妊婦の浴衣の着付け!帯の位置や結び方について詳しく解説!

夏や近づくと、浴衣を目にする機会も多くなり

実際に着るチャンスもたくさんありますよね。

お祭りや花火大会に行くときは浴衣のオシャレがいっそう映えますね。

 

ですが、浴衣と言うとどうしても締め付けるイメージがあるので

妊婦だと着れないのかな・・・と疑問に思いませんか?

ですが、もちろん妊婦さんでも浴衣を着たいと思いますよね!

 

今日は、妊婦が浴衣を着るときに、特に注意したい帯の位置や結び方を中心に

気をつけたいポイントを詳しく解説してみたいと思います。

妊婦さんご自身はもちろんですが、ご家族に妊婦さんがいる方は

しっかり読んでみてくださいね!




スポンサーリンク






妊婦でも浴衣は着れる!着付けや帯の位置と結び方に注意!

妊娠するまで毎年浴衣を着ていた方なら、妊婦になっても浴衣を着たい!

と思う方は多いのではないでしょうか。

まず、妊婦でも普通どおりに浴衣のオシャレを

楽しむことができるのでご安心ください!

 

浴衣を着るときに一番ネックになるのは、帯ですよね。

これは妊婦であっても、そうでなくてもポイントになる部分です。

しかし、妊婦の場合には普段と違った気をつけ方をしないといけないので、

浴衣を着る前にしっかり確認してくださいね!

 

一番注意しないといけないのは、帯の位置です。

まだお腹が出ていない、妊娠初期の場合には普段の位置でOK!

しかし締め付けすぎないように、いつもより気持ちゆるめに結びましょう。

 

そして妊娠中期以降の場合には、もうお腹が目立ってくる頃です。

そういった時期には、いつもと同じというわけにはいきませんね。

基本的な目安は、お腹のでっぱりの上、つまり胸の下のあたりになります。

 

人によっては、お腹が一番出ているところか、お腹の下の部分がラクという

方もいるかもしれませんので、試してみてください。

とにかく、下腹部を締め付けないようにして自分が心地良いと感じる場所を

決めるのが大事なポイントですよ!

ただし、あまり下のほうで帯を締めると、はだけやすくなるので注意です。

 

ちなみに帯の結び方は、基本の結び方と同じです。

帯の完成度で浴衣の着姿は、全く変わってきますよね。

ゆっくり時間をかけて、丁寧に結びましょう!

 

こちらは最初から帯を結んでいる動画なので、とても参考になりますよ。

妊婦でない方にもとても分かりやすいので、一度挑戦してみましょう。

こういった形なら大人の女性でも可愛すぎない仕上がりなので、

幅広い年代の方におすすめできる帯の結び方です!

 

ただし、お腹が出てくる頃になると帯を結ぶ作業は大変です。

こういった作り帯を使うことをおすすめします。

少しレトロな風合いがある帯なので、夏祭りにはぴったりの雰囲気

になるのではないでしょうか。

 

しかも可愛らしいリボンの形になっていますが、

これも色によっては幅広い世代に似合う帯なので、

家族やお友達同士で貸し借りもできますね!

 

しかし、浴衣は着たいけれどやっぱり帯を自分でうまく結べない!と言う方は

浴衣は着物と比べると着付けが簡単なので、美容室やプロに頼まず

家族や友人に頼んだりしていませんか?

 

友人に頼むのは気楽でいいのですが、それも少し注意が必要!

なるべく妊娠・出産を経験している方に頼むようにしましょう。

やはり経験者でないと、どのくらい締めていいのかという加減が

わからないことが多いです。

 

ゆるい分には浴衣が着崩れてしまったと言う程度で済みますが、

締め方がキツかった場合には、気分が悪くなってしまったり体調に

影響を及ぼすこともありえますので、気をつけなければなりません。

そのため、とくに美容室で着付けをしてもらうときには、

予約の段階で、担当者の方の希望を伝えておいた方がいいでしょう!

