迎え火と送り火の日にちや時間はいつ?東京では?

お盆の時期になると、よく聞くのが「迎え火」と「送り火」です。

よく聞く言葉ですが、はっきりと何を表わしているのかご存知ですか?

聞いたことはあるけど、やったことがない人も多いのではないでしょうか。

私の周りでも「親から聞いたことはあるけど」や「おばあちゃんが何かそういうことを

言っていた気がする」なんて言葉をよく聞きます。

 

そもそも、お墓参りはご先祖様を敬うことです。

今の自分があるのもご先祖様のおかげでもあるわけです。

そのご先祖様に気持ちをちゃんと伝えられるお墓参りをきちんとしませんか?

 

その代表がお盆のお墓参りになるわけです。

お盆に行なうのが、「迎え火」と「送り火」なのです。

これらのポイントを押さえて、ご先祖様をきちんとお迎えしましょう。




スポンサーリンク





迎え火とは?日にちと時間はいつ?

まず、迎え火とは、お盆の時にご先祖様の霊を迎える時に焚く火のことです。

7月13日に行なう地域もありますが、多くの地域は8月13日の夕方に

家紋の入った提灯を持って家族でお墓参りに行き、帰りにその提灯に火を灯して帰り、

その火を自宅の仏壇に灯すのが一般的とされています。

 

地域によっては、お墓で火を灯さずに、家の玄関などで灯す地域もあります。

提灯に灯した火はご先祖様が迷いなく自宅へ帰る目印になるとされており、

必ずお盆には提灯を飾るとされています。

 

また、近年は提灯の火が火災などの原因になってはいけないという意見などから

電池式の火にしたり、火自体を灯さず、ろうそくを飾るのみという家庭もあります。

 

他にご先祖様を迎える時に行なうこととして、家の玄関で焙烙(ほうろく)に

おがら(麻がら)を入れ、火をつけて燃やし、それを迎え火としてお迎えする

こともあります。

その煙でご先祖様が家に帰って来ることが出来ると言われているのです。

 

ちなみに、なぜ夕方に行なうのかご存知ですか?

亡くなった霊は暗くなってから動き出すという説があるためです。

なので、その霊が動く時間帯である夕方の暗くなり始めた頃に火を灯して、

帰る場所をお知らせしている、というわけなのです。




スポンサーリンク





送り火とは?日にちと時間はいつ?

次に送り火とは、先ほどの迎え火とは反対で、ご先祖様をお墓に送る火のことです。

日にちは7月16日または8月16日となります。

迎え火と同じ場所で、焙烙におがらを入れて燃やし、その火でご先祖様の霊を

あの世へ送り出します。

 

迎え火は夕方に、と書きましたが、送り火はどうなのでしょうか。

ご先祖様は16日の午前中まで家にいるとされているので、午後にするのが一般的ですが、

実際は夕方頃に行なうことが多いです。

 

その理由は様々で、時期的にお昼間は暑いので少し涼しくなる夕方に、としている方や

暗くなってきてから霊が動き出すとする考えに沿ってる、とバラバラです。

はっきりとした時間は決まっていませんので、各々がご先祖様と過ごし、

気持ちよくご先祖様をお送りすれば問題はありません。

 

京都の「五山の送り火」や奈良の「大文字の送り火」が有名ですね。

これらもご先祖様をお墓に送る儀式なのです。




スポンサーリンク





マンションの場合の迎え火・送り火のやり方は?

マンションでも各個人の家には玄関があるわけですから、おがらを焚いても

問題はない、と思ってしまいますよね。

でも、玄関前にはよく火災報知機が設置されているケースが多いです。

そんな近くで焚いてしまうと、火災報知機が鳴ってしまい、迷惑をかけることに

なってしまいます。

 

ですので、先ほど述べた、提灯でお迎え・お送りする方が良いでしょう。

その提灯を玄関に飾ると盗まれたり、いたずらされたり、また通行の邪魔に

ならないとも言い切れません。

 

そこで活用できるのがベランダです。

ベランダであれば他人の迷惑になる可能性は極めて低くなります。

また提灯の火も、電池式のものを使用する方がより安全です。

東京での迎え火・送り火は?日にちや時間に違いはあるの?

