虫除けハーブスプレーを手作りで!簡単な作り方や効果について詳しく解説!

暖かい季節になってくると外出の機会も増え、

ピクニックやバーベキューなどアウトドアをすることもありますよね。

外で長時間過ごすときには、日焼けの対策には力を入れますが、

意外と虫除けは忘れてしまいがち。

 

虫除けスプレーは買っても、使い切ることがなくて勿体ないと思ったり

あの独特の臭いが苦手な方もいるのではないでしょうか?

 

そこで今日は手作りの虫除けハーブスプレーをご紹介します!

簡単な作り方や効果をまとめていますので、

アウトドアをする際にはぜひ試してみてくださいね!




スポンサーリンク






ハーブで簡単に虫除けスプレーが作れる?作り方が知りたい!

小さなお子さんやペットがいる家庭では

できれば殺虫剤を使うことを控えたいですよね。

ですが、夏場になるとどうしても虫に悩まされて

殺虫剤を使わざるを得ないという状況になってしまいます。

 

でもそれが、ハーブに由来する手作りの虫除けスプレーなら

安心できると思いませんか?

しかも簡単に作ることができて、使う分だけ作れば使用期限などを

気にする必要も無いので、毎年買うより経済的です!

早速、超簡単な虫除けスプレーの作り方をご紹介しますね。

 

【用意するもの】

・水または精製水 50ml

・エッセンシャルオイル(精油) 約10滴

・スプレーボトル

 

そして作り方は、水とアロマオイルをボトルに入れてよく振って混ぜるだけ!

びっくりするくらい簡単ですよね。

水ではなくて無水エタノールを使って作る方法もありますが、

家庭にないことがほとんどですよね。

人の体に使って安全であればいいので、お水で十分ですよ!

 

ちなみにここでは便宜上、エッセンシャルオイルとご紹介していますが、

得たい効果によって、ハーブを変える必要がありますので

それは後でご紹介していきますね!

 

しかし、注意することが1つあります!

オイルは必ずボトルに「エッセンシャルオイル」と

記載してあるものを使ってください!

例えば、お試しだからと思って100円ショップで買った

アロマオイルで作ってみよう!と思われるかもしれません。

 

ですが、それでは効果を感じることができません!

なぜかというと、100円ショップで売られているアロマオイルは

香料でできているため、虫に対する忌避効果がないのです。

そのため忌避効果がある100%自然由来のエッセンシャルオイルを

使う必要があるということなんですね!

 

そして、もうひとつ使い勝手を考えるとスプレーボトルも

少しこだわった方がいいかもしれません!

なぜかというと、100円ショップで売られているようなボトルだと

使っているうちにノズルが詰まってしまうことがあります。

 

その都度、ボトルの手入れをしたり買い替えていては面倒ですし

なにより、無駄なコストがかかってしまいますね。

まずは化粧水のスプレーをリサイクルしてみることをおすすめします!

なければ、ガラスのボトルを購入するといいでしょう。

 

こういったアロマオイルの調合用のスプレーがおすすめです。

フロストガラスなので、少しオシャレ度もアップ。

そのまま置いてあっても、お部屋のインテリアに馴染みます。

 

しかもスプレーはきめ細かい霧状に噴出されるので

一噴きでムラなくスプレーすることができて、ストレスがありません!




スポンサーリンク






虫によって効くハーブが違う!?どんな虫に効果がある?

では、虫除けスプレーの作り方がわかったところで、

どんなエッセンシャルオイルを用意すればいいのか気になりますね。

 

一般的に虫除けスプレーと言うと蚊への対策になるでしょう。

そんな時に、効果があるのは

ローズマリー

レモンユーカリ

シトロネラ

 

この3種類のハーブには、蚊が嫌う成分が多く含まれています。

ただし、レモンユーカリは皮膚刺激が強いため、

お肌が敏感な方は控えた方がいいかもしれません!

そして、使用の前には必ずパッチテストを行ってください!

