入院時の持ち物!あると便利なおすすめもご紹介!

ご自身やご家族が、入院。

急な入院にしても、予めわかっていた入院にしても

気が動転しますよね。

 

体調はもちろん、治療法や今後の生活のことなどで頭が真っ白。

気持ちを落ち着けて入院の持ち物を揃えるなんて

なかなか出来ないことと思います。

 

そこで、入院時に絶対に必要な持ち物と、

あると便利なおすすめのものをまとめてリストアップしました。

 

気持ちが動転していても

分かりやすいように紹介していきますので

ぜひ、参考にしてみてください。




スポンサーリンク






入院時に絶対に必要な持ち物とは?

ご自身にしてもご家族の方にしても

「体調が悪い」それだけでも気持ちが不安なのに

病院で「入院」などと言われたら、ますます落ち込んでしまいますよね。

 

そんな中、入院に必要なものをあれこれと

用意するのはとても労力がいること。

ましてや、初めての入院となればなおのことです。

 

でも大丈夫です!

ひとつずつ紹介していきますので

慌てずひとつずつ揃えていきましょう。

まずは、一般的に必要とされる持ち物となります。

 

ひょっとしたら病院からも事前に言われているかもしれませんが

どれも重要な持ち物になるので改めてチェックしていきましょう。

 

入院時に必要な持ち物、書類関連はコレ!

入院に際して様々な書類を病院から渡されませんでしたか?

それらを踏まえ、入院の際に必要な

書類関連の持ち物を揃えていきましょう。

 

健康保険証

診察券

印鑑

服用している薬(内服、点眼、軟膏などすべて)

お薬手帳(または、服用している薬の特徴が分かるもの)

 

入院の手続きで貰った書類(誓約書、保証書など)

医療費の補助を受ける場合はその証書

(後期高齢者医療受給者証、限度額適用認定証など)

筆記用具

 

難しい言葉の持ち物ばかりで、

これだけで不安になってしまいますよね。

 

そして、何枚もある書類・・

 

私はこの手のものを見るだけで

クーっと眉間にシワが寄ってしまうのですが

これも大事な持ち物!

入院の際に持って行くのはもちろん、

紛失しないようにしなくてはなりません。

 

「これに名前書いて、印を押して」などなど

グチャグチャになってしまう前に

クリアファイルやクリアホルダーなどに

ひとまとめにしておくことをおすすめします。

 

便利なクリアホルダーを探してきましたよ!

 

 

優しいパステルカラーが嬉しいクリアホルダーです。

ちょっとしたメモなども挟める

ポケットがついているも便利ですよね!

 

フタもついているので中味も落ちにくくて安心。

また、角が丸くなっているので鞄の内側や他の荷物を

傷付ける心配もないですよね。

 

便利なクリアホルダーを準備して入院に必要な持ち物を

漏れのないように揃えていきましょう。

 

入院時に必要な持ち物、洗面&入浴関連はコレ!

書類などの次は、洗面用具や入浴に必要な

持ち物を揃えていきますよ!

あると便利なおすすめグッズも合せて紹介していきますね。

 

歯ブラシ、歯磨き粉

うがい用のコップ

洗顔料、石鹸

クシ、ブラシ

シャンプー、リンス

タオル類(フェイスタオル、バスタオル、ハンドタオル)

体を洗う用のタオル

 

などになります。

 

家ではあって当たり前の物ばかりなので

入院してから「あれもない、これもない」などと

気付くことが多くなりそうですよね。

とはいえ、必要な持ち物になるので

漏れのないように揃えていきましょう!

 

ドライヤーは病院で貸出がある場合が多いので

事前に病院に確認しておくといいようです。

 

短期の入院の場合は、

使い捨ての歯ブラシや紙コップなどを

使ってもいいかもしれませんよね。

 

また、シャワーが禁止だったり、

禁止ではなくても毎日入れないことも多いので、

汚れや臭いなどが気になりそうな場合は

こちらを持って行くのがおすすめ!

 

 

水がいらないシャンプーです。

スプレーすることで髪や頭皮の汚れや臭いを

拭き取ることが出来ます!

 

「臭いが気になる、頭皮が痒い、

でもシャワーを浴びることが出来ない!」

そんな時に便利なのでおすすめです。

 

頭皮がスッキリしたら、

体だってスッキリさせたいものですよね!

ついでにこちらも持ち物に加えておくと

便利かもしれませんよ。

 

 

体が拭ける使い捨ての大判タオルです。

40×30センチと大判なうえに厚手なので

大人の手に巻いて使えます。

 

素肌と同じ弱酸性のうえに無香料なので

肌が弱い方でも安心ですよね。

 

シャワーを浴びることが出来なくても頭も体もスッキリ。

不安で憂鬱な入院生活ですが、

少しでも快適になるようにしていきましょう。




スポンサーリンク





入院時に必要な持ち物、食事関連はコレ!

