暑中見舞いの返事の時期はいつまで?文例や書き方についても詳しく解説!

大切な人の健康などを気遣う便り、暑中見舞い。

日本の素敵な風習ですよね。

 

とはいえ、予期せずに頂いたりすると嬉しい気持ちはあるものの

「返事は、どうすれば?」と、少し戸惑ってしまうこともあります。

 

返事は出したほうがいい?出すとしたら時期はいつまで?

書き方は?などなど。

 

そこで今回は、暑中見舞いの返事について

詳しく調べてみました。

 

時期や書き方はもちろん、文例もいくつか紹介していきますので

頂いた嬉しい気持ちを、しっかりと相手の方に

届けるようにしていきましょう。




スポンサーリンク





暑中見舞いの返事は出すべき?

若い方などは、あまり馴染みがないとも言われている暑中見舞いですが、

頂いた場合は、必ず返事を出した方がいいのでしょうか?

 

年賀状ですら、メールで済ませることが

増えている昨今ですから、暑中見舞いとなると

さらに悩んでしまうところだと思いますが、

結論としては

 

「頂いた暑中見舞いにはきちんと返事を出すことがマナー」

 

と、なるようです。

 

もちろん強制ではありませんが、

会社関係、恩師や目上の方などの場合は

今後の関係性に影響を及ぼすこともありますよね。

 

また、葉書で頂いても「メールで返信してもいいのかな?」と

思ってしまうところですが、

やはり出来る限り相手と同じ形式で返事をするのが

マナーとされているようです。

 

なので、葉書で暑中見舞いのご挨拶を頂いたのなら、

同じように葉書で返事をすることが望ましいようですよ。

 

「葉書を買わなきゃ、切手も買わなきゃ」など

億劫な気持になるかもしれませんが、

日本の大切な風習でもあります。

 

送ってくださった相手の気持ちに感謝して、

心を込めて返事を出すようにしましょう。




スポンサーリンク





暑中見舞いの返事の時期はいつまでにすればいい?

頂いた暑中見舞いには返事を出すのが望ましいことが

わかりました。

 

では次に、暑中見舞の返事はいつまでに出せばいいのか

その時期について解説していきたいと思います。

 

暑中見舞いを頂いた際の返事の時期のポイントとしては

「頂いた3日以内、遅くても一週間以内には返事を出す」

ことがマナーとされています。

 

が!

 

ここで大切な注意があります。

そもそも、暑中見舞いの時期は

 

小暑(7月7日頃)~立秋(8月7日頃)の前日まで

 

の期間となります。

その為、返事を出す時期が立秋を過ぎてしまう場合は

「残暑見舞い」として出す必要があるのです。

 

また、残暑見舞いの時期としては諸説あるものの

 

立秋(8月7日頃)~白露(9月7日頃)まで

 

の期間となりますが、

9月に入ってしまうと、「秋」という

イメージになっていまいますよね。

その為、8月末までに届くようにするのが

マナーとされているようですよ。

暑中見舞いの返事の書き方は?

暑中見舞いの返事の時期が確認できたところで

次に返事の書き方について見ていきましょう!

 

書き方が分からずに悩んでしまって

返事が遅くなってしまっては大変です!

書き方のポイントなどを紹介していきますので

しっかりチェックしてくださいね。

 

文章の構成としては次のようにすることがおすすめです。

 

1.冒頭のあいさつ(暑中、残暑お見舞い申し上げます)

2.暑中見舞いや、残暑見舞いを頂いたことへのお礼

3.頂いた葉書の内容を受けて、相手の様子や状況に対する言葉

4.自分の近況

5.相手への感謝や健康を気遣う結びの言葉

6.日付

 

などの流れで書いていきます。

 

日付については、日にちは入れずに

暑中見舞いの場合は

平成○○年 盛夏

平成○○年 八月

 

残暑見舞いの場合は

平成○○年 晩夏

平成○○年 立秋

 

などとし、頂いた暑中見舞いのお礼や

その内容から相手に語りかけるように

返事を書くといいですよ。

 

また、相手に喜んでもらえるような葉書選びも大切!

あなたの素敵なセンスも一緒にお届けしちゃいましょう!

 

目上の方だったら、このような

上品でシンプルなものがおすすめ!

 

 

和紙の葉書に、金色のシルクスクリーンが

品良く印刷されています。

きらびやかでありながら上品なので

きっと喜んで頂けるはずです。

 

また、親しい間柄の相手ならこんなサマーカードも

楽しいかもしれませんよ!

 

 

富士山と夏の風物詩「花火」の

華やかなサマーカードです。

気持もパッと華やぐこと間違いなし、ですよね!

 

読み終えた後は、コルクボードなどに貼ってもらえば

ちょっとしたインテリアにもなりますよ。

 

親しい間柄の方に、もうひとつおすすめの暑中見舞い!

こんなサマーカードを送ってみてはいかがでしょうか。

 

 

夏の風物詩「ひまわり」が描かれたうちわの型のサマーカードです。

元気一杯の黄色いひまわりと

落ち着いた風合いの持ち手が素敵なうちわです。

 

裏面にメッセージを書けるようになっていて

付属されている封筒に入れれば

定形郵便で送ることができます。

 

もちろんパタパタとあおいで使っていただくことも出来ますよ!

嬉しい涼しい、夏の楽しいお便りになりそうですよね!

