五月人形はいつからいつまで飾る?年齢は何歳まで?

男の子の誕生を祝い無事に成長してくれることを祈って飾る五月人形。

毎年子供の日に合わせて飾っているというお家がほとんどではないでしょうか。

 

ただ外飾りと呼ばれる鯉のぼりなどは

暖かくなったら飾っているというお家もあり

いつからいつまで飾るのが正式なのか考えてしまいますよね。

 

女の子のひな人形は早く片付けないと

結婚が遅くなると言われたりしますが

男の子の方にもそういった話はあるのでしょうか。

 

五月人形を飾る時期や何歳まで飾ることになっているのか

知っているようで知らない、五月人形についての知識を詳しくご紹介します。




スポンサーリンク






五月人形はいつからいつまで飾るの?

五月人形をいつからいつまで飾るのかについては、はっきりとした決まりはありません。

それは五月人形の由来からもいえることなので詳しくご紹介していきましょう。

 

5月5日の端午の節句に合わせて飾る五月人形。

端午の節句は元々は厄除けの日でしたが

武士の体を守る鎧や兜を飾ることで、子供の体に降りかかる病気や

事故などから守るという意味を込められています。

 

合わせて外に飾る鯉のぼりは、滝を登る鯉の姿になぞらえて

苦難に立ち向かい立派に成長してくれるようにという祈りを重ねたものです。

 

今では子供の成長や無事を祈る意味で飾られているため

正式に何日から何日まで飾らなければいけないという決まりはありません。

 

ただし端午の節句のその日に飾るのは、

お正月の飾りと同じく一夜飾りといって神様に失礼になるので

してはいけないとされています。

 

決まりはないのですが住んでいる地域や昔からの慣習で、

飾る時期が決まっているというところもあります。

 

五月人形は春分の日の後から4月が終わるまでに飾る

一般的に一番多いとされるのが春分の日以降に飾るというものです。

端午の節句は元々節目の行事でしたので、同じように節目である

春分の日が過ぎてから飾ります。

 

また縁起を担いで大安の日を選ぶという人もいますが、

天気のいい日を選んで出すという人もいます。

ゴールデンウィークが近づくと忙しくなりますから、

早めに飾るようにするといいでしょう。

 

五月人形はなるべく早く飾る

五月人形は元々武士の鎧や兜を飾る戦勝祈願といった意味合いもあります。

そのため地域によっては先手必勝という意味から、

飾るのは早ければ早いほどいいとされています。

 

私の親戚の家の周辺がそういった風習があったようで、

なんと3月ぐらいから鯉のぼりを飾っていました。

鯉のぼりは近所同士競争で飾るんだそうです。

ただ単にその地域だけの風習のようで、由来とかは知らないと言っていました。

 

端午の節句の1週間前ぐらいの大安の日に五月人形を飾る

端午の節句である5月5日に合わせて、日取りのいい日を選んで飾る

という考え方もあります。

ただしこの場合は飾ったらすぐに端午の節句が来てしまいます。

飾る時間が短いので、すぐにしまうことになるというデメリットがあるといえます。

 

五月人形は端午の節句が終わればそれで役目が終わります。

そのため端午の節句が終わればいつ片付けてもいいとされています。

 

女の子のひな人形のように

いつまでも飾っていると結婚が遅くなるといった言い伝えもないので

土日の天気のいい日を選んできちんとしまえば問題ありません。

 

特に鯉のぼりは片付けも大変なので

家族全員で下ろして片付けましょう。

保管の仕方については後ほど詳しくご紹介します。

 

アパートやマンションではベランダの布団干しと同じように、

鯉のぼりを飾ることを禁止しているところもあります。

そんな時におすすめなのがこちらのステッカーです。

壁や窓に貼るだけで鯉のぼりが楽しめますよ。




スポンサーリンク






五月人形を飾る年齢は何歳まで?

端午の節句は子供の日とも言われていますが、

五月人形を飾るのも子供の間だけというお家がほとんどです。

 

五月人形は何歳まで飾らなければならないという決まりはありません。

そのため判断に困ってしまいますよね。

他のお家ではどうしているのかも含め、詳しくご紹介します。

 

五月人形や鯉のぼりは子供が興味を示す間まで

小学生ぐらいまでは鯉のぼりや鎧兜に興味を持ってくれるけど、

中学生になるとゲームやスマホなどに興味が移ってしまいます。

そのため中学卒業までは飾ると決めているお家も多いようです。

 

また昔は男子が成人する節目として元服の儀式がおこなわれていました。

平安時代だと12歳頃でしたが、室町時代になると氏族の始祖がおこなった

年齢に合わせるようになったそうです。

時が移り戦国時代になると、戦に出るために10歳ぐらいで元服することもありました。

そういった風習から中学生までを飾る年齢の目安としているんですね。

 

五月人形や鯉のぼりを飾るのは成人するまで

五月人形や鯉のぼりは男の子の誕生を祝い

お祝いとして祖父母から送られることが多くなっています。

 

そのためせっかくいただいたんだから

成人して家を出るまではと飾っているという家もあります。

五月人形をはじめ人形には

災いを代わりに引き受けてくれるという意味もありますので

無事に成人になった時を節目としてそれまでは飾るという考えです。

 

ただし季節の行事として、節目を大事にしたいということもあります。

その場合は子供が何歳になったら出さないという考え方でなく、

端午の節句だから飾るということにしてももちろん問題ありませんよ。

 

スペース的に大きなものは飾れないという時には、

コンパクトサイズのこちらがおすすめです。

子供が大きくなっても、端午の節句の飾りとして長く飾ることができます。




スポンサーリンク





五月人形を飾る場所は?

