カメムシで洗濯物が臭い!対策はネットがいい?時期は?

みなさんは、洗濯物が臭いと思ったらカメムシがついていた!

という衝撃の経験をしたことはありますか?

カメムシはどこにでも生息しており、特に秋頃になると、

冬に備えて温かい家に集まってくるという特徴があるのです。

 

カメムシが臭いにおいを発しているからすぐに退治したいところですが、

洋服に殺虫剤をかけるわけにもいきませんよね。

カメムシが家に集まってくる時期には部屋干しをするという方法もありますが、

 

日差しが出ている暖かい日にはやはり外干ししたいですよね。

 

今回は、そんな厄介な洗濯物につくカメムシの対策についてお話していきます。

どのような対策をしたら良いのか詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。




スポンサーリンク





カメムシはなぜ現れるの?時期は?

カメムシは1年中生息しており、どこにでも現れるのですが、

カメムシが家にまでやってきて、洗濯物についてしまうのはある特定の時期になります。

それは初春と初秋頃です。

 

カメムシは暖かいところを好んで動き回る習性があり、特定の住処を持ちません。

とにかく暖かい場所が好きなので、段々寒くなる時期が近づくと、

冬を越すための場所をあちこち探し渡ります。

そして、冬を越して暖かくなってくると、再び活発に活動を始めようとするのです。

 

またカメムシは、種類によって活動時間は異なりますが、

そのほとんどが午前10時頃から午後3時頃に一番活動します。

時期や時間帯を考えると春や秋頃の日中に洗濯物を外に干すのは、

カメムシが付くリスクが非常に高くなるということなのです。

 

家に飛んできたカメムシは、外壁を動き回ったり、庭の草木に生息し、

窓や換気扇を通して室内に侵入してきます。

また、虫の多くは光に集まってくる習性があるので、

カメムシも例外では無く、家の明かりに寄ってきてしまいます。

 

特に家の外壁が白っぽい色の場合にはカメムシは寄りやすくなります。

また虫は紫外線が反射しやすい色に反応すると言われており、

白だけでなく、青や紫のような色でもカメムシは寄ってきやすいです。

 

家の周りにカメムシがやってくる習性はわかりましたが、

なぜカメムシはその中でも洗濯物に寄ってくるのでしょうか。

 

実は、カメムシは洗濯物の良い香りが大好きなのです。

また白っぽい色に寄ってきて、その上湿気を好むので、

洗濯物はカメムシにとって、とても居心地の良い場所なのです。

特に、すずらんの香りやフローラルの香りには寄って来やすいので、

柔軟剤を使用する際には香りの種類にも気をつける必要があります。




スポンサーリンク





カメムシがつきにくい洗濯物の干し方!ネットは効果的?

カメムシが洗濯物についてしまうのを防ぐためには、さまざまな方法がありますが、

一番効果的なのがネットを使う方法です。

洗濯物を部屋干しすることでカメムシの臭いから守ることもできますが、

天気の良い日には、やはり日光の元で洗濯物を乾かしたいですよね。

 

そんなときに活躍するのがネットです。

カメムシ対策に使用するネットは、自作することもできますし、

市販のものを使っても良いです。

 

洗濯物の専用ネットでは小さいので、専用のものでなくて大丈夫です。

カメムシが洗濯物に近づくのを防ぐために、色は白よりも黒がいいですし、

サイズも洗濯物全体を覆うくらいのネットを準備しましょう。

通気性が良く、虫が入ってこない程度の構造のものを選ぶ必要があります。

 

また、ネットを使わないカメムシ対策としては、白っぽい洗濯物の周りを囲うように、

黒っぽい色の洗濯物を干すという方法があります。

そんなにたくさん黒っぽい服はないという方は

カメムシが飛んでくる方向に黒い服を干すようにしましょう。

さらに、外に干すときにも陰干しにすることで、カメムシが近寄りにくくなります。

 

また、カメムシはクズという植物を餌にしているので、

もしベランダや庭に生えている場合には、除草しておくと万全です。

 

しつこい雑草退治スプレー

しつこい雑草をまとめて除去できるのがこちらのスプレーです。

カメムシの大好きなクズも除草できるので、

庭やベランダで気になるところがあればサッとスプレーしちゃいましょう。

害虫駆除としても使えるので、とても便利です。

関連記事:ゴキブリの子供は飛ぶ?卵にいる幼虫の数は?どこから入ってくる?




