インフレとデフレの意味や違いとは?簡単にわかりやすく解説!

「インフレ」、「デフレ」という言葉はニュースなどでもよく聞きますが、

その意味や違いについてよく理解しないまま聞いている人も実は多いと思います。

しかし、わからないままでは一般常識的にも恥ずかしいですし、

その状況に合わせたお金の使い方を考えなければ、損をしてしまうこともあります。

 

そこで今回は、インフレ、デフレの意味や違いについて解説していきます。

簡単にかみ砕いてわかりやすく解説していますので、

難しい話は苦手だ、という方でも最後まで読んでいただけると思います。

これまでなんとなくで使っていた方も、

この機会にしっかり意味と違いを覚えてしまいましょう。




スポンサーリンク






インフレってどういう状態?簡単にわかりやすく意味を解説!

インフレはインフレーションの略で、

簡単にわかりやすく言えば「物価が上昇している」状態のことを指します。

しかし「物価が上昇」と一口に言っても、例えば漁獲量が下がったから

一時的にマグロの値段が上昇したというのはインフレとは言いません。

社会全体の物価が上昇している状態のことをインフレと言うのです。

 

インフレが起こると、お金の価値が相対的に下がっていきます。

前までは100円で買えていた物が200円に上がってしまうと、

相対的に見ればお金の価値が半分になった、と言えますよね。

 

では、このインフレはなぜ起こるのかをわかりやすく見ていきます。

インフレの要因はモノの流通に対して

お金の流通の方が多くなることが一番に挙げられます。

例えば、減税や社会保障の充実などに政府が動き出すと、

消費者の手元にお金が残りやすくなり、みな余裕を感じて消費活動に拍車がかかります。

そうすることでお金はどんどん流通していき、インフレが進むのです。

 

他にも、金融政策によって金利を下げることでお金を借りやすくすると、

一気にお金の流通速度が上がりますし、

インフラ建築などの公共事業に力を入れると

その関連事業に努めている方たちの収入が増え、

消費活動が活発になりインフレが進みます。

 

物価が上がり、消費活動も活発化するインフレの状態では、

企業が潤いやすく、それが給料にも反映されるのでさらに消費活動が刺激されます。

そうした波に乗って、インフレはどんどん進んでいくのです。

 

ただ、インフレも行きすぎてしまえば経済活動の破綻を迎えます。

バブル崩壊、という言葉を聞いたこともあるかと思いますが、まさにその状態です。

インフレ前は100円で買えていたモノが、1万円、10万円と異常に価値が高まると

さすがに消費者たちも消費活動が困難になってしまいます。

誰もモノを買わなくなれば企業にお金が入ってこなくなるので、

一気にこのスパイラルは崩壊してしまいます。

 

理想的な状態は、緩やかなインフレと言うことです。




スポンサーリンク






デフレってどういう状態?簡単にわかりやすく意味を解説!

デフレはデフレーションの略で、簡単に言えばインフレの逆の状態を指します。

物価が下がり、お金の価値が上昇しているということです。

 

起こる要因も逆で、お金に対してモノの流通が多くなってしまうことで起こります。

需要よりも供給が多くなると、市場にモノが余ります。

その余ったモノを売ろうとすれば、やはり価格を下げるしかありません。

そうなれば、企業の利益はどんどん下がり、従業員への給料も下げざるを得なくなります。

給料が下がればますます消費活動への動機がなくなりますので、

より市場にモノが溢れてしまうのです。

 

物価が下がるならデフレ万歳!などと暢気なことを言ってはいられないのです。

一度このデフレスパイラルに入り込んでしまうと、

抜け出すのは容易ではありません。

デフレは時間が解決する問題ではなく、

誰かが多額の費用を掛けてむりやり歯止めを掛けなければならないからです。

個人や企業がいくら頑張ったところで、社会全体の景気を動かすことはできません。

 

