ねぶた祭り2018年の日程は?交通規制や駐車場も詳しく解説!

青森で行なわれている知名度ナンバーワンとも言えるお祭り

「ねぶた祭り」が毎年夏になると開催されます。

一度は行ってみたい、と思っている方もたくさんいますよね。

 

ねぶた祭は「七夕祭り」が変化してねぶた祭りに

なったと言われていますが、実際お祭りの名前は

知っていてもどのようなお祭りなのかしらない方も

多いのではないでしょうか。

 

また2018年のねぶた祭りには参加したい!

という方もいらっしゃると思うので今回は

ねぶた祭はどのようなお祭りか、

2018年ねぶた祭の日程、交通規制、駐車場など

詳しくご紹介したいと思います!




スポンサーリンク






ねぶた祭とは?

ねぶた祭とは1980年に国の重要無形民俗文化財に指定された青森県の夏祭りです。

「ねぶた」と呼ばれる人形を山車にのせその周りを踊る「はねと」が有名ですよね。

仙台の「七夕まつり」と秋田の「竿燈まつり」、青森の「ねぶた祭り」で

東北三大祭りと言われるほどの人気なお祭りで、

8月2日から7日までの6日間で毎年200万人以上の人で賑わいを見せています。

 

ねぶた祭の起源は諸説ありますが日本各地で行われている

七夕まつりや眠り流しの行事が変化したものと考えられています。

もちろんはじめからど迫力の行事だったわけではなく紙と竹、ローソクが

普及されてくるにつれ灯籠となり、それがどんどん変化し

人形の扇ねぶたになったと考えられています。

 

7月7日の七夕の日の夜にけがれを川や海に流すという意味で、

灯籠を流して無病息災を祈りました。

これが「ねぶた流し」と呼ばれる禊の行事で、

現在のねぶた祭りの最終日に行なわれている海上運行にも表れているのです。

 

ねぶたの灯りですが、昔は蝋燭が使用されていたのですが、

現在は電球や蛍光灯を800〜1000個ほど使っています。

また、最近ではLED電球も使われるようになったそうで、

さらに光り輝いたねぶたを見ることができるんです!




スポンサーリンク






2018年のねぶた祭の日程は?

ではそんなねぶた祭りですが2018年は

何日に行なわれるのでしょうか!

 

実はこのねぶた祭は毎年、曜日にかかわらず

8月2日~8月7日に行なわれている行事なのです!

開催場所に関しては青森市の中心街で行なわれます。

雨天決行なので遠方からねぶた祭に来ている人でも

安心できますね!

 

2日~3日の夜は子供ねぶた(約15台予定)と大型ねぶたの運行(約15台予定)

4日~7日の夜は大型ねぶたの運行(約20台運行予定)

7日の昼は大型ねぶたの運行(約20台運行予定)

夜に青森花火大会・ねぶた青森湾で海上運行

 

というタイムスケジュールで毎年行われています。

6日は受賞したねぶたが運行するようです!

 

ねぶたの運行コースは国道4号、新町通り、八甲通り、

平和公園通りを右回り進みます。

新町通りは道幅が狭いので間近でねぶたが見ることが出来、

国道4号は道幅が広いので躍動感あるねぶたを見ることが出来ますが

すこし遠く感じることもあるそうです。

 

ちなみに、ねぶたが運行するコースの曲がり角が

一番迫力あるねぶたを見ることができるそうですよ!

ねぶたを引いている側もここが見せ場とわかっているので

気合が入るようです!

 

しかし当日は凄まじく混み合います。

混んでいないところでゆっくりねぶた祭りを楽しみたいのであれば

青森駅から遠く離れたところで見ると人も比較的少ないのでおすすめです。

 

開催時間は

夜の場合19:10~21:00

昼の場合13:00~15:00

 

最終日は青森湾を行き交うねぶたと、花火がとてもきれいで

見とれてしまうこと間違いなしですよ!

 

ちなみに「ねぶた」の周りにいる「はねと」の正式な衣装を着ている人であれば

一般の観光客の人でもハネトに参加することが出来、

一部の団体では部外者の参加をお断りしているところがありますが

基本的にはどの団体のねぶたでも加わることができるんだとか!

