土用の丑の日の由来や起源!うなぎを食べるのはいつから?

夏になるとよく商店街やスーパーなどで見かける

「土用の丑の日」ののぼり旗。

この旗を見ると、うなぎが食べたいなぁ~という気持ちになりませんか?

そして夏なんだなぁと季節を感じる一時でもありますよね。

 

しかし、なぜ土用の丑の日にうなぎを食べるんだろう・・・と

疑問に思ったことはありませんか?

そこで今日は、土用の丑の日の由来や、いつからうなぎを食べるようになったのか

を詳しく解説してみたいと思います!

 

そしてお家でも美味しくうなぎを食べる方法もご紹介しますので、

ぜひ参考にしてみてくださいね!




スポンサーリンク






土用の丑の日の由来や起源って?いつからうなぎを食べてる?

そもそも「土用の丑の日」と聞いて、

「土用」や「丑」の意味をすぐに答えることができますか?

まずはこの土用の丑の日の由来から紐解いてみましょう!

 

まず土用というのは、中国の五行説という考え方に由来しています。

五行説とは、世の中の物事の全てが木・火・土・金・水の5つの要素で成り立つ

という考え方です。

それを季節にも割り振ったところ、ご存知のように季節は4つ。

 

木=春、火=夏、金=秋、水=冬として、土が余ってしまいました。

そこで、土は全ての季節に存在するとし、各季節の最後の18~19日を「土用」

としたことが、この日付の起源とされています。

 

ということは、土用は全ての季節にあるのでは?と思った方は鋭いです!

現在、土用は夏がメインですが、

本来は全ての季節にあるものなんですよ。

 

そして次に「丑の日」の丑というのは、十二支の丑のこと。

年を数えるときに使うイメージがありますが、十二支は方角や月、日にちを

数えるときにも使われているのです。

ということは、丑の日は12日周期でまわってくるというこになりますね。

この夏の土用と丑の日が重なった日を、土用の丑の日としているのですね!

 

そのため、暦の都合では夏の土用の丑の日は2回ある年もあります。

その場合には、最初を一の丑、

2回目を二の丑という風に表現することもあるんですよ。




スポンサーリンク






それではいよいよ、土用の丑の日に

うなぎを食べるようになった習慣について見ていきましょう!

(このうなぎの説には諸説あるとされていますが、通説とされているものを

ご紹介します)

 

土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのは、江戸時代中頃に

地質学や蘭学、医学の分野で活躍した平賀源内が発祥とされています。

 

事の始まりは、商売がうまくいかないうなぎ屋が、

夏に売れないうなぎを何とかできないかと源内のもとに相談に行ったそうです。

そこで源内は、「本日丑の日」という張り紙を店先に貼る事を提案します。

するとそのうなぎ屋は大繁盛し、それを見たほかのうなぎ屋も真似をするように。

それを機に、土用の丑の日にうなぎを食べる習慣が定着したと言われています。

 

ということは、うなぎを食べる習慣は江戸時代からあったということですね!

こんなに古い習慣が現代にも引き継がれていると思うと、

些細なことかもしれませんが大切にしたい文化のひとつです。

 

また、一説によると丑の日に「う」が付くものを食べると夏バテしないという

風習があったとも言われており、うなぎ以外だと瓜や梅干し、うどん、馬、牛

などを食べる習慣もあったと言われていますが、これは現在ではあまり見られません。

 

うなぎにはビタミンA・B群が豊富に含まれているため、夏バテや食欲減退防止の

効果が期待できるとされています。

しかしながら、現代ではうなぎ以外にもっと栄養価の高い食べ物があるため

そこまで効果は見込めないとも言われているようです。

 

現代の土用の丑の日に関しての動きは、うなぎの養殖業者が中心となって

夏の丑の日以外にも、うなぎを食べてもらいたいという

商業的な目的もあると言われています。

 

先にご紹介したように、土用というのは季節の変わり目にあたるので

栄養価の高いうなぎを食べて、元気になろうという趣旨に妥当性があるため、

近年ではスーパーだけでなく、コンビニなどでも

こういった動きが盛んになっているようですね!




スポンサーリンク





関連記事:風水でやってはいけないダメ・NGなことまとめ!

