ゲジゲジ対策はアロマや薬で!出る時期や原因も詳しく解説!

「きもちわるい」「怖い」「見たくない」と、

人間に徹底的に嫌われているゲジゲジ。

何本も生えた足に黒い身体。

その気持ち悪いビジュアルに見ただけで鳥肌がたちますよね。

 

ムカデに似ていますがムカデとゲジゲジは

ぜんぜん違う生物なんですよ。

ムカデと違ってゲジゲジはおとなしく噛んだりしません。

それに毒も持っていないのです。

おまけにゴキブリなどを捕食していることから

害虫ではなく益虫と言われているんです。

 

しかしながらあの見た目はちょっとイヤですよね・・・。

ゲジゲジいなくてもゴキブリ退治できてるし…。

というかたの為に今回かゲジゲジ対策についてご紹介したいと思います!




スポンサーリンク






ゲジゲジとはどのような虫?出る時期や出る原因も解説!

Nao Kitkobさん(@japira_g)がシェアした投稿

皆さんゲジゲジと呼んでいますが正式な名前は「ゲジ」です。

「験者(げんじゃ)」のように動きが早いことから訛りが入り

「ゲジ」という名前になったと言われています。

 

ゴキブリと同様、いやそれ以上?ビジュアルがそれはもう衝撃的で

見ただけで動きが止まってしまいますよね。

毒は持っておらず無害なのですがその見た目は

毒と同じくらいの不快なことから「不快害虫」なんて呼ばれているんだとか。

 

日本にいるゲジゲジの種類はたったの2種類。

その名も「ゲジゲジ」と「オオゲジ」名前でわかるように「オオゲジ」はでかいです。

なんと人の手を覆い隠すほどだとか・・・。

想像するだけで鳥肌が止まりませんね。

四国、九州などの西日本によく生息しているそうです。

 

ゲジゲジは肉食系でゴキブリやシロアリ、蜘蛛などを捕まえて

食べて生活しています。

人間にとってゲジゲジの餌というものは害虫ばかりなのでゲジゲジは

家にとっての益虫なのです。

そしてあのたくさん生えている足には跳躍力もあるので、

飛んでいる蛾などを捕まえる事もできます。

 

ゲジゲジは主に暗くて湿度が高いところによく出没します。

それはゲジゲジが好きだからというよりかは

大好物のゴキブリがよくそこに出没するから、なのです。

 

家の中ではなく外の場合だと石の下や土の中といった、

やはり湿った場所で発見されることが多いゲジゲジ。

家の中に侵入してくるとしたらクーラーの排水口や

風呂場などの排水口、換気扇、網戸、かすかな隙間、からでしょう。

 

そんなゲジゲジは目もとても良く、小さな瞳がなんと1000個もついているので

暗闇にひっそりと身を隠すゴキブリもすぐに見つけしまうほど!

ゴキブリってカサカサッ!って早く移動しちゃうじゃないですか。

それと同じぐらいゲジゲジもはやく、寧ろ捕まえちゃうほどなんです。

 

出没時期は3月から11月の長い期間で、寿命は5年ほどです。

湿気が多いところによく出る傾向があることから

梅雨の時期に出没することが多いと思います。

 

ムカデとゲジゲジとヤスデの見分け方

ちなみに足がいっぱいあってニョロニョロしている

ムカデとゲジゲジとヤスデの違い、みなさんわかりますか?

 

ムカデ:体が節で分かれており、一つの節に左右1本ずつ足が生えている

ヤスデ:前3つの節から後ろに、一つの節に左右2本以上の足が生えている

ゲジゲジ:一つの節に左右一本ずつの足が生えていて、一本一本足が長い

 

毒があるのはムカデだけでヤスデとゲジゲジには毒がありません。

足の数は

 

ムカデ: 42本~46本。種類によっては346本も足があるムカデもいる

ヤスデ:60~80本程度の種類が多いですが

種類によっては18~200本以上のヤスデもいる

ゲジゲジ:ゲジゲジは足の数が30本と決まっています。

 

みなさんコレで見分け方は完璧ですね!

とはいうものの…やっぱり見た目が気持ち悪い!

 

次はゲジゲジ対策についてご紹介します。




スポンサーリンク






ゲジゲジ対策にはアロマやハーブがいい!?薬もご紹介!

ゲジゲジにはもちろん殺虫剤なんかが効くのですが

小さいお子さんなどがいるご家庭では出来るだけ殺虫剤は使用したくありませんよね。

 

そんなときはアロマやハーブが大活躍!

