お中元とお歳暮の由来や歴史・起源は?

夏にお中元、冬にお歳暮を贈るのは日本では常識となっている風習ですが、

なぜ夏と冬にお中元やお歳暮を贈り合うようになったのか

起源や由来を知っている人は少ないと思います。

 

また、なぜお中元をお中元と呼ぶのか・お歳暮をお歳暮と呼ぶのかも

よく考えたら不思議ですよね。

 

そこでここでは、意外と知られていないお中元とお歳暮の由来や歴史・起源を紹介します。

お中元とお歳暮の始まりなどについて知りたい方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。




スポンサーリンク






お中元の起源や由来・歴史は?

ではまず、お中元の起源や由来・歴史から紹介しましょう。

 

そもそもなぜお中元は「お中元」と呼ぶのでしょうか。

考えてみると不思議な漢字の組み合わせですよね。

 

お中元という呼び方は、実は中国から来ています。

 

中国には昔から三教と呼ばれる3つのメジャーな宗教がありました。

それは、儒教、道教、仏教です。

 

その中の道教という宗教ですがこれは漢民族土着の宗教で、

1年に3回、「三元」と呼ばれる祭日がありました。

それが、

 

「上元」と呼ばれる1月15日(旧暦)

「中元」と呼ばれる7月15日(旧暦)

「下元」と呼ばれる10月15日(旧暦)

 

です。

 

この中の真ん中の祭日である「中元」が、今のお中元のそもそもの起源だとされています。

 

またこの3つの祭日はそれぞれ行われる行事が違い、

 

上元では賜福と呼ばれる福を与える行事

中元では赦罪と呼ばれる罪を許す行事

下元では解厄と呼ばれる厄を払う行事

 

が行われていました。

 

上元では灯篭を灯して福を祝い、下元では経典を読んで厄を払い

中元では、一日中火を焚いて神様を祭っていました。

 

そしてこの中元の日である7月15日は

ちょうど仏教の行事である盂蘭盆会という行事の日でもありました。

 

盂蘭盆会というのは今でいう「お盆」の事で、

先祖や故人を供養する為に経を読んだりお供え物をしたりするという行事でした。

 

盂蘭盆会と中元は同じ日に行われる行事なので古くから同時に祝っている内に

現在の中国では2つが合体したような行事が行われています。

 

さて、話は日本に移りますが日本は中国からの文化をよく受け入れていたので、

当然日本にも道教と仏教、

そして道教の中元、仏教の盂蘭盆会の文化もしっかり伝わりました。

 

記録では、606年の推古天皇の時代にお盆の行事を行ったとされる記録が残っています。

 

そして江戸時代になると、お盆の季節には先祖や故人を供養しようと

ほうぼうに散っていた親戚がひとつの家に集まるようになりました。

 

本家に分家が集まるというのは現在でもそこそこ見る光景ですよね。

お盆にはけっこうな人数が集まる訳ですから、もてなす側は大変です。

 

そこで、集まる人はお盆を開いてくれた家にお礼として

「盆礼」と呼ばれる贈り物を持ってくるようになりました。

 

そしてこの盆礼が次第に

「お世話になった人に贈り物をする」というものに変化したとされています。

 

さて、ところで日本に来たお盆は盂蘭盆会と中元が合体したものですが、

盂蘭盆会が先祖や故人など「死者」を扱うのに対し、

中元は元々「贖罪を願う」日でしたから生きている人の為の行事でした。

 

盆を開いてくれたお礼ではない贈り物を「盆礼」と呼ぶ事はできませんから

お盆の礼とは関係なくお世話になった人に渡す贈り物として

同時日の行事である中元から取り、「お中元」という名がつけられたとされています。

 

元々道教と仏教は別々の宗教です。

 

ですが両方の行事を同時日に祝っている内に中国では合体という現象が起きました。

そしてそれと同じような事が日本でも起きたんですね。




スポンサーリンク






お歳暮の由来や歴史・起源は?

