お中元とお歳暮のマナーや意味!誰に贈る?

お世話になった大切な方に心を込めた贈り物、お中元とお歳暮。

大切な方に贈る物だから、失礼のないようにしたいものですよね。

 

とはいえ、夏と冬に贈る・・ことくらいは

何となく分かっているものの、

実は詳しいマナーや、その意味については

分からなかったりしませんか?

 

そこで今回は、お中元やお歳暮の

マナーや意味を紹介していきたいと思います。

 

誰に贈るべきか・・なども合わせて紹介していきますので

贈り忘れや、失礼のないようにしっかりチェックしてくださいね。




スポンサーリンク





お中元とお歳暮の意味は?いつ贈るのがいい?

そもそも、お中元やお歳暮の意味をご存知ですか?

なぜ、夏や冬の年に二回、お世話になった方に

贈り物をするのでしょうか。

 

これには昔からの習慣が大きく関わっているようです。

まずは、そのお中元とお歳暮の意味や

それぞれの贈る時期について詳しく紹介していきたいと思います。

 

お中元の意味や時期は?

お盆の時期に贈るとされている、お中元。

このお中元はその昔、中国から

「道教」の教えとして伝わってきました。

 

一年の節目となる日のひとつ

7月15日(中元)を天神様の誕生日として

お祝いやお供え物などをしていたのですが、

この道教の教えに、仏教(盂蘭盆会)の

行事が重なり、これがお中元の起源となりました。

 

仏教の行事には「生き盆」や「生身魂」と呼ばれ、

「今生きていることを喜び祝う」として

子供から親に贈り物をする習慣があったそうです。

 

これらの流れを受けて、お盆の時期に先祖にお供え物をしたり

お世話になった目上の方に、贈り物をするなどの習慣が始まりました。

 

その為、お中元には相手への感謝の気持や

健康を願う気持ちを願って贈り物をする

という意味が込められています。

 

また、お盆を迎える時期がお中元の時期となるのですが、

地域によって、そのお盆を迎える時期が違い、

お中元の時期もそれに伴って違ってくるので注意が必要です。

 

例えば、

 

関東地方は7月初旬~7月15日頃まで

関西地方は7月中旬~8月15日頃まで

 

など、その差が1ヶ月近くもあります。

 

贈る際には、相手の地域のお盆の時期を

確認することが大切になります。

 

お歳暮の時期や意味は?

お中元のことが少し分かってきたところで

次にお歳暮についても見ていきましょう。

 

お歳暮はお中元の流れを受けて

江戸時代に武士が自分の組頭に准血縁の証明として

年末に贈り物をしたことがはじまりです。

 

その後、その習慣が武士だけでなく商人、

得意先や上司、お世話になった人などにも

行われるようになり、これがお歳暮として

広まっていったそうです。

 

お歳暮の時期としては

 

関東地方では12月初旬~12月20日頃

関東以外の地方12月13日頃~12月20日頃

 

とされています。

 

やはりお歳暮の意味としてはお世話になっている人に感謝の気持を贈ると

されているので、お中元もお歳暮も基本的にその目的は同じになります。

 

ただ、お中元は感謝の気持と共に

夏の暑さを乗り切る願いを込めているものとされ、

お歳暮については一年の締めくくりとして

感謝の気持を贈ると共に、新しい年もよろしくお願いします

という意味も込められているそうです。

 

本来は、お中元もお歳暮もどちらも贈るのが

マナーとされているのですが、

経済的に難しい場合などはお歳暮のみでもいいとされているようです。

 

また、一度贈ったら毎年続けて贈ることが

マナーとされているようですよ。




スポンサーリンク





お中元とお歳暮、誰に贈る?

