日傘はいつからいつまで差す?時間帯や効果的な差し方につても詳しく解説!

女性の大敵とも言える、紫外線。

 

歳を重ねるごとに増える

シミ、シワ、たるみなどの現象は

加齢による老化で増えているというよりも

実は長年蓄積してきた紫外線からの

ダメージによるものの方が

ずっと大きいそうです。

 

恐ろしいですよね!

 

そんな、紫外線対策の

心強いアイテムといえば、日傘!

この日傘、春夏秋冬を通して

いつからいつまで差していますか?

 

また時間帯はどうしている?

効果的な差し方は?

 

今回はそんな日傘について

詳しく解説していきたいと思います。

 

いつからいつまで差すのがいいか、

時間帯や、効果的な差し方、

おすすめの日傘なども紹介しますので

じっくり見てみてくださいね!




スポンサーリンク






日傘はいつからいつまで差すべき?

紫外線防止のマストアイテム、日傘!

紫外線をカットしてくれるだけでなく

日除けにより、涼しくなるのも嬉しいですよね。

肌に塗ったりするわけでもないので

手軽にサっと使えるのも嬉しい。

 

そんな日傘ですが、多くの方は

いつからいつまで差しているのでしょうか。

さすがに冬は見かけることは

ほとんどないですよね。

 

春になってポカポカ陽気になる頃にチラホラ。

それを受けて「あ、私も日傘!」と

差し始めるのが正直なところかもしれません。

 

とはいえ、実は冬だって紫外線は降り注いでいるって

聞いたこともありますよね。

いったい日傘はいつからいつまで

差すのがいいのでしょうか。

 

年間を通した紫外線の量から

考えてみましょう!

 

紫外線にはUVB波(紫外線B波)と

UVA波(紫外線A波)と呼ばれるものがあり、

それぞれの特徴としては

 

UVB波(紫外線B波)

日焼けや火傷のような症状をもたらす紫外線で

肌が赤くなったり、黒く日焼けしたりはするものの

波長が短い為に、肌の奥にまでは届かず

しみやそばかす、火傷など肌の表面にダメージを与えます。

 

5月からだんだんと量が増えピークは6~8月で

冬はこのピーク時の1/5程度の紫外線量になります。

 

UVA波(紫外線A波)

波長が長く、浸透力もある為

肌の奥にまでダメージを与える紫外線です。

 

肌の奥の細胞にまでダメージを与えるので

コラーゲン、ヒアルロン酸を作る肌の真皮に

影響を及ぼし、ハリや弾力が無くなり

シワやたるみの原因となります。

 

ピークは4~8月で一番多いのが5月になり

恐ろしいのが、冬であっても

このピーク時の半分以上もの量の

紫外線量になるそうです。

 

UVB波もUVA波も

ピークは8月までとなっているものの

8月以降も気温が高い時などは

紫外線量はそれなりにあり注意が必要なようです。

 

その為、これらの結果を踏まえて

日傘をいつからいつまで差すべきか考えると、

 

基本的には4月~10月に日傘を差すことがいい

 

ようですが、少しでも、より完璧に紫外線から

ガードしたい場合は

 

天気がいい日などは3月でも日傘を差す

 

冬場であってもUVA波は

ピーク時の半分以上も降り注いでいるので

冬でも天気がいい日は日傘を差す

 

ことがいいそうです。

 

冬場、日傘を差すことに抵抗がある場合は

せめて日陰を歩く、帽子をかぶる

日焼け止めを塗るなどを

徹底したほうがいいようですよ。




スポンサーリンク






日傘を差す時間帯は?

日傘をいつからいつまで

差すのがいいのかがわかったら

次に日傘を差す時間帯についても

知っておきたいですよね、調べてみました。

 

UVA波、UVB波ともに

ピークになるのは正午前後になります。

 

UVB波は午前10~午後4時頃が

気を付けたい時間帯になりますが、

UVA波は早朝から増え続け、

夕方になるまで紫外線量は減らない為、

UVA波については、日が出ているうちは

常に紫外線対策が必要になるそうです。

 

何となく、日中は日傘でガードしていても

夕方になってくると「もういいかな」などと

日傘を閉じてしまいがちですよね?

 

実はそれはNG行動でむしろ、日が傾くことで

日差しが照りつける角度が低くなる為

私達が受ける紫外線の量も増えてしまうそうです。

 

その為、夕方であっても

完全に日が落ちるまでは日傘を差し、

早朝の日差しについても

夕方と同様に角度が低くなるので

日傘をしっかり差す必要があるようです。

 

日が出ている時間帯は夕方であっても油断は禁物!

