お彼岸のお墓参りの意味や理由は?花のマナーについても詳しく解説!

お墓参りをする時期と言うのは、お家によってそれぞれの習慣があるかと思いますが、

「お彼岸」は欠かせない行事となっているお家もありますよね。

 

しかし、お彼岸の本来の意味はご存知ですか?

そしてお彼岸にお墓参りをする理由は?

私は恥ずかしながら、家の習慣になっていたので、なんとなく続けていました。

 

ですが、正しくお彼岸を知っておくことによって

守るべきマナーなども分かってくるので、お墓参りへの心持ちも変わります!

今日はお彼岸の意味をはじめ、お墓参りをする理由やマナーなどをまとめました。

ぜひお彼岸の意味を知って、次のお彼岸を迎えましょう。




スポンサーリンク






お彼岸の本来の意味を知っておこう!

そもそもお彼岸の時期はいつだっけと思っていませんか?

お彼岸は3月の春分の日と、9月の秋分の日の前後3日間の計7日間を指しています。

現在ではこの時期に行われる仏事を指す言葉としても「お彼岸」が用いられています。

 

実は私は子供の頃に、お彼岸は彼岸花に由来していて、

秋の時期だけだと勝手に思い込んでいたので

かなり大人になるまで、お彼岸が1年に2回あるのも知りませんでした・・・

 

それでは次に、お彼岸の由来を見ていきましょう。

「彼岸」という言葉は、仏教の思想から来ていることをご存知でしたか?

彼岸の本来の意味は、煩悩を脱した悟りの境地を指す言葉なんです。

 

そして、私たちの住んでいるこの世界を此岸(しがん)と言い

仏様の住む、向こう側の世界を彼岸(ひがん)と呼んでいます。

ちなみに此岸と彼岸をへだてているものは、三途の川と言われています。

三途の川というのは、生死をさまよった時を表す表現としてよく聞く言葉ですよね!

 

彼岸というのは、サンスクリット語(梵語)で

「此の迷いの岸である現実の世界から、彼の悟りの岸である仏の世界へ到達する」

という意味もあり、悟りを開けるようにという仏道修行の意味や

普段は修行をしていない人でも、西の太陽に祈りを捧げることによって

煩悩を払っていたそうです。

 

では、どうして春分の日と秋分の日が関係があるかと言うと

その中日には、太陽が真東から出て真西に沈みます。

これによって、此岸と彼岸が一番近くなる、通じやすくなる日と考えられているのです。

言い方を変えると、この世とあの世が最も近づく日ということにもなります!

 

では、お彼岸の言葉の由来と意味がわかったところで

お墓参りをする理由を見ていきましょう!




スポンサーリンク






お彼岸にお墓参りをする理由は?

お彼岸の時期にお墓参りをする理由は、お彼岸の言葉の意味に関係しています。

先ほどご紹介したように、お彼岸は春分の日と秋分の日にあたり

太陽の軌道から「この世とあの世が最も近づく日」と考えられています。

つまり、この世にいるあなたと亡くなったご先祖様の距離も一番近くなるのです。

 

この理由から、ご先祖様を供養する、もしくは亡くなった故人を偲ぶ日と

されているので、仏事やお墓参りが盛んに行われるのです。

 

ご先祖様を供養するという点を考えると、

お盆が最もお墓参りをする人が多いのではないでしょうか?

ここで、お彼岸とお盆の違いって何?と思いますよね。

 

簡単に説明するとお盆と言うのは、ご先祖様や肉親の精霊がこの世に帰ってきて

家族と共に時間を過ごし、再びあの世に帰っていく期間のことです。

そしてお盆はご存知の通り、年に1度しかありませんね。

 

ご先祖様を偲び、供養すると言う大きな意味や趣旨は変わりませんが

お盆は生前のご恩に感謝をして供養するという日になりのです。

しかし、お彼岸というのは中日はご先祖様に感謝する日ですが、

その前後3日間は六波羅蜜を学ぶ期間と言われています。

 

この六波羅蜜というのは、こちらの6つを指しています。

布施(他人に施しをすること)

