バーベキューの火起こしの時間やコツは?着火剤なしの場合はどうする?

バーべーキューは楽しいですが、

バーベキューをする上でひとつの難関と言われているのが「火起こし」です。

 

普段スイッチをひねるだけで簡単に火や熱を使える私たちにとって、

自力で火を起こすのは少し難しいですよね。

 

でも逆に、バーベキューでさっと火をつけられたら

ものすごくカッコいいと思いませんか?

 

そこでここでは、バーベキューの火起こしの時間やコツ、

着火剤なし場合の火起こしの方法について説明します。

 

「今度バーベキューをする事になったけど、うまく火起こしができるか心配だ」

という方はぜひ参考にしてくださいね。




スポンサーリンク







バーべーキューの火起こしの時間やコツ

ではまず、バーベキューの火起こしの時間やコツについて説明します。

 

まずバーべーキューの火起こしの時間についてですが、

バーベキューでは食材を焼く熱源として炭を燃やして使います。

 

炭というのは一旦燃えると火力が強くしかも長時間続くという利点がありますが

「最初が燃えにくい・加熱に時間がかかる」という欠点があります。

 

バーべーキューの火起こしで時間がかかるのは、この為なんです。

物というのは、「火をつければ一瞬で燃え上がる」というイメージがありますが、

炭はその逆で、火を当ててもなかなか着火しません。

 

慣れている人ならば火起こし自体は2分ほどでもできますが、

あまりバーべーキューをしないという方なら

炭に火がついて食材を焼けるように十分に熱せられるまで

小一時間くらいかかると思っていた方が良いでしょう。

 

ですからもし初めてバーベキューをするなら、

「炭で食材が焼けるような状態になるまで1時間」と考えておいた方が

いいですね。

 

次にバーベキューの火起こしをするコツを紹介します。

 

着火剤を使う

まずは着火剤を使う事が重要になります。

着火剤とは、長くよく燃えて

炭など火のつきにくいものに火をつきやすくしてくれる素材です。

 

紙や木の枝などは火がつくとすぐに燃え尽きてしまい、

炭に火がつく前に炎が消えてしまうという事もありますが、

着火剤はそういう事がないので非常に便利な道具です。

 

小さな炭から燃やすようにする

大きな炭よりは、小さい炭の方が火がつきやすいです。

ですから、まずは小さめの炭を用意して着火剤と一緒に燃やすようにしましょう。

 

キャンプファイヤーのように、積み上げる。

火はバラけるより、一か所に高く積み上げた方がよく燃えます。

 

着火剤を炭で囲むようにすると熱がこもり、

炭にも火がつきやすくなりますよ。

 

うちわで仰ぐ

火は酸素を使って燃えます。

一旦火がついたら、火が強くなるようにうちわなどを使って空気を注ぐようにしましょう。

ただ、火が小さい内にあまりに強く仰ぎ過ぎると逆に火が消えてしまいますので

火の様子を見ながら空気を送ってください。

 

ちょっとしたコツですが、

ひとつひとつをしっかりやればちゃんと炭に火がつくので

ぜひやってみてくださいね。




スポンサーリンク






バーべーキューの火起こしで着火剤がない時は?

ではもし、バーベキューで着火剤なしの場合はどうすればいいのでしょうか。

 

実は着火剤なしでも、火起こしはできます。

そこでここでは、着火剤なしの場合の火起こしの方法について説明します。

 

用意する物は

 

新聞紙

ライターなど火をつけるもの

 

です。

 

1.新聞紙を短冊型に切り、6枚ほど重ねてねじり、棒状にする。

これは7本作る。

2.コンロの中に、小さめな炭火を並べる。

3.2の上に、ねじり新聞紙を「井」の形に重ねて6本置いていく。

4.周りに中~大の炭を置き、新聞紙で作った台が崩れないようにする。

5.残った1本のねじり新聞紙にライターなどで火をつけ、

新聞紙のタワーの中に入れる。

6.触らずしばらく見守る。

 

これで炭に火がつきます。

早ければ2分ほどで炭に火が移るそうです。

 

着火剤なしの場合は、ぜひ試してみてくださいね。




スポンサーリンク





関連記事:バーベキューの食材ランキング!人気でおすすめの食材をご紹介!

バーベキューの火起こしにおすすめグッズ

 

ではここで、バーベキューの火起こしにおすすめグッズを紹介します。

まずは着火剤から見ていきましょう。

 

バーベキューでの火起こしを簡単にしてくれる着火剤ですが、

おすすめはこちらの着火剤です。

 

こちらの着火剤は25年以上ストーブやバーベキュー関連商品を開発し続けている

メーカーが出している着火剤ですので、効果はお墨付きです。

 

非常に燃えやすいですが、石油系の素材を使っていないので人体に毒性がなく、

嫌な臭いもしません。

 

また永久保存が可能なので、使用期限を心配する必要もありません。

着火剤が必要な時は、ぜひこちらのアイテムを使ってみてくださいね。

 

 

上記では散々「炭は火がつきにくい」と書きましたが、

これは自然に作った炭の場合です。

今では、火がつきやすいように開発された「特殊な炭」というものもあります。

 

このような炭はわざわざ着火剤を使って火起こししなくても、

直接炭にライターなどで火を当てるだけで燃やす事ができます。

 

手間がかからず簡単に火をつける事ができるので、

火起こしなんていいから早くバーベキューをしたいという方は重宝すると思います。

 

また、炭の形も食材に火が通りやすいように工夫されているので

失敗のないバーベキューをしたいという方にもおすすめです。

 

 

 

「火起こしなんて面倒くさい。

どうにか普通の炭に一瞬で火をつける方法はないだろうか」

と考えている方におすすめなのが、こちらのガスバーナーです。

 

1400℃の熱風が一瞬で出ますので、直接炭にしばらく噴射するだけで

火をつける事ができます。

 

着火剤と炭でタワーを作ったりうちわでパタパタ青く必要もありません。

 

また火起こしにだけではなく、

チーズや魚、パンやおにぎりなどを炙る場合にも使う事ができますよ。

 

すぐに火がつくので

「バーベキューではセットする時間を短くしてなるべく長く食事をする時間をとりたい」

「ついでに食材も炙りたい」

という方はぜひ使ってみてください。

関連記事:バーベキューで子供が喜ぶ遊びや食材は?持ち物やデザートについても詳しく解説!




スポンサーリンク





最後に

バーベキューの火起こしは、焦らない事が大切です。

 

初心者には少し難しいですが、

コツを知っていれば割と簡単に火起こしをする事が可能ですよ。

 

また、今は色んな着火剤商品が売られていますので

燃えやすい着火剤を使えばより早く炭に着火する事もできます。

 

着火剤なしの場合は、ワイルドな腕の見せ所です。

 

火起こしをする事さえできれば炭にはいつか火は移るので

諦めずにぜひチャレンジしてみてください。

 

火傷やケガに気をつけて、楽しいバーベキューにしてくださいね。

関連記事:バーベキューの肉でおすすめの種類・部位!下味の付け方や焼き方についても詳しく解説!



スポンサーリンク

サブコンテンツ