上野公園花見の場所取りのコツ!時間や平日・土日について詳しく解説!

春が近づいてくると、桜の情報に敏感になる方も多いのではないでしょうか?

桜と聞くと、すぐにお花見を連想してしまうのが私たち日本人ですよね。

お花見と言うと、参加するほうにとっては楽しいイメージしかありませんが

その裏には、場所取りという大きな努力が欠かせません!

しかも、人気の花見スポットならなおさらです。

 

東京都内での花見といえば、上野公園が大人気。

今年は上野公園で花見をしてみたいと思っている方もいますよね!

人気スポットならではの場所取りのコツがあるので、

今日は平日、土日の場合についてまとめてみました。

ぜひ、参考にしてみてください!




スポンサーリンク





上野公園の花見は場所取り必須?平日の場合はどうする?

平日だからまぁいっか・・・とのんびりかまえていてはいけません!

上野公園は花見をするのが平日の夜であっても、

もちろん天気や時期にもよりますが

場所取りは必須!と断言できます。

 

お花見の場所取りの仕事と言えば、

会社なら若手社員に任されることが多いでしょう。

場所取りもある種、大切な業務のようになっているところもあるので

ここでミスをするわけにはいきませんよね!

 

いつ行けばいいんだろうと迷うでしょうが、

平日の場合であれば時間としては、始発で行けば十分。

むしろ時期によっては、早すぎるくらいなので

気合を入れすぎると拍子抜けしてしまうかもしれませんね。

 

ただし、会社でのお花見など目上の方が参加するイベントであれば

いい場所が取れるに越したことはないので、

始発とは言わないまでも、できるだけ早めに行くことをおすすめします。

出社前に行っておくのが無難でしょう。

 

ちなみに上野公園の入園可能時間は朝5時からになっています。

始発で向かった場合にはちょうどそのくらいの時間帯になるでしょう。

上野公園に限ったことではありませんが、管理されている公園や施設なら

入園・入場時間に関しての規定があるので、必ずチェックしておきましょう。

 

そして、会社のお偉い方や上司が参加するような花見の場合は

できれば事前に下見に行って、狙う場所を決める必要があります。

 

トイレやゴミ箱にあまり近すぎてもいけませんし、

意外と見落としなのが、地面のデコボコ。

これは目で見ただけの印象と、実際に座ったときの感触が全然違うので

入念にチェックすることをおすすめします!




スポンサーリンク





上野公園の花見、土日の場所取りのコツは?時間はいつから?

さて、平日の場合にはそこまで気合を入れなくてもよさそうですが

土日となると状況は全く変わります!

はっきり言って、土日は当日行っても場所はありません。

ということは、前日からの場所取りがマストということになりますね。

 

ですが、ここで問題になるのは上野公園の入園時間と規定です。

上野公園は朝5時~夜11時までと入園時間が規定されており、

この時間外は立ち入り禁止となっています。

やはりこのルールは守らなければなりません!

 

夜中の間はとくに取り締まりはなされていないようですが、

ホームレスの人がいたり、なんらかのトラブルに遭う可能性もあるので

公園内に残ることはやめましょう。

 

この時間帯にしたがって行動することになれば、

前日の夜11時までに場所を定めて、取っておく必要がありますね。

そして、朝5時にまた戻ってくるのが安心です。

かなりハードに思いますが、土日はここまでする必要があります。

 

では夜11時までに場所を取るために、

何時くらいに上野公園にスタンバイすればいいかというと

だいたい夜8時頃には一度行って、その日にお花見をしている

人たちがいるかどうかを見ておくといいですね。

そしてそのグループが花見を終える頃を見計らって戻りましょう。

 

しかしながら、同様の作戦を取っているライバルが多数いる可能性があります。

せっかく頃合を見計らって行っても、すでに取られてしまっている場合もあるので

そういった絶望感を味わわないためにも、勇気を出して先のグループの幹事と

この後、場所を譲ってもらえるよう話をつけておくのがベストな方法です。

 

お酒が入ってからだと、後々約束が違うとなりかねませんので

話をするなら、なるべく早い時間帯の方が安心かもしれませんね!

