サーキュレーターの使い方!換気やエアコンとの併用に効果的な置き方は?

せっかく「サーキュレーター」を買ったのに、扇風機と同じ扱いをしていませんか?

サーキュレーターと扇風機は似ていますが、両者の役割は違います。

 

きちんとしたサーキュレーターの使い方をすれば

より部屋を快適にする事ができますよ。

 

そこでここでは基本的なサーキュレーターの使い方、

換気やエアコンとの併用に効果的な置き方を説明します。

 

サーキュレーターを効果的に使いたい方はぜひ参考にしてくださいね。




スポンサーリンク





サーキュレーターの使い方は?扇風機と違うの?

基本的なサーキュレーターの使い方、換気やエアコンとの併用に効果的な置き方の前に、

まずは一見同じように見えるサーキュレーターと扇風機の違いについて説明します。

 

サーキュレーターも扇風機もプロペラを回転させて風を起こす機械です。

 

どちらも近づくと涼しいですよね。

違いと言えば長い首のあるなしやプロペラを守る前ガードが

サーキュレーターの方がかなり頑丈そうだというくらいでしょうか。

 

ですから機能面で見ると2つは同じような用途に利用する機械に見えますが、

「サーキュレーター」と「扇風機」は名前が異なる通り、れっきとした違いがあります。

 

扇風機は風を起こしその風を人に当てる事で人の体を涼しくさせるのが目的です。

 

部屋に広く風を届ける為に広範囲にふわっとした風を起こし

また風が強すぎると疲れる人もいる事から「より自然な柔らかい風」を目指しています。

 

一方サーキュレーターは風を起こしその風で空気を循環させるのが目的です。

ですから部屋の中の停滞した空気を移動させる為に直線的で強い風を目指しています。

 

確かにサーキュレーターも扇風機と同じく体にあてると涼しいですが、

本来その風は空気を動かすためのものなんですね。




スポンサーリンク





サーキュレーターは換気やエアコンとの併用に便利

サーキュレーターは「空気を循環させる」という目的がある事から、

涼しくさせるというよりも「換気」、

または「エアコンとの併用」により効果的な力を発揮します。

 

まず換気ですが、換気とは空気の入れ替えの事です。

 

換気と言うと「窓を開ける」という方法が真っ先に思いつきますが、

ただ窓を開けているだけでは、なかなかすぐには空気は入れ替わりません。

 

そこで使うのがサーキュレーターです。

 

サーキュレーターを使うと直線的な強い風で部屋の中に空気の流れができ、

短い時間で効率的に空気の入れ替えができます。

 

またエアコンとの併用についてですが

例えばエアコンの暖房をつけているのに足元が冷たい、

エアコンの冷房をつけているのになかなか冷えない

という事がありますよね。

 

それはエアコンの暖気・冷気が部屋に十分に循環できていないからです。

 

そんな時にサーキュレーターを使えば、

エアコンの暖気・冷気がしっかりと部屋中に行き渡って快適な空間を作る事ができます。

サーキュレーターの換気やエアコンとの併用に効果的な置き方は?

でも、いくらサーキュレーターが換気やエアコンとの併用に効果的だからと言って、

適当に置いてしまうと十分に力を発揮する事はできません。

 

人にも適材適所という言葉があるように、

サーキュレーターにきちんと仕事をしてもらいたい時は、

サーキュレーターが働きやすい場所や向きを選んで置いてあげましょう。

 

そこでここでは、

換気やエアコンとの併用でサーキュレーターが効果的に働いてくれる置き方を紹介します。

 

1.換気する場合の置き方

サーキュレーターを使って効果的に換気をしたい場合の置き方ですが、

その場合はまず開けた窓に背を向ける形でサーキュレーターを設置してください。

つまり、サーキュレーターの正面は部屋の中を向いているという置き方です。

 

「部屋の空気を外に出すんだから

窓に向けてサーキュレーターを置いた方がいいんじゃないの?」

と思うでしょうが、サーキュレーターが得意なのは部屋の空気の循環です。

 

まずサーキュレーターは、後方から空気を取り入れ前へ押し出します。

 

つまりこのような置き方をする事で

外の空気がサーキュレーターを通して中に入ってくる事になります。

 

中に入ってきた空気はそのまま部屋の壁に当たり、

そのまま壁を伝って天井へ登り、元の窓上の方から出て行きます。

 

こうしてグルグルと回転するような空気の流れができる事で、

効率的に換気をする事ができるのです。

 

サーキュレーターを外に向けて部屋の空気を押し出すよりは

サーキュレーターを内に向けて外の空気を部屋の中に取り込み

部屋の中の空気を移動させた方が効率がいいという事なんですね。

 

2.エアコンと併用する場合の置き方

次はエアコンと併用する場合の置き方ですが、

エアコンを冷房として使うのか暖房として使うのかで

サーキュレーターの置き方が変わってきます。

 