しっかり日傘で紫外線をカットするようにしましょう!

どんな日傘がいいの?

日傘を差すべく時期や時間帯を

しっかりインプットしたら

次に日傘を選びのポイントです!

せかくなら紫外線をしっかりと

カットしてくれる日傘がいいですよね。

 

とはいえ、遮光率とかUV率とか

色は何色がいいとか、素材はどうとか

色々ありすぎて何を選んだらいいのか

わからなくなったりもしませんか?

 

そこで、どんな日傘がいいのか

そのポイントを詳しく

解説していきたいと思います。

 

遮光率とUVカット率とは?

よく、市販されている傘のタグに

遮光率とかUVカット率などと

書かれていますよね?

 

遮光率とは、可視光線と呼ばれる

私達の目に見える光のことで

この遮光率が高いということは

日除けの効果があるので暑さが軽減されます。

 

UVカット率とは、その名の通り

紫外線をカットしてくれる率になり

UVカット率が高いほど

日焼けをしにくく紫外線のダメージを

受けにくいことになるのです。

 

遮光率もUVカット率も

どちらも大切ではありますが

肌のことを考えるとUVカット率の方を

重視したいところですよね。

 

何色の日傘がいい?

日傘の色も迷うところですよね

紫外線をカットしてくれるイメージと言えば、黒ですが

黒は反対に日差しを集めてしまうような気もします。

 

そこで、色ごとに

紫外線カット率を調べてみました。

 

黒(98%)、青(97%)、緑(97%)

黄(95%)、赤(94%)、白(68%)

 

になり、やはりダントツに

紫外線をカットしてくれるのは

黒になるようです。

 

とはいえ、実は先に挙げたUVカット率が高ければ

どの色であっても紫外線をきちんと

カットしてくれるのだとか。

 

それよりも注意をしないといけないのが傘の内側の色!

傘を選ぶ時って傘の外側の色を重視してしまいますが、

傘の内側の色もとても重要なのです。

 

なぜかというと、紫外線というのは

地面に反射して照り返すことでも

私達に降り注いでいます。

 

日傘の内側が白などの明るい色だと光を反射させてしまうので

私達の顔に紫外線を集めてしまうことになるそうです。

 

その為、日傘の色選びのポイントとしては

「日傘の内側こそ、要チェック!」

紫外線をカットしてくれる

黒などの濃い色がおすすめなのです。

 

どんな生地の日傘がいい?

日傘の生地や素材もたくさんのものがありますよね!

デザインを重視したいけれどやはりまずは紫外線を

しっかりカットしてくれることが重要です。

 

どんな生地の日傘が紫外線のカット率が高いのでしょうか。

順番としては、ポリエステルが一番カット率が高く、

次いで麻、綿となるようです。

 

また、当然と言えば当然なのですが

厚手の生地の方がカット率は高まります。

結論としては、ポリエステルの生地で

厚手のものが紫外線をしっかり

カットしてくれることになります。

 

が!

 

厚手のものだと、価格が高く、持つ際に重たいのが

困ったところ。

重たくて持つのが億劫になってしまったら

本末転倒ですよね。

 

なので、生地や素材とともに先に挙げたUVカット率を

参考にしながら自分が使いやすい日傘を

選んでいくことが大切ですよ。

効率的な日傘の差し方は?

日傘はいつからいつまで差すか、

時間帯や日傘の選び方もインプットしたら

次に効果的な日傘の差し方を見ていきましょう。

 

せっかく素敵な日傘があっても

効果が半減してしまうような

差し方ではもったいいですよね!

効果的な差し方にはいつくかポイントがあるようです。

 

体の近くに深めに差す

UVカットの加工をされた日傘でも

体から遠いところで差していては

紫外線は入り込んできてしまいます。

 

体に近づけて深めに差すことで紫外線はもちろん、

錯乱光まで防ぐことが出来るそうです。

 

日傘は深めに差すのが基本!

特に顔に近づけて差すことでコンクリートなどからの

反射する紫外線も防げるのでおススメです。

 

とはいえ、周囲が見えないほど深く差しては危険なので

十分注意してくださいね。

 

朝や夕方は太陽に向けて差す

先にも少し触れましたが朝や夕方は低いところから

日差しが差し込んでくる為横の太陽に向けて差すことが大切!

 

日中と同じように頭の上で差しているだけでは

低い位置から紫外線が入り込んでしまいます。

 

やはり、周囲の人に気を配りつつ

効果的な差し方でしっかり紫外線を

ガードしてくださいね。




スポンサーリンク





日傘の寿命は?

