82円切手で送れる封筒サイズは?a4なら何枚送れる?

25g以内であれば、郵便局では82円切手で封筒を送る事ができます。

ですが、大きすぎる封筒は例え25g以内でも82円切手では送れません。

また中に入れるのは書類などの紙がほとんどですが

紙は軽いものの、入れすぎて重量オーバーという事も実際あります。

 

そこでここでは、82円切手で送れる封筒サイズや

a4用紙だと何枚送れるのかを説明します。

 

「封筒を買ったけどこのサイズって82円切手使えるのかな?重さは大丈夫かな?」

と思う方はぜひ参考にしてくださいね。




スポンサーリンク






封筒サイズは2種類ある

まず基本的な事を説明しますと、

郵便局で送る書類などを入れる封筒のサイズには以下の2種類があります。

 

定形郵便物

定形外郵便物

 

82円切手が使えるのは、定形郵便物の方です。

 

定形郵便物の規定は、以下のようになっています。

・重さ→50g以内

・縦→23.5cm以下

・横→12cm以下

・幅→1cm以下

 

そしてこの規定の中でさらに

 

・重さ→25g以内

 

であれば、82円切手を使う事ができます。

もし長さが定形郵便物の規定内のものでも、

重さが25gより重ければ、50g以内であれば92円切手が必要になります。

 

またサイズが少し大きくなる定形外郵便物は

定形郵便物より大きなものを送る場合の規定なので、

当然82円切手だけでは足りません。

 

ですから、82円切手で封筒を送りたい場合は

定形郵便物のものを選ぶようにしましょう。

 

また、定形外郵便物以上の大きさとなると封筒ではなく、

ゆうパック・レターパックのような小包扱いになります。




スポンサーリンク






82円切手で送れる封筒サイズは?

ところで、定形郵便物のものを選ぶようにと言われても、

封筒には色んな種類があって82円切手だけで済む定形郵便物も

それ以上の値段がかかる定形外郵便物も一緒に売られています。

 

一体どの封筒のサイズが定形郵便物なのでしょうか。

そこでここでは、一般に売られている定形郵便物の封筒サイズを紹介します。

 

封筒サイズには一般的に

長形(なががた)・洋形(ようがた)・角形(かくがた)の3種類があります。

 

長形は縦長に折り曲げて入れる封筒です。

縦書きに書いた手紙を入れる時などに使います。

 

洋形は逆で、横に折り曲げて入れる封筒です。

横書きの手紙やダイレクトメールに多い封筒ですね。

 

角形は正方形に近い形で、書類を折り曲げずに入れるような幅広の封筒です。

履歴書や大事な書類を送る時に使われる封筒です。

 

それぞれに定形郵便物になるものとならないものがありますので、

ひとつひとつ見ていきます。

 

  • 長形封筒の定形郵便物サイズ

長形封筒で送れるサイズはこちらのサイズです。

 

・長形3号(120×235)

・長形4号(90×205)

・長形5号(90×185)

・長形30号(90×225)

・長形40号(92×235)

 

  • 洋形封筒の定形郵便物サイズ

洋形封筒で送れるサイズはこちらのサイズです。

 

・洋形1号(120×176)

・洋形2号(114×162)

・洋形3号(98×148))

・洋形4号(105×235)

・洋形5号(95×217)

・洋形6号(98×190)

・洋形7号(92×165)

・洋形長3号(120×235)

・洋形長4号(90×205)

 

  • 角形封筒の定形郵便物サイズ

角形封筒で送れるサイズはこちらのサイズです。

 

・角形8号(119×197)

 

以上が定形郵便物の封筒サイズになります。

これ以外の号の封筒は定形外になってしまいますので、注意してくださいね。

 

また長形、洋形と言ったものはあくまでも標準サイズになります。

おしゃれ雑貨屋などで売られているレターパックに入っている封筒の大きさは

それに準じたやや小さい、やや大きいなど若干違うサイズである事も多いです。

 

ですが、レターパックと書いてあるものは82円切手で済むサイズものがほとんどですので

「このレターパックのサイズは長形・洋形・角形の

どの号数にも当てはまらないサイズをしているから使えない!?」

と思ってしまった方、安心して大丈夫ですよ。




スポンサーリンク





82円切手でa4なら何枚送れる?

