郵便局留めの受け取り方や書き方!時間や期間についても詳しく解説!

最近はネットを通じて、知らない個人同士で品物を売買をする事も増えました。

 

それ自体は便利ですが、品物を郵便で送ってもらう時に

法人でもないただのそこまで親しくない個人相手に

自分の住所の番地までを知られるのはちょっと抵抗がありますよね。

そんな時は郵便局留めが便利です。

 

そこでここでは、郵便局留めの受け取り方や書き方、

時間や期間についても詳しく解説していきます。

 

郵便局留めについて知りたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。




スポンサーリンク






郵便局留めって何?

郵便局留めの受け取り方や書き方、時間や期間についても詳しく解説する前に、

まずは「郵便局留め」が何なのか軽く見てみましょう。

 

普通、郵便で荷物を送ってもらう時は、宛先に自分の住所を書いてもらいますよね。

 

ですが、宛先を直接の自分の家ではなく、

「郵便局」にする事ができるんです。

相手から送られた荷物はそのままその郵便局で保管され、

受け取り主が一定の期間内に郵便局取りに行くという流れになります。

 

これが「郵便局留め」です。

 

郵便局はどこでも大丈夫なのですが、自分で取りに行かなくてはいけないので、

自動的に荷物を取りに行ける範囲の距離にある郵便局を選ぶ事になります。

 

つまり自宅の最寄りの郵便局だったり市内の郵便局をだったりする訳です。

 

「え?家まで届けてもらえば便利なのに、どうしてわざわざ到着地を郵便局するの?」

と思う方もいるかもしれませんね。

 

確かに、自分の住所を書いてもらえば郵便局員が

家まで荷物を持ってきてくれるので楽ではあります。

 

宛先を郵便局にすると、その後は郵便局員は配達してくれませんから

どうしても自分で郵便局まで取りに行かなくてはいけませんので、

手間を考えるとかなり不便です。

 

ですが宛先を自宅の住所ではなく最寄りの郵便局にしておくのは、

例えば以下のようなメリットがあります。

 

送り主に自分の住所を知られずに済む。

注文したものを、同じ家に住む家族に受け取られなくて済む。

一人暮らしなので、配達員に来られるのが怖い。

 

まず「送り主に自分の住所を知られずに済む」メリットですが、

最近はネットを通じ、知らない個人同士で物を売買する事も増えましたよね。

 

取引をして相手から品物を買ったら、

品物を送ってもらう為に自分の住所を相手に教えなくてはいけませんが、

たった1度しか取引しない相手に、

自分の住所の番地まで教えるというのはちょっと怖い面がありますよね。

 

そんな時に住所を自宅ではなく郵便局にしておくと、

自分の住んでいる市内までは教えるしかありませんが

詳しい番地や建物までは特定される事はありません。

 

宛先を郵便局にする事で、プライバシーがしっかり守られるという事です。

 

次に

「注文したものを、同じ家に住む家族に受け取られなくて済む」メリットですが、

例えばネットで注文する物の中には、アダルトなものやニッチな嗜好品など

家族に購入した事を知られたくない物もありますよね。

 

ですが荷物の宛先を自宅にしてしまうと、

配達員が来た時にたまたまいた家人が受け取ってしまう事になります。

 

確かに荷物は時間指定配達などもできますが、

急に用事が入ってその時間にいる事ができなかったり

自分で受け取る事はできたけどその時ほかの家族もいて、

「それ何?」と不審がられてしまったという事もあります。

 

ですが荷物の宛先を郵便局にしておけば、

自分の好きなタイミングで荷物を受け取りに行く事ができます。

 

また、本人以外が荷物を受け取る時には委任状が必要なので

不必要に家族が勝手に受け取るという事もありません。

 

最後に「一人暮らしなので、配達員に来られるのが怖い」についてですが、

特に女性の一人暮らしだと、

「荷物の配達です」と言われてドアを開けたら

配達員でもなんでもない見知らぬ男が立っていて犯罪被害に遭ってしまった…という事も

少なくありません。

 

そうでなくても、うさんくさいセールスマンが強引に玄関に居座って

無理やり契約させようとするという事もよくあります。

 

ですから特に気の弱い女性などは

「連絡なしに突然訪ねて来る人には、誰であろうと絶対にドアを開けない」

と決めている人もいます。

 

ですが、本当に荷物の配達なのにドアを開けない、となるとそれはそれで困りますよね。

そんな人には、郵便局留めというのは非常に便利です。

 

郵便局留めにすると配達員が家に来る事はないので、

不必要にドアを開ける事もありません。

 

「この人は本物の配達員?それとも怪しいセールスマン?」と

無駄に勘ぐってびくびくする事がなくなるという事です。

 

このようなメリットから、郵便局留めを使う人は意外と多いんですよ。




スポンサーリンク






郵便局留めにした荷物の受け取り方は?時間や期間はいつまで?