やっと見つけたお気に入りの日傘!

ずっと使い続けていたけれど、

この日傘には寿命があるのでしょうか。

 

日傘のUVカット加工、

実は永遠に効果が持続する訳ではないようです。

UVカット加工されている日傘には寿命があり

通常2~3年とされているそうです。

 

UVカットをする為の薬剤は

外からの様々な刺激を受けることによって

効果が薄れていくそうです。

 

雨の日も兼用の日傘となると雨に打たれる為

その寿命はさらに短くなります。

 

また、実際に差していなかったとしても

鞄などに毎日入れて持ち運ぶことで

様々な摩擦や刺激を受けますよね?

それらが原因で効果が薄れていくこともあるそうです。

 

またUV加工に限らず外からの様々な刺激により

日傘の生地自体がダメージを受けて

薄くなったり、穴が開いたりすることもあり

そこから紫外線が入り込む可能性もあります。

 

少し勿体ない気もしますが紫外線対策を考えているのなら

基本的には日傘は2~3年で買い替えたほうがいいようです。

 

少しでも効果を長持ちさせる為には

 

日傘として使った後は軽く拭いておく

雨の日に使った場合は、水分を拭き取る

防水スプレーをかける

持ち運びは袋などに入れて、刺激から守る

 

などに注意をするといいそうですよ。

関連記事:日傘の黄ばみや汚れの落とし方は?手入れの仕方や洗い方を解説!

今人気、おすすめの日傘はコレ!

さて、日傘について色々と分かってきたところで

今人気の日傘をいくつか紹介したいと思います!

 

お洒落な女性から支持されている

日傘とはどのような日傘があるのでしょうか。

 

まずは遮光率100%の

芦屋ロサブランの日傘です。

 

 

エイジングケアを考えて「絶対に焼きたくない!」という

女性に向けた日傘になります。

 

遮光率が100%な為

必然的に紫外線、赤外線、可視光線も

100%カットされるのだとか。

 

強度の撥水加工がされていて

雨の日ももちろん使えますし、

二段階に折り畳めるので持ち運びも便利!

 

また、照り返しが気になる

傘の内側もブラックラミネートが

使用されているので顔や目への反射を防いでくれます。

 

もちろん機能性だけでなく見た目もお洒落で可愛い!

有名女性雑誌にも掲載された

お友達にも自慢できちゃう日傘です。

 

 

続いて紹介するのは

ワールドパーティー(W.P.C)の日傘です。

 

 

靴やバッグと同じように傘もコーディネートして欲しい・・

そんなコンセプトのもとに作られたお洒落な日傘になります。

 

可愛いフリルの縁の日傘は

遮光率99.9%(オフカラーの日傘は97%)

紫外線遮蔽率99%

遮熱効果マイナス11℃(オフカラーの日傘は8℃)

になります。

 

もちろん雨の日も兼用で

サイズが50センチと少し大きめ!

 

お値段も少しお手頃なのでカラー違いで揃えて

その日のファッションと

コーディネートするのも楽しいですよね!

 

ちょっとリッチに

ブランド物の日傘はいかがでしょうか

バーバリーの日傘です。

 

 

誰もが知るブランド!

やっぱりテンションが上がりますよね。

 

グリップのメタルや

収納カバーのメタルチャームには

あのBURBERRYのロゴの刻印、

生地本体と収納カバーには

ロゴの織柄となっています。

 

ちょっと自慢できちゃいますよね?

もちろん雨の日もOKで

二つ折りタイプなので収納も便利!

 

毎日必ず持ち歩きたい!

お気に入りの日傘になりそうですよね。




スポンサーリンク





関連記事:晴雨兼用日傘の汚れの落とし方や手入れ方法は?折りたたみでおしゃれな商品は?

最後に

日傘はいつからいつまで差すのか

その時間帯や効果的な差し方など

日傘について色々と見てきました。

日傘って、案外奥深いですよね!

 

エイジングケアに熱心な方ほど

日傘を大切にしているそうで

下手な美容液よりも日傘の方が大切!

などとも言われているそうですよ。

 

女性たるものいくつになっても出来れば

美しくいたいものですよね。

出来る限りゆっくり歳を重ねていきたいものです。

 

その為にも、日傘生活をぜひスタートさせましょう。

毎日コツコツしっかりガード!

 

「美は一日してならず」日々の努力が

後に大きな成果となりますよ!





スポンサーリンク


サブコンテンツ