自戒(戒を守り、反省すること)

忍耐(不平不満を言わず、耐え忍ぶこと)

 

精進(精進努力すること)

禅定(心を安定させること)

智慧(真実を見る知恵を働かせること)

 

お彼岸の時期にはご先祖様を供養するお墓参りだけでなく、

こういった人間が生きていくうえで、正しい行いをするための考え方を学ぶ

大切な期間であるともされているんですよ。

 

最近では、お寺によっては地域とのコミュニケーションをはかる目的で

おはぎやぼたもちを食べながら、六波羅蜜をお話しする会を催していたりもします。

興味がある方は、近くのお寺やお墓のあるお寺で聞いてみるといいでしょう!

 

ちなみにお彼岸に、おはぎやぼたもちを食べるのは、

あずきが悪いものを祓ってくれるという効果があると考えられているからなのです。

おはぎとぼたもちは、実は同じ食べ物で季節によって呼び分けているだけ!

春分の日にはぼたもちを、秋分の日にはおはぎを食べましょう。

 

そして、春には食物の成長を願いながら、秋には食物の収穫に感謝しながら食べ、

ご先祖様への供養を行うのもひとつの方法とされています。

 

せっかくなので、あずきから手作りしてみませんか?

北海道・十勝産の良質なあずきなので、美味しいおはぎ、ぼたもちができます!

余ってしまったら、あずきカイロにも利用できるので

冷え性や肩こりが気になっている方は試してみてください。

 

あずきと熱湯だけで作る、あずき水はダイエットに効果あり。

手軽にダイエットを始めたい方にもおすすめです。




スポンサーリンク





関連記事:お墓掃除の方法!墓石の黒ずみ・水垢・苔などの汚れの落とし方!

お彼岸に備える花は?マナーはある?

お彼岸にお供えする花は、結論から言うと決まりはないんです!

もちろん地域やお墓によって風習があるところもありますが、

お花屋さんで販売されているお墓参り用のお花でOK。

 

季節によりますが、菊やアイリス、スターチス、カーネーション

ガーベラ、トルコキキョウなどが売られていることが多いでしょう。

もし迷ったら、お花屋さんに方に聞いてみるといいですよ。

 

とくに地域に決まりがなく、お家の習慣などもないようであれば

故人が好きだった花、色をお供えしてもいいので、そういったお花を準備するのも

気持ちが伝わるので良いとされています。

 

しかし、1点注意しないといけないのは、

バラのようにトゲのある花は好ましくないとされています。

その他、実際にお墓にお供えしてみて違和感のあるような花は避けるのが無難でしょう。

 

そしてお墓参りの服装ですが、お墓参りだけなら普段着で全く問題ありません。

法要の後なら、もちろん礼服のままで大丈夫です。

黒っぽい服装が望ましいとしているお家や地域などもあるようなので、

そこは風習や習慣に合わせた格好をしましょう。

あとは、お花とお線香、数珠、お供え物を忘れず持てばOK。

 

年齢を重ねるにつれて、仏事への出席も増えてきますよね。

冠婚葬祭に備えて、自分の小物はそろえておくといざという時に慌てません。

ぜひ、数珠も自分専用のものをひとつ持っておきましょう。

 

こういった上品な藤色はいくつになっても使えるので、

ひとつあると末永く使えますよ。

数珠袋もついているので、保管にも便利です。




スポンサーリンク





関連記事:春彼岸の期間2018年はいつ?お供え物はなにがいい?

最後に

いかがでしたか?

お彼岸の意味や、お墓参りをする意味が理解できたでしょうか。

これで次のお彼岸の時期には、気持ちを新たにご先祖様を供養できますね。

 

普段なかなかお墓に行く機会がないと言う方でも、

お彼岸は春も秋も気候のいい時期になります。

ぜひ、お出かけついでにお墓に立寄ってみてはいかがでしょうか。

他の仏教国にはない日本独特の文化なので、正しく理解して大切にしていきましょう!





スポンサーリンク


サブコンテンツ