これで場所の確保はほぼ完了です。

 

上野公園の清掃は、朝7時ごろなので必ずそれまでには場所に戻り

ブルーシートなどが撤去されないように気をつけましょう!

ちなみに場所取りは絶対ひとりでは無理です。

トイレに行きたくなったら困りますし、

万が一隣のグループとトラブルになった時の対応も、複数人いた方が安心。

 

しかも土日の場所取りは夜間や早朝のの行動なので、

万が一のことを考えると、あまり女性だけで行うのはおすすめできません。

できれば男性複数人で行動することをおすすめします!

しかしお花見のメンバーに女性がいる場合には、女性の意見を取り入れることも大切。

場所取りメンバーに女性がいてくれると心強いですよ!

 

桜の季節と言っても、朝晩はまだまだ冷える時期。

そんな中でじっとしているのは非常に辛いです!

やはりあって助かるのは、カイロですね。

 

しかも手先が冷えることが多いので、貼らないタイプのカイロがおすすめ。

多めに買っておいて、花見の場で女性陣に配ってあげると喜ばれますよ!

 

待機中の冷えや、花見中の寒さを少しでも和らげたいですよね。

レジャーシートをこういったアウトドア用のものにするだけで、

かなり体感が違います!

 

冷機を遮断してくれる素材が足元の冷えを軽減してくれますし、

防水素材になっているので、雨が降った後のお花見でも安心です!

関連記事:お花見の持ち物リスト!あると便利なものやデート・子供連れの場合は?




スポンサーリンク





花見の場所取りにはコレを用意しておこう!

熾烈な場所取り合戦は、時間も大切ですが

自分たちのスペースとして確保した場所をしっかり保っておくことも重要。

それには、ありきたりなブルーシートだけではちょっと不安です。

 

場所取りの前には、シートの他にコレを準備して臨みましょう!

画用紙

太いマジック

ダンボール

おもり用のペットボトル(水が入ったもの)

 

なぜこんな工作道具のようなものが必要かというと、

自分たちが確保していることを、周りの方にしっかり知らせる必要があります!

画用紙に大きく名前(もしくは会社名)を書きましょう。

そしてそれをダンボールに貼り付け、目立つように置いておきます。

ビニールシートが飛ばないように、四隅をペットボトルで固定して完了。

 

おもりはペットボトルである必要はありませんが、

大きな石は探してすぐ見つかるものでもありませんし、処分も面倒。

ペットボトルならすぐに捨てられるので簡単ですよ!

 

こういったセッティングは前のグループが花見を終えたあとからすぐに行い、

夜11時間前に終わらせる必要があるので若干焦ります。

もし前のグループが片付けに手間取っているようなら、

手伝った方が手っ取り早いですよ!

そのために、軍手や使い捨てのゴム手袋を持参しておくとベター。

 

多少ゴミが残ってしまうかもしれないので、この時点でゴミ袋も

持って行っておくといいかもしれませんね。

ここまですれば、前のグループも快く場所を譲ってくれるでしょう。

関連記事:目黒川の花見2018の屋台!期間や場所・時間についても詳しく解説!




スポンサーリンク





最後に

いかがでしたか?

上野公園の場所取りは、それだけで一大イベントになるので

しっかり準備をして向かいましょう。

 

最近のお花見の場所取りは、情報戦になっているところもあるので

天気予報や開花情報、そしてTwitterで最新の様子をチェックしつつ

地道に場所を取りましょう!

希望の場所をゲットして、素敵なお花見を楽しんでください!

関連記事:バーベキューの食材ランキング!人気でおすすめの食材をご紹介!





スポンサーリンク


サブコンテンツ