暑中見舞いを先生へ!宛名や中学生・高校生の文例をご紹介!

お世話になっている先生に暑中見舞いを出そうと思っても、

どのように書いたらいいのかわからない、

正しいマナーもよく知らないという方もいるのではないでしょうか。

 

学校によっては暑中見舞いを出すという課題がある場合もあるようですが、

いざペンを持っても何を書いたらいいのかわからずに悩んでしまいますよね。

 

今回は、先生宛に書く暑中見舞いの書き方についてまとめてみました。

中学生や高校生の場合、宛名はどうすべき?など、

文例を盛り込みながらわかりやすくご紹介していきますよ。




スポンサーリンク





暑中見舞いはいつ出す?

まずは暑中見舞いを出す時期ですが、梅雨明け~立秋までの間が一般的です。

ですから、中学生や高校生の場合、先生に暑中見舞いを出すとなると、

夏休みの時期に出すということになるでしょう。

 

ちなみに、暑中見舞いは1年の中で一番暑い時期に相手を気遣い、

近況を報告するために用いられるというのが一般的な意味です。

ですから、暑中見舞いを出す正しい時期については

きちんと理解しておく必要がありますね。

その時期を過ぎてしまうと、暑中見舞いではなく

残暑見舞いとなってしまうので注意しましょう。

 

ちなみに、暑中見舞いは出さなければ失礼になるということは特にありませんので、

出したいと思わない場合は無理に送る必要はありません。

 

しかし、学校によっては、暑中見舞いを先生に出すこと自体が課題になっていたり、

例年お世話になっている先生に暑中見舞いを出すのが、

習慣になっているということもありますよね。

さらに、卒業後や先生がすでに在籍していない場合、

なかなか会えない恩師に暑中見舞いを出したいという場合もあると思います。

 

暑中見舞いはあくまでも相手への気持ちを表すための手段が、

中学生や高校生のうちから暑中見舞いの書き方を身につけておくことで、

社会に出たときに役立つことは間違いありません。




スポンサーリンク





暑中見舞いはどんな内容で書けば良い?先生への宛名は?

では、暑中見舞いはどのように書けばいいのでしょうか。

まずは基本的な文章の流れをお話していきます。

最初は、季節の挨拶がきます。

これはみなさんもご存じの通り、「暑中お見舞い申し上げます。」等でかまいません。

その後に、時候の挨拶、近況報告、相手を気遣う文章、最後に日付を書きます。

 

暑中お見舞い申し上げますという最初の一文は少し大きめに書くと良いでしょう。

そして、最後に書く日付は、何月何日という細かな日付ではなく、

〇〇年〇月や、〇〇年 盛夏と書くのが一般的です。

 

最初に書く季節の挨拶や、日付は大体定型文のような文章になりますが、

それ以外は、敬語は適切に使いながらも、

少し親しみを持てるように、自分の言葉で書くのが良いと思います。

 

また、先生に出す暑中見舞いのハガキには、夏らしい絵などを書くのもいいでしょう。

ですが、絵を描くのは苦手だという方もいると思います。

そのような場合には、季節感のある絵はがきなどを選ぶと、

畏まり過ぎないハガキにすることができますよ。

 

暑中見舞いを出す季節が近づくと、

郵便局などにも色々な柄の絵はがきが売り出されるので、

それらを使うといいと思います。

 

季節はがき 風鈴

 

色とりどりの風鈴が涼しさを感じさせてくれる、

暑中見舞いにはぴったりのはがきです。

はがきの半分がイラストなので、

たくさん文章を考えるのが苦手な人にもおすすめです。

 

 

また、先生に暑中見舞いを出す場合に悩むのが、送る場所や宛名ではないでしょうか。

先生が事前に自宅の住所を教えてくれている場合は、自宅に送っても問題ありません。

しかし、個人情報を考慮して自宅の住所を生徒に教えていないという場合もあります。

そのような時は、学校宛てに贈るのが良いでしょう。

 

そして宛名についてですが、〇〇様と書くのがいいのか、〇〇先生と書くのが良いか、

悩む人もいると思います。

 

結論から言うと、宛名はどちらで書いても失礼になるということはありません。

しかし、〇〇先生と書く方がより敬意を感じる方が多いですので、

生徒が先生に出す場合には、様ではなく、先生と宛名に書く方がいいかもしれません。

「先生」というのは敬称に値しますし、普段から〇〇先生と呼んでいると思うので、

宛名を〇〇様と書くよりも親しみを感じられるはずです。

関連記事:お中元が遅れた場合どうする?時期を過ぎた時の対処法を詳しく解説!




