徳島阿波踊り2018年の日程は?交通規制・駐車場や穴場鑑賞スポットは?

徳島県で毎年行われる徳島阿波踊りは、

毎年多くの観光客が訪れる大イベントです。

いくつもの会場でたくさんの踊り手が

阿波踊りを踊りながら練り歩く様はまさに圧巻の一言。

 

今回は、徳島阿波踊り2018年の日程について紹介し、

当日の交通規制、駐車場情報についても紹介していきます。

徳島阿波踊りを楽しむための穴場鑑賞スポット情報もまとめていますので、

参加する予定のある方もまだ迷っている方も、まずは一読ください。




スポンサーリンク






徳島阿波踊りってどんなイベント?2018年の日程は?

阿波踊りは徳島で生まれた盆踊りのことで、

なんと400年も続く伝統芸能であり、その始まりは江戸時代とも言われています。

ちなみに「阿波」は徳島の旧名です。

 

そして、阿波踊りは踊りの名前であると共に、イベントの名前でもあるのです。

徳島県の中でもいくつか阿波踊りイベントは行われていますが、

中でも徳島阿波踊りはひときわ大きなお祭りとなっており、

毎年、踊りの参加者だけでも10万人を超えます。

観客も合わせると140万人を超えるひとが訪れる祭りの盛り上がりは、

一度参加すると忘れることができないものとなるでしょう。

 

そんな徳島阿波踊りの2018年の開催日程は、以下の通りです。

 

・日程:2018年8月12日(日)~ 8月15日(水)

・時間:18時~22時30分 ※小雨決行

・場所

有料会場:徳島市役所前演舞場、藍場浜公園演舞場、紺屋町演舞場、南内町演舞場

無料会場;両国本町演舞場、新町橋演舞場

 

また、8月11日にはアスティとしくまで前夜祭のお祭りが見られます。

有料チケットが必要ですが、

11時、15時、19時と3部構成で行われる大変楽しいイベントになっています。

 

徳島阿波踊りは、18時から22時半まで踊りを見続けるのももちろん良いですが、

会場が多くありますのでそれらを渡り歩いたり、

お祭り屋台や出店を回ってみたりなど、楽しみ方は無限大です。

期間中はいつ誰が行っても絶対楽しめますよ!

 

阿波踊りガイドブック

徳島の阿波踊りを完全網羅したガイドブックです。

踊り方や鳴り物など、阿波踊り参戦前に予習するにはぴったりの1冊です。

付属DVDには有名連33連の紹介が入っているので、

どの連を目当てにするかの参考にもなると思います。




スポンサーリンク






徳島阿波踊り2018年開催中の交通規制・駐車場は?

2018年開催に限らず、徳島阿波踊りの開催中は周辺道路の交通規制が入ります。

知らずに車で移動してしまうと、渋滞に巻き込まれたり

無駄足を踏んでしまうこともありますので、事前に交通規制情報を調べておきましょう。

 

徳島阿波踊りには公式のSNSサービスがあり、

開催が近くなればそちらで正式なアナウンスがあると思いますが、

現在ではまだ2018年の徳島阿波踊り開催中の交通規制情報は出ていません。

 

ただ、例年ほとんど同じように交通規制がされているので、

ここでも例年通りの交通規正情報を紹介させて頂きます。

 

まずは、阿波踊りのメイン会場となる市内中心部が

18時から23時までの間、車両通行禁止になります。

範囲は、国道438号の元町2から新町橋2までの約400メートルと、

県道宮倉徳島線の紺屋町から両国橋までの約230メートル、その付近の市道です。

 

そして、元町交差点の歩道橋のうち、

国道を斜めに横断する部分を17時50分から23時まで通行禁止になります。

 

また、中州町3の中州みなと橋西詰め交差点から同町1の

かちどき橋北詰め交差点までの

県道徳島港線は観光バスの臨時降車場を設置するため、

16時から23時までの間、東から西への一方通行になります。

 

交通規制を事前に知って当日の道のりを確認しておけば、

無駄なく徳島阿波踊り2018年を楽しめるでしょう。

 

もう一つ気になるのは、駐車場ですよね。

中心地には観客が殺到するので、駐車場もかなり混雑します。

理想はやはり公共交通機関を利用することですが、

宿泊施設の位置や旅行スタイルの都合で

どうしても近くまで車で行かざるを得ないこともありますよね。

 