ですからそれぞれ分けて説明しますね。

 

①エアコン(冷房)と併用する場合の置き方

 

まずエアコンを冷房として使う場合の置き方ですが、その場合は

サーキュレーターはエアコンに背を向ける形にします。

そして向きは正面を向かせてください。

 

サーキュレーターの多くは扇風機と違い身長が低いので、

足元に風が当たるようになると思います。

 

このような置き方にする理由ですが、まず冷気は下に溜まりやすい性質があります。

エアコンをつけてもなかなか冷たくならないという事は

エアコンから出た冷気がエアコンのすぐ足元に溜まっているはずです。

ですからそこにサーキュレーターを当てる事で空気を動かすんですね。

 

エアコンと同じ方向を向ければエアコンと競合する事なく

むしろエアコンも空気の流れを後押ししてくれるので

より素早く部屋を冷やしてくれますよ。

 

②エアコン(暖房)と併用する場合の置き方

 

次にエアコンを暖房として使う場合の置き方を説明します。

その場合は、サーキュレーターを部屋の中心に持ってきて、向きは真上にしてください。

 

このような置き方をする理由ですが、暖気は冷気と逆で上に溜まりやすい性質があります。

 

ですから上に風を当てる事で真上で停滞していた

暖かい空気を下に下ろす事ができると同時に、

下の冷たい空気を吸い上げて上の暖気で温める効果もあります。

 

また、サーキュレーターは風力が強いので換気やエアコンとの併用の他に

部屋干しのサポートにも便利です。

 

その場合、部屋に干した洗濯物の真下にサーキュレーターを持ってきて

向きを真上にすると、真下から直接風が洗濯物に当たるので乾きやすいですよ。

関連記事:漢数字の縦書きで日付・西暦や生年月日・0の書き方は?




スポンサーリンク





おすすめサーキュレーター3選♪

換気・部屋干し・エアコンの併用は勿論の事

ただ単純に涼しむ事にも使えるサーキュレーターはかなり用途が広い便利な機械です。

 

最近では使う人も増えたので、需要に合わせて

色んな種類のサーキュレーターが出ているんですよ。

 

そこでここでは、おすすめのサーキュレーター3選を紹介します。

気になるサーキュレーターがあったらぜひチェックしてみくださいね。

 

一人暮らし用ならコレ!

 

一人暮らし用のサーキュレーターを探しているなら

アイリスオーヤマから出ているこちらのサーキュレーターがおすすめです。

 

こちらは値段が安い・使いやすい・手入れがしやすいという3拍子が揃った

サーキュレーターです。

 

また静音で首振り機能もあり、

「サーキュレーターに最低限ほしい必要な機能をコンパクトにまとめた」

非常に使い勝手の良いものになっています。

 

「とりあえずサーキュレーターが欲しい」という方や

「初めてサーキュレーターを買うのでどれがいいか分からない」という方は

ぜひこちらを選んでみてください。

 

広めの部屋に使いたいならコレ!

 

広めのリビングで使いたい、家族がいるので部屋が大きいという時に

おすすめなのがこちらのサーキュレーターです。

 

こちらは羽根径が23cmと大きめでパワフルなので広い場所でも十分に

機能を発揮してくれますよ。

 

風量は8段階に分かれているのでかなり細かく設定でき、

さらにリモコン付きなのでいちいち直接ボタンを押しに行かなくても

遠くから操作する事が可能です。

 

広い部屋をしっかり換気したい・エアコンを行き渡らせたいという方は

ぜひこちらのサーキュレーターを使ってみてくださいね。

 

 

高級家具指向ならコレ!

 

「家具にはちょっと拘りがある」

「高くてもいいから機能性・デザイン性両方に優れている物がいい」

 

という方におすすめなのが、こちらのバルミューダから出ているサーキュレーターです。

 

バルミューダという外国風の会社名ですが、

れっきとした日本企業で高級家電メーカーです。

 

デザインが優れている事で有名ですが、省エネ仕様だったり

グリーンファンと呼ばれる独自の羽の技術を駆使したりして機能性としても

問題ありません。

 

家電であろうともスタイリッシュは譲れないという方は

ぜひこちらのサーキュレーターを選んでみてくださいね。

 

 

関連記事:公務員の初任給や年収の平均は?ボーナスはいくら?




スポンサーリンク





最後に

サーキュレーターは扇風機と混合されやすいですが、用途は全く別にあります。

 

勿論体を近づけて涼しくなるというのも使い方のひとつではあると思いますが、

きちんと使えばより効果的な力を発揮してくれますよ。

 

換気やエアコンとの併用する時には、ぜひ実践してみてくださいね。

関連記事:風水でやってはいけないダメ・NGなことまとめ!





スポンサーリンク


サブコンテンツ