お中元が遅れた場合どうする?時期を過ぎた時の対処法を詳しく解説!

毎年夏の時期に贈るお中元。

お世話になった上司や、結婚式で仲人をしてくれた親戚など、

各家庭で違いはあるものの、毎年同じ人に贈っているという人が

ほとんどではないでしょうか。

 

お中元は元々は相手の家にお伺いし、

日頃の感謝を込めて贈り物を届ける風習でした。

ところが相手によっては、お中元の対応に多くの時間が取られてしまうこともあり

今ではデパートなどで配送をお願いすることが多くなってきています。

 

ただ色々な事情でお中元の期間に

贈ることができない、また遅れてしまうという時にはどうすればいいのでしょうか。

毎年贈っているなら、急に贈るのをやめてしまうのは失礼になります。

 

そこでお中元の時期に贈るのが間に合わなかった時に、

どう対処すればいいのか、また今後のお中元のお付き合いについて

詳しくご紹介します。




スポンサーリンク






お中元の時期はいつ?

スーパーやデパートで「お中元の送料無料!」といったお知らせを見て

準備しないと、と思い出す人がほとんどではないでしょうか。

毎年決まり事のようにお中元を贈っていたけれど、

その贈る期間がいつからいつまでなのかちゃんと知らないままでいませんか。

 

実はお中元は地域によって贈る時期が決まっています。

ただし自分が喪中になった時や相手が喪中の時、

また家庭の事情などでお中元の時期が過ぎてしまうといったことがあり得ます。

さらに結婚などで事情がよく分からない場合にも、注意が必要ですので

まずは一般的なお中元の時期を詳しくご紹介します。

 

お中元の時期は地域によって違いがある

お中元とはお盆に親や目上の方など、お世話になっている相手に贈り物をする風習です。

そのため、一般的には7月1日から15日頃までに贈ることになっています。

 

ただし関西では7月15日から8月15日頃までとなっています。

これは関西では旧暦で今も年中行事をおこなっているためで、新暦でおこなっている

関東は月遅れとなっているのです。

 

ただ地域によってはそれ以外の期間がお中元を贈る時期となっているところもあります。

 

・北海道 7月15日から8月15日

・北陸 7月のはじめに贈るところと、7月15日から贈るところに分かれる

・九州 8月1日から15日

・沖縄 旧暦の7月15日まで

 

沖縄の旧暦は毎年変わりますが、旧暦の7月15日に届くようにすることがほとんどです。

 

お中元を贈る時期は早くなる傾向にある

お中元を贈る時期は、関東や関西でも贈り始める時期や期間に違いがあります。

ただ関東ではお中元を贈る期間が他に比べて短いことから、

6月の下旬からお中元を贈るという人が増えてきています。

 

また関東や関西などに支店があるデパートなどは、販売時期の足並みを

揃えるところも増えてきており、関西地方でもお中元を出す時期は

早くなる傾向にあります。

 

北海道や九州といった、比較的お中元のやり取りが遅い地域でも、

7月中にお中元を贈るといった傾向になりつつあります。

そのため、お中元を贈り始める時期については、それほど神経質に

なる必要はあまりありません。

 

ただしお中元を贈るのは、関東なら7月15日、関西なら8月15日まで

ということを忘れないようにしましょう。

この日を過ぎてしまうと、お中元ではなくなってしまうのです。

 

年配の方に贈るお中元でおすすめしたいのがこちらのお茶漬けのセットです。

お茶もセットになっていますが、なんといっても具がしっかり入っていて

びっくりするような豪華さです。

ご家族の人数に合わせて食数が選べます。




スポンサーリンク






お中元を贈る時期が過ぎた!遅れた場合の対処法は?

お中元はお盆の時期にお世話になった、今生きている人へ感謝の気持ちを

贈り物として届ける風習です。

そのため、地域によっては7月15日、もしくは8月15日を過ぎると、

お中元というのしは使えなくなります。

 

なかなかデパートに行ってお中元を注文する時間が取れなかった、

また不幸があってそちらに手を取られていた、など様々な事情から

お中元の期間に相手に贈ることができないといったことは

十分にあり得ることです。

 

また喪中でもお中元のやり取りは問題ないとされていますが、

49日を過ぎるまでは贈ってはいけないとされています。

これは亡くなった方が極楽に行くまで、7回裁きを受けなければならないため

遺族もそれに合わせて供養をおこなわなければならないためです。

 

もしお中元の時期が49日にかかっていたら、

贈る用意をしていても、相手に届けることができません。

また自分が喪に服す立場になっても、

49日を過ぎるまではお中元を贈ることができません。

 

