卒業式のコサージュの色や付け方!位置や通販のおすすめについても詳しく解説!

子供の卒業式には、多くの場合親も参加します。

 

子供の晴れ姿を見るのは楽しみですが、

自分も失礼のないようにちゃんとしたコーディネイトをしないといけないと思うと

少し憂鬱ですよね。

 

特にコサージュは付け方や位置が難しく、「これ変じゃない?」と

鏡の前に立っていつまでも試行錯誤…という事も少なくありません。

 

そこでここでは卒業式につけるコサージュの付け方や位置、

おすすめの色や通販で簡単に手に入るかわいいコサージュを紹介します。

卒業式につけるコサージュの事で色々悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。




スポンサーリンク






卒業式のコサージュは必要?

卒業式に後ろに並んだお母さんの服装を見てみると、

服装はどうあれ、だいたいの方が胸にコサージュをつけています。

 

皆がつけているので「これって義務なの?」と思ってしまいますよね。

 

でも実は、卒業式にコサージュを付けるのは絶対ではありません。

付けたくなかったら付けなくてもいいんです。

 

でも、なぜ卒業式でコサージュを付けている方が多いのでしょうか。

それにはちゃんと理由があります。

入学式はピンクや黄色など、華やかな色の服装をしているお母さんが多いですよね。

 

でも卒業式を思い出してください。

多くの方の服装の色は「黒系」ではありませんか?

 

卒業式は厳かな雰囲気で行われますから派手な色の服装はしまりませんし、

黒色には先生方に敬意を表すという意味が込められています。

だから多くの方が、卒業式は黒色系の服装をしているんです。

 

ですが、卒業式はお葬式ではないので

あまり暗くなってもそれはそれで良くありません。

そこで、胸元に明るく彩られたコサージュをつける事で、

華やかさを演出するんです。

 

また、コサージュには「小さな花束」と言う意味もあり、

子供が無事卒業できた事、お世話になった先生方への感謝を祝して

本来付けられているとされています。

 

確かにコサージュをつけるとお祝い事という感じがして、

黒系の服装でも一気に華やかになりますよね。




スポンサーリンク






卒業式のコサージュの付け方や位置は?

では、卒業式にコサージュを付けるとして、どこに付ければ良いのでしょうか。

コサージュの付け方や位置って、地味に迷いますよね。

 

ではまずコサージュの「付け方」から見ていきます。

コサージュは胸の辺りに付けている印象がありますが、

胸の右側なのか左側なのか迷いますよね。

実はコサージュは左右のどちらに付けてもOKです。

 

ただ、人には利き手があるように、「利き目」というものがあります。

利き目というのは利き手と同じになる事が多いですから、

多くの人は右が利き目になります。

 

つまりぱっと何かの正面を見た時、多くの人は無意識にまず右側に注目します。

 

せっかく買ったコサージュですから、しっかり人に見て欲しいですよね。

自分の顔よりコサージュを見てくれ、というお母さんも多いはずです。

 

ですからコサージュを付ける時は人から見て右側、

つまり自分から見て左側に付ける付け方をすると、

人からコサージュを見てもらいやすくなりますよ。

 

次にコサージュの「位置」について見ていきましょう。

 

コサージュを左側に付けるとして、

体のどの位置に付ける付け方をすれば一番ステキに見えるのでしょうか。

 

コサージュを付ける位置として一番おすすめな位置は、

「鎖骨寄りの、胸と鎖骨の間」です。

 

コサージュと言うと名札のように胸の位置かなと思う方もいますが、

コサージュというのはかなりボリュームのあるアクセサリーなので、

胸の位置だと外から見てやや重たい印象になってしまいます。

 

また、コサージュがアクセサリーというより名札のようになってしまい、

悪い意味で幼く見えてしまいます。

 

ですから胸よりやや高めの位置につけると自然と体のバランスが上の方に移動し、

シルエットもスッキリ見せる事ができますよ。

 

また、服装に襟がある場合は襟につけると、よりしまってみえます。

 

コサージュをステキに見せたい時は、

自分から見て左側、鎖骨寄りの、胸と鎖骨の間に位置に合わせてみてくださいね。

卒業式のコサージュ、おすすめの色は?

卒業式のコサージュの付け方や位置は分かりましたが、

そもそも何色系のコサージュを付ければ良いのでしょうか。

 

卒業式に合うコサージュの色は、まず「淡い色」が基本です。

コサージュは「少し華やかさを演出する」だけなので、

あまり色が派手過ぎてはいけません。

 

ですから作りとしては優しい色合いのパステル調や

色を強調し過ぎないスケ感のあるコサージュがおすすめです。

 

ではここで、卒業式におすすめのコサージュの色を紹介します。

 

黄色系

まずおすすめなのは「黄色系」です。

 

黄色は薄くても黒系の服装からでもぱっと目立ちますし、

風水では「幸運」と呼ばれる色なので、お祝い事にはぴったりの色ですよ。

 

赤系

エネルギッシュな色も、お祝い事にはしっくり来ます。

 

赤は少し目立ち過ぎるんじゃないのと心配する方もいますが、

そこは卒業式と言うおめでたい行事ですし淡い色系を選べば

基本は薄く作られているので悪目立ちする事もありません。

 

堂々としていれば逆に「キレイ!」と思われるコサージュになりますよ。

 

パープル、ブルー系

あまり目立たず大人しめに行きたい方は、パープルやブルー系がオススメです。

少し暗いかな?と思われがちですが、

コサージュには薄くラメが入っていたりして

目を引くように作られているので大丈夫ですよ。

 

パープルもブルーもそこまで主張する色ではないので、

落ち着きのある華やかさを演出してくれます。




スポンサーリンク





関連記事:卒業式の教員の服装!女性・男性別の注意点やネクタイ・ストッキングについても詳しく解説!

