こどもの日の由来を保育園の子供向けに簡単に!歴史もわかりやすく解説!

こどもの日が来ると、だいたい子どもから

「こどもの日はなんでこどもの日って言うの?」という質問が来ますよね。

 

こどもの日の由来や歴史は、少し入り組んでいます。

 

ある程度大きい子なら多少難しい説明でも理解してくれますが、

保育園に通っているような幼い子どもにはどう説明したらいいのでしょうか。

 

そこでここでは、保育園の子供向けに

こどもの日ができた由来や歴史を簡単に説明する方法を紹介します。

 

保育園の子供向けにこどもの日の由来や歴史をどう説明しようか迷っている方は

ぜひ参考にしてくださいね。




スポンサーリンク






こどもの日の由来は?

保育園の子供向けに子供の日の由来や歴史を説明する前に、

まずは大人がきちんとこどもの日の由来や歴史を知っておく必要があります。

 

そこでここではまず大人向けに、こどもの日の由来から説明します。

 

現在こどもの日というのは国民の休日に制定されていますが、その趣旨は

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」と

なっています。

 

こどもの日が5月5日に制定されたのは1948年です。

 

ではなぜこどもの日ができたかというと、

大正時代に、「こどもを大切にしよう」という運動が世界各国で起きました。

 

そしてその気持ちを忘れない為に、1年の中で1日「こどもの日」を作る事になりました。

 

そこで日本で国民に「こどもの日はいつがいいか?」と募集をかけた所、

「5月5日の端午の節句が良い」という意見が多かった為、

5月5日の端午の節句がこどもの日になりました。

 

ちなみに3月3日のひな祭りも候補に挙がりましたが、

北海道や東北地方は3月はまだ寒すぎてお祝いがしにくく

「国民の休日とするにはあまり相応しい時期ではないだろう」という事で除外されました。

 

だから、同じ子供を祝う日でも

気候も良く過ごしやすい季節である5月5日が選ばれたんですね。

 

また、「こどもの日」として選ばれた5月5日は

元々は「端午の節句」と呼ばれる行事の日でもありますが、

端午の節句の由来についても少し説明します。

 

端午というのは5月を表し、節句というのは季節の節目を意味します。

つまり、端午の節句と言うのは「5月の節目の日」という日なんですね。

 

端午の節句は平安時代くらいに中国から伝わった文化だとされています。

 

昔から季節の変わり目は病気や災害が起きやすいとされ、

「節句」と呼ばれる日には

その季節ごとのお祓いをしたりお祈りをしたりする行事を行ってきました。

 

そして端午の節句には、ちょうど季節の植物である

菖蒲を吊るしたり冠にしたりしたそうです。

 

そして鎌倉時代に入り武士が台頭してくると、

「菖蒲」という言葉の読みが「勝負」という読みと同じ事から

菖蒲を使う端午の節句は「男が勝負に勝てる」という認識に変わり、

そこから発展して端午の節句は

「男の子の成長を祝う日」と見られるようになったとされています。

 

また江戸時代になると、男の子の出世を願う「鯉を書いた布を飾る」という町民文化と

「男の子が生まれた日にその家の家紋をつけた幟を飾る」という武士の文化が合わさり

「端午の節句に男の子の出世と成長を願い鯉をのぼりにつけるこいのぼり」という

さらに新しい文化が誕生しました。

 

5月5日はこどもの日ですが、

それはそれとして、端午の節句の行事も今でも続いているという事ですね。




スポンサーリンク






こどもの日の歴史は?

ではここで、こどもの日ができるまでの歴史をまとめてみましょう。

 

平安時代→中国から「端午の節句」という文化が入ってくる。

・厄払いをする為に、菖蒲を吊るしたり冠にしてかぶったりする風習ができる。

 

鎌倉時代→菖蒲と勝負が同じ読みだった事から、

端午の節句が「厄払いをする日」ではなく「男の子の成長を祝う日」に徐々に変化する。

 

江戸時代→端午の節句にこいのぼりを飾る文化ができる。

 

大正時代→世界で「こどもを大切にしよう」という動きが起こり、

日本でこどもの日を制定する事になる。

 

子ども(男の子)を祝う日であり気候も良いという理由などから

「5月5日の端午の節句」がこどもの日になる。

これが、簡単なこどもの日の歴史です。

こどもの日の由来・歴史を保育園の子供向けにはできるだけ簡単に

こどもの日には、意外と深い歴史がありましたよね。

でもこれを丸々説明しても、保育園の子供にはちょっと難しいでしょう。

 