実はゲジゲジは

 

スペアミント

ラバンジン

レモングラス

ティートゥリー、

シナモン

ハッカ油

シトロネラ

 

などの臭いが苦手とされています。

その他にもヒノキの臭いが大の苦手なんだとか!

 

ヒノキのアロマオイル。

10mlとたっぷり入っているアロマオイルで消臭効果があると言われています。

ゲジゲジ対策以外でもヒノキの香りで癒やされますよ。

 

ゲジゲジの弱点を知ったところでさっそくスプレーを

作ってゲジゲジ対策をしましょう!

 

作り方は簡単!

オイルを水に数滴たらしてから、

よくかき混ぜ、1時間ほど置いて完成です。

 

この手作りスプレーをゲジゲジの侵入経路や

好きそうな場所にスプレーすると臭いで家の中に侵入しなくなるのです。

定期的に吹き付けることで高い効果が期待できますよ!

天然素材なので小さいお子さんがいるご家庭でも

安心して使用できると思います。

 

こちらはハッカスプレーです。

ゲジゲジ以外にも様々な虫が苦手とするハッカ油をスプレーにした商品。

ゲジゲジが出る季節は他の虫も活動的になるので

一本持っていると活躍してくれそうです!

 

ゲジゲジに効果のある殺虫剤をご紹介

アロマの他に、殺虫剤でゲジゲジを駆除する場合は

ムカデ用の殺虫剤やゴキブリ用の殺虫スプレーが効果的です。

 

こちらの商品は知名度の高いムカデキンチョールです。

予防と殺虫効果がある薬品でジタバタすることなく

ムカデの動きを瞬時に止める事ができます。

ゲジゲジにも効果的です。

 

外に薬を散布しておけば

家の中に侵入してこなくなるようなタイプの薬もあるので

チェックしてみてくださいね。

 

こちらは野外に散布しゲジゲジの侵入を未然に防ぐ粉末殺虫剤です。

風に飛ばされない粉末殺虫剤で臭いもなく殺虫効果が高い商品になっています。

また人や家畜などには害がない安全性も配慮されているのでおすすめです。

 

薬を購入する際対象になる虫に「ムカデ」と記載されてあったら

ゲジゲジにも効果があります。

 

またゴキブリホイホイや燻煙剤などもゲジゲジには効果的です。




スポンサーリンク





関連記事:ゴキブリの子供は飛ぶ?卵にいる幼虫の数は?どこから入ってくる?

環境改善でゲジゲジ対策!

アロマや薬に頼るのももちろん良いのですが、

家の周り、家の中も環境改善していくとよりゲジゲジ対策につながるはずです。

 

家の庭や周辺に落ちている葉っぱや雑草を処理する

庭や家の周辺に置きっぱなしにしてある廃材や朽ち木などは廃棄する

窓などの隙間を埋めておく

倉庫や収納庫を定期的に掃除する

日当たりや通気性を良くする

 

ゲジゲジの住処やゲシゲシの餌となる害虫たちの住処をなくしたり

ゲジゲジは隙間を見つけると自ら入り込む習性があるそうなので

隙間を塞いで侵入経路をすこしでも減らしたりすることでゲジゲジ対策に繋がります。

 

こちらの隙間テープはクッション性に優れたウレタンフォームとアクリル繊維毛で

隙間を塞ぎ眼中の侵入を防ぎ、また隙間風やホコリ、花粉の侵入も防ぎます。

貼りやすく、また剥がすのも簡単です。

 

もしどんな対策をとっても手に負えないぐらい

たくさんゲジゲジが発生したら業者さんに頼ると良いと思います。




スポンサーリンク





関連記事:カメムシで洗濯物が臭い!対策はネットがいい?時期は?

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

ゲジゲジの正式名称は「ゲジ」

ゴキブリなど害虫を捕食してくれるので益虫

ゲジゲジは運動能力が高い

湿気を好むため梅雨の時期によく出没する

ミント系やヒノキなどのアロマ・ハーブが苦手

ムカデ用の薬が効果的

環境改善もゲジゲジ対策にとても有効

 

見た目が怖すぎるゲジゲジ。

外で見るのもゾッとするのに家の中にまで侵入されてしまうとなると

本当に最悪ですよね。

 

隙間を発見すると自ら侵入する習性があるらしいので

隙間はどんどん塞いでいくといいでしょう。





スポンサーリンク


サブコンテンツ