13回忌の服装男性編!ネクタイ・靴や夏の場合についても詳しく解説!

13回忌は故人が亡くなってから12年、満13年の年におこなわれます。

 

三回忌までは服装の指定をされることはないのですが、

特にいわれないとしても正装である喪服を着るのがマナーです。

これは親族だけでなく親しい間柄の人など、広く参列する人がいるからでもあります。

 

ただし三回忌を過ぎると、身内だけで法事をすることがほとんどで、

招待される人もだんだんと少なくなってきます。

そして13回忌は一つの節目となる法要です。

この時にはどんな服装がふさわしいのでしょうか。

特に施主やその家族の場合は、代表者となりますので注意が必要です。

 

またどういった点に注意して、服装を整えるべきなのでしょうか。

夏に法要がおこなわれる際の服装と合わせて、詳しくご紹介します。




スポンサーリンク





13回忌とは?

13回忌とは、人の死後満12年の年に営まれる法要のことです。

仏教では年回忌といって、定められた年に故人の供養となる法要をおこないます。

 

この年回忌は「数え」の年で数えるため、一周忌は故人が亡くなってから1年ですが、

その次の年は三回忌、満6年目は七回忌と一つ多く数えます。

昔は亡くなってから満49年目となる50回忌を弔い上げとして、

故人がご先祖様、また神様になると考えていました。

 

ただしだんだんと家制度にも変化が起こり、

親戚もばらばらの地で暮らすことが多くなってきた現代では、

法事で親族が集まることが難しくなっています。

 

そのため三回忌までは親類を呼んで法要をおこない、

それ以降は身内だけでおこなうという家も増えてきています。

 

そうはいっても地域や親族によっては、法要をきちんとおこない、

先祖供養をすることが大切な勤めであると考える人もいるため、

50回忌の後も、50年ごとの遠忌をおこなうところもあります。

 

また神道では、回忌ではなく年祭と呼び、一年祭、三年祭、五年祭として、

それ以降は5年ごとにおこないます。

こちらの場合は仏教とは数え方が違い、経過した年で数えます。

神道の場合も、五十年祭で祭り上げとするのが一般的となっています。

 

仏教の13回忌は、遠方忌ともいい、十二支がちょうど一巡する年にあたります。

故人が亡くなってから、だいぶ年月が経ってしまった、と偲ぶ法要がおこなわれます。




スポンサーリンク





13回忌に出席する場合の男性の服装はどうすればいい?

基本的には喪服で参列するのがマナーとなります。

 

ただし7回忌以降は、喪服を着用しなくてもいいという考え方もあり、

これは家柄や地域、また親族の考え方などで様々です。

何年経ったとしても、死者に対する礼儀は必要とされることも多いので、

自分だけで判断するのではなく、年長者に事前に確認しておきましょう。

 

13回忌に出席する場合の男性の服装<遺族の場合>

基本的にはダークスーツに白いワイシャツ、黒ネクタイ、黒の靴下と黒の靴を

着用します。

これは略喪服もしくは略礼服といい、喪服の中では一番下の格式となります。

 

13回忌に出席する場合の男性の服装<親族の場合>

13回忌の場合、遺族以外の故人と近しい友人や親しい知人はほとんど

参列することはなく、遺族以外は平服でといわれることがあります。

 

ただし平服といわれても、故人に対する礼儀を欠いてはいけませんので、

ほとんどの人は喪服で参列します。

遺族側から事前に喪服を着用しなくてもよいといわれた場合であっても、

光沢のないダークスーツか、持っていない場合は喪服を着るようにします。

 

喪服を着用する場合は、略喪服となります。

黒、グレー、濃紺のダークスーツに白のワイシャツ、黒のネクタイ、

黒の靴下に黒い靴を着用します。

 

服装で特に注意したいのが、男性の場合は腕時計やベルトなどの装飾品です。

大きく目立つ金具がついているものは避けるようにします。

また爬虫類の皮を使ったベルトなども、殺生を連想させるため身につけてはいけません。

 

時計やネックレスなど、特に金色の物は目立ちますので、

なくても問題がないようなら身につけないという方法もあります。

 

冬に法要がおこなわれる場合は、コートなどを着用することになりますが、

会場では脱ぐようにします。

革ジャンなど皮革の製品は殺生を連想させるため、着用はやめましょう。

上着がなくても寒くないように、下着やカイロなどで寒さ対策をするようにします。

13回忌の男性の服装!ネクタイや靴はどうすればいい?

法要に参列する際は、黒いネクタイや靴で参列するのが基本です。

 

靴もエナメルのように光沢のあるもの、金具のついているものは履かないのがマナーです。

三回忌以降であっても、ネクタイや靴は黒が基本と考えておきましょう。

 

ただし略喪服や平服の場合は、スーツの色に合わせて黒に近いグレーや紺であっても

問題ありません。

また目立たない柄であれば、ストライプなどが入っていてもかまいません。

ネクタイに合わせて、ネクタイピンも目立たないものを使うようにしましょう。

 

法事に参列する際、いつものネクタイの結び方ではカジュアルな印象を

与えてしまうこともありますので、ネクタイがあらかじめ結んである

ワンタッチタイプのものもおすすめです。

高齢の方などは結ぶのが大変ですから、参列する機会に用意してもいいでしょう。

関連記事:香典を郵送するタイミングは?宛名や宛先・添え書きについても詳しく解説!




スポンサーリンク





13回忌が夏だったら男性の服装はどうすればいい?

法要は故人の亡くなった日、命日におこなうことになっています。

ただし参列する人の都合などから、週末におこなうことも多くなっていますが、

その場合は命日より早くおこないます。

 

そういった場合、命日が夏の暑い時期にあたることもあります。

法要には喪服が基本ですから、夏は大変だし喪服は着なくていい、と

遺族の方からいわれることもあります。

 

ただその言葉通りに、普段着で参列すると他の人はスーツや喪服だったということもあり、

また逆の場合もあります。

 

最近では7回忌以降は親族しか集まらないので、普段着で法要をおこなうといった

家も増えてきています。

 

ただし参列する親族の中には、法要は喪服でと考える人も多いので、

参列する人が少ないのであれば事前に全員で話し合って服装を決めておくといいでしょう。

 

夏用の喪服はレンタルもおすすめです。

喪服を夏用と冬用と揃えるのは大変ですので、片方だけレンタルする、

もしくはどちらもレンタルするという方法もいいでしょう。

法要はいつするのかが事前に分かっていますし、夏はどうしても汗で汚れがちなので

保証のあるレンタルがおすすめです。

関連記事:忌引きは何親等までが範囲?祖父母や曾祖父母は含まれる?




スポンサーリンク





最後に

13回忌に参列する際の、男性の服装についてご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

葬儀や三回忌までは、遺族や親族以外の方も多く参列しますので、

喪服を着用するのが基本ですが、それ以降は身内だけで法要をおこなうため、

喪服でなく略礼服で参列しても失礼ではありません。

 

また平服で参列してくださいといわれることもありますが、

平服は普段着のことではありませんので、事前に一緒に参列する人に

確認しておくといいでしょう。

 

13回忌だと、参列するのはごく近い親族だけとなりますので、

できれば全員で服装については申し合わせをしておくことをおすすめします。

関連記事:祖父・祖母の葬式には仕事を休み出席すべき?服装や香典のマナーについてもご紹介!





スポンサーリンク


サブコンテンツ