淀川花火大会2018の屋台の場所や時間は?最寄駅はどこ?

毎年夏に行われる大阪の花火大会である、「なにわ淀川花火大会」。

平成元年に「平成淀川花火大会」として始まったこの花火大会は、

最先端技術を駆使した花火を見ることができ、毎年大人気です。

 

大規模な花火大会でありながら、地元の商店街や企業などが協賛し、

大阪らしいアットホームな花火大会として毎年多くの人が集まります。

 

人気の花火大会だけに、穴場スポットや見所も気になりますが、

淀川花火大会というと、その屋台も名物のひとつ。

なんと500店を超える屋台や露店が軒を並べます。

 

今回は屋台での食べ歩きを楽しみながら、花火を見るための

おすすめの場所について、詳しくご紹介します。




スポンサーリンク






なにわ淀川花火大会2018年の開催日はいつ?

毎年8月に行われる、なにわ淀川花火大会。

毎年代わるテーマに沿った演出が話題で、2018年に30回目を迎えます。

 

2018年の開催日は、8月4日土曜日、

打ち上げの時間は19時40分から20時40分までの予定です。

雨天でも決行されます。

ただし荒天の場合は中止されます。

 

傘を差すスペースがないほど混雑しますので、

雨の時には合羽を持っていくといいでしょう。

 

打ち上げの場所は、新御堂筋淀川鉄橋から下流の国道2号線までの淀川河川敷です。

淀川をはさんで、北側に十三会場、南側に梅田会場が設置され、

それぞれに有料観覧席が用意されます。

 

もちろん花火大会も見所満載ですが、同じく名物として知られるのが、屋台です。

500店を超える屋台や露店は、なにわ淀川花火大会のもう1つの名物です。

 

大混雑するなにわ淀川花火大会で、屋台を楽しみながら花火もしっかり見るには、

回るルートや最寄り駅もしっかりチェックしておく必要があります。

 

当日はまず車での移動は不可能なので、

電車で最寄り駅まで行き、そこから歩くことになります。

 

 

十三会場はJR神戸線の塚本駅か、阪急電鉄の十三駅が最寄り駅で、

駅から歩いて会場へは15分ほどです。

梅田会場はJR大阪駅が最寄り駅で、駅から会場までは歩いて20分ほどです。

 

大阪中の人が集まったの?といわれるぐらいの人出なので、場所取りもかなり早くから

始まります。

ただし当日の正午まで場所取りは禁止されていますので、注意してください。

 

なにわ淀川花火大会は河川敷で見ることになるので、

一般で参加するならレジャーシートは必須です。

こちらのシートは防水になっていて、持ち運びに便利なバッグ付きなので

一人一つ持っていると安心です。




スポンサーリンク






淀川花火大会2018の屋台が出店する場所はどこ?

なにわ淀川花火大会は、オープニングからフィナーレまで、

全部で7部構成でそれぞれテーマが決まっているため、

他の花火大会より見所満載です。

打ち上げ数は公開されていませんが、毎年約2万発打ち上げられるといわれています。

 

その花火大会と並んで名物なのが、500店を超える屋台です。

なにわ淀川花火大会では、会場が十三会場と梅田会場があり、

どちらにも屋台が出ます。

 

有料席のところにも屋台が出ますが、屋台よりもコンビニや一般のお店が

販売をおこなっていることが多く、屋台メインで楽しみたいなら、

打ち上げ場所からは少し離れてしまいますが、

西中島南方駅近くの河川敷に屋台が集中しますので、屋台巡りをしたいなら

こちらがおすすめです。

 

十三会場も梅田会場も屋台が出ますが、十三会場の方が屋台の数は多いです。

有料席内の屋台は、チケットがないと利用できませんので、屋台も花火も楽しみたいなら

国道176号線の歩道から河川敷に下りて、屋台を楽しんだ後十三会場に移動しましょう。

 

また屋台と共にチェックしておきたいのがトイレです。

有料席の場合はトイレがたくさんあるので、それほど心配しなくてもいいですが、

一般で行く場合は行列になりますので、会場周辺のコンビニなどを

事前にチェックしておくことをおすすすめします。

 

無料のトイレは、特に女性の場合はかなり待つことになりますので、

なるべくトイレに行かずに済むよう工夫するか、

入れる時になるべく済ませておくようにするといいでしょう。




スポンサーリンク





淀川花火大会2018の屋台の時間は?最寄駅はどこ?

