土用餅とは?由来やいわれについて詳しく解説!

土用の丑の日に食べるものと言えばうなぎです。

ですが土用に食べる食べ物として「土用餅」というものがあるのを知っていますか?

 

土用餅なんて、いかにも土用に食べる為の食べ物っぽいネーミングですよね。

でも、土用餅を知っている人は意外に多くありません。

 

そこでここでは土用餅とは一体何なのか、由来やいわれについても詳しく解説します。

土用餅について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。




スポンサーリンク





土用って何?

土用餅とは何なのか、また土用餅の由来やいわれについて説明する前に、

まず「土用」について少し見ていきましょう。

 

「土用の丑の日」はよく聞く言葉ですし季節は

すぐに「夏」というイメージが湧きますけど、

「土用」はそもそもどういう意味だか知っていますか?

 

土用というと言葉の響きから「土曜日」を連想しますが、土用は土曜日ではありません。

また、夏と言うイメージもありますが夏を限定して表す言葉でもないんです。

 

まず土用というのは、日本の古い暦で使われる言葉です。

 

日本には二十四節季という、1年の季節を24つに分けた暦があるんですが

その中に、立春、立夏、立秋、立冬という暦があります。

そのそれぞれの季節が来る前の18日の期間を「土用」と言うのです。

 

日本では昔、中国から伝来した

「自然界は木・火・金・土・水の5つの要素で構成されている」という

陰陽五行説が信じられていました。

 

それに基づいて季節も

春→木

夏→火

秋→金

冬→水

 

と当てはめられました。

ところでこれだと「土」がないですよね。

 

では土はどこへ行ったかと言うと、

「土」はそれぞれの「季節の境目」、つまり

冬から春になる立春、

春から夏になる立夏、

夏から秋になる立秋、

秋から冬になる立冬を指す事になったんです。

 

そして季節が切り替わるそれぞれの一定の期間を「土用」というようになったんです。

 

つまり土用は季節の合間の時期なので、

夏だけでなくすべての季節で巡ってくるという事なんですね。




スポンサーリンク





土用餅とは?

 

では、土用餅について説明してきましょう。

 

「季節の変わり目は風邪を引きやすい」というのは現代でもよく聞きますよね。

医療や科学技術が発展していなかった昔はなおのことです。

 

ですから昔は季節の変わり目である「土用」には、

無病息災を願ったり災害に遭わないように景気づける

特別な行事食を食べるようになりました。

 

土用の丑の日に食べるうなぎなんか、そのもっともな例ですよね。

夏バテ防止に精を付ける為に、うなぎを食べるようになりました。

 

ちなみに夏の土用に食べる行事食は「う」のつく食べ物が良いとされ、

うなぎのほかにうどんや梅干しなんかも好まれていたそうです。

 

そんな風にして土用に食べる食べ物は他にも色々あって、

その内のひとつに土用餅が含まれます。

 

土用餅は餅なのですがどんな餅なのかと言えば、簡単に言うと

「餅をあん(あんこ)で包んだ餅」の事で、今でいう所のあんころ餅です。

 

お土産で有名な「赤福」なんかを考えてもらうと分かりやすいですね。

 

餅をあんで包んだ餅といえばおはぎやぼたもちなどもありますが、

「餅もあんも完全に潰して滑らかなにしたもの」があんころ餅と言われています。




スポンサーリンク





土用餅の由来やいわれは?

では、なぜ土用に食べるのに土用餅が選ばれたのでしょうか。

ここでは土用餅の由来やいわれを見ていきます。

 

まず土用餅の由来やいわれですが、土用餅に使われる

餅も小豆も縁起がよく栄養価の高い食べ物です。

どちらも験を担ぐにはもってこいの食材なので、

土用の行事食として使われ土用餅が誕生しました。

 

と言っても土用餅の形が完成したのは江戸時代頃で、

土用餅の最初の原型は「ガガイモの葉を煮だした汁で練った餅」で、

食べ方も「味噌汁に入れて食べる」という方法だったそうです。

 

最近は土用に土用餅を食べる風習は薄れていますが、

今でも京都や金沢では大切に守っている地域もあります。

関連記事:風水でやってはいけないダメ・NGなことまとめ!

土用には土用餅を食べてみよう♪

土用餅とは、土用に食べる行事食だという事が分かりました。

さらに土用餅を食べるのは夏だけでなく、春でも秋でも冬でも大丈夫です。

 

古くからある風習は「ただの迷信」とも言われがちですが、

昔の英知がたくさん詰まっている事も多いんですよ。

 

気になった方はぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

そこでここでは、おすすめの土用餅を紹介します。

 

 

食べやすい土用餅が食べたい方へ

 

「簡単に一口で食べられる食べやすい土用餅がいい」という方におすすめなのが

こちらの「一口あんころ餅」です。

 

サイズは名前の通り一口サイズになっていますし、

餡はこしあん、餅も柔らかく噛みやすいものという事で

お年寄りや子供でも安心して食べられる非常に気軽な土用餅になっています。

 

また個包装ではないのでひとつひとつパッケージを開ける必要もなく、

届いたらすぐに食べられる仕様になっています。

 

おいしい土用餅をすぐに食べたい方は、ぜひこちらの商品を選んでみてくださいね。

 

有名なあんころ餅が食べたい方へ

 

こちらは土用餅が由来ではありませんが、

同じ作りという事でおすすめする「赤福」です。

 

赤福の由来は江戸時代に旅人に餡餅をおすそ分けしたものとなっていますが、

こちらも餅を餡で包んだ立派なあんころ餅です。

 

赤福は一度は名前を聞いたりお土産でもらったりした事があるのではないでしょうか。

長年人気の商品という事で勿論おいしさはお墨付きですし、

無添加無着色なので、オーガニックにこだわりたい方にもおすすめですよ。

 

 

抹茶味が好きな方へ

 

「小豆味より抹茶味がいい」という方におすすめなのが、

こちらの「茶っころ餅」です。

 

こちらは小豆餡に抹茶が練り込まれた抹茶味のあんころ餅になっています。

「見た目が違うから意味がないんじゃ?」と思う方もいるかもしれませんが、

 

ちゃんと餡を餅で包むという

土用餅の作り方に乗っ取ってできていますから問題ありません。

 

また行事食と言うのは「その季節においしく食べる」という事も大事です。

 

食べるあなたがニコニコしているのは一番重要なので、

好きなフレーバーがあるなら、そっちを選んでも大丈夫です。

 

抹茶好きの方はぜひ食べてみてくださいね。

関連記事:ピン札の作り方!アイロンや大根おろしでお札のシワ伸ばし!




スポンサーリンク





最後に

土用餅とは餅と小豆を使ったとても縁起の良い食べ物です。

 

土用餅の由来やいわれを知ると、

「季節の変わり目に栄養価の高い食べ物を食べる」という

もっともな意見にたどり着きます。

 

土用の期間に体調を崩しやすいという方はぜひ土用餅を食べて

昔から人々を守ってきた日本の古い風習を試してみてはいかがでしょうか。

関連記事:北枕で寝るのは風水的には縁起がいい?恋愛運についても詳しく解説!





スポンサーリンク


サブコンテンツ