淀川花火大会の有料席のおすすめは?当日券や場所取りについても詳しく解説!

花火大会はすこしでもいい席で見たいと思うのは当たり前ですよね?

でも人が混雑するのはイヤ…

そんな人には有料席がおすすめです!

 

いまほとんどの花火大会で有料席が設けられており快適に花火を

見ることができるんです♪

 

なにわ淀川花火大会は大阪でもとても人気な花火大会です。

淀川花火大会でももちろん有料席はありますよ!

 

今回は淀川花火大会について詳しくご紹介していきますので

参加される方はチェックしてみてください!




スポンサーリンク






淀川花火大会について!2018年の日程は?

今年で29回目になる淀川花火大会。

淀川花火大会は市民がボランティアで始めた花火大会で

開催場所も行きやすい、ということから

毎年40万人以上参加する人気の花火大会なのです。

 

高さの違う花火を使った奥行きのある演出で光を使った「フラワーサーカス」や、

一斉に尺玉を打ち上げて始まる「音楽シンクロ花火」など、

いろいろな花火を演出してくれます。

 

日程:2018年8月4日予定

時間:19時40分~20時40分予定

会場:淀川 河川敷

 

雨天決行です!

もし当日雨が降ってしまった場合でも安心ですね。

しかしとても混雑するイベントなので傘ではなく

かっぱを持っていくといいでしょう。

 

ラストの花火が圧巻です。

連続して打ち上げられる花火が息を呑むほど迫力があり

花火が打ち上がった後には拍手を自然に

してしまうほどだとか…!




スポンサーリンク






淀川花火大会の有料席のおすすめは?当日券はある?

淀川花火大会の当日はすごい人です!

早朝から場所取りをしないかぎりゆっくり

座って花火を見ることは困難でしょう…。

 

確実に花火が見たいのであれば

有料席を利用すると良いかもしれません!

十三側と梅田側に有料席が用意されています。

有料席は以下の通りです。

 

【十三側】

<十三会場>

お弁当や飲み物、テーブルに椅子が準備されています。

 

エキサイティングシート:大人9,000円・子供5,000円

アリーナシート:大人7,000円・子供4,000円

団体シート:大人8,000円・子供5,000円

ステージシート:大人9,000円・子供5,000円

 

上記は前売り券の値段で

アリーナシートのみ当日券が販売されており

大人8,000円・子供5000円で購入できます。

エキサイティングシートやアリーナシート等の十三会場は

とてもいい席のため即完売してしまうので早めの購入をおすすめします。

 

<納涼船>

お弁当や飲み物、テーブルに椅子が用意されています。

 

大人18,000円・子供10,000円

 

当日券は販売されておりません。

淀川花火大会を大迫力で見ることが出来て人気が高い有料席の「納涼船」!

大人18,000円・子供10,000円と少し値段は高いですが、

思い出に残る花火を見ることができると思いますよ!

 

<パノラマスタンド>

クッションシートが用意されています。

 

大人3,500円・子供2,000円

 

当日券は販売されておりません。

レフトスタンド1~3、ライトスタンド1~3まであり

どの席も値段は変わりません。

川の堤防から花火を見ることができ、

花火の眺めもとてもいいので人気の有料席ですよ。

 

<夏ぴあシート>

パイプ椅子が用意されています。

 

S:5,000円

A:4,500円

 

当日券は販売されておりません。

チケットぴあのみの販売のシートになっています。

エリア内に屋台があり、トイレも完備されている快適な環境です♪

雑誌の「夏ぴあ」で先行販売されているので

興味のある方は「夏ぴあ」をチェックしてみてください!

 

<e+間近での観覧>

S席にはパイプ椅子

A席にはクッションシートが用意されています。

 

S:5,000円

A:3,000円

 

当日券は販売されておりません。

かなり近くで見ることができる会場です!

小さなお子様はびっくりして泣いてしまうかも…?