この場合は、贈るものののしを変えて贈ります。

お盆を過ぎているわけですから、「暑中お見舞い」となります。

目上の方に贈る場合には、「暑中お伺い」となりますので、注意しましょう。

 

ただし「暑中お見舞い」や「暑中お伺い」をのしで使えるのは、立秋までです。

立秋は年によって日付が前後しますが、8月の7日から8日頃です。

立秋を過ぎると、「残暑お見舞い」となります。

目上の方に対しては「残暑お伺い」となりますので注意しましょう。

 

関西地方では8月15日まではお中元で大丈夫ですが、

この時期を過ぎると立秋も過ぎていますので、「残暑お見舞い」となります。

 

お中元に贈るなら夏の暑い時期にうれしいゼリーがおすすめです。

年齢を問わず喜んでいただけますし、賞味期限が比較的長いのでおもてなしにも

食べてもらえます。

フルーツの定番のお店なので、喜んでもらえること間違いなしの商品です。




スポンサーリンク





関連記事:ピン札はどこで用意する?土日の場合はどうする?

お中元を贈るのが遅れた場合は贈らない方がいい?お中元はやめてもいいの?

本来、お中元はいただいたら礼状を出すのがマナーです。

ただ最近ではお中元をいただいたら、同じようにお中元でお返しをする

といった人が増えています。

 

そのため、お中元の時期にお返しが間に合わないといったことも増えてきています。

お中元をいただいてお礼状もなし、電話でのお礼もなし、となるとマナー違反ですが、

お中元の時期も過ぎてしまうのに無理にお返しをするべきなのか

悩んでしまいますよね。

今後のためにも、お中元が間に合わない時にどうするべきか対処法をご紹介します。

 

今後もお付き合いを続けたい相手の場合

お礼を必ず伝えるようにし、お返しを贈ります。

時期が遅くなった場合は、暑中見舞いや残暑見舞いとしてお返しを贈りましょう。

来年からはこちらからもきちんとお中元の時期に合わせて

贈るようにします。

 

ただしお中元を贈り始めた場合は、その後も贈り続けるのがマナーですので、

よくよく考えて対応をするようにしましょう。

 

一時的なお付き合いやお礼だった場合

仕事でのお付き合いがあった、またお祝いなどをあげたお礼として、

お中元をいただく場合もあります。

今後もお付き合いはすると分かっている相手でも、

自分はお中元はしない、と決めているのであれば無理にお返しをすることはありません。

 

この場合には、お礼状を書くようにしましょう。

お中元をいただいたことへ対するお礼と、お中元はしないことにしていることを

伝えれば問題ありません。

お中元やお歳暮のやり取りが、

お互いの負担にならないようにするのも気遣いとなります。

 

異動や転勤などでできればお中元をやめたい場合

お中元の時期に間に合わなかったことを口実に、

突然お中元を贈るのをやめてしまうのはマナー違反になります。

ただ転勤や異動などで、実際のお付き合いがほぼなくなったのに

お中元を贈り続けるのはどうかな、と思いますよね。

 

この場合は段階を踏んで、やめていく方向に持っていくようにしましょう。

お中元とお歳暮を贈っている場合は、お歳暮だけにする、

その次は少し金額のランクを落とす、そして暑中見舞いや年賀状だけにする、

と少しずつ距離を取っていくようにします。

 

そういった対応は相手にも伝わりますし、

失礼なくお中元をやめるきっかけとなりますので、お付き合いを整理したいと

考えているのならそういった方法もあるということを覚えておきましょう。

 

お中元を贈っても、相手が必ず喜んでくれるものであるかどうかは

贈ってみないと分からないこともあります。

家族構成や好みが分からない場合には、こちらのようなカタログギフトが

おすすめです。

こちらのギフトはナチュラルにこだわった商品が揃っていますので、

アレルギーなどが心配な方も安心して選べますよ。




スポンサーリンク





関連記事:天赦日は財布や宝くじの購入に最強?2018年はいつなの?

最後に

お中元を贈る時期や、時期に遅れた時の対処方法についてお伝えしました。

いかがだったでしょうか?

 

お中元をいただくのはうれしいものですが、

贈っていなかった方からいただいた場合や、すぐにお中元の時期が過ぎてしまい

贈るのが間に合わなかった場合には、どうすればいいのか頭が痛い問題ですよね。

 

せっかくの相手の好意ですから、失礼のないようスマートにお礼を

伝えるようにしましょう。

またお中元やお歳暮のやり取りをやめるきっかけが見つからないまま

贈り続けている方も少なくありません。

 

そういった場合には、無理をせず少しずつ贈る機会や

贈るものを減らしていき、お互いに負担にならないお付き合いにしていきましょう。





スポンサーリンク


サブコンテンツ