一度贈ったら毎年贈ることが

マナーとされているお中元やお歳暮なので、

はじめて贈る際は慎重に考えたほうがいいです。

 

「今年はとてもお世話になったから、贈り物をしたい」など、

一期一会でお世話になった人に贈る場合は、

お中元やお歳暮としてではなく「御礼」として贈り物をするといいです。

 

それらを踏まえると、

お中元やお歳暮を贈る相手としては

 

「日頃お世話になり、且つこれからもお世話になる人」

 

と、なるのですが

具体的にはどんな人がいるのでしょうか。

 

最近のお中元、お歳暮の贈り相手としては、

 

上司や取引先

子どもの習い事の先生、私立幼稚園の先生

両親、義理の両親、親戚、兄弟

友人、知人、恩師

 

などが主になるようです。

 

会社によってはお中元やお歳暮を

禁止しているところも多いですよね、

また、公立の学校も禁止されていますし

政治家や公務員の方に贈るのも禁止されています。

 

結婚した後、自分の両親や

嫁ぎ先の義理の両親にお中元やお歳暮を

贈るかどうかを悩まれる方も多いそうです。

 

まず、自分の実家については

両親がご自身の実家にお中元やお歳暮を

贈っているのなら、それにならったほうが

いいそうです。

 

嫁ぎ先の義理の両親については

旦那様とよく相談することが大切です。

ご両親が儀礼的なことが好きな場合は

贈ったほうがいいですよね。

 

御兄弟がいれば、どうされているか

相談してみるのもいいかもしれません。

 

いずれにしても両家に贈る場合は

値段などを同等にすること。

 

もし、贈らない場合は母の日やご両親の誕生日などで

感謝の気持を表すことを忘れないようにしましょう。

お中元とお歳暮のマナー!

お中元やお歳暮、誰に贈るか決まってきましたか?

お世話になった方に感謝の気持を贈るのですから

失礼のないように贈りたいものですよね。

 

そこで、次にお中元やお歳暮を贈る際の

マナーを紹介していきたいと思います。

相手に喜んで頂けるようにしっかりチェックしておきましょう。

 

お中元とお歳暮、金額の相場は?

お中元やお歳暮の金額、とても大切なことですよね!

 

一般的な相場としては

どちらも3,000円~5,000円

になるそうです。

 

感謝の気持を伝えたいからと高額なものを贈ってしまうのは

相手に負担をあたえてしまうこともあるので注意が必要です。

 

親戚や知人であれば、3,000円

目上の人で、5,000円程度が

相場になっているようです。

 

特別お世話になった人であっても

5,000円~10,000円程度に

おさめることがマナーのようですよ。

 

お中元と歳暮、熨斗の書き方は?

お中元やお歳暮に使う熨斗紙は水引は五本か七本の赤金、

結びは花結び(蝶結びとも呼ばれます)を

使用しますが、表書きにはどう書くのが正しいのでしょうか。

 

中央の結び目の上の段に

 

お中元、御中元

お歳暮、御歳暮

 

と書き、下の段に名前を書くのが

正しい熨斗の書き方になります。

 

また、デパートなどから直送する場合は挨拶状を同封するか、

それが出来ない場合は、贈り物が相手に届く頃に

手紙を送るといいですよ。

 

お中元とお歳暮、贈ってはNGなものは?

実はお中元やお歳暮には贈ってはいけないとされているものも

いくつかあるようです。

 

良かれと思って選んだものがNGなものだったら大変ですよね!

予め贈ってはNGなものを確認しておくことはとても大切です。

 

次のものは、贈り物のリストから外すようにしましょう。

 

クシなど、四や九(死・苦)が付くもの

手布(てきれ)=手切れを意味する、ハンカチ

切れることを意味する、ハサミや包丁などの刃物類

相手を踏むことを意味する、靴や靴下

勉強することを勧めることを意味する、筆記用具や文房具

 

などがあるようです。

 

また、お花や観葉植物も

贈り物としては喜ばれそうなイメージがありますが、

花言葉には注意をした方がいいようですよ。

 

お中元とお歳暮、遅れてしまったらどうすればいい?

「あの人に贈ろう」そう思っていたのに

うっかり日にちが過ぎてしまった!

そんな時はどうすればいいのでしょうか。

 

大丈夫です!

熨斗を変えれば贈ることが出来ます。

 

例えばお中元、関東の場合

 

7月15日までは、お中元

7月16日~8月7日(立秋)までは、暑中お見舞い

8月7日以降は、残暑お見舞い

 

とするといいです。

 

関西など8月15日頃までがお中元の時期とされている地域は

8月16日以降は、残暑お見舞いとして贈るといいですよ。

 

また、お歳暮の場合は

 

12月20日を過ぎてしまったら、寒中お見舞い

1月1日~1月7日までは、御年賀

1月7日~2月4日(立春)までは、寒中お見舞い

 

とするといいです。

 

とはいえ、出来る限り時期を逃すことないように

しっかりインプットしておきましょう!