入院時の持ち物、細々と色々ありますよね、

なんだかんだ荷物が多くなってしまいそうですが、

次に紹介していくのは食事の時などに

必要な持ち物になります。

 

食事制限などがないのであれば入院中こそ、きちんと栄養を摂って

早めの回復に努めたいものですよね。

しっかり準備をする必要があります。

 

お箸

スプーン、フォーク

飲料用のコップ

 

などになるのですが、これらは病院の食事の時に

食事と一緒についてくる場合もあるので

事前に確認をしておくといいようです。

 

また、短期の入院の場合はお箸は割りばし、スプーンやフォークは

プラスチック製の使い捨てのものを使っても便利なようですよ。

 

ただ、飲料用のコップは用意しておく方がおすすめ!

 

常にマイカップにお茶などを入れて

ベッドのところに置き、口さみしい時などに

お茶を飲んでいる方も多くいるようです。

 

割れにくく、出来れば蓋が付いているものが安心なので

こちらを入院時の持ち物に準備してはいかがでしょうか。

 

 

ステンレス製のマグカップです。

蓋はもちろん、取っ手も付いているので飲みやすい!

真空二重構造なので美味しい温度を

長く持続してくれますよ。

アイスでもホットでもOKな便利なカップです。

 

入院時に必要な持ち物、日用品はコレ!

入浴、食事の持ち物を揃えたら

次に日用品や身の回りの物で必要な持ち物を

揃えていきましょう。

 

普段、家で使用しているものが当然のように必要になってきます。

 

下着、肌着、靴下

ティッシュペーパー、ウエットティッシュ

生理用品

病衣、パジャマ

病院内での履物

羽織るもの

イヤホン(テレビなどの視聴時用)

 

などになります。

 

病衣は病院が用意してくれたり、

レンタル出来たりすることもあるそうです。

 

またパジャマについては、手術の場所によっては

前開きのものなどと限定されることもあるので

事前に病院に確認しておく必要があります。

 

病院内での履物については家にあるスリッパでいいのでは?

などと、思ってしまうところですがちょっと注意が必要です。

病院内の履物は

 

歩く際にペタペタと音がしない事

・滑らない事

 

が、大切なのです。

そこでおすすめの履物を探してきました!

 

 

見るからに優しい履き心地のルームシューズです。

ニットのソフトなフィット感が優しいと

とても人気のシューズになります。

 

甲はもちろん足全体を優しく包んでくれるうえに

足の出し入れもしやすいので、

ベッドに横になったり立ち上がったりもスムーズ。

 

また、ほどよく滑り止め加工もされているので

滑る心配も少なく、安心です。

 

かかと付きなので、パタパタと音がうるさくないのも嬉しいですよね。

履いている人にも周囲の人にも優しいルームシューズになります。

 

そして、入院中寒い時期なら特に、

また寒い時期でなくても冷房などの具合では

羽織るものがあると便利なようです。

 

体調を崩している時は、少しの寒さも

体にこたえることがありますよね。

 

羽織るものといっても、入院中の場合は内診があったり、

点滴などをしていたりすることも多いので、

ケープやポンチョなどのように

羽織れるタイプのものが便利なようです。

 

もちろん、探してきましたよ、肌触りがいいケープです。

 

 

柔らかくてなめらかな肌触りのシンカーパイル生地で、

ストレッチ性があるので体を動かしても窮屈に感じません。

 

そのまま羽織ってケープとして、ボタンを留めてポンチョとして、

ストールのように巻いたり、

ボレロやベストのようにもアレンジ出来ちゃいます。

もちろん、タオルとしても使えますよ。

 

優しい触り心地が、入院で不安な気持ちを

癒してくれそうですよね。

ぜひ持ち物のひとつに加えてみてくださいね。

 

入院時に必要な持ち物、貴重品類はコレ!

貴重品類だって、もちろん必要です。

ただ、いくつか注意点もありますので

合せて紹介していきたいと思います。

 

携帯電話、スマホや充電器

テレフォンカード

小銭

 

これらは全て貴重品になるのですが、

実は、病院内は案外盗難が多いそうです。

 

病院によってはセイフティーボックスなども

あるようですが、ご家族がいる場合は

お金の管理はご家族にお任せして、

入院時に大金は持ち込まない方が安心のようです。

 

また、現金、クレジットカード、携帯やスマホ、

健康保険証など先の書類関連のものは、

ポシェットや小さめのバッグなどに入れて

持ち歩いていたほうがいいそうですよ。

 

そこで、おすすめのポシェットをご紹介します。

 

貴重品と思われるものは、このような小さめのバッグに

入れておくと便利ですよ。

 

 

防水で軽量、しかもちょうどいいサイズ感。

「持っていることを忘れてしまう」とも

言われているポシェットタイプのバッグです。

 

マチがあるのでたっぷり物が入るのですが、

詰め込みすぎなければ、とてもコンパクト。

折り畳めるので持ち運びにも便利ですよ。

 

柄やカラーが豊富なので女性はもちろん

シンプルなタイプの物なら男性にもおすすめ。

ひとつあれば重宝すること間違いなしの便利なバッグです。




スポンサーリンク






入院時にあると便利なおすすめの持ち物は?