関連記事:サーキュレーターの使い方!換気やエアコンとの併用に効果的な置き方は?




スポンサーリンク





暑中見舞いの返事の文例をご紹介!

返事を出す時期や文章の構成、葉書やサマーカードまで

定まってきましたか?

 

次に具体的な文例をいくつか紹介したいと思います。

相手ごとにわけて紹介していきますが

あくまで文例なので、これらを参考に

あなたらしい文章に仕上げてくださいね。

 

暑中見舞いの返事、一般的な文例

まずは一般的な

基本の文例から見ていきましょう

 

暑中お見舞い申し上げます。

ご丁寧な暑中見舞いを頂き、ありがとうございました。

○○様も元気でお過ごしの様子、何よりと存じます。

おかげさまで、私どもも元気に過ごしておりますのでご安心ください。

残暑もまだまだ厳しくなりそうです。

くれぐれもご自愛ください。

 

平成○○年 盛夏

 

目上の方の場合は、自分について近況は

これくらいの当たり障りのない

程度でいいようです。

親しい間柄の方の場合は、もう少し詳しく

書いてもいいかもしれませんよね。

 

暑中見舞いの返事、友達に送る場合の文例

次に親しい友人や知人などに

送る場合の文例を見ていきましょう。

 

暑中お見舞い申し上げます。

暑中見舞いの葉書、ありがとうございました。

とっても嬉しかったです。

○○さんは、プールや海でこの夏を満喫されているのですね。

私も来週は海に行く予定で、今からとても楽しみです。

まだまだ暑い日が続きそうですが

○○さんも体調に気を付けてくださいね。

 

平成○○年 八月

 

親しい友人や知人の場合は暑中見舞いを通して

夏を満喫していることをお伝え出来たら嬉しいですよね。

 

暑中見舞いの返事、学校の先生に送る場合の文例

小学生の場合など、予期せずに学校の担任の先生から

暑中見舞いが届くこともあるかもしれませんよね。

 

低学年、高学年と紹介していきます。

低学年の場合は、親御さんが

サポートしてあげてくださいね。

 

低学年の場合の文例

 

しょちゅうおみまいもうしあげます。

○○せんせい、しょちゅうおみまいをありがとうございました。

まいにちあついですが、わたしはとてもげんきです。

このまえかぞくで、うみにいってきました。

まっくろに、ひやけをしました。

○○せんせい、2がっきもよろしくおねがいします。

 

へいせい○○ねん 8がつ

 

高学年の場合の文例

 

暑中お見まい申し上げます。

○○先生、暑中見まいのはがきをありがとうございました。

私は先日、家族で水族館に行ってきました。

色んなお魚がいてとても楽しかったです。

課題図書もきちんと読んでいます。

まだ暑いですが先生も体に気をつけてください。

二学期に先生やみんなと会えることを楽しみにしています。

 

平成○○ねん 八月

 

漢字などは書ける範囲で楽しく先生に近況の報告が出来れば

二学期に登校することがきっと楽しみになりますよ。

 

暑中見舞いの返事、上司など目上の方に送る場合の文例

上司や目上の方の場合、本来ならば自分から暑中見舞いを

出さなければならない関係です。

その為、先に上司や目上の方から

暑中見舞いを頂いてしまった場合は、

 

「あえてお礼やお詫びの文は書かないほうがいい」

 

という考え方もあるそうです。

とはいえ、これは相手のタイプにもよることと

完全にスルーしてしまうことで

「暑中見舞いが届いていないのかな」と、

思わせてしまう可能性もあります。

 

なので、受け取っていることは感じさせつつ、

あえて、お礼やお詫びなどは書かない文章に

することがいいかもしれません。

 

残暑お見舞い申し上げます。

毎日暑い日が続いておりますが、

お変わりなくお過ごしのご様子で何よりと存じております。

おかげさまで私も元気に過ごしております。

この暑さはまだまだ続くとのこと。

どうぞ体調など崩されないようにお過ごしください。

 

平成○○年 盛夏

 

などにするといいです。

 

もし、暑中見舞いを頂いたお礼を入れたい場合は

「暑中お見舞い申し上げます」の後に

 

「この度は、丁寧な暑中見舞いのお葉書を頂き

ありがとうございました」

 

などと書くといいですよ。

 

また、残暑見舞いの場合は最後の結びの言葉を

 

まだまだ残暑が厳しいようです

季節の変わり目ですので

夏の暑さの盛りは過ぎた様子ですが

夏の疲れが出やすい時期ですので

 

などとしたうえで相手の体調を気遣う言葉を添えると

いいですよ。

 

あくまで文例になりますので

これらを参考に、あなたの言葉を足して

心のこもったお返事を書いてくださいね。

関連記事:お中元が遅れた場合どうする?時期を過ぎた時の対処法を詳しく解説!




スポンサーリンク





最後に

暑中見舞いの返事の時期がいつまでか、

また、その書き方や文例を見てきました。

 

本来、自分が出すべき人から先に暑中見舞いを頂いてしまうと

つい、慌ててしまいますがここは落ち着いて、心を込めて

返事を出すことが何よりも大切です。

 

マナーを守りつつ丁寧な返事を送るようにしましょう。

 

相手の方が「暑中見舞い、送ってよかったな」と

思ってくださったら、嬉しいですよね。

関連記事:公務員の初任給や年収の平均は?ボーナスはいくら?





スポンサーリンク


サブコンテンツ