お中元のお返しのマナー!親にも必要?おすすめの品物もご紹介!

夏になると、色々な所からお中元をもらいますよね。

 

毎年お中元を贈り合っている間柄の人からお中元が来るのは問題ないですが、

いつもお中元をしない人から突然お中元が来たら、どうでしょうか。

 

もらいっぱなしは悪いので、お返しをしないといけないような気がしますよね。

実際、お中元にお返しは必要なのでしょうか。

また、親からお中元をもらった場合もお返しは必要なのでしょうか。

 

そこでここでは、お中元のお返しのマナーについてや親への返礼の有無、

またお中元のお返しにおすすめの品物も紹介します。

 

お中元のお返しについて悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。




スポンサーリンク






お中元のお返しのマナーとは?

まず先に書きますが、お中元のお返しのマナーとしては

「基本的にお中元のお返しは必要なし」です。

 

お中元とは、お世話になっている人に

「いつもありがとうございます。これはほんのお礼です」と渡すものです。

 

ここで大事なのはお中元は「お礼」だという事です。

 

お礼にお礼のお返しをする、というのはおかしいですよね。

それにそうなると

お礼のお返しのお返し、お返しのお返しのお返し…とお礼合戦が

永遠に続いてしまいます。

 

そういう状態を起こさない為、

お中元と言うのは基本的には一方通行のものだとされています。

 

お中元のお返しをしないからといって、マナー違反にはなりませんので、

お中元をもらったからといって「お返しをしないと!」と焦る事はありません。

 

でもその代わり、「お中元のお礼を伝える」というのは必要です。

 

今は荷物が相手の家に届いた事を知らせるサービスも多いですが、

その家に確実に届けられたとしても

その中でお中元を渡したい相手が受け取ったかという事までは正確には分かりません。

 

お礼を伝えるという事は、「あなたのお中元をきちんと受け取りましたよ」

という合図にもなりますので電話や手紙でお礼を伝えるようにしましょう。




スポンサーリンク






親からもらったお中元のお返しは必要?

お中元は他人からだけではなく、親からもらう事もありますよね。

 

では、親からもらったお中元にお返しは必要なのでしょうか。

 

お中元のお返しとしては「基本返さなくていい」というマナーなので、

例え親からもらったとしてもお返しをする必要はありません。

 

また、親から子供にお中元を渡すという場合、

「子供がちゃんと栄養のあるものを食べているか心配だから」

「単純に子供の喜ぶ顔が見たいから」

「たまたまお中元フェアでおいしそうなものがあったので贈ってみただけ」

 

という、お中元の本来の動機である「お世話になったのでそのお礼です」

というよりは、

「お中元と言う機会を利用してただ子供にプレゼントしたい」という事の方が

ほとんどです。

 

子供の為を思ってプレゼントしただけなのに、わざわざそのお礼が来てしまうと

「あの子、こんなお返しをしちゃってお金大丈夫なのかしら」

「気を遣わせちゃったわね」

と感じてしまいます。

 

親は子供からお返しの品物が来るより、電話やお礼状で

「ありがとう、助かりました」という言葉をもらう方がずっと嬉しいと思うので、

お返しはマナーとしては必要ありませんが、

嬉しいという気持ちはちゃんと伝えるようにしましょう。

もしお中元のお返しをしたいなら?

お中元のお返しは基本必要ありませんが、

「電話やお礼状だけでなく、どうしても何か品物をお返ししたい」

という事はありますよね。

 

では、お中元にお返しをするのはマナー的にはどうなのでしょうか。

お中元にお返しをするのも、マナー違反ではありません。

 

ですが、お返しをする場合はいくつか注意が必要です。

そこで、ここでは注意するポイントをまとめてみました。

 

半額~同額程度の品物をお返しにする。

お返しの品物にはお礼状をつける。

もらったお中元より高額なものは贈らない。

 

以上が注意です。

では、それぞれを詳しく見ていきましょう。

 

【①半額~同額程度の品物をお返しにする】

お中元のお返しに用意する品物ですが、

その品物はもらったお中元の半額~同額程度の物にしましょう。

 

例えばお中元で5000円のものをもらっていたとしたら

そのお返しの品物は2500円~5000円くらいのものになります。

 

半額~同額の範囲でどの金額を選ぶかについてですが、

それは相手との関係性やお中元そのものの値段によります。

 

例えばもらったお中元が高額過ぎる場合は自分の懐具合を考えて半額にしていいですし、

大事にしたい友達や知り合いなど相手との関係を平等に保ちたい場合は

できれば品物は同額のものがいいでしょう。

 

ただどちらにせよお返しと言うのはあくまでマナーを超えた好意ですので、

無理のない範囲で行うのが大切です。

 

【②お返しの品物にはお礼状をつける】

お中元にお返しをするというのは本来必要のないものですが、

もらったお中元に対してお礼を伝えるというのはマナーに近いものがあります。

 

ですから、もしお中元の返しをするなら必ず

その品物にはお礼状をつけるようにしましょう。

 

電話で予めお中元のお礼を伝えていたとしても、

お返しとして品物を贈る場合はお礼状をつけた方が

相手も何のために贈ってきた品物なのか分かりやすいです。

 

【③もらったお中元より高額なものは贈らない】

こちらはもしかしたらもっとも重要な注意ポイントかもしれません。

 

