御膳料の渡し方!お金の向きや相場についても詳しく解説!

法事をする時などに、「御膳料を渡してください」と葬儀会社の方に言われたりして

戸惑ったことはありませんか?

 

お車代などはおめでたい席でもよく聞きますが、

御膳料はなかなか聞くことはない言葉です。

 

ただし法事は今後も何度も行うものですから、

御膳料についてもきちんと知っておくことが大切です。

そこで今回は、御膳料の意味や、お渡しする時の注意やマナーについて、

詳しくご紹介します。




スポンサーリンク






御膳料とは?相場は決まりがあるの?

御膳料とは、本来であればお膳を用意すべきところを、先方やこちら側の都合で

用意ができなかった時に、お膳の代わりに僧侶にお渡しするお布施のことをいいます。

 

葬儀や法要などだけでなく、お祝い事の席でもお渡しすることがあります。

 

元々は僧侶が都合で精進落としなどの食事会に参加されない時や、辞退された時に

料理を箱に詰めてお渡ししたりといった形だったのですが、

最近では僧侶の方も次のお勤めにそのまま移動されることもあり、

荷物にならないようにとお布施の形で手渡すようになってきました。

 

御膳料の用意は、こちらの都合だけではできませんので、事前に僧侶のご都合などを

確認する必要があります。

 

葬儀の準備などで確認ができない場合には、葬儀会社の方に確認しておくといいでしょう。

 

御膳料はお布施ですので、厳密な相場は決まっていません。

気持ちで包む、また他の参列者に用意した膳と同程度の金額を包む、

といった考え方もありますが、5000円から1万円程度を包むことがほとんどです。

 

また遠方から来ていただいた場合は、お車料をお渡ししますので、

御膳料を合わせてお渡しするのが通例です。

 

さらに地域やお寺によっても、相場には違いがありますので、

いくら包めばいいのか分からない時には、年長の方や葬儀会社の方に聞いて

早めに準備しておくようにしましょう。




スポンサーリンク






御膳料の渡し方!いつ渡せばいいの?

御膳料はお布施になりますので、僧侶にお渡しするタイミングに決まりはありません。

サービスへの対価ではないため、お越しくださった時にお渡ししてもいいですし、

お帰りの際にお渡ししてもかまいません。

 

ただしお布施を入れた袋を床に直接置いたり、

そのまま手渡しをすることは失礼にあたります。

切手盆に載せて、名前が見えるようにして床に滑らせて差し出すか、

袱紗の上に置いて差し出しましょう。

 

こちらの切手盆を用意しておくと便利です。

袱紗はあるけれどお盆はないということが多いので、一つは用意しておきましょう。

漆塗りなので長期間の保存に向いています。

御膳料のお金の向きは?表書きはどうすればいい?

御膳料の袋は、市販ではほぼ手に入れることはできません。

 

「御膳料を用意してください」と言われた時に、

どんな袋に入れて用意をすればいいのか、困ってしまったことはないでしょうか。

お金を用意する際に必要となる不祝儀袋や、表書きの注意をご紹介します。

 

御膳料を用意する際に入れる袋はどこで売っているの?

御膳料を入れる袋は、封筒を用意して表書きは自分で書くのが一般的です。

 

香典やお布施などは、法事の度ごとに必ず用意するものであるため、

コンビニなどでも用意されていることが多いのですが、

御膳料やお車料は入れる金額がそれほど高額ではなく、

また毎回用意するものでもないことからなかなか見かけません。

 

最近では通販などでも「御膳料」の表書きがある不祝儀袋が販売されていますが、

用意ができない場合には、奉書白封筒か市販の封筒を使います。

市販されている封筒を使う場合は、

縦型の白封筒で、葬儀や法事の場合は繰り返さないよう一重のものを使いましょう。

郵便番号枠などが印刷されているものは使わないようにします。

 

ただし僧侶を複数人お呼びする場合や、お車料も含めると高額になる場合は

水引がかけられている不祝儀袋を使うようにしましょう。

 

地域によっては金額にかかわらず、水引のついた不祝儀袋で御膳料やお車料を

用意するというところもありますので、注意が必要です。

 

御膳料の表書きやお金の向きは?

御膳料を入れた袋の表書きは、基本的には「御膳料」だけを上半分に書きます。

 

ただし香典の時と同じように、下半分に名前、もしくは○○家と書くこともあります。

書くか書かないかについては、いくつか理由があり、

 

・誰からもらったか分からないと僧侶の方に失礼だから

・名前を書くことが基本的なマナーだから

・何度も香典袋に名前を書くことは、不祝儀を繰り返すことに通じる

 

といったことがあります。

分からない場合は、周りの方に相談してどうするべきかアドバイスをもらいましょう。

 

また封筒の裏面には、住所と氏名、入れた金額を書きます。

不祝儀袋の中袋と同じですが、こちらについても書くか書かないかは、

地域によって違いがありますので確認しておきましょう。

 

なお、表書きも裏側も、通常通りの黒い墨を使います。

これは僧侶の方へのお布施であって、僧侶の方に何か不幸があったわけではないからです。

 

そして中に入れるお金の向きですが、香典の時とは逆になります。

封筒から出した時に、人物の顔がすぐ見えるように入れます。

お札は人物の絵がある方が表になります。




スポンサーリンク





関連記事:忌引きは何親等までが範囲?祖父母や曾祖父母は含まれる?

御膳料のお金のマナー!新札?古い方がいいの?

御膳料のお金は新札を用意するのがマナーです。

香典の時とは違い、御膳料はお布施ですから、

古いお札やきれいでないお札をお渡しすることは失礼にあたります。

 

事前に新札を用意するようにしましょう。

新札は銀行の窓口で両替してもらえます。

またコンビニのATMなどにも新札が用意されていることも多いので、

可能であれば多めに引き出して確認してもいいでしょう。

 

その他、ホテルのフロントでも新札を用意していることがありますので、

どうしても用意できなかった時には、訪ねてみてもいいでしょう。

 

御祝儀袋や香典は、風呂敷に包む方法もありますが、

もしもの時も考えて、袱紗は用意しておきましょう。

長く使えるよう、しっかりした作りのこちらがおすすめです。




スポンサーリンク





関連記事:香典を郵送するタイミングは?宛名や宛先・添え書きについても詳しく解説!

最後に

御膳料について、その意味とお渡しする際のマナー、

表書きやお金を入れる向きについてご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

御膳料を用意してください、と突然言われても初めてのことだらけの

葬儀では戸惑ってしまいますよね。

御膳料は僧侶の方へ差し上げるお布施ですので、香典とはまた別で、

葬儀を執り行う家の側が用意をします。

 

お金の相場や、表書きに名前を書く、書かないなど、

地域や家によってしきたりに違いがあります。

お寺とは長いお付き合いになりますので、

今後のためにも失礼のないように、きちんとマナーを守ってお渡ししましょう。





スポンサーリンク


サブコンテンツ