免許証の持ち点数の確認方法!満点や初心者は何点なの?

春になると初心者マークの運転手が増え、

そのためか警察の交通安全運動が強化されます。

 

警察官を見かけたりパトカーを見るだけで自分は悪い事をしていないのに

ハラハラしてしまうのはドライバーにしたらあるあるなことですよね。

 

皆さん、自分の免許証の持ち点が何点だかご存知ですか?

何年か前に点数を引かれたけどあと何点残っているのだろう?

と不安に思ったことがある方もたくさんいると思います。

 

今回はそんなドライバーさんに免許証の持ち点数の確認方法や

満点は何点なのか、初心者は何点持っているのか、

など免許証に関する疑問をズバッと解決していきたいと思います♪




スポンサーリンク





免許証の持ち点数・満点は何点!?処分はどのようなものがある?

何度も違反すると自分の持ち点はあと何点なんだろう、

そもそも自分は何点持っているんだろう…。

と不安な気持ちになってしまいますよね。

 

大体の方がそのような場合「点数が減った!」というように言いますが

実は運転免許証の点数はみんな0点から始める加点方式なんです。

なので「減る」というよりは違反をすると点数が「増える」ですね!

そのため満点、というのはないのですが「0点」が満点と

同じ意味というで最もいい点数ことになります。

 

違反をした場合過去3年以内の事故、違反などの点数が増えていき、

決められた点数を超えてしまうと免許停止や免許取り消しなどの

重い処分を受けることになってしまうのです。

では一体どのくらいの点数が増えると処分を受けることになるのでしょうか。

 

<免許停止処分の場合>

・免許停止や免許取り消しなどの処分を過去に

うけたことがない人…6点

 

・過去に1回免許停止や免許取り消しの

処分を受けたことがある人…4点

 

・過去に2回の免許停止や免許取り消しの

処分を受けたことがある人…2点

 

上記の点数を超えた場合30日間の免許停止になってしまいます。

しかし「違反者講習」を受けることにより30日から60日に

なるんだとか!筆記テストで50点以上とることが

停止期間の短縮の鍵です!

 

<免許取り消しの場合>

・免許停止や免許取り消しなどの処分を過去に

うけたことがない人…15点

 

・過去に1回免許停止や免許取り消しの

処分を過去にうけたことがある方は…10点

 

・過去に2回免許停止や免許取り消しの

処分を過去にうけたことがある方は…5点

 

・過去に3回免許停止や免許取り消しの

処分を過去にうけたことがある方は…4点

 

上記の点数を超えた場合免許取り消しになります。

ただし、飲酒運転などは一発で免許停止になるので

しないようにしましょうね。

 

点数が加算されても加算された次の日から

一年間無事故無違反の場合はリセットされる仕組みになっています。

なにはともあれ安全運転が一番ですよね!




スポンサーリンク





免許証の持ち点の確認方法!

自分が何点増えてしまうと処分が決まってしまうのか

わかったところで、持ち点の確認方法をご紹介します!

 

現在の違反点については、

「累積点数等証明書」or「運転経歴証明書」

という証明書を発行すれば分かります。

それか交通違反点数一覧表で地道に計算していくか、ですね。

 

「累積点数等証明書」「運転経歴証明書」は近くの警察署(交番、駐在所も可)や

安全運転センターに申請書を持っていけば1通630円で

2週間くらいかかりますが自宅に配送してくれます。

 

手間と時間がかかりますがどうしても知りたい方は

発行すると良いと思います。

初心者ドライバーの免許証の持ち点数は一体何点?

初心者ドライバーとは普通免許を取得してから1年以内の人を指します。

 

初心者の場合普通のドライバーとは違い

違反点数が3点を超えると「初心者運転講習」

という講習会を受講しなければいけません。

 

受講しても0点にリセットされるわけではなく

3点のままなのでご注意を。

 

しかしこの初心者運転講習に受講しなかった場合や

受講してもまた違反をしてしまい違反点数が3点以上になってしまうと

再試験を受ける必要があるのです。

 

そして6点以上加点されてしまうと免許停止通知が着ますよ。

 

初心者も普通ドライバーもゴールド免許の方も

みんな違反点数6点以上で免許停止になるのです。

 

ちなみに初心者マークは普通自動車の免許を取得して

1年以内の人に初心者マークを付ける義務があります。

その義務を怠った場合に警察に捕まると、

初心運転者標識表示義務違反として処分される事があります。

 

違反点数1点が加点され、4,000円の反則金を払わなくては

ならないので初心者マークは付けておきましょうね!

