潮干狩りの時期2018年はいつ?関東と関西について詳しく解説!

2018年も新たにスタートしましたね。

「2018年は〇〇をするぞ!」と目標を立てている方も多いのではないでしょうか。

 

最近はその中で、定年後の為に趣味の幅を広げる方が増え

農作業や陶芸教室など「体験型レジャー」をする事が流行っていますが

その流れで潮干狩りも人気を盛り返しつつあります。

ですから今年は「〇〇をするぞ!」の中に「潮干狩り」を入れてみてはいかがでしょうか。

 

そこでここでは、2018年の潮干狩りのオススメの時期はいつなのか、

関東と関西について詳しく解説します。

 

「2018年、今年こそ潮干狩りに行くぞ!」という方はぜひ参考にしてくださいね。




スポンサーリンク






潮干狩りの時期はいつ?

まず、潮干狩りの時期はいつなんでしょうか。

 

「潮干狩りの時期は?」と言われると、

潮干狩りができない時期があると思われがちですね。

 

ですが潮干狩りは名前の通り「潮が引いたら狩りをする」もので、

潮は毎日引くものなので実は潮干狩りはやろうと思えば1年中できます。

 

と言っても冬は寒すぎて潮干狩りなんかするどころではありませんし、

潮が引く時間が短ければ短時間しか潮干狩りができません。

 

また、人が少ない時期は潮干狩りを中止している会場もあります。

ですから、1年中できると言っても「潮干狩りがしやすい時期」というのはあるんです。

 

では潮干狩りがしやすい時期はいつなのかというと、3月~5月頃までです。

 

なぜこの時期かと言うと、

潮干狩りは1日の中でも潮が引く「干潮」の時期にさっと海に入り、しばらくして

潮が満ちてくる「満潮」の前にさっと海から出て行く時間の限られたレジャーです。

 

この「干潮」と「満潮」の時間や程度は日によって変化し、

干潮が短く満潮が早い時もあれば、干潮が長く満潮が遅い時もあります。

 

潮干狩りをいつするかと考えるなら、できるだけ干潮の時間が長く、

遅くまで浜辺にいられる時がいいですよね。

それが3月~5月の間という訳です。

 

3月~5月なら気温も海水もそこそこ温かくなってる時期ですから

潮干狩りもやりやすいのではないかと思います。




スポンサーリンク






関連記事:潮干狩りのあさりの持ち帰り方!冷凍保存の方法や保存期間についても詳しく解説!

2018年潮干狩りの時期、関東はいつ?

実は潮干狩りの時期は3月~5月と言っても、日本は東西南北に細長いので

関東と関西では若干「潮干狩りに最適な時期」というのはズレがあります。

 

そこでここでは関東で潮干狩りをする時の時期に焦点をあてて

みていきましょう。

 

潮MieYell(しおみエール)というサイトには

全国の潮干狩りに最適なシーズンが記載されています。

 

ここでは3月~5月の間で潮干狩りに最適だとされている

関東地区を代表して東京の日にちを抜き出してみます。

 

東京の3月~5月の潮干狩り最適日はいつ?

3月3日(土)~8日(月)

3月17日(土)~24日(土)

3月31日(土)

 

4月1日(日)~6日(金)

4月14日(土)~22日(土)

4月28日(土)~30日(月)

 

5月1日(火)~6日(日)

5月13日(日)~21日(月)

5月27日(日)~31日(木)

 

こうしてみると意外と多いですよね。

しかも土日とかぶっている日も多数あるのでかなり行きやすいと思います。

関連記事:潮干狩りの持ち物リスト!子供連れの場合やあると便利な持ち物もご紹介!

2018年潮干狩りの時期、関西はいつ?

次は関西の潮干狩りに適した時期を見ていきましょう。

関西地区では代表して大阪を見ていきたいと思います。

 

大阪の3月~5月の潮干狩り最適日はいつ?

3月3日(土)~6日(火)

3月17日(土)~21日(水)

3月31日(土)

 

4月1日(日)~5日(木)

4月14日(土)~20日(金)

4月28日(土)~30日(月)

 

5月1日(火)~4日(金)

5月13日(日)~19日(土)

5月27日(日)~31(木)

 

時期は東京とほぼ同じですが、若干日にちがズレている日がありますね。

ですがこちらも土日を多く含んでいるので2018年は潮干狩りがしやすい年だと言えます。

 

潮MieYell(しおみエール)は他にも日本全国の

潮位表が載っていますので、気になる方はぜひ調べてみて下さいね。




スポンサーリンク





関連記事:潮干狩りの服装!女性でオシャレなのは?子供は水着がいい?

潮干狩りにおすすめグッズ♪

 

ではここで、潮干狩りにおすすめのグッズを紹介します。

潮干狩りの道具と言えばまずこれ、「クマデ」ですよね。

 

クマデというとフォークのようなものをイメージしますが

こちらはさらに網がついており、掘った貝を取り逃さないような仕組みになっています。

 

ですから掘った貝が隙間から出て行ってしまう事もありません。

 

また、潮干狩りは中腰やしゃがんだ姿勢で行いますので

何回も同じ場所を掘るのは腰に負担がかかってしまいます。

 

ですがこちらのクマデなら一回でしっかり掘れますし貝も確保してくれるので

とても使いやすいですよ。

 

もし大量の貝を素早く取るなら簡単にサクサク掘る事ができる、

この網付きクマデを使ってみてください。

 

 

潮干狩りで取った貝は、ぜひ持ち帰って家で食べたいですよね。

貝の基本の調理方法は「貝が生きている内に調理する」です。

 

ですから貝を家まで生かして帰る為に、きちんと持ち帰る用の道具を用意しましょう。

そこで便利なのがクーラーボックスです。

 

こちらのクーラーボックスは小さくてあまり場所も取りませんし、

ショルダーベルトがついているので肩にかける事ができ、持ち運びも簡単です。

 

クーラーボックスなら中の水が零れる事もなく、

また安定している為中が揺れて貝が傷つく事もあまりありません。

 

値段も安いので、採った貝を家で食べたいなら

ぜひこちらのクーラーボックスを持って行ってくださいね。

 

 

潮干狩りというとクマデの他に採った貝をその場で入れる「バケツ」も必需品ですよね。

でもバケツって、その時は便利ですけど使わない時はとても邪魔になってしまいます。

 

そこでおすすめなのが、こちらの「潰せるバケツ」です。

このバケツは使わない時は押すと平べったくなりますので場所を取りません。

 

潮干狩りは家族や友達同士など数人で行く事も多いと思いますが、

たとえ数人分用意したとしても持ち運びが楽です。

 

潮干狩りというのは道具が色々いりますから、

コンパクトにできるものはできるだけ小さくしていきたいですよね。

 

ですから荷物をできるだけ簡単にして

身軽に行きたい方におすすめのバケツです。




スポンサーリンク





関連記事:潮干狩りのコツ!ハマグリやあさりの取り方や道具について詳しく解説!

最後に

潮干狩りの時期は、3月~5月がオススメです。

ただその中でも潮干狩りがやりやすい時期というのは関東と関西で若干違いがあります。

 

ですが2018年は関東も関西も土日が入っている事が多いので

家族や友人同士で行ける機会も多いはずです。

 

潮干狩りはその時を楽しむだけでなく、

採った貝を食べられるというお土産付きなのが嬉しいですよね。

 

採った貝をみんなで調理して食べればそれも楽しい思い出になるでしょう。

もし貝が全然採れなくても、それはそれで面白い話のネタになると思います。

ぜひ2018年は潮干狩りに挑戦してみてくださいね。





スポンサーリンク


サブコンテンツ