①で少し触れましたが、お中元のお返しは

もらったものより高額なものには絶対ならないようにしましょう。

 

もらったものより高額なものを贈ると、

「これ以上お中元は必要ありません」という意味になります。

 

これはとても失礼になりますし、ただ好意からくるお返しだったはずが

そのせいで相手との関係を逆に悪くしてしまう事もあります。

 

相手を立てる為にもお中元のお返しの金額には気をつけてください。

 

以上がお中元のお返しをする注意するポイントです。

 

また、お中元のお返しを贈る時ののし紙の書き方についてですが

「お返し」と書く必要はありません。

 

普通のお中元を贈る時と同じように、

7月上旬~7月20日あたりまでなら御中元、

7月20日~8月7日あたりまでなら暑中御見舞(相手が目上の場合は暑中御伺い)

8月7日~8月31日あたりまでなら残暑御見舞(相手が目上の場合は残暑御伺い)

と書くようにしましょう。

 

お礼状がついていれば、相手もただのお中元ではなく

「お中元のお返しだな」と分かります。




スポンサーリンク





関連記事:お中元とお歳暮のマナーや意味!誰に贈る?

お中元のお返しにおすすめの品物は?

「お中元のお返しは必ずこの品物でなくてはいけない」、というマナーはありません。

ですから普通にお中元を選ぶようにお返しを選んで大丈夫ですよ。

 

ここではその中でも、お中元のお返しにしやすいおすすめの品物を紹介します。

 

暑い夏におすすめ!冷たいアイス

 

お中元の時期は暑い夏なので、体を冷やす食べ物は喜ばれます。

こちらは「貴族の牛乳」と言われるガーンジィ牛のミルクを使ったアイスです。

 

フレーバーも基本のバニラやチョコにコーヒー、クリームチーズと色んな種類があります。

6個セットですが、全て違う味でもいいですし、全部同じ味を選ぶ事もできます。

 

お中元のお返しには何か冷たくておいしいものをと考えている方は

ぜひこちらを選んでみてください。

 

ちょっとしたおやつにおすすめ!基本の洋菓子

 

こちらはお中元の他にも内祝いやちょっとしたお礼に贈りやすい

洋菓子のセットになります。

 

個包装ですから好きな時に食べやすいですし、相手に高いものとも思わせないので

お中元のお返しとしてはピッタリですよ。

 

和菓子好きならこれがおすすめ!どら焼き

 

どら焼きは和菓子の中でも人気のお菓子のひとつです。

またおせんべいなどと違って柔らかいので歯が弱い人でも安心して食べる事ができます。

 

和菓子好きなら贈って間違いのないお菓子ですので、

相手が和菓子が好きという事が分かっているならどら焼きがおすすめです。

 

すぐに飲めるお手軽コーヒー

 

お中元にはコーヒーを選ぶ方も多いですが、

お中元のお返しとしては、相手に気軽に飲んでほしいものがいいですよね。

 

そこでおすすめなのが、このようなスティックタイプのコーヒーです。

これなら1回分がすぐ分かりますから飲みやすいですし、

こちらはコーヒーと紅茶のセットなので

気分に合わせて好きな方を選ぶ事ができます。

 

軽めのギフトなので、お返しとしても渡しやすいですよ。

 

さらっと食べられるお茶漬け

 

お中元のお返しはハムなどの高級のある重い食べ物より、

軽めの食品の方が相手も気を遣わなくていいですよ。

 

そこでおすすめなのが、お茶漬けです。

お茶漬けは簡単に食べられる軽食になるのでお返しとしては渡しやすいですし

乾物なので賞味期限も長く相手に「急いで食べないと…」と思わせる事もありません。

 

「ほんの気持ちだけのお礼です」というのにピッタリのお返しですよ。

 

手軽なおつまみ缶詰め

 

「お菓子よりはもっと何か主食的なものを何か贈りたい」という方におすすめなのが

こちらのおつまみ缶詰めです。

 

こちらはご飯のおかずにぴったりですが、

ビールなどのおつまみにもなるのでお酒を飲む方にもおすすめできる食品です。

 

どれも和のテイストが入ったおいしい缶詰めなので、

「和食を贈りたい」という方にもおすすめですよ。

 

意外と喜ばれやすい洗剤

 

お中元(またはお中元のお返し)と言うとお菓子や食品が選ばれる事が多いですが、

もし親や家族の多い人へ贈る時は、洗剤をお返しにするのもおすすめです。

 

食べ物や飲み物には好き嫌いがあるので

贈ったものが絶対に喜ばれるという事は言えませんが

洗剤はどの家でも必ず使うものなので贈られて困るという事はほぼありません。

 

また相手の好みが全く分からないという方は好き嫌いのある食品関係よりも

このような日常雑貨が間違いがなくておすすめですよ。




スポンサーリンク





関連記事:お中元とお歳暮の由来や歴史・起源は?

最後に

お中元にはお返しを贈らなくてもマナー違反ではありません。

基本的には、電話でのお礼や手紙でのお礼状で十分です。

ただ、どうしてもお返しに品物を贈りたいという場合は贈っても大丈夫です。

 

その時はいくつか注意が必要なので

相手に失礼にならないように気をつけてくださいね。





スポンサーリンク


サブコンテンツ