パイナップルの食べごろの目安や切り方!保存期間は常温・冷凍でどれくらい?

甘酸っぱくてジューシーなパイナップル。

みなさんもお好きなのではないでしょうか。

スーパーであらかじめカットされているパイナップルも多いですが、

やはり丸ごと売っているパイナップルを買って食べる方が新鮮で美味しいはず。

 

しかし、そこで困ってしまうのが丸ごと買ったときのパイナップルの切り方ですよね。

どうやって切ったらいいのかわからないから

丸ごとのパイナップルは買わないという方もいるのではないのでしょうか。

また、食べごろについてもいつが適当なのか判断するのは難しいですよね。

いざ切ってしまってからまだ熟していなかった、と失敗したこともあると思います。

 

そこで今回は、夏に食べたい果物のパイナップルについてお話していきます。

みなさんが悩む切り方や、食べごろの目安、

常温、冷凍それぞれの状態での保存期間の目安についてもご紹介していきますよ。




スポンサーリンク






パイナップルの食べごろの目安を見分けるには?

 

丸ごと売っているパイナップルを見たとき、

いまいち食べごろがわからないという方も多いと思います。

 

パイナップルの表面は緑色っぽいものや黄色っぽいものがありますが、

緑色だとまだ食べごろではない、と一概に言えるわけではありません。

もちろん品種によっても異なりますが、

完熟すると表面の色が緑色から黄色っぽい色に変化するものもありますし、

緑色でも十分食べごろで甘い場合もあります。

 

覚えておいてほしいことは、パイナップルはメロンや桃などのように、

常温で置いておいても追熟しないということです。

まだ食べごろではないパイナップルを買って、

少し自宅で置いておくことで熟させるということは基本的にあり得ません。

 

従って、スーパーなどで売っているパイナップルは、

基本的にどれも食べごろというわけです。

つまり、店頭で購入する段階で、美味しいパイナップルを選ぶ必要があるのです。

 

それでは、美味しいパイナップルを見分ける目安をご紹介していきます。

まず、パイナップルの表面の網目をチェックしてみてください。

全体的にふっくらと丸みをおびており、重量感があるモノは美味しいです。

加えて、網目が大きいものを選ぶとよりいいでしょう。

 

次に葉の部分を確認します。

緑色が濃く、あまり長すぎずにしっかりとハリのある葉の方が、

美味しい食べごろの目安と言えます。

 

最後にパイナップルのお尻の部分をチェックしましょう。

お尻の部分から甘い匂いがするものであれば、食べごろのパイナップルと言えます。

店頭で匂いをかぐのに少し抵抗があるという方は、お尻の部分を軽く押してみてください。

少し柔らかさを感じたら、食べごろの目安と判断して良いでしょう。

 

また、パイナップルのお尻の部分がくすみ、

茎のあたりに白いカビのようなものがないか確認しましょう。

店頭に置いてあるパイナップルは基本的に食べごろの状態ですが、

中にはカビができてしまっているものもあるかもしれません。

 

購入する前にパイナップルの食べごろの見分け方を知っておくことで、

美味しいパイナップルを購入することができますよ。




スポンサーリンク






パイナップルの切り方をご紹介!

 

丸ごとのパイナップルを買っても、切り方がわからず、

いつもカットされているものを購入しているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、大きくて手強そうなパイナップルですが、切り方さえ覚えてしまえば簡単です。

誰でも簡単に切ることができますよ。

 

では、パイナップルの簡単な切り方をご紹介していきます。

まず、パイナップルの葉の部分と底の部分を切り落とします。

深く切り落としすぎると、美味しい部分まで無くなってしまうので注意しましょう。

 

その後、パイナップルを立てて置き、半分にカットします。

半分に切ったパイナップルをさらにもう半分に切り、4分の1の状態にします。

この時、パイナップルが倒れてしまわないように気をつけましょう。

 