デフレからの脱却をするには、国の力が不可欠です。

例えば、公共事業の促進などが挙げられます。

インフレのところでも簡単に触れましたが、

国が税金でこれらの関連企業に投資をすることで、

巡り巡って消費活動を促進することができるのです。

 

デフレは、短期的に見ればモノが安くなって嬉しい、と思えるかもしれませんが、

実は放っておくと泥沼化してしまう危険な状態であるということです。

しかし、日本はバブル崩壊からずっと緩やかなデフレのなかにいます。

政府もさまざまな対策を講じていますが、なかなか抜け出せないでいます。

いかにデフレ脱却が難しいかがわかりますよね。




スポンサーリンク





関連記事:ピン札はどこで用意する?土日の場合はどうする?

インフレとデフレの違い!メリットとデメリットを解説!

インフレとデフレについて簡単に解説していきましたが、

なんとなく「インフレは良いこと」、「デフレは悪いこと」

というイメージが付いていると思います。

確かに、日本という国全体で見ればその通りなのですが、

各個人の目線から見ていくと、一概にどっちが良いとは言い切れない現実もあるのです。

 

ここからは、もう少し局所的にインフレ、デフレの

メリットとデメリットについて見ていきます。

 

まずはインフレのメリットとデメリットについてです。

インフレにおける一番わかりやすいメリットは、

物価が上昇して企業が潤うことで給料が増えることです。

加えて、お金の価値が下がることで相対的に土地の価値があがるので、

土地を持っている方にとっても大きいメリットがあります。

 

また、インフレでも借金は値上がりしないので、

収入が増える分借金(ローン)の返済も捗ります。

意外かもしれませんが、インフレは借金のある人にとってもメリットがあるのです。

 

逆に、これまで貯金をしていた方からすれば、

どんどんお金の価値が下がってしまうので、せっかくの貯金の価値も下がってしまいます。

またどんどん物価が上昇するので、

モノを売る側は「もう少し待てばさらに物価(利益)が上がるぞ」と考え、

意図的に販売数を制限する売り渋りが起こります。

買い物する側にとっては、市場にモノが足りなくなるというデメリットがあります。

 

デフレのメリットとデメリットは、基本的にはインフレと逆になります。

相対的にお金の価値が上がっていきますので、

貯金をしている人にとってはメリットになります。

例えば、現在1万円で買えるモノが翌年9千円になったとすると、

簡単に言えばお金の価値が10%上がったのと同じ状態です。

どんな銀行に預けていても、そんな金利はつきません。

デフレが続いている間は、使わずに持って置くことがメリットと考える人が増えるのです。

 

また、借金に関しては給料が減って返しにくくなりますので、

デメリットの面が大きくなります。

 

インフレ貧乏にならないための資産防衛術

現在まで20年にもわたるデフレが終わりを迎えてインフレになったとき、

自分の資産をどう運用していくのが正解なのかがわかります。

インフレは一度回り始めると経済状況が一変する可能性を秘めています。

乗り遅れないためにも、今のうちから方針を固めておくのが賢い選択です。

 

インフル時代に備える資産形成 お金のプロが教える!

1万人もの方が受講した大人気セミナーが待望の書籍化となりました。

経済情勢から年金、インフレ時の不動産に関するお話などが

わかりやすくまとめられています。

非常に読みやすいので、ぜひ一度読んでみて下さい。




スポンサーリンク





関連記事:領収書の書き方!個人や手書きの場合は?印鑑は必要?

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回はインフレ、デフレの意味と違いを簡単にわかりやすく解説していきました。

「デフレ脱却」という言葉があるように、一般的にはデフレは良くないこととされています。

しかし、インフレでもデフレでも、

個人レベルで見ればそれぞれメリット、デメリットがあるのです。

 

特に、貯金や借金(ローン)という面では、多くの人が関わっていることと思いますので、

インフレ、デフレの意味と違いをしっかり理解して、

なるべく損をしないように行動しましょう。



スポンサーリンク

サブコンテンツ