春彼岸の期間2018年はいつ?お供え物はなにがいい?

彼岸には春と秋で2種類があり、それぞれ春彼岸と秋彼岸と呼びます。

どちらも先祖を大切に思うことで供養をし、

極楽浄土へ導くという目的があるのです。

 

しかし、彼岸というものはなんとなく知ってはいるのもの、

いったいその期間がいつなのか、お供え物は何が良いのか

よくわからないという方も多いですよね。

 

今回は、そんな春彼岸の期間がいつなのか、

お供え物の作法について解説していきます。

ご先祖様を正しく供養するためにも、

春彼岸の期間に入る前にしっかり押さえておきましょう。




スポンサーリンク






春彼岸ってなに?お供え物はなにが良い?

そもそも彼岸とは、仏教の言葉でご先祖様のいる世界(極楽)を指す言葉です。

対して私たちが住む世界を此岸(しがん)と呼び、

彼岸は西に、此岸は東に位置するとされています。

 

また、春分の日と秋分の日には、太陽が真東から上り真西に沈むということで、

彼岸と此岸がもっとも通じやすい日と考えられており、

先祖の供養をするようになりました。

 

春彼岸とは、そのうちの春分の日の彼岸のことを指します。

春分の日を中日として前後3日間を合わせて、計7日間で執り行われる仏事になります。

前半の3日間は彼岸の入り、後半の三日間は彼岸の明けと呼ばれています。

 

ちなみに、秋分の日の彼岸を秋彼岸と言い、

春彼岸と同様に前後3日間と合わせて7日間で仏事が執り行われます。

 

春彼岸では、お盆のように何かの行事や飾りつけを行うことはしませんが、

先祖の供養のため、お墓参りをするのが一般的です。

お墓の掃除をしたり、先祖に想いを馳せると良いでしょう。

 

春彼岸でのお墓参りのお供え物としては、「ぼたもち」が定番です。

ぼたもちは「牡丹餅」と書き、春に咲く牡丹の花が由来です。

もち米などを炊いて潰したものを丸め、きなこやあんこで包んだもので、

お供え物としてよく見られると思います。

 

よく「おはぎ」との違いが問題になりますが、

おはぎは「お萩」と書き、こちらは秋に咲く萩の花が由来です。

実はぼたもちもおはぎも材料や作り方は同じで、

作る季節が違うことから名前を変えるようになったと言われています。

春彼岸のお供え物はぼたもち、秋彼岸のお供えものはおはぎと呼ぶというのが正解です。

 

また、お墓参りの際にはお供え物するということも大切ですが、

お墓の掃除をして先祖に感謝するというのも大切です。

墓石を綺麗に洗い、ゴミ拾いや周りに生えている雑草を抜いたら、

お花や線香、ぼたもちをお供えし、手を合わせましょう。

 

ぼたもちはそのまま置いておくとカラスや虫のたまり場になってしまいますので、

すぐに片付けて持ち帰るのがマナーです。




スポンサーリンク






2018年の春彼岸の期間はいつ?

それでは、2018年の春彼岸の期間がいつかを確認しておきましょう。

2018年の春分の日は3月21日ですので、春彼岸の中日は3月21日になります。

前後3日間が春彼岸ですので、

春彼岸入りは3月18日、春彼岸明けは3月24日ということですね。

 

ちなみに、春分の日、秋分の日は日付であらかじめ決まっているものではなく、

国立天文台が作成する歴象年表に基づいて毎年閣議で決定されます。

毎年2月1日に、翌年の春分の日と秋分の日の日付が発表されます。

そのため、春彼岸の期間も常に確定しているのではなく、

毎年2月1日に翌年の春彼岸の期間が決まるということになります。

 

2019年以降の春彼岸の期間がいつかは、

その都度発表される春分の日を確認してくださいね。

 

また、暑さ寒さも彼岸まで、という言葉の由来もこの彼岸の期間が関係しています。

春分の日、秋分の日はそれぞれ、

太陽の出ている時間と出ていない時間が同じになる日であり、

その後は日が短くなったり、長くなったりする境目にあたります。

これまでの暑さや寒さが和らぐ季節の変わり目になっているということですね。

 

ちなみに、彼岸の文化は江戸時代から始まったとされており、

明治時代には国家の祝日となり、

現在の春分の日は「春季皇霊祭」、秋分の日は「秋季皇霊祭」と定められていました。

春彼岸は、それだけ歴史のある風習であるということですね。




スポンサーリンク





関連記事:お墓掃除の方法!墓石の黒ずみ・水垢・苔などの汚れの落とし方!

