よみうりランドの混雑状況!駐車場や乗り物の待ち時間についても詳しく解説!

よみうりランドは人気で有名なレジャー施設ですが、

人気だとやはり混雑状況が気になりますよね。

 

せっかく出かけて行っても混雑過ぎて駐車場が空いてなかったり

乗り物の待ち時間が長すぎたりしてしまうと興ざめしてしまいます。

 

そこでここでは、よみうりランドの混雑状況や、

駐車場・乗り物の待ち時間についても詳しく解説していきます。

 

よみうりランドに行きたいけど混雑状況が気になる!という方は、

ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。




スポンサーリンク






よみうりランドってどういう施設?

よみうりランドの混雑状況や、駐車場・乗り物の待ち時間についての解説の前に、

まずはよみうりランドについて簡単に見ていきましょう。

 

よみうりランドとは、株式会社よみうりランドが運営する

東京都稲城市にある遊園地です。

 

新しそうな施設ですが、よみうりランドは1964年に開園した

割と歴史のある遊園地になります。

 

長年愛されてきた施設だけあって、よみうりランドの施設はとても充実しています。

 

ジェットコースターやゴーカートなどザ・遊園地のようなアトラクションは勿論ですが、

グッジョバ!!と呼ばれる企業とコラボした仕事と遊びを融合させた施設や

小さい子供が安心して遊べるファミリーエリア、アシカのショーが見れるアシカショー、

水遊びだけでなく水着のままステージイベントが楽しめるプール(夏のみ)、

またらんらんエリアではワイルドな体験ができるバンジージャンプなどなど、

一日ではとても回り切れないほど楽しめる施設がたくさんあります。

 

恋人同士・友達同士・親子でも楽しめるような遊びやすい複合施設なので、

人気も高いんです。




スポンサーリンク






よみうりランドの混雑状況は?

よみうりランドは魅力的な施設がたくさんあるので、

人気があるのも頷ける事が分かりました。

 

では次に、よみうりランド自体の混雑状況について見ていきましょう。

 

よみうりランドは人気の施設ですので、もし時間が許せるなら

せめてピーク時くらいははずして行きたいですよね。

 

まずよみうりランドの混雑状況ですが、

よみうりランドが1年の内で特に混雑しやすいのは

春休み

ゴールデンウィーク

夏休み

 

の期間です。

この期間は子供が長期休みに入るので、一気に客層が増えます。

 

特に家族で来る方が増えると

子供に複数の大人がくっついてきますからかなりの大人数が予想されます

 

ですから、もし可能であれば

この期間ははずした方がより混雑状況を避ける事ができるでしょう。

 

ねらい目は雨の多い6月や夏休みが終わったばかりの9月です。

ただ、その場合は休園日に注意が必要です。

 

よみうりランドの休園日というのは特殊で、

普通の店のように毎週〇日が休み、毎月〇日だけ休みというものではなく、

春休みや夏休みなど人の多い月は毎日休みなく営業し、

6月などの比較的客足が少なくなる時期は休園日が何日かあります。

 

もし混雑状況を避けてよみうりランドに行く予定を立てるならば、

その日は休みではないか休園日もしっかりチェックしておいてくださいね。




スポンサーリンク





よみうりランドの駐車場の混雑状況は?

では、次によみうりランドの駐車場の混雑状況を見てみましょう。

 

よみうりランドの営業時間は

・平日→10時から17時まで

・土日→9時から20時まで

 

となっています。

 

一方よみうりランドの駐車場の利用時間は

7時半から22時まで

となっています。

 

ちなみに料金は普通車で1日1500円、二輪車だと無料で

約1000台が駐められるようになっています。

 

1000台というとこの規模の遊園地にしては狭いので、

いっぱいで入れないという事もあります。

 

駐車場の混雑状況ですが、混雑する時間帯は

開園時間1時間前くらいからの8時~9時

閉演時間1時間前くらいからの16時~、または19時~

 

です。

 

ですから混雑状況を避けたいのであれば、

これらの時間より早めに駐車場へ行った方がいいですね。

 

なお、ピークの時期である春休み・ゴールデンウィーク・夏休みは

それでも混雑が予想されます。

 

朝、絶対に車を駐車場で駐めたいのであれば、

7時半を目指してよみうりランドへ行くのがおすすめです。

 

また、ピークの時期にしかよみうりランドへ行く予定が組めないのであれば

車ではなくいっそ公共施設を使うのもおすすめです。

 

特によみうりランドは京王線「京王よみうりランド駅」で

下車すればそこからはゴンドラスカイシャトルという乗り物で

よみうりランドに入園する事ができます。

 

ゴンドラスカイシャトルとはランドが経営するゴンドラ施設で、

なんと空からよみうりランドに入園できるという素敵な施設です。

 

これもひとつのアトラクションみたいなものですから、

こちらを利用すれば入園する前から1つレジャーを楽しむ事ができるという訳です。

 

料金も往復500円と高くありませんので、

駐車場の混雑状況で気をもみたくないという方は、ぜひこちらを利用してみてくださいね。

よみうりランドの乗り物の待ち時間は?