さきほどの情報に合わせたサイズの封筒を購入したとしても、

82円切手だけでOKなのは「封筒の重さも含めて25g以内」です。

 

勿論手紙や書類をたくさん入れれば超えてしまう事もあり、

オーバーすれば返送されるか受取人である送り先に超過料金がかかります。

 

ですからそうならないように気を付けましょう。

 

では、仮にa4用紙なら何枚くらい送れるのでしょうか。

 

A4のコピー用紙は、1枚約4gです。

ですからa4用紙だけで考えると5~6枚入れた所で規定の25gギリギリになります。

 

実際には封筒の重さもありますから、

それを考慮するともう少し少ない枚数になります。

 

25gという重さがいまいち実感できない方は、硬貨で例えると分かりやすいですよ。

50円玉の重さが4gなので、6枚で24gになります。

ですから

 

・25gは50円玉約6枚分程度の重さ

 

と思っていればいいでしょう。

ちなみに一円玉が一枚1gなので、

それに一円玉を1つ足せばぴったり25gになりますね。

関連記事:返信用封筒の返信の仕方!裏に住所や差出人名を書く?宛名の御中・様の直し方も解説!

定形郵便物のおすすめ封筒サイズは?

定形郵便物の封筒サイズと言っても、たくさん種類がある事が分かりましたよね。

でもその中で、頻繁に使われる封筒というのは限られてきます。

 

では、どんな封筒サイズがよく使われるものなのでしょうか。

封筒は入れるものによって選び方が変わってきますので、

ここでは用途に合わせたおすすめの封筒サイズを紹介します。

 

a4サイズの書類を入れたい

 

残念ながら、a4サイズの紙をそのまま入れる事のできる

定形郵便物はありません。

折らずに送りたい場合は、定形外郵便物用の封筒を使うようにしましょう。

 

定形内封筒を使う場合は、折り曲げる必要があります。

 

書類を折り曲げても大丈夫な場合で

a4サイズをスマートに入れる事のできるおすすめの封筒は

「長形3号」、もしくは「洋長3号」です。

 

どちらもa4サイズの紙を3つ折りにする事でぴったり封筒に入れる事ができます。

 

こちらはテープ付きでのりが不要な上、

白色の封筒なのでどこにでも出しやすく便利ですよ。

 

 

招待状を送りたい

 

結婚式やパーティを開く時、手作りの招待状を作る時がありますよね。

招待状を送る時に便利なサイズの封筒は「洋形1号」です。

 

こちらはさらに招待状の封筒っぽくオシャレにデザインされた封筒になります。

結婚式やパーティなどで招待状を作る場合はかなり雰囲気が出ますので、

ぜひこちらの封筒を使ってみてくださいね。

 

写真を送りたい

 

封筒に写真を入れて送りたいという時もありますよね。

 

写真が入るサイズの封筒はたくさんありますが、

封筒は大きければ大きいほど重くなっていきます。

ですからできればあまり大きくなく、写真が入るちょうど良いサイズがいいです。

 

ところで写真のサイズもたくさんありますが、

よく見る写真のサイズはLサイズと言われる127×89です。

 

このサイズの写真を送るのにおすすめの封筒のサイズは「洋形3号」です。

もし写真を送りたい場合は、こちらの封筒を使ってみてくださいね。




スポンサーリンク





関連記事:返信用封筒とは?サイズや色は?購入場所についても解説!

最後に

封筒を送る時に一番気になるのは重さだと思いますが実はサイズも重要で、

似たような大きさでも少しセンチが多いだけで定形外郵便物扱いになってしまい

82円切手だけでは足りなくなってしまう事があります。

 

封筒を手作りする場合は、サイズもきちんと把握しておきましょう。

 

また規定が決まっている封筒サイズも市販でたくさん売られていますが

色んな種類がありますので、

用途に応じてうまく使い分けられるといいですね。





スポンサーリンク


サブコンテンツ