免許の点数の回復期間!ゴールドや初心者について詳しく解説!

車を長く運転していると、うっかり違反してしまい違反切符を切られる事もありますよね。

 

違反した場合は罰金と共に免許の点数が引かれてしまいますが、

引かれた免許の点数の回復期間ってどれくらいなんでしょうか。

 

また、一般的に「ゴールド」と呼ばれる免許証はいつになったらもらえるんでしょうか。

 

そこでここでは、免許の点数の回復期間やゴールドについて、

また初心者の免許証についても詳しく解説します。




スポンサーリンク






免許の点数を引かれ続けるとどうなる?

車を運転していてうっかり違反をし、

それが警察に見つかってしまうと違反切符を切られます。

そして罰金と共に免許の点数が引かれます。

 

罰金は手元のお金が即座になくなるので「しまった~」と実感する人も多いですが、

この「免許の点数が引かれる」というのは今すぐどうこうという訳ではないので

あまりピンときていない人もいます。

 

しかし実はこれは大変な事なんです。

 

例えある人が真面目に勉強してきちんと試験に合格し車の免許を取得したとしても、

その人が街中で違反ばかりするドライバーだったら

危なくて車を運転してもらいたくないですよね。

 

ですから、免許に点数と言うルールを作り、違反するごとにその点数を引いて、

引かれた点数によってそのドライバーにペナルティをつけるようになったんです。

 

では、その免許の点数とはどういう仕組みなんでしょうか。

 

車の免許の点数というのは、「減点が加算されていく」方式です。

ちょっと不思議な言い方ですよね。

 

まず、免許を取りたての初心者はみんな持ち点は0点です。

 

そして違反するごとに点数が増えていきます。

違反はその程度によってあらかじめ点数が決まっていてそれが加算されていき

ある一定の点数になると、ペナルティが与えられます。

 

前歴がない場合ですと以下のようになります。

・6点~8点→30日の免停

※免停とは、免許が停止される事です。

免停になると免許が一時的に使えなくなり、この期間に車を運転したら捕まります。

 

・9~11点→60日間の免停

・12~14点→90日間の免停

 

・15点以上→免取

※免取とは、免許取り消しの事です。

免許が取り上げられてしまい、返却される事はありません。

もう一度免許を取得する為には、

また一から試験を受け直して新たに取得する必要があります。

 

これは前歴がない場合なので、

もし前歴(過去に免停・免取になった事がある)がある場合は、

さらに少ない点数でペナルティが与えられます。

 

ただ、前歴がなくてもたった6点でペナルティが発生するので、

車を仕事や生活の足にしている人にとっては死活問題ですよね。

 

「でも、点数が引かれるって相当な事をしないとダメでしょ?

私はいつもは安全運転だから大丈夫」と思っている方、注意が必要ですよ。

 

実は多くの人がうっかりやってしまう軽い違反でも点数は引かれるんです。

ではここで、誰もがやってしまいやすい、

減点となる「うっかり違反」と引かれる点数の一部を見てみましょう。

ちなみ引かれる点数は、最低1点からです。

 

  • 1点

・無点灯(夜に車のライトをつけない)

・携帯電話使用等(保持の場合)(運転中に携帯電話を手に持って何らかの操作をする)

 

  • 2点

・徐行場所違反(徐行しなければいけない所で徐行しない)

・信号無視(点滅)(信号が点滅しているのに無視して進む)

 

  • 3点

・速度超過(25以上30未満、高速は40)

(既定の速度を25~30超えて運転する、高速道路の場合は40を超えて運転する)

 

・放置駐車違反(駐停車禁止場所等の場合)

(車を駐車しても停車してもしてはいけない場所に車を放置する)

 

どうでしょうか。

意外にやってしまいがちな違反が多いですよね。

 

例えば赤信号に切り替わる直前の信号の点滅で加速して道路を抜けきるというのは

割とありますが実は違反で、警察に3回捕まればアウトです。

 

 

このように、例え交通事故などの重大な事故でなくても、

うっかり違反が続けば積もり積もってすぐに6点は超えてしまいます。

 

またこれらの軽い違反でも、

「酒気帯び」だとそれぞれが一気に14点以上減点となり、一発で免停となります。

 

うっかり違反をしてしまう事が多い方は

自分の免許の点数をきちんと気にするようにしましょう。




スポンサーリンク






今の自分の免許証の点数を知るには?