東京ディズニーランドだと、「只今の待ち時間は180分です」

なんて余裕で言われたりしますよね。

 

180分は、「分」で言えば大した事ない?かもしれませんが、3時間の事ですよね。

3時間、1つの乗り物に乗るために延々と待つのはちょっと大変です。

 

ではよみうりランドでは乗り物に乗るのにどれくらいの待ち時間が必要なのでしょうか。

ここでは特に、人気のアトラクションを見ていきましょう。

 

グッジョバ!!のスプラッシュUFO

→グッジョバ!!は2016年に作られた新しい施設で、人気も高い施設です。

 

その中でもスプラッシュUFOという乗り物は

「日清焼きそばU.F.O.が出来上がるまでをゴムボートに乗って体験するという

映像付きの水流アトラクション」で未だにとても人気です。

 

こちらの乗り物の待ち時間は

平日→1時間くらい

土日・ピークの時期→2時間以上

となっています。

 

グッジョバ!!のスピンランウェイ

→こちらもグッジョバ!!内の乗り物になりますが、

日本初となるらせん状のスパイラルリフトを採用した

屋内型のコースターになっています。

 

こちらの乗り物の待ち時間は

平日→30分~1時間くらい

土日・ピークの時期→1時間~2時間くらい

となっています。

 

バンデッド

→こちらは屋外のジェットコースターで、

よみうりランドで一番人気のアトラクションになります。

一番人気なので当然混雑します。

 

こちらの乗り物の待ち時間は

平日→1時間くらい

土日・ピークの時期→1時間~2時間くらい

となっています。

 

よみうりランドでは、乗り物の待ち時間は長くても2時間程度という事ですね。

 

よみうりランドは施設がたくさんある為、

タイミングが合えば逆に待ち時間がほとんどない所もあります。

 

ですから、人気の施設は並んでいますが

「どこへ行っても長蛇の列」、という事はあまりありません。

関連記事:日産ウォーターパークの混雑状況!クーポンや割引は?帽子が必要?

よみうりランドの乗り物の待ち時間をうまく避けるには?

よみうりランドの乗り物の待ち時間は長くて2時間程度という事が分かりましたが、

それでも2時間は長いですよね。

 

では、よみうりランドで乗り物の待ち時間をうまく避ける方法はないのでしょうか。

それにはいくつかの方法があります。

 

平日に行こう!

まず、上記の記事を読んでいて気が付いたように、

土日やピークの時期よりも平日の方が若干待ち時間が短いです。

 

乗り物の待ち時間を避けたいなら、平日に行く事をおすすめします。

 

待ち時間の少ないアトラクションで時間潰し

また、よみうりランドにはほかにもたくさんのアトラクションがありますが、

上記であげたような人気のアトラクション以外は、

意外と待ち時間0分で行ける事もあります。

 

乗りたいアトラクションの待ち時間が長い時は、

一度別のアトラクションに行って時間を潰してみるのもいいですよ。

 

スムースチケットを利用しよう

人気のアトラクションには、

優先的に乗り物に乗せてくれるスムースチケットというものがあります。

 

1枚500円と少しお金はかかりますが、

ダラ~っと待つよりは時間の節約になりますし精神的にも楽なので

どうしてもこの乗り物に乗っておきたい!という時は迷わず利用しましょう。




スポンサーリンク





関連記事:よみうりランドの割引クーポンで得なのは?エポス・jaf・京王・コンビニなど色々な入手方法を解説!

最後に

よみうりランドは人気の施設なので、駐車場も乗り物も混雑が予想されます。

 

でも、いつどんな風に混雑するのか分かっていればある程度避ける事ができますし、

乗り物の待ち時間も工夫次第では短くする事ができます。

 

混雑状況を避けつつ、ぜひよみうりランドを楽しんでくださいね。





スポンサーリンク


サブコンテンツ