コンタクト洗浄液は飛行機内に持ち込める?国際線の場合は?

飛行機の移動の時間、コンタクトを外してゆっくりと寝たいと

考えた場合、心配なのが洗浄液の持ち込みです。

 

飛行機では手荷物の制限が厳しく、

特に液体に関してはテロの可能性もあり

飲み物などは、外部で購入したものの持ち込みが禁止されています。

 

そこで今回は飛行機に洗浄液の持ち込みは可能なのか、

また国内線や国際線に関しての持ち込み制限についても詳しくご紹介します。




スポンサーリンク





コンタクトの洗浄液は飛行機内に持ち込んでも大丈夫?

国内線では、コンタクトの洗浄液は機内に持ち込みが可能です。

 

使い捨てのコンタクトの場合は必要ありませんが、

長時間のフライトの間はコンタクトを飛行機の中で外したい時もありますよね。

普通のコンタクトレンズの場合、外してケースに入れるため、

保存液が必要となりますし、再度付ける時には洗浄液が必要です。

 

コンタクトの洗浄液は、医薬品と同じ取り扱いになり、

持ち込みが可能となっています。

国内線ではそれほど液体に対する制限は厳しくありませんので、

書類も必要ありません。

 

持ち込みには制限量があり、一つの容器で0.5kgもしくは0.5L以下、

一人あたり2kgもしくは2Lまでです。

それほど大量の洗浄液を持って行くことはありませんが、

液体には化粧品や栄養ドリンクなども含まれますので注意しましょう。

 

コンタクトの洗浄液はそれほど量が必要なものではありませんので、

飛行機の中で使う分だけを小分けにして持ち込めば問題ありません。

 

手荷物検査では小分けにした場合、何の液体か分からないと

確認に手間取ってしまうこともあるため、

あらかじめカバンから出しておき、検査しやすいようにしておきましょう。

 

別に用意した入れ物にわざわざラベリングをする必要もありません。

お茶やアルコールなどを検査するのと同じで、機械に通すだけの検査です。




スポンサーリンク





コンタクトの洗浄液は国際線の飛行機内に持ち込んでも大丈夫?

国際線の飛行機内にコンタクトの洗浄液を持ち込む場合には、

持ち込み制限があります。

 

アメリカのテロなどの例もあり、

国際線では国内線よりも持ち込みの制限が厳しくなっています。

液体物の場合、100mlもしくは100gを超える容器に入っていると

全て没収されてしまいます。

 

スーツケースなどに入れて、預け荷物とした場合には問題ありませんが、

機内持ち込みの場合は、栄養剤や

 

さらに液体物の場合は、以下の通りにパッケージをしないと

没収の対象となります。

 

液体物を入れる容器は100ml以下であること

透明のプラスチック製の透明な袋に入れること

透明プラスチック製の袋のサイズは容量1リットル以下で、ジッパーが付いている

縦20cm以下、横20cm以下のもの

マチ付きの袋は容量を超えてしまうため使用できない場合もある

袋は一人一袋まで

 

事前に袋は用意するか、空港内のコンビニなどでも販売されていますので、

忘れてしまった場合は購入しましょう。

小分け容器がない場合は、残念ですが持ち込みできませんので、

預け荷物に入れるようにしましょう。

 

コンタクトも医薬品として扱われるため、事前に手荷物検査の時に申し出れば

洗浄液や保存液は必要な量の持ち込みが可能です。

そうはいってもそれほど大量に必要なものではありませんので、

小分けにして化粧品と同じように容器に入れて

ビニール袋に入れておけば検査もスムーズです。

 

こちらはつい忘れてしまいがちなビニール袋です。

普段の生活にも使えますので、ストックしておくといいでしょう。

化粧品だけでなく、アクセサリーを入れたり薬を入れておくのもおすすめです。

 

こちらは詰め替え容器もセットになった持ち込み用バッグです。

持ち手が付いているので、機内でコンタクトレンズを外す時に便利です。

規定に沿った大きさや容量になっています。




スポンサーリンク





飛行機内はコンタクトをしたままでも大丈夫?

洗浄液や保存液を持ち込むのが面倒、

もしくは詰め替えたりといった事前の用意を忘れていたという場合、

コンタクトレンズをしたまま飛行機に乗る方法もあります。

 

ただし飛行機内は気圧調整のために加圧しているため、

乾燥してしまいます。

国内線の場合はそれほど長時間乗るわけではないのですが、

国際線の場合はこの乾燥でコンタクトレンズも乾いてしまい

かなり目に負担となってしまいます。

 

外すことができない場合は、目薬を持ち込んでまめに点眼するようにしましょう。

目薬は医薬品の扱いなので、こちらも必要量を持ち込み可能ですし、

容器で目薬と分かるため、特に申し出をすることなく持ち込みが可能となっています。

 

ただし夜行便などに乗る場合には、コンタクトをしたまま

寝るということになってしまい、目には良くありません。

事前に夜行便に乗ることが分かっている場合は、

コンタクトではなく眼鏡をしていきましょう。

コンタクトレンズや必要な洗浄液などは、スーツケースに入れて、

現地に着いてから付けるようにするのがおすすめです。

関連記事:コンタクト保存液の代用は?目薬や精製水・生理食塩水は代わりになる?

海外旅行に行く際にコンタクトを使う時の注意点

海外旅行では使い捨てのコンタクトレンズを用意しましょう。

 

日本ではきれいな水が常時手に入りますし、

薬局も多いので、どこに旅行しても洗浄液や保存液などの心配がありません。

しかし海外旅行の場合は、気候によっては乾燥がひどかったり、

埃がひどくてコンタクトレンズが汚れやすいことも多々あります。

 

さらにきれいな水が手に入らない可能性や、海外ではコンタクトレンズを

買えない可能性もあります。

メーカーによっては海外にショップがあるものもありますが、

やはり自分が使い慣れたコンタクトレンズを持って行きたいですよね。

 

ただしワンデイの使い捨てだと、荷物が増えてしまいます。

旅行のスケジュールにもよりますが、2week用とワンデイ用を

持って行くと安心です。

 

通販で購入すると安価ですが、

できればいつも使っているものを購入するか、

使えるかどうか一度眼科で検査を受けるようにしましょう。

 

旅行用に2week用のコンタクトレンズを買うなら、こちらがおすすめです。

取りだしやすい独自パッケージで、コンパクトに持ち運べます。

乾燥に強く、水分もたっぷり含まれているので、飛行機内はもちろん

旅先でも重宝しますよ。

関連記事:羽田空港駐車場予約なしでもOK?平日や土日の混雑状況は?




スポンサーリンク





最後に

飛行機内にコンタクトの洗浄液が持ち込みできるかどうか、

国内線と国際線についてご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

テロ対策のために、

特に国際線では持ち込み荷物の制限が厳しくなっています。

洗浄液の持ち込みは可能ですが、手荷物検査もありますので

コンタクトではなく飛行機の中だけは眼鏡にするといった使い分けも考えて、

楽しく旅行に出掛けるようにしたいですね。

関連記事:ハードコンタクトの曇りがとれない!除去・解消法や曇る原因は?





スポンサーリンク


サブコンテンツ