では次に、お歳暮の由来や歴史・起源について紹介しましょう。

 

「お歳暮」という言葉は12月の季語であり日本の言葉ですが、

お歳暮の起源も中国からだとされています。

 

中国には道教という宗教があって、

上元・中元・下元という三元と呼ばれる3つの祭日がある事は説明しましたね。

 

中国ではこの3つの祭日に合わせて、神様にお供え物をするという風習がありました。

 

また日本では独自に、お正月に「御霊祭」という行事を開き

先祖を供養しお供え物をするという風習がありました。

 

この2つが合体し、

下元の時期(旧暦では10月15日、現在でいう11月上旬~12月上旬)に

先祖を供養しお供え物をするという行事が生まれたそうです。

 

そしてお供え物と言うのは結局後で人が食べるものですから、

墓を守ってくれている本家の人が後でゆっくり食べられるように、

塩サケや数の子など高級で長持ちする物を持っていくようになったとされます。

 

これがお歳暮の起源になります。

 

その後江戸時代に入ると、

武士がボスに上納金のような形で年末に贈り物をするようになり、

また一方で商人が年末に得意先に贈り物をするようになりました。

 

この頃の商売はお盆や年末にまとめて精算をしている事が多く、

お盆や年末に商売を精算する時に得意先に「お世話になりました」という意味で

贈り物を贈ったそうです。

 

それがさらに時代が進み明治時代になると、

特に商売人や武士(武士は明治時代にいなくなりますが)でなくても

一般家庭の人が自分のお世話になった人や上司に年末に贈り物をするようになり

現在のお歳暮という形ができあがりました。




スポンサーリンク





関連記事:お中元が遅れた場合どうする?時期を過ぎた時の対処法を詳しく解説!

おすすめのお中元・お歳暮ギフト♪

お中元とお歳暮の由来や歴史・起源が分かった所で、

ここではおすすめのお中元やお歳暮ギフトを紹介します。

 

昔は例えばお中元と言えばそうめんが多く、

「またそうめんか~」なんてため息をつかれる事も多かったですが、

今はお中元の種類もたくさん増えてより相手に喜ばれるものが選びやすくなりました。

 

ぜひこの中から「良さそう!」と思うものを見つけて、

お中元・お歳暮に使ってみてくださいね。

 

女性にオススメ!神戸スイーツ

 

神戸スイーツと言えば「オシャレでおいしい」スイーツで評判ですよね。

 

その神戸スイーツの、チョコ・チーズケーキ・プリンと

甘いもの好きが飛びつきそうなものを贅沢に詰め合わせたギフトがこちらになります。

 

見た目も華やかでとてもステキなので贈り物にはピッタリですよ。

甘い洋菓子を贈りたいという方はぜひお中元・お歳暮にこちらを渡してみてくださいね。

 

食卓を少し贅沢に

 

紐付きのハムや長いウインナーはおいしいと分かっているんですが、

値段が少し高めなので自分ではなかなか手が出しにくいですよね。

スーパーで売られていても、スルーする事が多いと思います。

 

そのような、「身近にあるけど高いから自分ではなかなか買わない」商品を

お中元・お歳暮に渡すのもおすすめです。

 

ハムやウインナーはその代表的な例で、

相手に「あー、これいつか食べたいと思ってたんだ」と喜ばれやすいですよ。

 

相手にいつもの食事よりちょっといいものを食べてもらいたい方は、

ぜひこちらを選んでみてくださいね。

 

コーヒー好きならコレ!

 

コーヒーは好きな人が多いのでお中元・お歳暮に選ぶ人も多いですが、

コーヒーを贈るならこちらがオススメです。

 

こちらは創業30年の澤井珈琲が厳選した

コロンビア、エチオピア、タンザイニア、インドネシアの豆を使った

ドリップコーヒーの詰め合わせセットになっています。

 

味もそれぞれ違った風味で美味なのですが、

さらに面白いのがコーヒーが入っている箱です。

 

こちらは本のようになっており、

まるで物語を読むように開けてコーヒーを取り出すという

とてもセンスのある仕掛けになっていますよ。

 

見ても飲んでも楽しいギフトなので、

ぜひこちらを選んでみてはいかがでしょうか。




スポンサーリンク





関連記事:バーベキューの差し入れ!ゼリーやフルーツなど喜ばれるおすすめをご紹介!

最後に

普段何気なく送り続けているお中元とお歳暮ですが、

その由来や歴史・起源は意外と長い事が分かったかと思います。

 

お中元もお歳暮も昔は違う形をしていて、それが時代の流れにのり

少しずつ様子を変えながら現在の様式になるのは

ある意味物を組み立てていくようで面白いですよね。

 

今年のお中元やお歳暮は、

ぜひその長い由来や歴史・起源を感じながら用意してみてください。





スポンサーリンク


サブコンテンツ