日傘の寿命!uvカット効果の期間や買い換えどきについて詳しく解説!

日差しが強まってくる今日この頃。

紫外線を気にする方にとっては、

外出時には日傘が必需品になると思います。

しかし、今使っているその日傘、いつから使っているものですか?

 

実は、日傘のuvカット効果には寿命がある場合があります。

日傘の寿命が過ぎているにもかかわらず、

それを使い続けているなんてことがあれば、

あなたの肌は紫外線に晒されているということになってしまいます。

 

今回は、日傘の寿命、uvカット効果の期間、買い換えどきについて解説していきます。

将来の自分の肌のため、正しい日傘の知識を押さえておきましょう。




スポンサーリンク






日傘の特徴!uvカット効果の寿命の期間は?買い換えどきはいつ?

最近の日傘は、そのほとんどにuvカットの効果がついているのですが、

日傘は本来、影を作るための「日除け」としてのアイテムでした。

そのため、今でもuvカットの効果が付与されていない、

日除け用の日傘も一部出回っています。

日傘でuvカットをしたい場合は、

まずはその効果がきちんとある日傘なのかどうかを確認しておきましょうね。

 

そして、uvカットの効果がある日傘にも、大きく2つ種類があります。

一つは、uvカット素材の日傘です。

こちらは、日傘に使用されている素材そのものがuvカットの効果を持っているもので、

日傘に穴があいたりしない限りは、基本的に何年でも使い続けることができます。

買い換えどきを気にせず使っていても大丈夫、ということになります。

 

もう一つは、uvカット加工の日傘です。

こちらは、ただの遮光性がある素材で日傘を作り、

その上からuvカット効果のある薬剤などを塗布したり染み込ませたりしたものです。

uv加工の日傘では使っているうちに徐々に薬剤が落ちてきてしまうので、

寿命を迎える前に定期的な買い換えが必要になります。

 

uv加工の日傘のuvカット効果が低下するまでの期間としては

一般的には2~3年と言われていますので、買い換えどきもこのくらいの期間になります。

何年も同じ日傘を使っているという場合は、

もしかしたらその日傘のuvカット効果は

すでに寿命を迎えている可能性がありますのでご注意ください。

 

ちなみに、遮光とuvカットは別物なので、

日光を防いでいるからuv対策も大丈夫、というわけではありません。

すでにお気に入りの日傘になっているのかもしれませんが、

uvカット効果は2年前後が寿命ですので、

遮光性が保たれていてもそのあたりが買い換えどきと言えるでしょう。

 

また、この買い換えどきは2年~3年という目安は、

きちんと大切に日傘を使ったときの場合です。

雨傘としても使っていたり、汚れを取るために擦っていたりした場合には、

さらに短い期間で効果が半減すると言えるでしょう。

夏の強すぎる紫外線も、寿命までの期間を短くする原因です。

 

通勤などで毎日日傘を使っているという方は、

2年と言わず毎年買い換えるくらいの気持ちでいると良いかもしれませんね。




スポンサーリンク






日傘の寿命・買い換えどきを伸ばすには?

uvカット加工の日傘は、定期的に買い換える必要があると言いましたが、

uvカット加工の劣化は見た目にはほとんどわかりません。

買い換えどきのタイミングがわかりにくいというのが、難しいところなのです。

 

寿命の目安は2年前後ですが、

きちんと日傘のケアをしておけばその期間を伸ばすことが可能ですので、

参考にしてみてください。

 

まず、uvカット加工の日傘の扱い方ですが、

雨に濡らしたり、水洗いは厳禁です。

晴雨兼用の日傘なら多少の雨に濡れても問題はありませんが、

それでも日傘の生地に余計な負担をかけていることには変わりありません。

雨の日用の傘は別に用意しておくのが安心でしょう。

 

また、傘の開閉時の摩擦でも加工は落ちていきますので、

開閉もあまり生地に負担をかけないようにゆっくり行い、

普段から表側の生地にはあまり触れないようにしましょう。

 

そして日傘の保存は、日の当たらない涼しい場所にしましょう。

間違っても車の中に置きっぱなし、なんてことは避けましょうね。

夏場の車内はかなりの高温になりますので、生地を痛めてしまいます。

 

ちなみに、傘のuvカット効果を長持ちさせるスプレーというのもあります。

傘の生地にスプレーすることで、uvカット加工を上塗りすることができます。

1ヶ月~2ヶ月に1度、こまめにスプレーすることで

uvカットの効果を長持ちさせ、買い換えどきを伸ばすことが可能です。

 

衣類、布用紫外線カットスプレー

布製品にスプレーするだけでuvカット効果、色あせ防止効果が得られます。

お気に入りの日傘の寿命を延ばすためにも、こまめにスプレーしましょう。

綿100%の生地でuvカット率99%、ポリエステル100%の記事で95%、

アクリル100%の生地で94%となっています。

 

日傘以外にも、帽子やスカーフ、カーテンなど身の回り品に

uvカット効果をつけられるので、日焼けを気にする方はぜひ持っておきましょう。




スポンサーリンク





関連記事:日傘の黄ばみや汚れの落とし方は?手入れの仕方や洗い方を解説!

オススメの日傘をご紹介!

日傘の基本的な知識を押さえて貰ったところで、

ここからはオススメの日傘を紹介していきますよ!

 

makez.

晴雨兼用でuvカット効果付きの日傘です。

ジャンプ傘と折りたたみ傘の2タイプから選ぶことができますので、

好みに合わせて選びましょう。

遮光率、uvカット率共に100%の1級遮光ですので、効果は申し分ありません。

 

また、強風を受け流してひっくり返っても元に戻りやすい特殊構造が採用されているのも、

安心できるポイントですよね。

直径もジャンプ傘で99cm、折りたたみカサで96cmと大きめなので、

守りたい肌をしっかり守ってくれます。

 

ひんやり傘

uvカットだけでなく、太陽光、太陽熱もカットしてくれる日傘です。

表面のシルバーコーティングがその秘密で、

一般的な日傘に比べて、傘内側の温度が15分後には12度以上も差が生まれます。

uvカット以外にも暑さ対策で日傘を使いたいという方には大変おすすめです。

 

5000件を超えるレビューが、

この傘でいかに多くの方が満足しているかを物語っていますよね。

特に、まるで木陰にいるようだという涼しさが評判を呼んでいます。

男女も兼用しやすいカラー展開で、7色の中から選ぶことができます。




スポンサーリンク





関連記事:晴雨兼用日傘の汚れの落とし方や手入れ方法は?折りたたみでおしゃれな商品は?

最後に

いかがでしたでしょうか。

いくらお気に入りの日傘だと言っても、

uvカット加工の日傘の場合、何年も使っていれば寿命を迎え、

そのuvカット効果は失われてしまいます。

 

uvカット効果を長持ちさせるようになるべく日傘は大切に扱い、

適宜uvカットスプレーのようなものを使うと良いでしょう。

 

また、少し値は張りますが

uvカット素材の日傘を使うというのも、1つの手です。

何本もuvカット加工の日傘を買い換えるくらいなら、

一生使える1本を真剣に選んでみるのも、良いかも知れませんね。





スポンサーリンク


サブコンテンツ