通販で手に入る、卒業式におすすめのコサージュ!

 

ではここで、通販で手に入る卒業式におすすめのコサージュを紹介します。

まずはこちらのコサージュです。

 

デザインを見て分かると思いますが、「万人受けするデザイン」です。

 

コサージュらしいかわいらしさと華やかさがあり、

かつどこへ出してもしっくり納まるように

あまり冒険し過ぎない型になっています。

 

黒色系の服装に自然に花を添えてくれるので卒業式にぜひおすすめです。

また、色が豊富なので自分の好きな色を選ぶことができますよ。

 

コサージュを付けたいけど、あまり派手過ぎないごく普通の物が欲しいという方は

ぜひこちらのコサージュを選んでみてください。

 

 

無難なコサージュもいいですが、「自分は人の目はあまり気にしない」

「少しこだわったものを付けたい」という方におすすめなのがこちらのコサージュです。

 

こちらは花の中でもバラを強調して作られたコサージュになります。

 

大きなバラをあしらったデザインがひとつドンとあるので

インパクトがあるのは間違いありません。

 

しかしきちんとひとつの作品に収まっているので浮くことはなく、

「あら、キレイね」と思ってもらえるコサージュです。

 

花と言えばバラでしょう!という方にもぜひおすすめのコサージュですよ。

 

 

「コサージュは好きだけど、あのぼやけたようなふわふわした感じは

どうしても自分には合わないのよね」という方もいると思います。

 

確かにふわふわしたコサージュは

人によっては「なぜかとても似合わない」という事もあります。

 

そんな時は、こちらのコサージュがおすすめです。

こちらは逆に、しっかりした生地できっちり作られたコサージュになります。

 

ですが色が大人しめなので変に目立つこともありません。

 

むしろ同じ布製なので「付属品?」というくらい

服装にしっかり馴染んでくれるコサージュです。

 

ふわふわした淡いコサージュが苦手な方は、

ぜひこちらのコサージュがおすすめですよ。

 

 

小さいものが好きで、

細々した作りが好きな方にオススメなのがこちらのコサージュです。

 

こちらのコサージュは少し変わっており、

3つの花が合わさった花束のようなデザインになっています。

 

またパールの飾りとフェイクグリーンがついており、

見る人を飽きさせない作りです。

 

特にグリーンがアクセントになって、

遠目からだと「あれ?本物?」と思われますよ。

 

女性らしい細やかさや華やかさを演出できるので、

さりげなくデザインにこだわりたい方にもおすすめのコサージュです。

 

 

シフォン生地は見た目も柔らかな印象で、手触りも非常に心地よい素材です。

ですから何を選ぶにも「とりあえずシフォン生地がいい!」という方がいるくらい

人気の高い生地になっています。

 

そんなシフォン生地で作られたのが、こちらのコサージュです。

シフォン生地は薄くて柔らかいので、見た感じもとても優しい作りになっています。

 

またシフォンの優しい生地とは対照的に

硬いパールビーズがついているのがとても良いアクセントになります。

 

より柔らかい印象を持たせたい方や

シフォン生地が好きな方にはぜひおすすめのコサージュですよ。

 

 

「服装は黒系統の地味系でまとめるけど、

コサージュだけはせめて、浮かないギリギリまで明るめにして卒業式を祝いたい」

という方におすすめなのが、こちらのコサージュです。

 

こちらのコサージュは大きく、

レースが何層にも重なってかなり豪華な作りになっています。

 

ですが作り自体は淡い布で薄く作られているので、

卒業式特有の厳かさを邪魔する事はありません。

 

卒業式の雰囲気を壊さず、かつ

コサージュだけは豪華に決めたいという方に、ぜひおすすめのコサージュですよ。




スポンサーリンク





関連記事:就職祝いのお返しの相場やおすすめの品物!のしなどのマナーについても詳しく解説!

最後に

卒業式のコサージュは付け方や位置など飾り方が難しいと思われがちですが、

きちんと付ければインパクトのあるとってもオシャレなアイテムになります。

 

卒業式にコサージュは付けても付けなくていいですが、

黒色や地味系の服装だけでは、やはりどうしても暗い感じがでてしまいます。

 

そんな時にちょっと「花」があると、一気に雰囲気が明るくなりますよ。

 

コサージュは昔はかなり高価なものばかりでしたが、

今は通販で安くてステキなコサージュがたくさんあるので、

ぜひ自分に気に入ったものを選んで卒業式に参加してみてください。



スポンサーリンク

サブコンテンツ