入院時に絶対に必要な持ち物を紹介してきましたが、

次に絶対に必要ではないけれど、

あると便利なおすすめの持ち物を紹介していきたいと思います。

 

不安な入院生活ではありますが、少しでも快適なものになるように

工夫をしていきましょう!

 

S字のフック

ベッドサイドなどに引っかけて

袋や100円ショップなどで

市販されているカゴをかけておくと、

小物などを置けるスペースになります。

 

ゴミ袋をかけておけば

ごみ箱にもなるので便利ですよ。

 

ただ、同室の患者さんがいる場合

ビニール袋や紙袋のガサガサという音が

気になるという方もいるかもしれません。

布製やナイロン製の袋を使用するのがおすすめです。

 

ハンガー

病院によっては、予め置いてあることもあるようです。

冬場など、お見舞いに来てくださった方の

洋服をかけておくのにも便利なようです。

 

小さな置時計

パッと目の付くところに時計があると便利ですよね。

 

病院では「○○時から検査」など、

時間を把握しておく必要があることが多々あります。

また、シャワーやお風呂などは1人1人の時間が

決まっているそうなので、シャワー時も使用できるように

防水タイプを用意すると便利なようです。

 

ただ、カチカチと音がなる時計は同室の患者さんに

迷惑になる可能性もあるので注意が必要なようですよ。

 

延長ケーブル

スマホなどを充電したくてもコンセントの位置が

遠かったりすることもあるそう。

 

そんな時に使用すると便利なようですが

他の患者さんや治療の邪魔にならないように、

事前に病院に確認してから使用するようにしましょう。

関連記事:マジックテープの復活方法!アイロンやドライヤーは効果ある?

耳栓

同室でイビキのうるさい方がいる場合は重宝するようです。

病室でも出来る限り良質な睡眠を

とれるように工夫をしていきましょう。

 

マスキングテープ

メモなどを書いて貼っておくことが出来て、且つキレイにはがれる

マスキングテープも便利なようです。

付箋だと落ちてしまうこともあるので、マスキングテープのほうがおすすめ!

 

「○○時から検査!」など、ベッドの見えるところに

貼っておくと安心ですよね。

 

また、冷蔵庫が共同の場合は自分の食べ物などに

貼っておいたり、先の延長ケーブルが

邪魔になってしまう時にも使えるそうですよ。

 

ラジオ

病院のテレビを視聴する為には

カードを購入しなければならないことが多いそう。

 

毎日のこととなるとけっこうな金額になってしまうので、

イヤホンで聞ける小型のラジオを

持ち物に加えることもおすすめです。

 

また、消灯時間を過ぎると

テレビも見ることが出来なくなってしまうので、

眠れない夜などにラジオがあると便利なようです。

 

イヤホンで聞ける小型ラジオ、探しましたよ!

 

 

小型で操作もわかりやすいポケットラジオです。

ストラップやイヤホンも付属されています。

 

見やすい大型の表示なのも嬉しいですよね、

眠れない夜や、テレビに見飽きた時など

きっと役に立ってくれるはずですよ。

 

小さな飴や、ごはんのお供

もし食事の制限がないのなら、小さな飴も何種類か持って行くと

口さみしい時などにはおすすめです。

 

また、最近は美味しくなっていると言われている病院食ですが、

時には口に合わないこともありますよね。

そんな時の為に、好みのふりかけや

梅干し、海苔などを持って行くこともおすすめです。

 

わたしの父は入院時「海苔の佃煮」が必須でした。

どんな時も、食べることって

生きる楽しみにつながりますよね!

 

不安で退屈な入院生活が、少しでも快適になるように、

ご自身、もしくはご家族が工夫をしてみることも

大切なのかもしれませんよね。




スポンサーリンク





関連記事:保温弁当箱は腐る?食中毒対策や使い方について詳しく解説!

最後に

誰しも気が動転してしまう、入院。

 

落ち着いて完璧に必要な持ち物を準備することは

なかなか難しいことですよね。

少しでも、そんなあなたやご家族のお役にたてればと思います。

 

憂鬱で不安な入院ですが、これも

「神様がくださった休養」と捉えて、じっくりと休んで治してくださいね。

 

一日も早く元気に回復されることを心から祈っています。



スポンサーリンク

サブコンテンツ