では、この話はどうやって保育園の子供向けにまとめればいいのでしょうか。

 

ポイントは、「できるだけ簡単に、重要な事だけ説明する」です。

一番重要なのは「こどもの日の趣旨」なので、一番簡単な説明は

大正時代の時からの流れを説明する方法です。

 

例えば、

「昔、子どもを大切にしようという話し合いが世界の人達で行われました。

そこで日本では、その気持ちを忘れないようにこどもの日を作る事にしました。

それで選ばれた日が、5月5日でした。

その日から、5月5日はこどもの日になったんですよ」

 

という感じだと分かりやすいと思います。

 

また、端午の節句も少し絡めたいというのであれば、

 

「むかし隣の国の中国では、

5月の端午の節句に「悪い事が起きませんように」とお祈りする行事をやっていました。

そこで、日本もそれを5月の5日にやる事にしました。

 

でもだんだん、「男の子が強くなりますように」という行事に変わってきました。

そして、男の子が強くなったり偉くなったりするように、

こいのぼりや兜を飾ったり柏餅やちまきを食べたりするようになりました。

 

こうして端午の節句は日本では男の子の日になりました。

 

そして、ある時世界で「子どもを大切にしよう」という話し合いが行われ、

日本ではこどもの日というのを作る事になりました。

 

1年の中でどの日をこどもの日にしようか考えていたところ、

「男の子の日」が天気も良くていいんじゃないかという意見があり、

5月5日の端午の節句がこどもの日になりました」

という説明だと簡単で分かりやすいと思います。




スポンサーリンク





関連記事:母の日のプレゼントには財布を!人気のブランドをご紹介!

こどもの日を楽しく過ごすおすすめアイテム

 

ではここで、こどもの日を楽しく過ごすおすすめアイテムを紹介します。

まずおすすめなのが、こちらの「世界のモチーフで作られたこいのぼり」です。

 

ちょっと変わったポップな柄がとてもかわいらしですよね。

部屋の壁に飾れば一気に部屋が明るくなります。

 

好きな国を選べるので、子どもに選ばせても楽しいですね。

 

「普通のこいのぼりじゃちょっと物足りない」という方にもガツンと来る

こいのぼりだと思いますので、気になった方はぜひ飾ってみてください。

 

 

「小さいものをたくさん並べて飾りたい!」という方におすすめなのが、

こちらのちりめんのこいのぼりです。

 

小さいインテリアは邪魔にならず飾りやすいですが、

「少し物足りない」という場合もありますよね。

 

ですがこちらはこいのぼりがたくさんついてくるほか、

台座には菖蒲、そしてのぼりもついてきます。

 

1つにたくさんのインテリアがくっつていきているので、

これ1つを飾れば、部屋はこどもの日っぽく賑やかになりますよ。

 

「邪魔にならないよう小さいものを飾りたいけど、それなりに部屋を盛り上げたい」

という方にもオススメのこいのぼりです。

 

 

こどもの日には、こどもの日っぽいものを飾りたい。

そして「できるだけ場所を取らないものがいいけど、それなりにダイナミックな物がいい」

という方におすすめなのが、こちらのタペストリーです。

 

物だとどうしてもある程度スペースが必要になりますが、

こちらは壁やドアに掛けるものですので、

壁さえあれば「置くスペース」というのはいりません。

 

イラストもダイナミックな鯉に兜と、

こどもの日らしく見ているだけでとても元気になれそうな絵になっています。

 

「物を飾りたいけど置く場所がない!」という方は

ぜひタペストリーを選んでみてくださいね。




スポンサーリンク





関連記事:運動会の靴のおすすめランキング!人気なのはコレ!

最後に

こどもが主役であるこどもの日。

でも、その由来や歴史には意外と紆余曲折があります。

 

子供に正確に説明するにはある程度の年齢が必要で、

保育園の子供向けに本来の歴史を理解させるのは難しいでしょう。

そんな時は、「大切な事」だけ伝わればいいと思います。

 

こどもの日に子供が楽しんでそのイベントが迎えられるように、

「なぜこどもの日があるのか?」を教えてその手助けをしてあげましょう。

 

またこの機会に大人がしっかりこどもの日についての由来や歴史を勉強すれば、

子供が少し大きくなった時に自分の口で説明する事もでき、

さらに親子の絆を深める事もできますよ。





スポンサーリンク


サブコンテンツ