春分の日を過ぎてから飾るといっても、そんなに長期間は飾ることのない

五月人形の置き場所には悩んでしまいますよね。

 

基本的に人形を飾る場合は、光に当てないことと湿気の少ない場所を選びます。

人形は温度変化や湿気に弱く、最悪の場合顔がひび割れたりします。

特に端午の節句の飾りで、兜や刀を飾る場合は鉄の部分が錆びたり布地が

色あせたりしますので注意が必要です。

 

玄関に五月人形を飾るのはやめる

兜や鎧など大きなものを飾る場合、玄関に飾っているお家をよく見かけますが実は

一番おすすめできない飾り場所です。

玄関は人の出入りが多く、ホコリやゴミがたくさん入ってきます。

そして5月は天気もいいですが雨も多いので、雨の日には一気に湿度が上昇します。

傘を玄関に置いているだけで、実はカビが生えてきたりします。

 

五月人形を床に直置きしない

最近ではマンションなど収納が元々あるため、家具が少ないお家も増えてきています。

そのため台座があるから床に置いてもいいかな、また子供が手に取って

遊びたがるから低いところに置こうかなと考えてしまうかもしれません。

 

実はこれもNGなのです。

端午の節句の飾りは神様に降りてきてもらう目印ともされているので、

私たちの視線より低い場所に置くのは失礼なのです。

同じ意味で鯉のぼりを低い位置にするのもNGです。

 

神様と同じ扱いだから神棚かそれぐらいの高さに飾る方がいい、

という意見もあるようですがそれだと逆に危ないですよね。

 

正式には床の間に飾るのが、もっともふさわしいとされています。

ただし最近のお家では床の間がある間取りは少なくなってきています。

そういった場合はダッシュボードの上など、家の中で一番居心地の良い場所を

選ぶようにしましょう。

 

ただし寝室などはホコリや湿気が思ったより多い場所なので、

できればリビングなど家族が集まる場所がおすすめです。

 

ただし子供が興味を示さなくなった、また元服の年として中学生ぐらいで

飾るのをやめるといった場合には、別の置き場所を考えるようにしましょう。

基本的には飾る場合は同じ場所にしておくことをおすすめします。

 

関連記事:こどもの日の由来を保育園の子供向けに簡単に!歴史もわかりやすく解説!

五月人形の片付けや保管方法は?

端午の節句で飾った五月人形や兜などは、

5月5日が終わればいつ片付けてもかまいません。

ただ五月人形をはじめ、細々とした飾りがたくさんあるので収納場所には

困ってしまいますよね。

 

物置に入れてしまうと今度は出す時に大変です。

それに使ってある着物の布地は、虫がつきやすいのできちんと保管しないと

出した時に悲惨なことになってしまいます。

 

おすすめとしては、端午の節句が終わった後、一日天気のいい日を選んで一気に

片付けることです。

 

人形や飾りのホコリを払い、刀や鎧の鉄の部分は柔らかい布で拭いてからしまいます。

できればこの時に完成形を写真で撮っておくと、来年組み立てる時に便利です。

 

また収納する箱は、段ボールを使う場合は空気穴を開けましょう。

ただし虫もつきやすいので乾燥剤などを入れる必要があります。

 

着物などをしまう桐の箱があれば、湿気の心配をしなくていいので便利ですよ。

飾る年齢が過ぎた後の保管場所としてもおすすめです。

 

こちらの収納箱は桐でできていてキャスター付きなので、移動も便利です。

ただし五月人形以外にも飾るものがある場合は、一つでは足りないので大きさを

よく確認して注文してくださいね。




スポンサーリンク





関連記事:鯉のぼりの意味!吹き流しや矢車・色について詳しく解説!

最後に

五月人形をいつから飾り始めるのか、

また飾らないようになる年齢などについてご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

 

五月人形はひな人形のようにしまわないと何かが起きる、

といったことはありませんがいつまでも飾るのも季節感を考えるとよくありませんよね。

 

いいものなだけに長く飾ることができるよう、出す日やしまう日は

毎年同じ日にしておくなど習慣づけると忘れずに済みます。

子供が無事大きくなるまで、祈りを込めて飾るようにしましょう。



スポンサーリンク

サブコンテンツ