たった6点からペナルティがあるなら、免許の点数の回復期間の前に

まず今の自分の免許の点数がいくらなのか気になりますよね。

 

では、どうやったら自分の免許の点数は知る事ができるのでしょうか。

 

免許の点数を知る方法は2つあります。

自分で計算する。

累積点数等証明書を発行して確認する。

 

1つめの「自分で計算する」ですが、それぞれの違反の点数はきちんと決まっています。

 

ですから過去に違反した記録を自分できちんととっていれば、

それを足していけばいいだけなので自分で計算する事ができます。

 

違反の点数については、こちらのサイトから確認できますよ。

 

2つめの「累積点数等証明書を発行して確認する」ですが、

いちいち自分が違反したメモなんか取らないという人も多いですよね。

 

でも警察にはちゃんとデータが残っているので、

自動車安全運転センター(警察署ではない事に注意!)で1通630円で請求できる

累積点数等証明書を見れば、自分の点数を確認する事ができます。

 

累積点数等証明書の方が確実なので、「ちゃんと自分の免許の点数が知りたい」という方は

こちらの方法の方がおすすめです。




スポンサーリンク





免許の点数の回復期間は?

違反はいけないと分かっていても、

忙しかったりついうっかりして違反してしまう事がありますよね。

 

そうやって免許の点数が引かれた場合、免許の回復期間はどれくらいかかるのでしょうか。

そもそも、免許の点数は回復するのでしょうか。

 

免許の点数は、回復します。

ですが回復するには、以下の2つの条件を満たす必要があります。

 

1.1年間無事故無違反である事。

2.免停や免取の期間を過ぎている事。

 

順に見ていきましょう。

まず1の「1年間無事故無違反である事」ですが、

基本として免許の点数は、1年間無事故無違反であれば0に戻ります。

(違反したという記録は残りますが)

 

ただ、1年の間に点数が徐々に減っていく…というのではなく、

1年過ぎていきなり0になるので

点数を回復するには1年間無事故無違反というのは一番大事な条件です。

 

次に2の「免停や免取の期間を過ぎている事」ですが、

さきほども説明した通り、

違反の点数によって30日の免停、60日の免停などがありましたよね。

 

1の条件の「1年間」は、この免停や免取中の期間は含みません。

30日の免停なら、30日を過ぎて免停が解除されてからのカウントになります。

 

ですから、自分で計算する場合、免停や免許の期間は含まないようにしましょう。

 

また、車の世界で無事故無違反というのはとても価値があります。

 

無事故無違反が1年だけではなく2年間続けば、

例え違反をしてもそれが軽微な違反であれば普通は1年間待たなくてはいけない所を

3か月で点数が0になります。

 

さらに特例として、前歴がない場合に「免停30日」のペナルティが加えられる

「6点」を持ってしまった人に限り、1回で点数を0に戻す方法があります。

 

それは「違反者講習を受ける事」です。

免許の点数が6点になると、「違反者講習」というのを受ける事ができます。

 

違反者講習と書くと罰のように見えますが、実はこれはお得な講習で、

違反者講習を受けると「きちんと反省しているな」と見なされ

免停されませんし、「免停」という前歴もつきません。

免停がなかった事になるので点数も0になります。

 

違反者講習の通知はハガキで来ます。

違反者講習にはお金がかかりますが、

受けないよりも受ける方がメリットが非常に大きいのでもしこの通知がきたら

絶対に受けるようにしましょう。

ゴールド免許って?

ところで、免許にはグリーン、ブルー、ゴールドの3種類があるのは知っていますか?