屋台の開店時間は、お店によっても違いがありますが、

早いお店では15時ぐらいから開けるところもありますが、大体16時ぐらいから

開店します。

 

屋台が閉店するのは、花火大会の終了と同じぐらいなので、20時40分ぐらいには

店じまいが始まります。

この時間になると、駅に向かう人で混雑しますのであまり移動ができなくなります。

 

屋台をメインで回るなら、十三バイパスから十三大橋、新御堂筋のエリアに屋台が

集中しているので、こちらを先に周り、十三会場に向かうといいでしょう。

 

阪急電鉄の十三駅は花火大会に向かう人で混雑するため、

屋台に先に行く場合は、阪急電鉄の南方駅か、地下鉄御堂筋線の西中島南方駅を

利用するのがおすすめです。

 

このエリアの屋台に行く時間としては、

花火大会前だと17時30分ぐらいがピーク前なのでおすすめですが、

逆に花火終了1時間後あたりに値下げが始まるので、それを狙うのもいいでしょう。

 

また花火大会が終わった後に、帰りの混雑を避けて、

屋台で買い物をして、食べながら時間を潰す方法もあります。

混雑はどうあせってもすぐには解消しませんので、

屋台のあるエリアからは遠くなりますが、JR大阪駅方面に歩いて帰るのもいいでしょう。

 

屋台が元々少ない梅田会場周辺なら、屋台で買い物をした後

スムーズに花火を見ることが可能なので、

どちらをメインにするかで、行き場所を変えてもいいですね。

関連記事:淀川花火大会の有料席のおすすめは?当日券や場所取りについても詳しく解説!

淀川花火大会2018の屋台はどう回る?どんな屋台があるの?

なにわ淀川花火大会に出店する屋台は、

料理系(主食になるもの)、デザート系(おやつ、飲み物)、遊び系に分かれます。

 

過去に出店していたお店だと、

料理系なら定番のたこ焼きやお好み焼き、オムレツの中に焼きそばが入っているオムそば、

お好み焼きを箸にまいたはしまき、肉巻きおにぎり、冷やしそうめん、牛ステーキなど

ボリュームのあるものや、いわゆるB級グルメも多くありました。

 

デザート系だと、ベビーカステラや綿菓子、クレープといったおなじみのおやつから、

バナナチョコ、アイスクリームを天ぷらのように揚げた天ぷらアイス、かき氷や

伸びるアイスで有名なトルコアイスなど多彩なメニューが揃っています。

 

屋台巡りをするなら、行列ができないうちに早めに回るのがおすすめです。

友達同士で手分けして買い物するのもいいですね。

 

意外と困るのがペットボトルの持ち運び。

肩がけのできるこちらのホルダーがおすすめです。

なるべく両手は開けておいた方が安全なので、事前に用意しておきましょう。

しっかり口が閉じられるので、保冷効果も抜群です。




スポンサーリンク





関連記事:愛犬と川遊びできる関西のおすすめスポット!

最後に

毎年大阪で8月に行われる、なにわ淀川花火大会の名物、

屋台巡りについてご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

毎年ものすごい人出になるなにわ淀川花火大会ですが、

圧巻の屋台はぜひ食い倒れたいエリアなので、混み具合を見ながら

回ってみてくださいね。

 

帰りの混雑は慌てても仕方がないので、

屋台巡りをしながらゆっくり帰るのもおすすめですよ。





スポンサーリンク


サブコンテンツ