バーベキューの炭の片付け方や消し方!再利用や処分時の注意点についても詳しく解説!

バーベキューをする時は自分達で片付けまでしますが、

バーべーキューで食材を焼くのに使った「炭」は、どう片付けるか知っていますか?

 

キャンプ場に片付けをしてくれるサポートがあればそれに従えばいいですが、

もしない場合は炭はどう処分すればいいのでしょうか。

また、一度使った炭は再利用できたりしないのでしょうか。

 

そこでここでは、バーべーキューで使った後の炭の片付け方や消し方、

再利用や処分時の注意点について詳しく解説します。

バーべーキューで使った後の炭の後処理が分からない方は、ぜひ参考にしてくださいね。




スポンサーリンク







バーベキューでは炭も片付ける?

バーベキューで食材を焼く時には、炭を使いますよね。

使い終わった後、コンロの中を見ると灰や燃え残った炭が入っています。

 

炭は一見自然ゴミのようなのでそのままコンロごとひっくり返して草地に捨てるとか

袋に詰めてゴミ箱に入れるとかしてしまいそうになりますけど、

それは絶対にやってはいけません。

 

まず炭は非常に安定した物質で言わば化石と同じなので、自然に帰りません。

例え土の中に埋まってもいつまでも残り続けます。

 

また火が消えたように見える炭でも内側が熱を持っていて、

そのまま地面に放置すれば草に火が移り最悪大火事を引き起こしてしまいます。

 

さらにそんな状態で紙や布など燃えやすいものが入っているゴミ箱なんかに

炭を捨てるとどうなるかも想像がつきますね。

 

ですから炭はちゃんとした片付け方法が必要です。

 

キャンプ場によっては片付けサポートがあり

炭はコンロの中に放置したままでOKの所もありますが、

サービスがなく「炭もお客様で処理してください」と明記している場合は

自分たちできちんと処分をしなくてはいけません。

 

後からキャンプ場を使う人の迷惑にならないよう、きちんと処分するようにしましょうね。

 

なお、こちらのサイトではどのバーベキュースポットで

どういうサービスがあるかを簡単に検索する事ができます。

 

炭の片付けが面倒な方は、

こちらで炭の片付けサポートがあるかどうか調べてから

バーベキューをする場所を決めるといいですね。




スポンサーリンク






バーべーキューでの炭の消し方・片付け方

ではここで、一般的な炭の消し方や片付け方を説明します。

 

【炭の片付け方】

まずは、バーベキューが終わった後のおおまかな炭の片付け方の流れを説明します。

 

1.コンロから炭を取り出し、別の場所で炭から熱を完全に取り除く。

※熱が完全に取れない事が多いので、コンロの中で炭を冷やそうとしてはいけません。

 

バーベキュー会場に片付けサポートがあり炭捨て場がある場合は、

→2.炭を炭捨て場に捨てる。

 

バーベキュー会場に片付けサポートがなく、炭捨て場がない場合は

→2.炭を燃えない容器に入れ、持ち帰る。

 

炭を捨てる場合は

→3.後日、家庭ごみとして自治体で定められた方法でごみに出す。

 

炭を再利用する場合は

→3.正しい方法で保管する。

 

これがおおまかな炭の片付け方の流れになります。

 

 

【炭の消し方】

では次に、炭の消し方について説明します。

 

使い終わったばかりの炭は見た目には火がついてなくても

内側が高熱になっている事がほとんどなので

再利用するにしろ処分するにしろ一度完全に熱を取る必要があります。

 

炭の消し方はおおまかに2つ方法があるので、それぞれ紹介します。

 

1.火消し壺を使う。

まず一番簡単なのは、「火消し壺」を使う方法です。

 

火消し壺とは金属でできた缶で、中に炭を入れてフタをし、

空気を遮断しながら冷やす事で炭の熱を冷まします。

 

炭を冷ます専用の「火消し壺」という商品もありますが、

厚めの金属の缶でフタがあるものならそれでも大丈夫です。

 

ただ、しっかり密閉できないといつまでも空気が入ってきて温まったままなので

しっかり閉まるフタがあるものにしてください。

 

火消し壺やその代用品を使う場合は、必ず直接地面に置かないようにしましょう。

高温の炭を入れた火消し壺やその代用品は、それ自体も高温になります。

 

地面に置くと熱が伝わり草やゴミなどに火がついて火事が起こる事があるので、

同じく金属でできた足つき台の上や燃える心配のない安定した石の上などで

冷やしてください。

 

2.水に浸ける

水に浸けるというのは、熱を持っている物を冷ますのには一番確実な方法ですよね。

炭も水につける事で熱を冷ます事ができます。

 