 

もし香りも楽しみたいという時には、好きな香りの

アロマオイルもプラスして入れるといいでしょう。

 

おすすめは、ローズマリーです。

すっきりとした香りが特徴で、爽快感を感じるでしょう。

 

お肌へのスプレーはもちろんですが、カーテンやソファーなど

お家のファブリックにスプレーすれば、お部屋の空気もクリアに

リフレッシュすることができるので、

消臭スプレーを使う必要もなくなりますよ!

 

続いて、夏に悩まされる虫といえばゴキブリ・・・

これは季節関係なく、駆除できればとっても嬉しいですよね!!

実はゴキブリに効くスプレーだって、手作りできてしまうんですよ。

市販のゴキブリ用のスプレーは臭いも強力なので、

苦手な方も多いのではないでしょうか?

 

それをハーブで代用できればありがたいですよね!

ゴキブリに効くハーブはこちら↓

スペアミント

べチバー

クローブ

 

この中でもイチオシは、べチバー。

あまり聞き慣れない名前ですが、べチバーはゴキブリへの忌避効果が

ほぼ100%であることが研究により証明されているのです!

 

気になる香りは、濃厚な土のような香り。

鎮静作用に優れており、神経が興奮している場合に鎮めてくれたり

緊張をほぐしてくれる効果も期待できるので、

疲れている時には、リラクゼーション効果も得られて一石二鳥。

 

このスプレーはゴキブリの侵入経路や

ゴキブリを寄せ付けたくない場所にスプレーしておきましょう。

もしくは、二重にゴキブリ対策をするならべチバーを使って

置くタイプの虫除けを作ることもできます。

 

50グラムの塩にべチバーを10滴ほど垂らして混ぜます。

これをゴキブリが通る場所に置いておきましょう。

塩は唯一ゴキブリが食べないそうですよ!

 

日本アロマテラピー協会認定の、高品質なアロマオイルなので、

安心して利用できます。

 

お風呂に入れたりマッサージなどに使ったり、

大地をイメージさせるような深みのある香りなので、

芳香浴に使ってもいいでしょう。

自然に近い香りなので、違和感なく使用できます。




スポンサーリンク





関連記事:ゴキブリの子供は飛ぶ?卵にいる幼虫の数は?どこから入ってくる?

手作りの虫除けスプレーの効果は?

せっかく作った虫除けスプレーも効果がなければ意味がありませんよね。

果たして、その効果はどのくらいあるのでしょうか?

 

結論から言うと、効果は非常に高いと言えます!

アウトドアの際には、全身にスプレーをしたり

ガーデニングの際には、肌の露出がある部分などにスプレーしておけば

虫はほぼ寄り付くことがありません。

 

お子さんには肌に直接スプレーするのではなく、

帽子や服、靴下などにスプレーしてあげましょう!

そうすることで、皮膚トラブルを避けることもできますよ。

 

そして、さらに高い効果が期待できるのは網戸!

この網戸一面に軽くスプレーしておくだけで、蚊が侵入してこなくなりますよ。

どんなに気をつけていても、いつの間にか部屋の中に蚊がいる!という

経験は、どこのお家でもあるのではないでしょうか?

その煩わしさから解放されれば、夏の夜も快適に眠れますよね!

 

ちなみに、スプレーは毎日する必要はありません。

2~3日に一回スプレーをするだけでOK。

匂いがなくなった頃に、再度スプレーをしましょう。

これは蚊でもゴキブリも場合でも同様です!

 

このスプレーは手作りなので、使い切る目安としては2~3週間。

長くても1ヶ月以内に使うのが望ましいです。

保管するのは直射日光の当たらない、涼しい場所に置いておきましょう。




スポンサーリンク





関連記事:アリの駆除方法!室内の蟻退治に重曹や酢は効果的?

最後に

いかがでしたか?

とっても簡単に作れて、コスパもいい虫除けスプレー。

嫌な臭いや、喉の痛みなどからも解放されますし

効果も高いとあれば、試す価値はありそうですね!

 

しかもアロマオイルを使っているので、

虫除けと同時にリラックス効果や、

お部屋の臭いを爽やかにしてくれる効果もあります。

好きな香りのアロマオイルを見つければ、さらに楽しめますよ。

ぜひ、今年の虫除け対策にお役立てください!





スポンサーリンク


サブコンテンツ