では、東京では一体いつ、どんな風にするのが一般的なのでしょう。

東京も他の地域と同じで、必ず○日、という決まりはありません。

ですので、7月に行なうか8月に行なうかは

各個人の習慣に合わせるということになります。

 

東京や関東の一部は、お盆=旧暦の7月15日とされており、そのまま風習が残り、

 

7月15日としている地域もあります。

 

関東はそれで問題はなかったのですが、地域によれば、梅雨が明けていなかったり、

関西では京都の祇園祭りや天神祭と重なるため、お盆が8月になったとも

言われています。

今ではこの8月15日をお盆とする風習にほとんどが変わったということになります。

 

また、東京など大都市の場合、迎え火や送り火の火を「またぐ」という習慣があります。

焚いているおがらの上を3回またぐのです。

そのことで、病から身を守ることができる、と考えられてきたので、

そういう習慣が残っている地域もあります。

迎え火や送り火を行なうために必要なものとは?

実際に迎え火や送り火を行なうために、必要なものとは何でしょうか?

まずは、おがら。

 

麻がらとも言われ、麻の茎の皮を剥いで、内部の木質部分を

乾燥させたもので、茅葺屋根の下地などにも使われています。

これは、ホームセンターなどでもお盆の時期になると切り花などのコーナーに

売られています。

ネットならお手軽に購入できますよ。

 

そして、焙烙。これは素焼きの皿のことです。

仏具店などでも売られていますが、ネットで購入するのがお手軽なので

おすすめです。

この商品は、作りがしっかりしていて使いやすいと評判です。

 

そして、お供え物が必要になります。

一般的には、きゅうりで作った馬とナスで作った牛、となります。

 

お供え物という感じはないかもしれませんが、馬は霊が早く家に帰れるように、

という意味があります。

そして、牛はゆっくりと霊が天国へ戻れるように、という意味があるのです。

 

あとは、お団子です。

お迎えの際はあんこの付いた「迎え団子」と言い、

お送りの際は「送り団子」と言い、それらを飾る風習があります。

関連記事:関東で川遊び!きれいな清流の穴場はココ!

迎え火・送り火、それぞれやり方は?

まず迎え火ですが、最初に提灯に火を灯して飾ります。

そして家の玄関などで焙烙の上に、おがらを乗せてから、火をつけます。

それから合掌をして、ご先祖様をお迎えします。

 

逆に送り火は、迎え火をした場所と同じ場所で行ないます。

同じく火をつけ、合掌をして見送ります。

この時に、お供え物の馬や牛などの乗り物があれば一緒に燃やします。

ご先祖様がその煙に乗って、無事にお墓へ帰れるとされています。

関連記事:浴衣の髪型ミディアム編!簡単に大人も子供もできるアレンジのやり方!




スポンサーリンク





まとめ

このように、普段のお墓参りとは少し違う迎え火・送り火は

お盆にしか行なわれないので、1年経つとどうだったか忘れたりしてしまうのは

仕方ないと思います。

 

だからと言って、しなくなるのも淋しいものです。

人に聞くのも恥ずかしいし…なんて、思っていてはいけません。

お店の人にですら聞きにくいのであれば、ネットで検索すれば簡単に

調べることが出来ます。

どんどん調べて、知識として身につけていきましょう。

 

お墓が遠いなどの理由で頻繁にお墓参りに行けないこともあるでしょう。

それでも構いません。

普段からご先祖様を大切に思い、お墓参りに行ける時にはきちんと行き、

大切に思っていることやご先祖様のおかげで今日の自分があることを

感謝して、丁寧に手を合わせましょう。

 

お墓参りをすると気分も少し落ち着き、清々しい気持ちになります。

ゆったりとした気持ちでお墓参りをして、きちんとご先祖様に

感謝を伝えるようにしましょう。

ご先祖様はきっと見守ってくれています。

関連記事:浴衣用のかばんがない時の代用は?100均での作り方も詳しく解説!





スポンサーリンク


サブコンテンツ