美味しいうなぎの食べ方が知りたい!食べ合わせは気にした方がいい?

うなぎと言うと、どうしても高級品のイメージがあり

家族みんなでうなぎ屋さんに行くのは予算的に

ちょっと抵抗があったりもしませんか?

 

そんな時には、家で食べることになりますが、

近所に昔ながらの魚屋さんなどがあり、うなぎの蒲焼を買ってこられるような

環境があるといいのですが、そうでないことのほうが多いですよね。

ほとんどの場合はスーパーで買ってくるのが、お値段的にも多くなりますよね。

 

スーパーなどで購入したものだと、やっぱりお店のうな丼のようには

いかないなぁと不満を持っている方も多いのではないでしょうか?

ですが、それも少しの手間をかけるだけでお家のうな丼のレベルがグンと

アップしますよ!

ぜひ、こちらの真空パックのうなぎを美味しく食べる方法を実践してみてください!

 

なんとこの3ステップで焼きたての香ばしいうなぎを味わうことができるんです!

1、人肌くらいになるまでお湯で温めます。(湯せんにかけます)

2、半分の大きさに切って、予め熱しておいた網にのせます。

3、身の表面が泡立つまで、中火~強火にして魚焼き網で焼きます。

 

真空パックでないうなぎを使うときには、1の行程は湯せんではなく

弱火で柔らなくなるまで温めればOKですよ!

さらに念入りにしたい時には、3の行程のあと一度タレにつけて

軽く炙るとさらに香ばしさが出ますよ。

この手順を行っている間に、ご飯には満遍なくタレを絡ませておけば完璧です。

 

これで、家族みんなで美味しいうな丼を食べられますね!

 

コンロに直火で焼き網を置くと、脂の多い食材の場合はあとの片づけが大変。

片付けのことを考えると、網を使った調理を倦厭しがちですよね。

しかし、こういったロースターがあれば料理の幅がかなり広がります!

 

サンマ4匹を同時に焼けるワイドタイプで、しかも分解できるので

お手入れも簡単で、いつも衛生的です。

うなぎだけでなく、焼き鳥の温めなおしや、焼きとうもろこしなど

いろいろなメニューを自宅で楽しめますよ!

 

うなぎの食べ方にこだわったら、山椒にもこだわりたいですよね!

爽やかな山椒の香りで、うなぎをさっぱり食べたい時におすすめです。

こちらはメディアでも紹介されるほどの人気商品です。

 

うなぎだけでなく、麻婆豆腐や天ぷらなどにも相性バツグンなので、

1つあると家庭で本格的な味を楽しめますよ!

 

ところで、うなぎというと食べ合わせが気になると

言う方もいるのではないでしょうか?

一番よく言われているのが、梅干しとの食べ合わせですね。

 

結論から言うと、うなぎと梅干しの食べ合わせが悪いと言うのは

まったくの迷信です!

むしろ医学的根拠から言うと、梅干しは胃酸を濃くさせる働きがあり

油分の多いうなぎの消化を助ける効果があるので、好ましいとさえされています。

 

うなぎも梅干しも食欲を増進させる食べ物なので、食べすぎを防ぐための意味や

高価なうなぎを食べ過ぎないようにという戒めの意味で、

こういった根拠のない言い伝えが生まれたのではないかと考えられています。

 

そのため、現代では全く気にする必要のない言い伝えです。

ちなみにうなぎは栄養価の高い食品ではありますが、ビタミンCが不足しがち。

そのためピーマンやブロッコリーなど、野菜の中でもビタミンCが豊富な食材を

使った付けあわせと食べると、栄養のバランスが良くなりますよ!




スポンサーリンク





関連記事:蚊の対策!寝るときはどうする?部屋に蚊がいるときの対処法!

最後に

いかがでしたか?

土用の丑の日について詳しくなったのではないでしょうか。

昔からスタミナが欲しいときの食べ物として、

うなぎは優秀な食材だったということですね!

 

今回ご紹介した方法を使えば、自宅でも本格的なうな丼が楽しめます。

どうしても食欲が落ちてしまう夏の時期に、

美味しいうなぎを食べて夏バテを回避しましょう!



スポンサーリンク

サブコンテンツ