では、相手に郵便局留めにしてもらった場合、

どういう受け取り方をすればいいのでしょうか。

 

また、受け取れる時間や期間などは決まっているのでしょうか。

 

まず受け取り方から見ていきましょう。

郵便局留めの受け取り方ですが、まずは準備しないといけない物があります。

 

それは以下の2つです。

身分証明書

印鑑

 

身分証明書は、マイナンバーカードや運転免許証、健康保険証などです。

印鑑は普通の印鑑で大丈夫ですが、

シャチハタ(朱肉付きの、ゴムでできた印鑑)はやめておきましょう。

 

郵便局留めにした荷物の場合、宛先に書かれるのは郵便局の住所と自分の名前だけです。

その名前が自分の物であると証明できなければ、

当然郵便局も荷物を渡す事はできませんよね。

 

ですからしっかり自分を証明する為にもこの2つを忘れないように持っていきましょう。

 

これらを準備したら郵便局へ行き、

カウンターで「郵便局留めの荷物を受け取りに来ました」と言えば

あとは郵便局員が手続きしてくれます。

 

次に時間を見ていきましょう。

郵便局留めの荷物を受け取れる期間は、「その郵便局が開いている時間」です。

郵便局に置いてあるのですからある意味当然ですよね。

 

郵便局の営業時間は基本、「平日の9時~17時」で土日祝祭日は休みです。

ですからこの間に受け取りに行くようにしましょう。

 

ただ、大きな郵便局では荷物の受け取り窓口だけ土日でも開いていたり、

営業時間が少し長かったりします。

 

もし平日のこの時間帯に荷物を受け取りに行くのが困難な場合は、

最寄りの小さな郵便局ではなく市内の大きな郵便局を選ぶといいでしょう。

 

最後に、期間を見ていきます。

郵便局留めに届いた荷物はずっと郵便局で保管してくれる訳ではなく、

一定の期間が過ぎると差出人に戻されます。

 

ではその保管期間はいつまでなのかというと、「10日間」です。

ですから、10日の間に取りに行くようにしましょう。

 

もし10日より遅れそうな場合は、郵便局に一報入れれば待ってくれますので

まずはきちんと連絡するようにしましょう。




スポンサーリンク





郵便局留めの書き方は?

ここまで郵便局留めの「受け取り方」を見てきましたが、

もし自分が送る荷物を郵便局留めにしたい場合はどうすればいいのでしょうか。

 

そこでここでは、郵便局留めにする書き方を見ていきます。

 

郵便局留めにする書き方は簡単です。

簡単に言えば、「宛先を郵便局にするだけ」という書き方になります。

 

郵便物を送る時は、相手の住所を書く欄がありますよね。

 

そこに、

郵便局留めにしたい郵便局の郵便番号

郵便局留めにしたい郵便局の住所

郵便局留めにしたい郵便局郵便局名(〇〇郵便局留め、と書く)」

自分の名前(山田 太郎宛て、のように書く)

 

を書きます。

 

これだけOKです。

 

例えば荷物を「品川郵便局留め」にしたい場合は、相手の住所を書く欄に

 

140-8799

東京都 品川区 東大井5-23-34

品川郵便局留め

山田太郎宛て

 

と書きます。

また郵便局留めは、ハガキや封筒、ゆうパックなどの小包でも可能です。

 

書き方は簡単なので、ぜひ気軽に使ってみてくださいね。

関連記事:免許の点数の回復期間!ゴールドや初心者について詳しく解説!

郵便局留めを利用する場合の注意!

こんなに便利な郵便局留めですが、実は注意しなければいけない事があります。

それは、「通知が来ない」という事です。

 

例えば郵便局に自分宛ての郵便局留めの荷物があったとしても、

郵便局からは何の通知も来ません。

 

郵便局留めには自分の住所や電話番号などを書いていないので、

郵便局としてはこの荷物が誰のものか分からず連絡しようもないので当然ですよね。

 

ですから、郵便局留めにした場合は

「もうすぐ郵便局に自分宛ての荷物が届く」と自分でしっかり覚えておく必要があります。

 

郵便局に荷物が届いたかどうかは郵便局に連絡すれば分かりますので

確認してから受け取りに行くといいですね。




スポンサーリンク





関連記事:返信用封筒の返信の仕方!裏に住所や差出人名を書く?宛名の御中・様の直し方も解説!

最後に

荷物を郵便局留めにすると色々なメリットがあります。

 

ただ、荷物を受け取れる時間や期間は限られていますので

その期間内にきちんと自分が受け取れるか確認してからにしましょう。

 

また、郵便局留めは通知が来ないので、しっかり自分で覚えておくことも大切ですよ。

自分の都合に合わせて、うまく郵便局留めを利用してくださいね。





スポンサーリンク


サブコンテンツ