 

ハネトの正式衣装はスーパーやデパートで一式一万円程度で

販売されていますよ!

レンタルだと4000円ほどで借りられるそうです。

 

ハネトに参加する場合

・ねぶたが運行開始する10分前までに待機場所に集合すること

・勝手なことはせず運行委員の指示に従う

・ホイッスル等の持ち込みしない

など注意事項があるので興味のある方は公式ホームページを

チェックしてみてください!




スポンサーリンク





2018年のねぶた祭の交通規制は?

車でねぶた祭に参加しようとしている方も

いらっしゃると思いますが当日は交通規制を

されてしまうので注意してください。

 

コースエリア内は

8月2日~6日が18:30~21:30、

8月7日が12:50~15:00

に交通規制が入ります。

 

交通規制が入るエリア内に車を停めてしまって、

車を動かしたいのに動かせない、

なんてことになってしまわないように注意が必要です!

2018年のねぶた祭りの駐車場は?

駐車場も完備されています!

 

車で来られる方は当日無料駐車場も完備されています!

 

バス専用の堤埠頭16:00~22:00

7日は利用不可になっていますが

最寄りの運行コースまで車で約5分です

 

バス専用の新田浄化センター

16:00~22:00(8月2日~6日)

11:00~22:00(8月7日)

最寄りの運行コースまで車で約7分です。

 

2つはバス専用なので大勢で行かれる方は

こちらの駐車場をご利用ください。

普通車の場合は

 

サンロード青森(東側)10:00~22:00

最寄りの運行コースまで車で約10分の駐車場を

ご利用ください!

 

ちなみに有料駐車場ですが

青森操車場跡地北側11:00~23:00 1回500円

も利用可能です。

 

電車の場合JR青森駅から徒歩5~20分で会場にいけますよ!

車の場合、車青森道青森中央ICから15分です。

関連記事:関東で川遊び!きれいな清流の穴場はココ!

ねぶた祭の前夜祭と最終日について

ねぶた祭には前夜祭があり、

8月1日に本番のねぶた祭に先駆け「ねぶたラッセランド」で

明かりが灯った大型ねぶた全台を見ることができちゃいます。

またねぶた囃子演奏や囃子持久力コンテストなど

様々なイベントも行なわれますよ♪

 

日時:2018年8月1日(水) 18:00~21:00

開催場所:青い海公園 ねぶたラッセランド

 

町を運行するねぶたの姿も、もちろん大迫力で興奮しますが、

大きなねぶたが並んでいる様子も迫力があります!

そして前夜祭の最後にも花火が上がりますよ!

 

日時:8月1日18:00〜21:00(打ち上げ花火は20:40〜)

場所:青い海公園(青森駅から徒歩10分)

 

またねぶた祭り最終日の7日には青森港の会場を

各賞を受賞した6台のねぶたが運行し、

11,000発ほどの花火が打ち上げられるそうです!

 

日程:2018年8月7日(火)
時間:19:15~21:00
会場:青森港

 

花火はどこからでも見えるのですが、ねぶたはそうは行かないようです。

場所によってねぶたが遠すぎてしまったり、ねぶたと花火がいい感じに

コラボ出来ていない場所がほとんど…。

おすすめの場所は「ねぶたラッセランド付近」です。

 

比較的近い距離でねぶたと花火を見ることが出来ますが

大変込み合うので注意が必要になってきます。

もみくちゃにされるのは嫌だけど花火とねぶたが見たい!

という方は有料観覧席を利用すると良いかもしれません♪

詳細は公式ページに載っているので気になる方はチェックしてみてくださいね!




スポンサーリンク





関連記事:徳島阿波踊り2018年の日程は?交通規制・駐車場や穴場鑑賞スポットは?

最後に

いかがでしたか?

 

日程は8月2日~7日の6日間

前夜祭が8月1日にあります。

交通規制がはいりコースエリア内は8月2日~6日が18:30~21:30、

8月7日が12:50~15:00

当日無料駐車場も完備

 

2018年の夏は是非東北三大祭りの「ねぶた祭り」に

参加してみてはいかがでしょうか!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。





スポンサーリンク


サブコンテンツ