そこで、ここからは徳島阿波踊り2018年で利用できる付近の駐車場を紹介していきます。

 

まずは、徳島阿波踊り開催中限定で設置される臨時駐車場で、

無料駐車場と有料駐車場とがあります。

 

無料駐車場は吉野川河川敷緑地(1000台)、沖洲マリンターミナル(550台)、

大型と二輪を覗く県外ナンバー車向けに開放される県庁駐車上(210台)の計1760台。

河川敷緑地とマリンターミナルからは16時から23時までの間、

1人100円でシャトルバスが運行されますので、ご利用ください。

 

有料駐車場は内町小(320台)、新町小(300台)、徳島中(300台)、

東富田公園(200台)、富田小(200台)、富田中央公園(120台)の計1440台で、

どの駐車場も1000円で利用可能です。

 

徳島阿波踊りの開催日程はお盆の時期も重なっているので、

観光客以外に帰省者も大勢おり、道路は非常に混雑しますし、

駐車場もすぐに満車になってしまいます。

また、徳島阿波踊りは18時からの開催ですので、

その時間に近くなると余計に混雑してしまいます。

 

確実に駐車したいということであれば、

遅くとも15時ごろには駐車場に到着しておくようなスケジュールを組みましょう。

早く着いても、会場ではさまざまな催し物がありますので、

時間はあっという間に過ぎると思いますよ。




スポンサーリンク





関連記事:幕張花火大会2018の屋台の出店場所は?日程時間や穴場スポットは?

徳島阿波踊り2018年の穴場鑑賞スポットを紹介!

徳島阿波踊りに始めて参加するという方の多くは、

どこから鑑賞するのが良いのかよくわからない、と感じると思います。

ここからは、徳島阿波踊りを楽しむための鑑賞スポットを紹介していきます。

 

まずおすすめなのが、有料演舞場での鑑賞です。

徳島阿波踊りはとにかく大混雑しているので、

無料演舞場ではきっちり計画性をもって動かなければ、

良いスポットで見ることはなかなかできません。

 

有料演舞場のチケットを購入すれば、

間違いなくその会場で阿波踊りを鑑賞することができますし、

有料演舞場では有名な連(踊りの団体)が踊るので、

質の高い阿波踊りを見ることができます。

 

徳島阿波踊りの感動を味わうには、一番おすすめです。

中でも藍場浜演舞場はテレビにも良く映る大規模な会場なので、

かなり盛り上がります。

 

有料演舞場の穴場としては、市役所前演舞場です。

ここにはメインの審査員席が配置されているので、

ここを通る連の阿波踊りは特に真剣味が増します。

 

チケットは争奪戦でもあるので、

早めに勝っておくのが穴場スポットで見る秘訣です。

また、有料演舞場であっても入口や出口の端の方に陣取ってしまうと、

目の前は歩いて通り過ぎるだけで踊ってもらえないこともあるので注意です。

 

無料演舞場でも、早めに行って鑑賞スポットを確保しておけば、

かなり良い眺めで阿波踊りを楽しむことが出来る穴場に変わります。

ただ、一度席を立つと二度と同じところには戻ってこられませんし、

人混みに揉まれることは必至なので

お子様連れやご高齢の方にはあまりおすすめできません。

 

無料会場の穴場スポットとしては、新町橋二丁目交差点付近です。

近くに有料パーキングもあり、早めに行って場所取りをすれば

阿波踊りの迫力を間近に楽しむことができます。

ロープウェイなども近くにあるので、阿波踊り以外でも徳島を堪能できます。

 

折りたたみ椅子

場所取りで早くに並ぶときも、有料観覧席で余裕がある場所でじっくり観るときも、

こういった折りたたみ椅子があるととても楽になりますよ。

子どもも大人も座れるサイズですし、収納すれば背負って持てるので

手が塞がることもありません。




スポンサーリンク





関連記事:浴衣の髪型ミディアム編!簡単に大人も子供もできるアレンジのやり方!

最後に

いかがでしたでしょうか。

徳島阿波踊り当日は大勢の観客が訪れますので、

交通規制や使う駐車場の情報を事前にしっかり仕入れて、

無駄なく行動するのがポイントです。

 

早め早めの行動を心掛けて、

ぜひ穴場鑑賞スポットをものにしてくださいね!





スポンサーリンク


サブコンテンツ