なお反則金を収めないと罰則で2万円になってしまうので

4,000円のうちに払っておくことをおすすめします…。




スポンサーリンク





免許証の持ち点数を0点に戻すチャンスがある!

違反をした過去3年以内の事故、違反などの点数で、

決められた点数を超えてしまうと免許停止や免許取り消しなどの

重い処分を受けることになってしまう、と上記で説明をしましたが

次に当てはまる場合は、持ち点数が0点に戻るか点数がリセット

されるので覚えておくといいでしょう!

 

違反点数を加点された次の日から

1年間無事故無違反だと違反点数がリセットされる。

 

違反点数が6点以上になり免許停止などの処分を受けたら0点に戻る。

ただしその場合前歴に1が付きます。

 

過去2年間、違反点数の加点がなく無事故無違反の人が

違反をした場合、その次の日から3ヶ月違反行為がなかったら0点に戻る。

(3点未満の場合)

・過去3年を超える違反点数はリセットされます。

 

①の場合

例えばスピード違反などで違反点数1点を加算されたとします。

違反点数を加算された次の日から一年間違反しなければ

その一点がなくなる、ということで

もしスピード違反する前に2点の加点があったとしたら

それらはリセットされません。

 

②の場合

免許停止や免許取り消しになると違反点数は0になりますが

前歴が1になります。

そうなってしまうと累積点数が下がってしまい

すぐに免許停止や免許取り消しになり、その期間も長くなってきます。

関連記事:戸籍謄本の郵送での取り寄せ日数は?封筒や料金についても詳しく解説!

意外と知らない!運転免許証の仕組み!

おまけ、と言ったらなんですが

運転免許証は一体どのような事が書いてあるのか

皆さんご存知ですか?

 

住所や名前、生年月日など個人情報が記載されている他に

12桁の番号が入っていますよね?

実はこの12桁には深い意味が込められているのです。

例えば12桁の番号が

 

「第 123456789000 号」

 

と記載されていたとしましょう。

1,2桁目は管轄の都道府県番号になります。

1,2桁目がこの12桁では「1と2」なので

旭川の管轄と言えます。

詳しい管轄が気になる方は調べてみてください♪

 

続いて3,4桁目は運転免許書を取得した西暦の下二桁。

この番号だと「3と4」なので1934年ってことになりますね!

 

5,6桁目は筆記テスト減点数だと言われています。

「5と6」なので44点ということになりますね(笑)

受かってないじゃん!5,6桁目の真相は明らかでは

ありません!

 

7~10桁目は国家秘密の個人情報らしいです。

 

11桁目はチェックデジット

 

12桁目が運転免許証の交付回数

 

という感じになっています!

12桁の数字にそんな意味が込められているなんて

びっくりしますよね!

 

面接官などに運転免許証を見せると

12桁目をよく見られがちなんだとか!

12桁目の数字が多ければ多いほど信用ガタ落ちですよ…。

関連記事:戸籍謄本の郵送での取り寄せ日数は?封筒や料金についても詳しく解説!




スポンサーリンク





最後に

いかがでしたか?

 

持ち点数の確認方法は「累積点数等証明書」or「運転経歴証明書」

という証明書を発行すると確認できる

交通違反点数一覧表で計算するのも有り

加点方式なので満点はなく、0点がもっとも良い点数

初心者ドライバーもゴールド免許ドライバーも

6点加点で免許停止処分

違反点数を加点された次の日から

1年間無事故無違反だと0点に戻る。

 

免許証の点数についてはあまり把握している人は少ないかもしれませんね。

違反しても一年間の違反無しで0点にリセットしてくれるということから

一定の猶予があることがわかります。

 

しかし違反が続くと免許停止や免許取り消しなどの重い処分が有り、

また違反を繰り返してしまうとどんどん厳しくなってきてしまいます。

普段から安全運転を心がけることを忘れないようにしましょうね!

関連記事:パスポート写真の服装は?前髪が眉や目にかかっていてもいい?





スポンサーリンク


サブコンテンツ