4等分されたパイナップルの芯をそれぞれ切り落とし、

最後に、パイナップルの表皮の部分を果肉から切り落とせば完成です。

パイナップルの皮を切り落とした表面にある茶色いブツブツは、

斜めに沿って切ると取り除きやすいので参考にしてください。

切り落とした皮の上に、カットしたパイナップルを置くと、オシャレにみえますよ。

 

パイナップルローリングカッター

テレビでも話題になったいま人気の商品です。

簡単で楽しくパイナップルを切ることができるので、

お子さんと一緒に楽しむこともできますよ。

使い方は簡単で、葉とお尻の部分を切り取ったパイナップルに刺してクルクルと回すだけ。

綺麗にくり抜くことができるので、皮は器としても使うことができます。

 

ギザ刃フルーツカッター(8等分)

簡単にフルーツを8等分することができます。

ギザギザの刃がついているので、強い力は一切いりません。

パイナップルだけでなく、りんごやメロン、オレンジなど色々な果物に利用できます。

安全かつ、忙しい主婦のみなさんが喜ぶ時短アイテムでもあります。

日本製なので品質も高く、安心してお使いいただくことができますよ。




スポンサーリンク





関連記事:たけのこの冷凍保存期間や方法は?砂糖がいい?解凍方法は?

パイナップルの保存期間はどれくらい?常温や冷凍の場合は?

丸ごとパイナップルを買ったけど、

どのように保存したらいいのかわららないということもありますよね。

まず、パイナップルは購入した時が一番の食べごろなので、

買ってきたらなるべく早めに食べることをおすすめします。

ですが、すぐに食べることができない場合もあると思いますので、

最後にパイナップルの保存方法についてご紹介していきます。

 

まず、丸ごと買ってきたパイナップルは新聞紙に包みます。

その状態で風通しの良い冷暗所、もしくは、野菜室などで保管しましょう。

常温で置いておくと腐りやすくなってしまうので、

必ず涼しい場所に置くようにしましょう。

 

また、パイナップルは置き方にもポイントがあり、

実は葉の部分を下に向けて置くのが良いとされています。

そうすることでお尻の部分に溜まっている甘みや旨みが、

パイナップル全体に行き渡ってくれます。

ただ、このような状態で保存した場合でも、保存期間の目安はだいたい4~5日程度です。

あまり日にちが経ちすぎてしますと、食べごろを逃してしまうので気をつけましょう。

 

また、丸ごとのパイナップルをカットしたけれど、

食べきれなかったという場合もありますよね。

 

カットしたパイナップルは、もちろんその日のうちに食べきるのが一番いいのですが、

どうしても残ってしまった場合には、

パイナップルの水分が逃げてしまわないようにラップなどに包み、

密閉できる容器に入れて冷蔵庫で保管しましょう。

この場合、保存期間の目安は2~3日です。

 

さらに保存期間を長くしたい場合には、冷凍での保存をしましょう。

冷凍パインも美味しいので、あえて冷凍させるという方も少なくありません。

冷凍で保存する場合には、あらかじめ食べやすい大きさにカットして、

密閉容器か密閉袋に入れましょう。

 

できるだけ内部の空気をしっかりと抜いた方がいいので、

一番良いのは密閉袋での保存になります。

冷凍での保存期間の目安は1~2ヶ月になります。




スポンサーリンク





関連記事:白いとうもろこしのゆで方や食べ方!品種についても詳しく解説!

最後に

いかがでしたでしょうか。

夏に美味しいパイナップルですが、

意外と食べごろの見分け方を知らないという方も多かったのではないかと思います。

いままで、丸ごと売っているパイナップルを買うのは少し面倒だと躊躇っていた方でも、

今回紹介した切り方を知っていれば、

新鮮で美味しいパイナップルを自宅で食べることができますよ!

 

また、安く売っていたから丸ごとのパイナップルを買ったけど食べきれずに

腐らせてしまった、という経験がある方もいると思います。

常温だとかなり早く傷んでしまうので、数日でも保存の際は必ず冷蔵で行ってください。

冷凍することでさらなる長期保存も可能なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。





スポンサーリンク


サブコンテンツ