御膳料の封筒の書き方!名前や金額はどう書く?

御膳料は葬式や法事で必要になる時があるものですが、

「御膳料」が何なのか知らない人も多いと思います。

 

葬式や法事はただでさえバタバタしてしまいますから、

直前になって御膳料の事でさらに慌てるのは嫌ですよね。

 

そこでここでは御膳料とは何なのか、いつ必要なのか、

また御膳料を入れる封筒に記載する名前や金額の書き方、

そして用意した御膳料を渡すタイミングやその渡し方についても説明します。

 

御膳料について色々と知りたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。




スポンサーリンク





御膳料って何?

御膳料を入れる封筒に記載する名前や金額の書き方の前に、

まず「御膳料」について説明しましょう。

 

御膳料は料金の料の字が付くので何らかの金額を表すというのは予想できると思いますが、

葬式や法事で聞くお金関係の言葉は「御佛前」や「香典」などで

御膳料というのはあまり聞き慣れない言葉ですよね。

 

「葬式や法事は何回か行ったけど、御膳料なんて払った事ももらった事もないよ」

という方もいると思います。

 

では一体御膳料とは何のお金なのでしょうか。

 

御膳料の「御膳」というのはご飯という意味です。

では、誰のご飯の事なのでしょうか。

それは、「供養に来てくれたお坊さん」のご飯です。

 

葬式や法事では会食をする事もありますよね。

 

その時にお坊さんも一緒に食事をするのが習わしなのですが、

用事などで会食を欠席する場合があります。

 

その時に、食べられなかった会食代としてお坊さんに「御膳料」を払うのです。

 

つまり御膳料は故人やその親族の為ではなく、お坊さんの為にあるお金なんですね。

 

その時の葬儀や法事で御膳料が必要かどうかは、

葬儀社の担当プランナーや直接お坊さんに聞いてみるといいでしょう。




スポンサーリンク





御膳料の金額や封筒は?

御膳料が何なのかは分かりました。

 

次は御膳料として渡す金額や入れる封筒の種類について説明します。

 

まず御膳料として渡す金額についてですが、

御膳料は具体的にいくらぐらい包めばいいのでしょうか。

 

ただ漠然と「ご飯代」と言われても

食べるものによって金額は大幅に変わってきますから困ってしまいますよね。

 

今の御膳料金の相場ですが、5000円~10000円くらいが一般的な金額となっています。

 

ただ地方によっては御膳料としてお金ではなく菓子折りを渡す事もあるそうなので、

自分の住んでいる地域の慣習を調べておいた方がいいですね。

 

次に御膳料を入れる封筒についてです。

御膳料を用意したのはいいものの、どんな封筒に入れればいいのでしょうか。

 

御膳料を入れる封筒

 

御膳料はお布施や香典と違い入れる金額が少ないので、水引のついたものではなく

このような封筒形式のものに入れる方が多いです。

 

御膳料と印字されたものが近くに売っていなければ、

普通の長形の白い封筒でも大丈夫です。

 

普通の白い封筒の場合

 

御膳料を入れる封筒に普通の白い封筒を選ぶ場合ですが、

その場合のサイズはお札が曲げずに入る大きさであればOKです。

 

また、茶封筒ではなく必ず「白」を選ぶようにしましょう。

さらに封筒には郵便番号の枠が印字されていないものがいいですね。

 

ちなみに一万円札の大きさは76mm×160mm

五千円札の大きさは76mm×156mm

千円札の大きさは76mm×150mm

 

となっているので、広く流通しているものであれば

こちらのような長形4号サイズがちょうどいいです。




スポンサーリンク





御膳料金の封筒の書き方は?名前や金額について

では次に、御膳料の封筒の名前や金額の書き方について説明します。

 

御膳料はお布施や香典と比べると金額は少ないですし封筒も簡素な事が多いですが、

書き方はお布施や香典と同じになります。

 

まず表です。

 

表書きは、中央の上部に「御膳料」と書きます。

そして下部には「山田家」もしくは「山田太郎」というようなフルネームを書きます。

 

次に裏です。

裏には住所・金額を書きます。

名前は表に書いたので書きません。

 

裏側の向かって左下に自分の住所を書き、その隣に金額を書きます。

 

金額の書き方ですが、算用数字は使いません。

特殊な漢数字を使います。

 

それに照らし合わせると

 

5000円だと「金伍阡圓也」

10000円だと「金壱萬圓也」

 

となります。

 

まず金額の前に頭に「金」をつけ、最後に「圓也」をつけるのが一般的です。

漢字が少し難しいので、一度別の紙で練習してからの方がいいでしょう。

御膳料はいつ渡す?