スポンサーリンク





先生に書く暑中見舞いの文例をご紹介!中学生、高校生の場合は?

では、実際の暑中見舞いの文例について考えていきましょう。

中学生や高校生の場合でも、内容や書くべき文章が少し変わってくると思いますので、

それぞれの場合に分けて文例をご紹介していきます。

 

まず、中学生の場合ですが、堅苦しい言葉は使わずに、

ありのままの表現を使って書くのが良いでしょう。

格式張った文章を書く必要は全くありません。

普段使っていないような無理な敬語を使う必要もありません。

その方が、先生も嬉しく感じると思いますよ。

 

文例①

暑中お見舞い申し上げます。

暑い日が続いていますが、先生はお元気でしょうか。

私は残っている宿題を早く終わらせるように、日々頑張っているところです。

まだまだ暑い日が続きますが、体調に気をつけてください。

夏休みが終わって先生に会えるのを楽しみにしています。

〇〇年 盛夏

 

文例②

暑中お見舞い申し上げます。

大変暑い日が続いていますが、先生はいかがお過ごしでしょうか。

わたしの今年の夏休みは、部活動と勉強で忙しく過ごしています。

先生もお身体に気をつけてお過ごしください。

新学期からの先生の授業も楽しみにしています。

〇〇年 盛夏

 

中学生の場合は慣れない敬語を使うよりも、

ですます調で書いて丁寧な文章にする方が、

親近感があり、好感が持てると思います。

少し砕けた文章を入れても問題ありませんよ。

 

次に高校生の場合についてご紹介していきます。

高校生になると、義務教育も終わり社会人の一歩手前でもあるので、

このような挨拶状はある程度かしこまった表現なども使いつつ書くのが良いと思います。

しかし、全て定型文のようになってしまっては、

親しみも持てず、感謝の気持ちも伝わりにくいので、

要所で自分の言葉を盛り込んで書いていくのが良いでしょう。

 

文例①

書中お見舞い申し上げます。

暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

わたしは、受験に向けて毎日勉強に取り組む日々を過ごしています。

まだまだ暑い日が続きますが、くれぐれもご自愛ください。

〇〇年 盛夏

 

文例②

暑中お見舞い申し上げます。

梅雨が明け、とたんに猛烈な暑さとなりましたが、

体調お変わりなく過ごされていますでしょうか。

わたしは、勉強に加え、部活動も忙しく、充実した毎日を過ごしています。

しばらく暑さも続きますが、お身体に気をつけてお過ごしください。

これからもよろしくお願いいたします。

〇〇年 盛夏

 

中学生の場合より、少しかしこまった文章になっていますが、

高校生であれば、このように敬語を交えながら自分の言葉も入れて書くのが良いでしょう。

暑中見舞いを送る相手との関係性によっては、

少し砕けた文章や表現を入れても問題ありませんが、

先生に送る暑中見舞いですから、

ある程度、書き方やマナーを意識して書くと良いと思います。

 

暑中見舞い、残暑見舞い素材集

 

暑中見舞いに使えるハガキ素材が収録された素材集です。

他にもいろいろ使える多目的カードが収録されているので、

一冊あると様々なシチュエーションに対応できると思います。

ハガキ作成ソフトの操作説明も付属しているので、

家にあるソフトを使って自分だけのオリジナルはがきを簡単に作ることができます。

関連記事:公務員の初任給や年収の平均は?ボーナスはいくら?




スポンサーリンク





最後に

中学生や高校生が先生に暑中見舞いを出すときには、

定型文のように堅苦しい文字を並べるだけでなく、

ある程度自分の言葉で書く方がいいと思います。

とは言っても、暑中見舞いの書き方を知らずに、

失礼になってしまっては元も子もありませんよね。

 

適度に親しみを持たせながら必要最低限のマナーを理解して書くのが良いでしょう。

ぜひ、暑中見舞いを先生に出す際には参考にしてみてください。

関連記事:ピン札はどこで用意する?土日の場合はどうする?





スポンサーリンク


サブコンテンツ