 

この3つの免許について少し説明します。

まずはゴールドからです。

 

ゴールドと言うと金ですから、

よっぽど運転がうまくないと取れないような気もしますよね。

 

でもそれは違います。

 

スポーツの世界だと多少危なっかしくても

技術があったりセンスがあったりする人が「金」を取りますが

車の運転免許の世界で偉いのは車の運転テクニックがうまい人ではなく

「安全に運転する、ルールを違反しない人」です。

 

ゴールド免許は、

過去5年間で無事故無違反だったドライバーが取得できる免許証になります。

 

免許証をよく見てください。

 

免許証の中央上部には、「平成〇〇年〇月〇日まで有効」という

免許の有効期限が書いてありますよね。

その文字がゴールドで塗られています。

 

これがゴールド免許の証です。

 

しかも、ゴールド免許は「見た目がややゴージャス」なだけでなく

さらにお得な事があるんです。

 

例えばこのようなお得があります。

 

免許更新に受ける講習時間が短くなる。(2時間→30分)

免許の更新料が安くなる。(3850円~3300円→3000円)

新しい免許交付が最寄りの警察署でできる。(運転免許試験場へ行かなくていい)

 

他にも、事故を起こす可能性が少ないという事で民間の車の保険料が安くなります。

 

5年間無事故無違反を維持するだけでこのような特典があるのですから、

ぜひゴールド免許を目指しましょう。

関連記事:免許証の住所変更は本人以外も可能?代理人の委任状の書き方は?

初心者免許って?

さきほどゴールド免許について説明しましたが、

その逆で運転免許証を取りたての初心者がもらう免許証が

いわゆる「グリーン免許」と呼ばれる免許証です。

 

さきほど書いた運転免許証の有効期限の文字が、

文字通り初心者色のグリーンで塗られています。

 

免許証は3年ごとに更新が必要ですが、

この初心者の証であるグリーン免許証は免許取得時から次の更新まで使う事ができます。

 

次の更新が来たら運転免許証の有効期限の文字がブルーで塗られている

「ブルー免許」になります。

 

さらに2回目の更新時に無事故無違反であればゴールド免許を取得できますが、

もし違反などがあればブルーのままになります。

 

グリーン免許は免許を取りたてから3年間しか保持できないので、

初心者しか持つ事のできないある意味レア免許証とも言えますね。

関連記事:コンプライアンスの意味や使い方!簡単にわかりやすく解説!

ゴールド免許と初心者(グリーン)免許で、免許の点数の回復期間は違う?

さて、免許には初心者のグリーン、一般のブルー、優良ドライバーのゴールドが

ある事が分かりましたよね。

 

ところで免許の点数の回復期間ですが、

この3つの免許で回復期間は変わってきたりするのでしょうか。

 

イメージ的には、安全運転を心掛けているゴールドの人は

免許の点数の回復期間は早そうですよね。

 

基本的には、免許の点数の回復期間というのは

グリーンでもブルーでもゴールドでも同じです。

 

免停・免取の期間を除いて1年間の無事故無違反で点数は0にリセットされます。

 

ただ、さきほども説明した通り、

「過去2年間無事故無違反だった場合、

軽微な違反であれば3か月で免許の点数が0になる」

というルールがあります。

 

という事は、ゴールドの人というのは5年間無事故無違反という事ですから、

自動的にゴールドの免許を持っている人はこの条件に当てはまらない

グリーン、ブルーの人よりも免許の点数の回復は9か月も早い事になります。

 

1年かかるところを、たった3か月で済ませてくれるなんてすごいですよね。

 

ルールを守って運転すれば、

例え違反をしてしまったとしてもかなり早めに許してもらえるという事です。




スポンサーリンク





関連記事:免許証の持ち点数の確認方法!満点や初心者は何点なの?

最後に

例え違反をして免許の点数が減ってしまったとしても、

その後ちゃんとルールを守り1年間無事故無違反を維持できれば点数は回復します。

 

また、無事故無違反を5年間続ければゴールド免許になり、

ゴールド免許になると色々とお得な特典がついてきます。

安全に運転する為にも、ぜひ違反をせずゴールド免許を目指してくださいね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