子供料金は無いようですね。

 

【梅田側】

<梅田会場>

パイプ椅子が用意されています。

 

大人4,500円・子供2,500円

 

当日券が販売されており

大人5,000円・子供3,000円で購入できます。

 

<ダイナミックシート>

クッションシートが用意されています。

 

大人2,500円・子供1,500円

 

当日券は大人3,000円・子供2,000円で購入可能です。

 

<セブンイレブンシート>

パイプ椅子が用意されています。

料金は5,000円で当日券は販売されておりません。

 

混雑が苦手な方には十三側よりも梅田側は比較的空いているので

おすすめです。

 

淀川花火大会の有料席の購入場所や注意点

有料席は

公式サイト

チケットぴあ

ローソンチケット

イープラス

チケ探

で購入可能です。

 

子供料金の設定年齢は3歳以上小学校以下だそうです。

乳幼児を膝上に座らせての入場の場合料金は無料になっています。

18:30以降は河川敷に入場出来ない場合があるので

余裕を持って会場に行きましょう。

 

また花火大会が開催された場合、

どんな理由でも払い戻しはしないので注意が必要です。

有料席は花火が終わった後、値段の高い席のお客さんから帰ることが出来ます。

パノラマスタンドは値段が安いため、帰れるまで

かなり待たされてしまうことになるでしょう。




スポンサーリンク





関連記事:伊丹スカイパークの駐車場の混雑や時間・料金は?周辺に安い駐車場はあるの?

淀川花火大会のパノラマスタンドの場所取りについて詳しくご紹介!

パノラマスタンドは

高い川の堤防から花火を見ることになるため

他の有料席を見下ろす形になります。

 

レフトスタンドとライトスタンドがありますが

レフトスタンド1が一番見やすいかと思います。

レフト1、2、3ライトスタンド1、2、3の順でオススメですよ。

レフトスタンド1は早いうちに売り切れてしまうので

考えている人は早めの購入を!

 

そしてパノラマスタンド内の場所取りですが

坂になっているのが一番高いところが見やすいと思います。

しかし一番上はとっても人気があります!

16時入場開始なのですが15時にはすでに列が出来ているそうです。

有料席ですが早いもの勝ちなので早いうちに

並んでおくといい席が取れるので良いかもしれませんね。

関連記事:淀川花火大会2018の屋台の場所や時間は?最寄駅はどこ?

淀川花火大会の無料観覧席のオススメ穴場スポットもご紹介!

「日本ペイント」ビル前

淀川河川敷にある「日本ペイント」というビルの前は、

会場から近いのに人も少ないのでお勧めです。

 

海老江グランド付近

最寄りの駅から徒歩12分位で着くことができるスポット。

江戸川河川敷の中でも比較的人が少ない場所です。

河川敷の端っこの方ですが花火はきれいに見えますよ。

17時をすぎるとすこしずつ人も増えてくるので

17時前までには場所を取っておくといいかもしれません。

 

大阪府咲洲庁舎コスモタワー

日本で3番目に高い展望台です。

入場料が大人500円・中学生以下200円

かかりますが有料席に比べればやすいですよね!

当日は屋外展望スペース(第二展望台)が開放され、

花火も一望できるのでおすすめですよ。




スポンサーリンク





関連記事:愛犬と川遊びできる関西のおすすめスポット!

まとめ

いかがでしたか?

 

淀川花火大会は

2018年8月4日の19時40分~20時40分予定

十三会場のスペシャルシートは人気のためすぐに売り切れてしまいます。

納涼船は大迫力で見ることができる有料席です。

リーズナブルな値段で観覧できるパノラマスタンド。

とても人気なスタンドです!

パノラマスタンドのレフトスタンド1がオススメ!

十三側よりも梅田側の方が比較的に落ち着いている。

 

有料席はトイレがしっかり完備されています!

また淀川がすぐ近くに流れているため

とても涼しいそうです。

 

有料席で花火も快適に見ることができるし

夏のいい思い出になると思いますよ♪

ぜひ会場で確かめてみてくださいね!

淀川花火大会に行かれる際はぜひこの記事を参考にしてください。



スポンサーリンク

サブコンテンツ