では、用意した御膳料はいつ渡せばいいのでしょうか。

一般的には、「お坊さんが帰る時」、つまりお坊さんの仕事が終わった後になります。

 

ただ、地域によっては渡すタイミングがきちんと決められている事もありますので

御膳料を用意している場合は予め親族や葬儀プランナーに相談しておくといいですね。

関連記事:御膳料の渡し方!お金の向きや相場についても詳しく解説!

御膳料の渡し方は?

では最後に、御膳料の渡し方について説明します。

御膳料はどうやってお坊さんに渡したらいいのでしょうか。

 

これも地方で差はありますが、一般的な渡し方というのがあります。

ですからそれを説明しますね。

 

御膳料の渡し方は2つあります。

1つめは、「御膳料の入った封筒を切手盆に乗せて渡す」方法です。

 

切手盆とは、ちょうどご祝儀や香典などの袋が

すっぽり入るぐらいの大きさの黒いお盆の事です

 

家になんとなくある小さくて四角い黒いお盆があれば、それが切手盆です。

 

これに御膳料の入った封筒をふくさなどで包まず

そのまま乗せて持っていき、お坊さんに差し出します。

 

ここで注意ですが、お坊さんに御膳料を渡す時は

「御膳料」と書いた文字がお坊さんを向くようにして渡してください。

 

つまり、自分の方に向けたままではいけないという事です。

 

また御膳料を渡す時の言い方ですが、

 

「本日はありがとうございました。

こちらは御膳料です、どうぞお納めください」

 

と言えば良いでしょう。

 

2つめの方法は「御膳料の入った封筒をふくさに包み、目の前でふくさを開けて渡す」

方法です。

 

切手盆がない時はこちらの方法を使います。

 

ふくさには封筒タイプと風呂敷タイプがあります。

 

封筒タイプの場合は、御膳料の入った封筒を入れたふくさを持ってお坊さんの前まで行き、

お坊さんの前に来たらふくさを開け、ふくさの上に御膳料の入った封筒を出して

「御膳料」がお坊さんの方を向くようにしてふくさごと差し出します。

 

そんな渡し方をするとふくさごと受け取られてしまうのではないかと思う方もいますが

お坊さんはちゃんと分かっていてふくさは受け取りませんので安心してください。

 

風呂敷タイプの場合は、まず御膳料の入った封筒を包むところから始めますが、

包み方は以下のようになっています。

 

1.風呂敷を広げ、角が下に来るようにする。(ひし形になる)

2.中央より向かって右側に封筒を置く。

3.風呂敷の右角を折る。

4.風呂敷の下を折る。

5.風呂敷の左を折る。

 

これで包み方は完成です。

 

こうして包んだ状態でお坊さんの所へ行き、

お坊さんの前に来てから今度は包んだ時と逆の順番で風呂敷を広げます。

 

そして風呂敷を4つ折りに畳み、

そのふくさに乗せた状態で御膳料の入った封筒を渡します。

 

ふくさから御膳料の入った封筒を取り出したら

ついそのふくさはポケットに入れたり脇に挟んだりして仕舞いたくなりますが、

ふくさは切手盆がない場合のお盆代わりなので、忘れないようにしてくださいね。

関連記事:忌引きは何親等までが範囲?祖父母や曾祖父母は含まれる?




スポンサーリンク





最後に

御膳料はお坊さんが会食に参加しない時のご飯代ですが、

そもそもお金ではなく菓子折りを渡す事があったり

御膳料を渡すタイミングがきちんと決められていたりと

地方によってかなり違いが出るものです。

 

ですから「え?これで合ってるんだっけ?」と焦らないように、

風習を良く知る親族や葬儀社のプランナーなど詳しい人に

事前に相談しておく事が大事ですね。

関連記事:祖父母に包む孫の香典の金額の相場は?夫婦と独身で違いはある?





スポンサーリンク


サブコンテンツ