土用の丑の日のうなぎ以外の食べ物!土用卵・土用餅・土用しじみとは?

毎年夏の暑い時期になると、夏バテ防止のために土用の丑の日にうなぎを食べよう!と

おすすめするポスターをスーパーでよく見かけますよね。

 

夏の土用は一年のうち、最も暑い時期にあたり、

昔からこの日には薬草をお風呂に入れたり、お灸をすえたりして

夏バテ予防や病気にならないように対策をしていました。

 

また土用の丑の日には、「う」のつくものを食べることで

疫病退散や厄除けになるという言い伝えがありました。

そこで栄養が豊富なうなぎを、この日に食べるという風習が今に伝わっています。

 

しかし最近では土用の丑の日には、うなぎだけではなく

土用卵や土用餅、また土用しじみを食べようという話も聞きます。

この土用卵や土用餅、土用しじみとは一体どんなものなのでしょうか。

詳しくご紹介します。




スポンサーリンク






土用の丑の日になぜうなぎを食べるの?

土用の丑の日にはうなぎを食べよう!

そんなチラシやポスターを見ると、ついついうなぎを買ってしまいますよね。

ただどうしてうなぎを食べるの?と子供に聞かれて

「あれ?どうしてだっけ?」となったことはないでしょうか。

 

土用とは暦の上で、立夏、立秋、立冬、立春、の直前の18日間のことです。

中国で古くから伝わる五行説では、世界のあらゆるものは、火、水、土、木、金の

5つの元素からなっているという考え方をしています。

季節も5つの元素からなっているとされ、春は「木」、夏は「火」、秋は「金」、

冬は「水」、残る「土」は季節の変わり目にあてはめられて考えられています。

 

ただしこれらの暦は、昔の月の動きで定められた旧暦によるものなので、

現在の太陽の動きで見る新暦では、毎年土用の日付が変わります。

さらに昔は毎日の日付に十二支が割り当てられていたので、

秋になる立秋の前の18日間の中で、丑の日にあたる日が

「土用の丑の日」とされました。

土用の丑の日が現代では年によって夏に2回あるのは、そういった理由があるのです。

 

そして土用は夏だけでなく、季節ごとにあります。

昔この季節の変わり目には、病気や厄災など悪いことが起きやすいと考えられ、

病気や怪我をしないように滋養のあるものを食べたり、厄払いをしたりしました。

 

実は夏の土用の丑の日に、うなぎを食べるという風習が定着したのは

江戸時代のことです。

 

夏に売り上げが落ちて困っていたうなぎ屋は、

当時蘭学者として有名だった平賀源内に相談しました。

源内は「本日丑の日」という看板を作り、うなぎ屋にそれを店先に出すよう言いました。

さらに土用の丑の日にうなぎを食べると夏バテしない、とうなぎ屋に宣伝させたのです。

その宣伝でうなぎ屋は大繁盛したと伝えられています。

 

そのため、土用の丑にはうなぎを食べよう、という風習が江戸の町に定着し、

今に続いています。

ですがあくまでもこれはうなぎ屋の宣伝であり、

実際にはうなぎの美味しい季節は冬だということが明らかになっています。

これは冬眠に備えて栄養をため込むためです。

 

ただし天然のうなぎは減少の一途をたどっており、絶滅の危機にあります。

そのため養殖のうなぎの研究が進められていますので、

うなぎの旬というものは将来的にはなくなると考えられています。




スポンサーリンク






土用の丑の日にうなぎを食べなくてもいい?うなぎ以外の食べ物とは?

実は土用の丑の日にうなぎを食べなくてはいけないということはなく、

夏バテしないために滋養のあるもの、食べやすい物を食べる風習から

「う」のつくものを食べるといいとされていました。

 

よく食べられていたのが、口の中をさっぱりさせてくれる梅干し、のどごしが良く

食べやすいうどん、そして体の熱を下げてくれ、水分も多いうりなどです。

うなぎは後付けですが、「う」のつくものでしたので、土用の丑の日の

食べ物として定着しましたが、地域によっては「う」のつく食べ物以外にも

土用の丑の日に食べるように伝えられてきた食べ物があります。

 

昔は今と違い、衛生状態もよくなく、特に梅雨が明けてから暑い夏になる

季節の変わり目には伝染病が流行ったり、災害が起きたりしました。

そのため夏を乗り切るための知恵として、様々な滋養のある食べ物が

考えられてきたのです。

 

「う」のつく食べ物には、以下のものがあります。

うるめいわし ビタミンやカルシウムが豊富

牛肉、馬肉 良質のたんぱく質が滋養強壮になる

うに 肉に多く含まれるビタミンB12が貧血予防に効果がある

その他、うり科のキュウリやうずらの卵などもあります。

 