 

本格的に浴衣を着る場合には、妊婦の着付けなど知識が豊富な

着付けのプロや呉服屋さんなどにお願いしてみるのもひとつの方法です。

 

浴衣や着物を着るときに、意外とないと困るのは姿見!

やはり裾の長さもバランスがあるので、全身を見ることは必要です。

しかも自分で帯を結ぶ時には、仕上がりや帯の位置を確認するために

三面鏡になっているとさらに便利。

 

こちらの三面鏡は折りたたみ式なので、使わないときには

たたんで収納しておくことができるので、邪魔になりません。

スタンド式なので、設置も簡単です!




スポンサーリンク






妊婦が浴衣を着たときに気をつけるべきことはコレ!

帯を締めるところまでできあがると、かなりホッとしますよね。

これでやっとお出かけできるとウキウキしますが、

それでもやはり、妊娠していない状態で浴衣を着ている時とは違い

気をつけなければならないことがあるので、ご紹介しておきます!

 

まずは、着崩れしやすいこと。

どうしても、通常よりはゆるめに帯を結んでいるため

普段よりは、はだけやすくなってしまいます。

とくに胸元のあたりは着崩れしやすいので、気をつけておきましょう!

 

また、お腹が出てきている場合には胸とお腹の段差があるので

余計にはだけやすくなります。

着付けの段階で、胸とお腹の間にフェイスタオルなど薄手のタオルを

入れて段差を減らすようにして、補整しておいたほうが安心ですよ。

 

そして次に足元。

浴衣を着ていると、普段とは足の運び方が違ってきます。

そして足さばきがとても悪くなりますよね。

とにかく浴衣を着ているときには、急がないこと。

 

お腹が出ていて、足元が見えにくくなっている時期ならなおさらです。

急いで歩いて、転んでしまっては大変です!

なるべくゆっくり歩くように心がけましょう。

そして履き慣れていないなら、下駄も履かないほうが安心です。




スポンサーリンク





関連記事:浴衣の髪型ミディアム編!簡単に大人も子供もできるアレンジのやり方!

そして最後に、冷えと暑さ対策。

まず着付けをしている段階では、暑さ対策をしましょう。

浴衣を着るような時期は夏ですから、家の中が暑いのは当然。

しかしながら、着付けをしているともっともっと暑く感じ、汗が出るほど。

着付けが終わった頃にはぐったりしてしまうこともあります。

 

着付けを始める前には、部屋の温度をある程度冷やしておくのがおすすめ。

暑すぎると、途中で気分が悪くなってしまうこともあります。

 

そして次に、出かけた際に心配になってくるのが冷え。

浴衣は着物と違って足袋を履かないので、夏場でも意外と足先が冷えたりします。

急激な冷えを感じてしまう場合に備えて、長時間外出するときには

着替えや靴下などを持っておいた方がいいでしょう。

 

本格的に浴衣を着ると、着付けも大変ですが

脱いだあとのお手入れなどにも気を遣わなければいけません。

花火や夏祭りなどに出かける何時間も前に着付けをして、

そして帰ってきてから、浴衣や帯を手入れすると思うとかなりの手間。

 

もちろん妊娠していない状態なら、なんでもないことですが

妊婦の場合には、そういった作業も体調によっては負担になりますよね。

そういったことを考えると、着付けも手入れも簡単なセパレート式の

浴衣にしてみてはいかがでしょうか?

 

セパレート式の浴衣なら、着るのはものの5分ほど。

そして帯も出来上がった形になっているので、手入れも必要なし。

洋服の上からも着ることができるので、冷えが心配な場合には

インナーで調節できますよ!




スポンサーリンク





関連記事:浴衣用のかばんがない時の代用は?100均での作り方も詳しく解説!

最後に

いかがでしたか?

帯の結び方が気になって、浴衣を諦めていたという方も

作り帯やセパレート式の浴衣を使うことによって

そういった面倒な作業も省略できて、気軽に着られそうですね!

 

妊婦でも浴衣スタイルが気楽に楽しめ、花火やお祭りなど

夏のイベントが満喫できますね!

くれぐれも無理のないようにだけ、ご注意くださいね。





スポンサーリンク


サブコンテンツ