関東で川遊び!きれいな清流の穴場はココ!

夏が近づくと、いい天気も重なってどこかに出掛けたくなりますよね。

とはいっても海は人も多いし、キャンプやバーベキューというと

道具から準備しないといけなくて面倒になってしまいます。

 

そんな時におすすめなのが川遊びです。

潮風でベタベタすることもありませんし、水がきれいなところなら

泳いだり魚釣りも楽しめます。

 

都心に近いところにそんなきれいな川はないんじゃ…と思われるかもしれませんが

車だけでなく電車でも行ける近場にも、穴場な川はたくさんあるんです。

 

そこで今回は川遊びにおすすめの場所や、一緒に楽しめるイベントも

合わせてご紹介します。




スポンサーリンク






関東で川遊び!きれいな清流の穴場はココ!<日帰りで行けるスポット>

キャンプ場を借りてまでゆっくりする時間がない!という時には、

関東近辺で日帰りで楽しめるスポットに出掛けましょう。

 

高麗川で川遊びを楽しもう

埼玉県日高市の巾着田の側を流れる高麗川は、春は菜の花、

梅雨の時期はアジサイやホタル、夏はハスといった花々が楽しめ、

川遊びやキャンプが楽しめます。

 

車で関越道の鶴ヶ島ICで下り、約40分ほどかかりますが

何といっても駐車場料金以外は無料で楽しめるのがミソです。

トイレや水道施設もあり、周りは大自然に囲まれていますので

1日のんびりと川遊びをしたり、ハイキングができますよ。

 

関東で一番きれいな川・神流川で遊ぼう

群馬県多野郡の上野村を流れる神流川は、

関東で一番水質がきれいな川として知られています。

 

川の周りに施設があるわけではなく、

自然そのままの川の流れを楽しめるのがポイントです。

 

関越自動車道の本庄児玉ICや上信越自動車道の下仁田ICから車でも行けますが、

高崎線の新町駅からバスも出ています。

どちらの方法でもかなり時間がかかりますが、

自然が豊かで空気もきれいなので、ぜひ行って欲しいスポットです。

 

ただし日よけの場所がないので、日よけ対策はしっかりしていきましょう。

 

こちらのポップアップテントは、女性でも広げられます。

持ち運びしやすい軽さなので、日差しよけと休憩用にぜひ持っていきましょう。

重量が1kgで持ち運び用のバッグ付きなのも助かります。

キャンプ場を借りてまでゆっくりする時間がない!という時には、

関東近辺で日帰りで楽しめるスポットに出掛けましょう。




スポンサーリンク






関東で川遊び!きれいな清流の穴場はココ!<キャンプ場でゆったりできるスポット>

川遊びだけでなくキャンプやバーベキューも楽しみたい!

という時におすすめなのが、きれいな川べりにあるキャンプ場を利用することです。

テントを張ったりするのはちょっと、という方には、

バンガローを利用する方法もあります。

 

きれいな河原でバーベキューをしたり、星空を見上げるのも格別ですよ。

 

長瀞オートキャンプ場は施設充実で安心!

埼玉県の長瀞にある長瀞オートキャンプ場は、

都心からも比較的近い場所にあるにも関わらず、

自然豊かできれいな荒川を楽しめる場所です。

 

川遊びだけでなく川下りやキャンプ、手ぶらでOKのバーベキュープランなど

泊まりがけでなくても1日楽しめます。

 

関越自動車道の花園ICから車で20分。

キャンプやバーベキューは人気なので事前に予約がおすすめです。

 

青根キャンプ場で思い切り川遊び!

神奈川県相模原市の道志は、キャンプ場が多くありますが、

中でも青根キャンプ場は、近くにある道志川で川遊びが楽しめるのがポイント。

圏央道の相模原ICから車で20分ほどのところにあります。

 

直火ができるフリーサイトなので人気があり、テント張りは競争になりますが、

バンガローもありますのでテントが張れなくても大丈夫です。

 

炊事場やトイレも充実していて、持ち込みもできるほか、

ピザ釜があります。

いつもバーベキューが定番という方も、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

夜のキャンプ場は意外と暗いもの。

ランタンは必需品です。

こちらのランタンは、手回し充電やソーラー充電など色々な充電方法ができるので

防災用品としてもおすすめですよ。




スポンサーリンク





関東で川遊び!きれいな清流の穴場はココ!<アクティビティも楽しめるスポット>

川遊びといったら、カヌーなどのアクティビティにもチャレンジしてみたいですよね。

浅い川でまったり楽しむのもいいけれど、川でしかできないこともやってみたい!

そんなあなたにおすすめのスポットをご紹介します。

 

オートキャンプ那珂川ステーション

栃木と茨城の県境にあり、関東でも特にきれいといわれる玖珂川が流れています。

大きな川なので、カヌーやカヤックにチャレンジしたり、

ラフティングツアーに参加したりと川ならではのアクティビティが楽しめます。

 

キャンプ場やバンガロー、バーベキュー施設も充実しており、

ドラム缶風呂も人気です。

もちろんデイキャンプも楽しめますよ。

 

季節限定になりますが、ナイトラフティングが体験できるのもここならでは。

時期が合えばホタルを見ることもできます。

関連記事:ペット・愛犬と川遊びできる関東のおすすめスポット!

関東で川遊び!きれいな清流の穴場はココ!<釣りも楽しめるスポット>

清流の醍醐味といえば、釣った魚を河原で焼くこともその一つ。

川によっては釣りができないところもあるので、

案内や施設があるところに行くのがおすすめです。

 

木のむらキャンプ場

埼玉県ときがわ町にあるキャンプ場です。

清流都幾川の源流に近いため、ヤマメ、カジカ、ウグイなどの魚釣りだけでなく

サワガニ取りも楽しめます。

 

水温が一定して低いので、暑い日にもおすすめです。

都心から車で90分ほどなので、気軽に行くことができるのもうれしいですね。

 

あしがくぼ渓流国際釣り場

埼玉県の秩父にある自然を生かした釣り場があるスポットです。

都心から2時間で行けるので、日帰りでも楽しめます。

えさ釣りだけでなく、ルアーフィッシングも楽しめます。

 

釣った魚を焼いたり、バーベキューを河原で楽しむことも可能。

こちらは予約が必要ですが、食堂や売店もあるので、

川の流れを上流と下流で楽しみながら、のんびり過ごせますよ。

 

川は急に流れが変わるところや、滑りやすいところも多く、

うっかり足を滑らせたりといったこともあります。

特に子供には万が一のことを考えてライフジャケットを用意しましょう。

売店では取り扱っていないことが多いので、事前に用意しておくと安心ですよ。




スポンサーリンク





関連記事:関東でおすすめの海水浴場!きれいな穴場をご紹介!

最後に

関東で川遊びを楽しめる、穴場のスポットをご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

都心からでも意外に近い場所に、こんなきれいな川がいくつもあるのはびっくりですよね。

海と違って水がさらっとしていますし、

流れに気をつければそれほど危険ではありません。

また砂で汚れることがないのがかなりうれしいです。

海も楽しいですが、服や靴だけでなく荷物も砂だらけになってしまうんですよね。

 

親子で楽しむ時は、釣りや川の中の魚を観察するのも楽しいですよ。

足下に気をつけて、川の流れときれいな風景をぜひ楽しんでみてください。





スポンサーリンク


サブコンテンツ