄は、

むしろ友引の日に行うことが歓迎されます。

「友を引く」ということですので、

友人に吉報を引き込むという日でもありますからね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



スポンサーリンク

サブコンテンツ