春彼岸におすすめのアイテムを紹介!

春彼岸の期間と作法を押さえたら、あとは春彼岸の日を迎えるだけです。

ここからは、春彼岸の時にあると良いおすすめのアイテムを紹介していきます。

 

まずは、お供え物から。

 

老舗市川屋のおはぎ

ぼたもちを自宅で作るのも良いですが、もち米をこねたりするのは意外と手間です。

どうせなら、こういった美味しいぼたもちを注文してしまうのも一つの手です。

 

こちらのぼたもちは、160年以上も続く老舗が作ったもので、

最高級品種こがねもちを使っており、モチモチ感と上品な甘さが抜群です。

お供え物として使えば、ご先祖様もさぞ喜ぶことでしょう。

彼岸のあとは美味しく召し上がってくださいね。

 

丹波きなこ落雁

ぼたもちが苦手、日持ちが心配という方のお供え物には落雁がおすすめです。

こちらの落雁は黒豆きな粉の風味を最大限に生かした味が特徴で、

口に入れればほろほろと溶けてきな粉の香りがいっぱいに広がります。

 

色々な種類の紋が型押しされているので、

味だけでなく見た目も楽しめるのも魅力の一つです。

お茶請けとしても使い勝手が良いですし、

添加物を一切使用していないので安心感もあります。

 

続いては、お墓参りに持って行くと便利なものを紹介します。

 

お花の専門店がつくる本格仏花

春彼岸のお墓参りの際には、お供え物として仏花を持っていくのがベターです。

こちらの仏花は、フラワーギフト専門店のプロが制作しているので、

見た目も鮮度もよく、ボリュームも素晴らしいです。

ご先祖様も、お喜びになるはずです。

 

春彼岸以外にも、お盆や月命日などなど、仏花が必要になった時にはおすすめです。

花瓶要らずで自立する仏花もあるので、

お墓に花を立てるところがないという方にもおすすめですよ。

 

選べる新しい香りの線香

春彼岸のお墓参りには線香も必須です。

ただの線香でももちろん良いのですが、

こういった香り付きの線香も趣があってオススメです。

 

コーヒー、緑茶、ミント、はちみつ、いちごの中から

好みの香りを選ぶことができますので、

例えば故人がコーヒー好きだったなら、

コーヒーの香りで供養してあげるといったことも可能です。

ギフトとしても人気が高い商品となっています。

 

お墓洗い3点セット

お墓を掃除すると言っても、どうやっていいか分かりませんよね。

そんなときはこういったセットがあると便利です。

セット内容は墓石を傷つけずに綺麗にできる破壊しクリーナー、

溝や石の継ぎ目も磨けるブラシ、花筒を磨くブラシです。

 

さらにこのセットをコンパクトに収納できる巾着袋も付いているので、

お墓参りにはお供え物とこれを持って行けばそれで十分と言える商品です。

この機会に、ご先祖様のお墓をピカピカに磨いてあげましょう!




スポンサーリンク





関連記事:お墓参りに必要な道具・持ち物は?数珠は必要?タブーな花は?

最後に

いかがでしたでしょうか。

2018年の春彼岸の期間がいつかというと、3月18日から3月24日までの7日間です。

中日である3月21日には、お墓参りに行き、お墓や周辺の掃除を行いましょう。

お供え物はぼたもちが定番ですが、果物や落雁(砂糖を型に入れた食べ物)でもOKです。

 

また、今後春彼岸がいつだったかと不安になったら、

カレンダーで春分の日を確認しましょう。

その前後3日間が春彼岸の期間になります。

今回紹介した内容を参考に、正しい春彼岸を過ごしましょう。





スポンサーリンク


サブコンテンツ