まず、金属のバケツなど燃えない容器を用意し、そこに水を張ります。

 

そしてそこに炭を1つ1つゆっくり入れていきます。

これで炭を冷やす事ができます。

 

ただ、一旦水没させても中心は熱を持ち続けている場合があります。

ですから炭は最低でも30分は浸けっぱなしにしておきましょう。

 

浸けた後は、万が一の発火の防止に備えて

燃えない金属の缶やアルミホイルに包んで持って帰ります。

 

また、バーベキュー会場へ車へ来た方で炭を持って帰る人は

当然炭も車に乗せると思いますが、

人がいない状態で炭を車の中に放置するのはやめましょう。

 

車の中は熱くなりやすく、もし炭の熱が完全に取れていない場合、

暖められて高温になり周囲を発火させて火事を起こす事があります。

バーベキューの炭の再利用や処分時の注意点は?

ではここで、炭の再利用や処分時の注意点を説明します。

 

  • 炭を再利用する時の注意点

炭を再利用する時の注意点ですが

炭を再利用するつもりなら炭の消し方は「火消し壺」を使う消し方で行ってください。

 

水に浸けた場合でもしっかり乾燥させれば再利用する事は一応可能ですが、

炭は一度完全に水で冷ましてしまうと湿気てしまい、

火がつきにくくなったり燃えた時に火の粉が飛びやすくなります。

 

火消し壺なら炭を冷やした後、

それをそのまま炭の保存缶として使う事ができるので片付けの手間も減りますよ。

 

  • 炭を処分する時の注意点

炭を処分する時の注意点ですが、持ち帰った炭の処分方法は自治体によって異なります。

 

だいたいはしっかり冷やせば燃えるゴミとして捨てる事ができますが、

できない所もあります。

 

自分の地域のゴミ分別表を確認して、処分してくださいね。




スポンサーリンク





関連記事:バーベキューの食材ランキング!人気でおすすめの食材をご紹介!

バーベキューにあったら便利なオススメアイテム

 

バーベキューを多人数で行う場合に便利なのが、

こちらのやや大型の火消し壺です。

 

大きめなので炭をたくさん入れる事ができますし、

足つき台がついているので直接地面に置くことがなく

どこでも火消し壺を設置する事ができます。

 

さらにこちらは火起こし器もセットになっているので

バーベキューでひとつの難関とも言われる火起こしも簡単に行う事ができます。

 

バーベキューをする時には色々と手助けをしてくれる頼もしいアイテムですので

多人数でバーべーキューをするのは初めてという方には特におすすめです。

 

数人で集まってバーべーキューをする計画がある時はぜひ使ってみてくださいね。

 

 

こちらはファミリータイプの少し小さめの火消し壺になります。

フタはロック式なので万が一炭を入れた状態で倒してもこぼれる心配がありません。

またハンドル付きなので持ちやすく、持ち運びにも便利です。

 

さらにこちらは見た目もスタイリッシュなので、

バーべーキューで持っていくテンションが上がりますよ。

 

炭を持って帰って再利用する場合にはとても便利な火消し壺なので

家族や少人数で何回もバーベキューをするという場合はぜひ持って行ってくださいね。

 

 

炭の片付け方や消し方が心配なら、「消しやすく片付けしやすい炭」を使えばより安心です。

こちらの炭は「着火がしやすい」・「片付けがしやすい」・「消火がしやすい」と

便利な3拍子が揃った炭です。

 

全て一定の同じ形なので片付けをする時にコンロから取り出しやすく

火消し壺にも入れやすいのが特徴です。

 

また直接火をつければ着火するのでバーベキューで時間のかかる

火起こしもすぐに済みます。

 

火起こしも火消しもスムーズに済むので

バーベキューの準備や片付けに手間取られたくない方はぜひ使ってみてくださいね。

関連記事:バーベキューで子供が喜ぶ遊びや食材は?持ち物やデザートについても詳しく解説!




スポンサーリンク





最後に

バーべーキューの炭は場所によっては

貸し出しから片付けまで全てしてくれる所もありますが、

場所だけを貸し出し、炭の処理も含めて「全て自分で片付ける」という場所もあります。

 

その場合は、炭は元が木という自然物だからと言って

安易にその辺に捨てると火事を引き起こしたり自然を壊したりする事もあるので

きちんとした片付け方や消し方、処分の方法が大事になります。

 

また、きちんと処理すれば再利用も可能なので

事前にしっかり処理の仕方を勉強してからバーべーキューをしましょうね。

関連記事:バーベキューの持ち物!女子や子連れの場合は?あると便利な持ち物もご紹介!





スポンサーリンク


サブコンテンツ