さらに土用の丑の日には、丑の方角を守る玄武という神様を象徴する色が

黒であったことから、黒いものを食べると身を守ってもらえるとも人々は考えました。

そのため、黒豆や黒ごま、黒鯛やなすも食べるといいとされています。

土用の丑の日のうなぎ以外の食べ物!<土用卵>

実は土用の丑の日には、うなぎ以外にも

ずっと食べるとよいとされて伝えられてきた食べ物がいくつかあります。

その一つが土用卵です。

 

土用卵とは、土用の時期ににわとりが産んだ卵のことです。

卵は一つで人間が必要な栄養素を丸ごと含んでおり、

昔から滋養強壮のために卵を食べると体にいいと伝えられてきました。

 

ただ現代ではにわとりは養鶏場で一括管理されているため、

土用の間に産んだ卵かどうかは確認が難しいのが現状です。

可能であれば近くにある養鶏場などに、直接行って購入するのが一番ですが、

なかなか難しいですよね。

 

卵はそれだけでも十分に滋養がありますが、

自然の状態で飼われた卵を土用の丑の日に家族で食べてみてはいかがでしょうか。

 

こちらの卵は、自然な形で放し飼いしたにわとりに、

自家製の飼料を与えて育てて産んでもらったもの。

人工的な着色や、洗剤を使った洗浄などをおこなわずに

自然そのものにこだわった卵です。




スポンサーリンク





土用の丑の日のうなぎ以外の食べ物!<土用餅>

土用の丑の日に食べる物として、関西に多く伝わっているのが

土用餅です。

 

いわゆる餅をあんこで包んだあんころ餅ですが、

京の宮中で貴族たちが土用の入りに味噌汁に入れて食べていた丸めた餅を

小豆あんで包んで食べるようになったものです。

 

餅には力をつけてくれるパワー、そして小豆は古くから厄除けとして

儀式に使われたものであることから、

2つを合わせた土用餅には、病を祓い、夏を乗り切る体力がつくとして

食べられ続けてきたのです。

 

土用餅を食べる風習は、関西の他、北陸の金沢を中心に今も残っています。

 

こちらの土用餅は、滋賀の雪姫羽二重粉と北海道の小豆を使った

こだわりの一口サイズです。

口当たりが良く食べやすいので、家族全員で食べられるこちらのまとめ買いが

お得でおすすめです。

関連記事:バーベキューの炭の片付け方や消し方!再利用や処分時の注意点についても詳しく解説!

土用の丑の日のうなぎ以外の食べ物!<土用しじみ>

土用の丑の日に食べる物というと、うなぎがよく知られていますが、

昔から土用の丑の日に食べる物としては、土用しじみが広く食べられていました。

しじみには年2回旬があり、冬は「寒しじみ」、夏は「土用しじみ」と

呼ばれていてどちらも滋養がたっぷりあります。

 

またしじみは良質のたんぱく質やアミノ酸、

貧血予防に必要な鉄分やビタミンB12が豊富に含まれているだけでなく、

肝臓の薬と呼ばれるしじみにはオルニチンが豊富です。

 

オルニチンはアミノ酸の一種で、肝臓でアルコールの分解や

アンモニアを解毒する際に必要となる成分です。

オルニチンを取り入れることで、二日酔いを改善し肝臓の負担を

やわらげてくれます。

 

さらにしじみは疲労回復に役立つタウリンも豊富で、

疲れやすい夏の体を助けてくれる心強い食べ物なのです。

 

しじみはいくつか種類があるのですが、

こちらで取り扱っているのは日本固有のしじみである大和しじみです。

日本でも有数の産地である宍道湖のしじみを

砂抜きした上で冷凍してありますので、身までしっかり味わえます。

 

しじみは汁だけ飲めばいいという方もいますが、実はしじみは

身の方にたくさんの栄養が含まれています。

ぜひこちらのしじみで美味しい身もしっかり食べてみてはいかがでしょうか。




スポンサーリンク





関連記事:バーベキューの火起こしの時間やコツは?着火剤なしの場合はどうする?

最後に

土用の丑の日にうなぎを食べるようになったその由来と、

うなぎ以外に食べるものをご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

うなぎは元々うなぎ屋さんの宣伝だったということにも驚きですが、

土用の丑は年4回あるということをご存じなかった方も

多いのではないでしょうか?

 

近頃では夏以外の土用にもうなぎを食べよう、といった

宣伝もされるようになっているようです。

うなぎ以外にも、ナマズや鯉などを蒲焼きにして販売するお店も増えてきています。

 

土用の丑の日の元々は、「夏バテに負けないようしっかり食べよう」ということなので、

うなぎにこだわらず、今回ご紹介したものもぜひ食べてみてくださいね。



スポンサーリンク

サブコンテンツ