引っ越しの心付けの金額相場はいくら?袋や渡し方についても詳しく解説!

昔から、引っ越しの際には業者さんに心付けという、

いわゆるチップのようなものを払うという習慣があります。

しかし、最近ではそのような場面を見る機会も減ってきています。

引っ越し業者の方に聞いてみても、「必要ありません」という返答や、

「お任せします」と言われる場合もあるようです。

 

引っ越しをする機会も頻繁にあるものではないので、

世間一般ではどのような対応が常識なのか、よくわからない人も多いと思います。

また、いざ渡すとしてもいくらくらいが相場なのか、

渡し方やタイミング、どのような袋に入れて渡すのがいいのかなど、

疑問は多くありますよね。

 

今回は、引っ越しの際の心付けの相場や渡し方など詳しく解説していきます。




スポンサーリンク






引っ越しの際の心付けは必要?金額の相場はいくらくらい?

引っ越しの時に心付けを渡す必要があるのかどうかと悩んでいる方もいると思います。

結論から言うと、どちらでもいいようです。

 

大手の引っ越し業者であれば、

「サービス料」などとして料金に含まれている可能性もあります。

また、心付けなどは受け取らないと徹底して指導されている場合もあります。

要するに、心付けというのは、

あくまで作業してくれている人への気遣いや感謝を伝える方法の1つということなのです。

 

実際、引っ越しの際の心付けを渡すときの金額は

いくらぐらい渡すのが相場なのかと言うと、

一般的な相場は作業員1人に対して1000円前後と言われています。

単身の場合だと、引っ越し業者は多くても2~3人くらいだと思いますので、

金額は2、3000円ということになります。

 

もちろんあくまでも相場ですので、500円ぐらいでもいいですし、

逆に1000円以上渡しても問題ありません。

しかし、あまりにも高い金額の心付けを渡してしまうと、

逆に受け取ってもらえない可能性もあります。

あくまでも気持ちですので、常識の範囲内で対応するのが良いと思います。




スポンサーリンク






引っ越しの心付けの渡し方やタイミング!

心付けの相場がいくらくらいか分かっても、

実際に引っ越し作業の中で渡すタイミングも難しいですよね。

引っ越し料金自体は、事前に払っている場合や、

作業が全て終了してから払う場合などがありますよね。

 

心付けも、作業が終わった時に料金と一緒に渡すのがいいのかな、

と思うかもしれませんが、実はそうではありません。

正確な決まりがあるわけではありませんが、

心付けを渡すならば、作業が始まる前に渡すのが良いとされています。

 

今日はよろしくお願いします、という意味を込めて最初に渡すことで、

作業している方のモチベーションもあがり、

丁寧に頑張ろうという思いが湧いてきやすいかもしれませんよね。

 

また、作業の前に心付けを渡すという行為をとることで、

一人一人と挨拶してコミュニケーションをとることもできます。

作業が始まってしまうと、バタバタしてしまい、

言葉を交わすタイミングも無くなってしまうので、

先に感謝や労いの言葉をかけておくとよりスムーズに作業が進む可能性があります。

 

また渡し方ですが、業者さんの責任者の方にまとめて渡しても良いのですが、

実は責任者の方がその他の作業員の方に渡さないなんて場合もあるようです。

作業中につい忘れてしまうということもあるようですので、

渡す際には一人一人に直接渡す方がいいと思います。

 

責任者の方にまとめて渡す場合には、

その他の作業員の方もいる場面で渡すのが良いと思います。

そうすることで、心付けを渡したということも全員に知ってもらうことができます。

 

しかし、せっかく心付けを渡したのに、対応があまりよくなかった、作業効率が悪かった、

荷物を丁寧に扱ってもらえなかったなど、不満を感じてしまう可能性もありますよね。

そういう可能性も考えて、心付けは最後に渡したいと思う方もいると思います。

サービスに応じて心付けを決めるという場合なら、最後に渡しても問題ありません。




スポンサーリンク





関連記事:引っ越し祝いののしの書き方!表書きや連名の名前・水引について詳しく解説!

引っ越しの心付けは直接渡す?袋に入れる?

心付けとして、引っ越し業者の方にお金を渡す場合には、

どのような渡し方がいいのでしょうか。

何か袋に入れて渡した方がいいのか、悩みますよね。

 

渡し方としては、現金をそのまま手渡しするのではなく、

ポチ袋など小さめの袋に入れて渡すようにしましょう。

自宅に無地の封筒などがあれば、それでも大丈夫です。

 

ポチ袋というのは、お正月にお年玉を入れて渡す際など、

少ない金額のお金を渡す時に使われます。

表に、「御礼」などと一筆書いておくと、良いでしょう。

 

心付け用ぽち袋

引っ越しの心付けにも使える少額用のポチ袋です。

水引も入っているので、失礼に当たることもありません。

余裕があれば表に御礼などと書いておけば、OKです。

日常でも少額を包むときに使えますので、

数個家に置いておくと便利ですよ。

 

長形4号封筒

ポチ袋でなくても、こういった無地の封筒でもOKです。

こちらの方が汎用性も高く、使いやすいかと思います。

こちらの封筒は厚手タイプなので、

渡した後の作業中にポケットにいれておいても、破れたりする心配はありません。

 

また、予定していた人数よりも多く作業員が来る場合もあるので、

いくらか少し余分に用意しておいたほうがいいかもしれませんね。

 

心付けは、金額にして一人あたり1000円程度渡したとしても、

数人いれば何千円にもなってしまいます。

お礼の気持ちを伝えたくても決して安くない金額なので、

なかなか難しいと思う方もいるでしょう。

 

そのような場合には、現金ではなく差し入れでも良いと思います。

飲み物やお菓子など、あまり負担にならないようなものであれば、

気持ちよく受け取っていただけるはずです。

 

夏場だと、冷たい飲み物などは特に喜ばれると思います。

飲み物を渡す場合には、それぞれの好みもあると思うので、

水やお茶、スポーツドリンクなどが定番になります。

 

そのほか、最近では、商品券やクオカードなどを渡す場合も多くなっているようです。

1枚500円程度から購入することができますし、

コンビニなどで手軽に手に入れることができることからも

特に若い世代の間では多く利用されています。

 

全国百貨店共通商品券

心付けとしての現金は受け取れない、と断られる場合もあります。

それでもどうしても渡したいと言うときは商品券がオススメです。

今ではネットでも簡単に購入することができるのです。

店を選ばない商品券であると、貰った側も困らないので、

商品券を買うならこういった共通商品券を用意しましょう。

 

心付けは、あくまでも、相手に対する労いや感謝の気持ちなので、

金銭的に余裕がないのに無理に渡すという必要はありません。

しかし、何か渡したいという思いでも手作りのお弁当を渡すなどということは、

返って相手の迷惑になってしまうこともあります。

仕事の最中で、時間が無く、食べることができない場合や、好き嫌いもありますので、

差し入れは飲み物程度にとどめておくのが良いと思います。




スポンサーリンク





関連記事:引っ越しはがきおしゃれで安いのはコレ!例文・書き方のコツもご紹介!

最後に

引っ越しの際の心付けは、必ずしも渡さなければいけないというわけではありません。

いくらでも良いですし、もし渡していないからと言って対応が悪くなったり、

作業が手抜きされるということもありませんので、安心してください。

 

しかし、作業している側も人間ですから、

何か心付けがあれば、多少のモニベーションに関係することもないとは言い切れません。

金銭的に余裕がない場合でも、

飲み物を渡すくらいの気持ちはあってもいいかもしれませんね。





スポンサーリンク


サブコンテンツ