 

お中元とお歳暮、喪中の場合はどうすればいい?

相手や自分が喪中の場合はどうすればいいのでしょうか。

確かに年賀状などは喪中の時は控えたりしますよね?

 

悩むところですが、お中元やお歳暮は「感謝の気持」を

相手に贈るものなので喪中であっても贈ってもいいそうです。

 

ただ、四十九日の前など、まだ日が浅い場合などは

時期を少しずらしたうえで残暑見舞いや寒中見舞いとして

無地の熨斗で贈るといいそうですよ。

関連記事:お中元が遅れた場合どうする?時期を過ぎた時の対処法を詳しく解説!




スポンサーリンク





喜ばれるお中元とお歳暮の選び方、ポイントは?

せっかく贈るのなら

相手に喜ばれる贈り物をしたいですよね!

どんな物を贈れば喜ばれるでしょうか。

選び方のポイントを調べてみました。

 

まず大切なことは、相手の好みはもちろん

家族構成も大きなポイントです。

何人家族なのか、子供がいるのかなどによって

喜ばれるものの種類や数、大きさなどが変わってきますよね。

 

それ以外には、やはり季節感も大切!

 

その為、夏に贈るお中元と冬に贈るお歳暮とでは

若干喜ばれるものも変わってくるようです。

 

そこで、それぞれ具体的にいくつか、

喜ばれると言われている贈り物を

紹介していきたいと思います。

 

喜ばれるお中元、これがおすすめ!

暑い季節のお中元です。

食べ物ならばとにかく清涼感があるものが喜ばれるようです。

 

暑い夏にピッタリな定番「そうめん」はいかがでしょうか!

 

 

稲庭うどん「無限堂」のそうめんです!

稲庭うどんの製法で作られているので

無油で作られているそうめん!

 

食欲が落ちる暑い夏でも、きっと

ツルツルと召し上がってもらえるはずです。

比内地鶏の「つゆ」が付いているので

すぐに食べられるのも嬉しいですよね。

 

喜ばれるお歳暮、これがおすすめ!

暑い夏とは反対に、寒い冬の時期のお歳暮。

冷えた身体をポカポカと温めてくれるものがおすすめです。

 

例えば、鍋料理のセットなどはいかがでしょうか。

 

 

秋田名物、きりたんぽ鍋のセットです。

きりたんぽ以外にも比内地鶏のスープ、

比内地鶏、舞茸、ネギやセリ、糸こんにゃく

ごぼうもセットになっているので、とっても便利!

 

忙しい年末年始に、きっと喜ばれそうですよね、

心も体もポカポカに温まって頂きましょう!

 

また、お歳暮時期の年末年始はお正月を迎えることもあり

人が多く集まる機会も多いので

おもてなし用の肉類やハムなども喜ばれます。

 

 

九州産の黒豚で作られた

ハムやウインナーのセットです。

 

ホワイトボンレスハムやパストラミローフ、あらびきローフなど

お洒落なハムのセットなのでカットするだけで立派なご馳走!

きっとお正月のおもてなしの一品に活躍してくれるはずです。

賞味期限も冷蔵で45日間と長めなので安心ですよね。

 

関連記事:バーベキューで海鮮・魚介の食材でおすすめは?レシピもご紹介!




スポンサーリンク





最後に

お中元とお歳暮を誰に贈るべきか、

また、そのマナーや意味についても見てきました。

 

お中元やお歳暮は、日本の昔からの

大事な習慣で深い歴史があることがわかりましたよね!

また、いくつかの大事なマナーがあることもわかりました。

 

日本の大事な習慣とお世話になった方の

喜ぶ顔を思いながら、心のこもった贈り物をしていきましょう。

 

あなたの感謝の気持がしっかりと届きますように。

関連記事:ピン札の作り方!アイロンや大根おろしでお札のシワ伸ばし!





スポンサーリンク


サブコンテンツ