ピン札はどこで用意する?土日の場合はどうする?

ピン札とは「新札」の事です。

ピン札でも古いお札も価値は同じですが、

日本で生きていると古いお札ではなく

「ピン札を使わないといけない」時もありますよね。

 

例えばご祝儀に入れるお札や感謝の気持ちとして金一封を作る場合など、

お祝いやお礼などでお金を渡す時です。

 

でもピン札ってどこに行けばもらえるのでしょうか。

また、土日でも手に入れる事はできるのでしょうか。

 

そこでここでは、ピン札はどこで用意すればいいのか、

土日の時はどうすればいいかなどを説明します。

ピン札の用意について悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。




スポンサーリンク





ピン札はいつ使う?

ピン札とは、「新札」の俗称の事です。

つまり、一度も使われていない全くの新品のお札という事ですね。

 

ピン札をどこで用意するのか、土日の場合はどうするのか説明する前に、

まずは「ピン札はいつ使うのか」について軽く見ていきましょう。

お店で何か商品を買った時、お釣りがピン札だとちょっと得した気分になりますよね。

 

でも、ピン札だからと言って1万円の価値が

1万円から1万100円になる、という訳ではありません。

 

ですから自分で使う分にはピン札だろうと古いお札だろうと関係ありませんよね。

ピン札かどうかが関係があるのは「人に渡す場合」です。

 

例えば結婚式や出産祝い、何かのお礼などでお金を渡す場合ピン札を使います。

その場合はさらに、ピン札の向きを揃える、袋の表にお札の表を合わせるなど

他にも色々とマナーがあります。

 

ただ「人にお金を渡す時」と言っても例外があり、葬式関係は当てはまりません。

 

昔はピン札を用意するにも手間がかかりましたので、

「ピン札を入れている=新品をすでに用意していた=死を待ち望んでいた」

という意味合いになり、逆に失礼になってしまいます。

 

ですから、葬式や法事の場合は反対に折り筋やシワのある普通のお札を用意しましょう。

ただ新札の場合でも、一か所折り目をつければピン札ではなくなるので問題なく使えます。

 

ちょっと区別が難しいかもしれませんが、

「お祝い事はピン札、それ以外は普通のお札」と考えておけばいいでしょう。




スポンサーリンク





ピン札はどこで用意する?

お祝い事やお礼にピン札を用意するのは分かりましたが、

そもそもピン札はどこで用意するのでしょうか。

 

確実にピン札が手に入るのは、「銀行」です。

 

銀行の窓口で、「ピン札と交換してください」と言ってお金を渡すと

渡した分だけピン札に変えてくれます。

 

気になる手数料ですが、数枚なら手数料はかかりません。

ただ、50枚を超える場合は、手数料がかかる場合があります。

 

普通の人はそんなに交換しないので、手数料はかからないと考えていて良いでしょう。

 

また窓口に並ぶのが面倒な方は、銀行に置いてある両替機のATMを使っても

ピン札に変える事ができます。

 

ピン札に困ったら、とりあえず銀行に行ってくださいね。

 

また、両替に利用する銀行について「その銀行の口座を持ってないと断られるんじゃ?」

と思う方もいるかもしれませんが、そんな事はありません。

 

窓口で両替をする際、その銀行の口座を持ってるか持ってないかは確認されないので、

口座をもってなくても交換してもらえます。

 

なお、同じ銀行扱いで「ゆうちょ銀行」がありますが、

ゆうちょはピン札への両替サービスはできる所とできない所があります。

 

あなたの近くのゆうちょ銀行が両替してくれるのかどうかは、

聞いてみないと分かりません。

 

ゆうちょ銀行で両替したいなら事前に電話確認をするか、

確実に変えたいならゆうちょよりも同じ時間に営業している普通の銀行がいいですね。



スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク

サブコンテンツ
error: Content is protected !!