2019年の入籍日ランキング!縁起のいい日はこの日!

結婚式や入籍日は、縁起のいい日にした方がいいとはよくいわれることですが、

二人がこれからも長く覚えていられる日にしたいし、と色々悩んでしまうもの。

 

他の皆は入籍の日をどうやって選んでいるのかも気になりますよね。

そこで今回は、2019年に入籍を考えているあなたに、

おすすめの縁起の良い日や、皆が入籍する日をどうやって選んでいるのか、

ランキングでご紹介します。




スポンサーリンク






2019年の入籍日ランキング!縁起のいい日は?

一般的に結婚式や入籍など、晴れの日のイベントは吉日にした方がいいと

されています。

そうはいっても吉日といわれても、思いつくのは「大安吉日」という人も多いのでは

ないでしょうか。

 

実は日本では吉日とされる日は大安以外にもあるのです。

そこで日本で吉日とされる日をランキングでご紹介します。

 

4位 大安

六曜という中国から伝わった、昔の曜日のようなものの一つで、

カレンダーにも多く使われています。

暦の上で日を吉凶に分けており、大安は結婚式をするのに最適な日とされています。

 

3位 母倉日

「ぼそうにち」と読み、七箇の善日の一つです。

七箇の善日は暦注下段という暦に書かれている日々の注意の一つで、それぞれに

おこなうと吉になるとされているものが決まっています。

 

母倉日は、天が人間を母が子供を育てるように慈しむ日とされていて、

お祝い事や門出、特に婚姻に良き日とされています。

大安のように周期的に巡ってくるわけではありませんが、

大安と母倉日が重なる日もあるので、その日に婚礼や入籍をするという人もいます。

 

2位 一粒万倍日

十干十二支を組み合わせることによってその日の吉凶を占う、選日の一つです。

一粒万倍とは、一粒の籾が秋には万倍にも実って稲穂になることから、

何かを始めるには良き日とされています。

 

宝くじ売り場でもよく見かけるのではないでしょうか。

開業や仕事始め、お金を出すこと、結婚やお祝い事などに吉とされていますが、

借金や人に物を借りると苦労の種が増えるともいわれます。

この日が吉日と重なると、一粒万倍日の効果は倍になるため、吉日と重なる日を

入籍日にするという人もいます。

 

1位 天赦日

「てんしゃにち」また「てんしゃび」と呼ばれ、母倉日と同じ七箇の善日の一つです。

年に5、6回しかない大吉日で、この日は百の神が天に昇る日であると共に、

天が万物の罪を赦す日とされています。

 

新しく何かを始めるには最上の日ともされており、結婚などの慶事や出生届、

引っ越しや開業などにも良き日とされています。

 

最近では吉日にこだわらず、自分たちの好きな日に結婚式や入籍をおこなう人も

増えてきていますが、これらの吉日は根強い人気があります。

 

役所に提出でき、手元にも保存用が保管できるイラスト入りの婚姻届けです。

結婚式の時にウェルカムボードと一緒にお披露目できる

クリアスタンドも付属しているので、好きなイラストを選んでくださいね。




スポンサーリンク






2019年の入籍日ランキング!2019年で一番縁起のいい日はいつ?

では、2019年で吉日とされる日は一体いつなのでしょうか。

吉日が重なる日は多いのですが、繰り返し来る大安と違い、

天赦日は年に限られた日しかありませんし、一粒万倍日とはまた違う

暦の数え方をするので、最上の日は実は2019年でもほんのわずかです。

 

その貴重な吉日をランキングでご紹介します。

 

3位 11月23日

2019年は、天赦日が7回あります。

1月27日、2月10日、4月11日、6月26日、9月8日、そして11月は

7日と23日です。

 

さらに11月23日は天赦日であると同時に、天恩日という吉日も重なっているのです。

天恩日とは、天の恩恵で万民が福を受けるという最上吉日。

吉事には良き日とされています。

 

ただし六曜でこの日は赤口。

午の刻である11時から13時まで吉となっています。

 

2位 6月26日

2019年の天赦日である6月26日は、一粒万倍日でもあります。

さらに七箇の善日の一つ、神吉日も重なっています。

神吉日は神事に関することをおこなうのに吉とされる日です。

 

さらに6月なので、ジューンブライドという意味でもうれしい日なのですが、

六曜では仏滅となっているため、気になるようなら避けた方がいいかもしれません。

 

1位 9月8日

天赦日である9月8日は、一粒万倍日と大安が重なった吉日です。

日曜日なので、結婚式の予約が大変になりそうですね。

 

婚姻届けは365日、夜間でも受け付けてもらえますので

日曜日でも問題ありません。

ただし婚姻届けを提出する役場が居住地ではない場合など、

夫婦の戸籍謄本が必要となりますので早めに取り寄せしておきましょう。

 

こちらは記念日刺繍入りランチョンマット。

入籍日など記念の日を忘れないために、また記念日の日だけに使う

とっておきの一枚として、ぜひ入籍の機会に注文してみてはいかがでしょうか。




スポンサーリンク





関連記事:戸籍謄本の郵送での取り寄せ日数は?封筒や料金についても詳しく解説!

2019年の入籍日ランキング!みんなは吉日以外にどの日を入籍日に選んでる?

吉日と呼ばれる日以外でも、「二人の記念の日」を入籍日に選ぶ人もいます。

それは「忘れにくく覚えていられる日」です。

では一体どんな日が入籍日として人気なのか、こちらもランキングでご紹介します。

 

3位 挙式の日

挙式の日と入籍の日が別々だとお祝いしにくい、といった理由から

同じ日に提出するという人もいます。

 

ただし結婚してすぐ新婚旅行に行く場合などは、パスポートの変更が間に合わない

可能性もあります。

さらに結婚式当日は忙しく、その日中に役所に行けないこともあるので、

万が一のことを考えて、結婚式の日に入籍をしたい場合は、代理に人にお願いする

などしておくといいでしょう。

 

2位 祝日

こちらも絶対に忘れない日として、入籍日に人気があります。

ただし日付が年によって変わる祝日より、固定された祝日の方がきちんと覚えて

いられますし、確実に休みだという人も多いのでおすすめです。

 

ただし婚姻届けは出すことができますが、役所はお休みであるため

後で書類に不備があった場合は、提出日が入籍日にならない可能性もあります。

可能であれば事前に役所で確認してもらってから、

希望の日に出すようにしましょう。

 

1位 誕生日

夫か妻、どちらかの誕生日を入籍日にするという人は最も多く、

忘れることがない、というのが大きな理由となっています。

 

お祝いをするので忘れない、結婚して何年かが数えやすい、といった意見がある一方、

誕生日とまとめてお祝いされるのが嫌という人や、離婚してしまった時に

思い出してしまう、といった意見もあります。




スポンサーリンク





関連記事:結婚で本籍地は変更する?手続きや本籍地の決め方について詳しく解説!

最後に

2019年に入籍を考えている人のために、おすすめの日をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

昔から私たちの正活と密着してきた暦による吉日に合わせて

入籍の日を選ぶのもおすすめですが、自分たちの記念として

誕生日などを選ぶ人もいます。

 

二人の記念日ですから、後々から後悔しないよう、

きちんと話し合って決めましょう。

吉日にこだわる人やそうでない人もいますので、

話し合ってみると相手の意外なこだわりが分かって

楽しいかもしれませんよ。





スポンサーリンク


サブコンテンツ