スポンサーリンク





臭いカメムシから洗濯物を守ろう!さまざまな対策をご紹介!

ネットを使用する方法以外にも、カメムシ対策はあります。

まずは、カメムシが苦手な臭いを使う対策法です。

 

カメムシいやよー

こちらの商品は、天然の植物精油やトウガラシエキスを配合したカメムシ忌避剤です。

洗濯物の近くに吊るしておくだけで、カメムシが近づいてくるのを防ぐことができます。

特殊コーティング技術によって、有効成分も1ヶ月と長持ちしますし、

天然成分だけでできているので安全性も高いですよ。

 

カメムシよけ 吊せるゲルタイプ

こちらの商品は、12種類の天然色上仏中執成分を主原料とした

ゲルタイプの害虫忌避剤アフピリンが封入されたカメムシよけです。

日本製なので品質もとても安定しており、人体に与える影響もありません。

付属のS字フックを使えば物干し竿に吊るしておけますし、

玄関などにそのまま置いて使うことも可能です。

効果の持続時間は2ヶ月間なので、

カメムシの出やすい季節の変わり目なら交換不要でカメムシ対策が可能です。

 

カメムシブロック

こちらの商品はハッカの香りでカメムシをブロックしてくれる、

貼るタイプのカメムシ忌避剤になります。

シートタイプなので、破れて粉が散らばったりすることもないですし、

ベランダなどの内壁に貼って置けば、

洗濯物だけでなく部屋の中や近くにくるのも防ぐことができます。

 

効果の持続期間は2ヶ月とかなり長く、

使わない分はチャック式の保存袋にいれておけば

1年間品質は保たれるので、かなりコストパフォーマンスは良いと思います。

 

また、これだけ対策をしても洗濯物にカメムシがついてしまうことがあります。

最後に、カメムシが洗濯物についてしまったときの対処法を紹介しておきます。

 

嫌なにおいを発することで知られるカメムシですが、

実はカメムシは存在しているだけで臭いわけではありません。

カメムシが臭いのは、危険を感じたときに出すフェロモンが原因なのです。

 

従って、洗濯物にカメムシがついているのを発見しても、

無闇にはたき落としたりしてはいけません。

手で掴んだり叩いたりした瞬間に、あの嫌なにおいを発するのです。

 

対策としては、白い紙を持ってきて、

洗濯物に沿わせるようにして、カメムシをその紙に移してしまうというものです。

こうすることで、嫌なにおいを出させることなく

カメムシを洗濯物から引き離すことができます。

 

カメムシは白い色を好むので、白い紙を使った方が比較的スムーズに移動させられますが、

もしなければチラシなどの紙でも全然OKです。

とにかく、他の虫と同じように払い落としたりしないように、気をつけて下さいね。

関連記事:蚊の対策!寝るときはどうする?部屋に蚊がいるときの対処法!




スポンサーリンク





最後に

カメムシは、人に直接害を及ぼすわけではありませんが、

とても強烈な臭いを発するので、なるべくなら寄せ付けたくありませんよね。

ましてや、せっかく洗濯した衣類に臭いにおいがついてしまっては、

洗濯をした意味がなくなってしまいます。

 

外干しする際には、ネットを使用することで、

カメムシを洗濯物から簡単に守ることができます。

また、カメムシの苦手な臭いを発する忌避剤を近くに設置するだけで、

劇的な効果を得ることができます。

関連記事:アリの駆除方法!室内の蟻退治に重曹や酢は効果的?





スポンサーリンク


サブコンテンツ