友引の意味!納車や法事は大丈夫?良い時間帯は?

みなさんは「六曜」という言葉をご存じでしょうか。

六曜とは、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口のことを指します。

カレンダーをよく見ると、これらの文字が小さく書かれていると思います。

普段あまり気にしていない方もいると思いますが、

冠婚葬祭などのイベントを行う際には意識しているという方も多いと思います。

 

そこで今回は、六曜の中でも「友引」についてご紹介していきます。

大安や仏滅などは良く耳にしますし、何となく意味も分かっている方が多いと思いますが、

友引についてはいかがでしょうか。

 

一般に、友引は葬儀を執り行う際に避けるべきだと言われています。

そうなると、法事の場合は良いのか?納車は大丈夫?などなど疑問もあると思います。

また、都合の良い日付がどうしても友引になってしまう、ということもありますよね。

ここでは、友引の日の中でもそういった行儀を執り行うのに

良い時間帯についても解説していきますので、参考にしてみてください。




スポンサーリンク





友引の意味について解説!

友引は「ともびき」と読みます。

意味は主に二つあり、一つは友を凶事に引き込むという意味です。

つまり、良くないことに友人を引き込んでしまうということですね。

 

二つ目は、勝負事の決着がつかないという意味です。

これは、昔、友引は「共引」と書かれており、

共に引き分けるという意味があったことに由来しています。

しかし、現在では前者の意味合いが強く用いられております。

 

友を凶事に引き込むという意味合いから、

友引に葬儀を行うことは避けられているということになります。

つまり、友引に葬儀を執り行うことで、

親しい友人なども連れて行かれてしまうという意味があるのです。

葬儀屋では、友引の日はお休みとしているところも多いようです。

 

2018年日めくりカレンダー

毎日めくる日めくりカレンダーは風情があって良いですよね。

暦を確認する用途としてはもちろんのこと、

祭事や物事を始めるのに重要な六曜や、吉凶に関する情報も盛りだくさん。

大きいサイズのカレンダーなので見やすさも問題ありません。

 

加えて、メモできるスペースも広いため、使いやすさに定評があります。

また、毎日カレンダーをめくりながら日にちを確認するという行動は、

認知症の予防にも効果があると言われています。

新年を迎えるにあたって、両親や祖父母にプレゼントしても良いですよね。

 

エディット ブリリアントB6

2014年にグッドデザイン賞を受賞した、

1日1ページスケジュール帳になります。

スモーキーな色合いでさわり心地も良い表紙に

さりげなく箔押しが光ったシンプルなデザインなので、

ビジネスからプライベートまでどんなシチュエーションにも合います。

 

時間軸でスケジュール管理が可能で、

イラストが描けるフリースペースも用意されています。

使う方によって無限大の広がりを見せるこちらのスケジュール表を使って、

2018年を実りある一年にしてみませんか?




スポンサーリンク





友引に法事や納車は大丈夫?良い時間帯は?

友引に葬儀を行うのは避けるべきと言われていますが、法事はどうでしょうか。

法事は葬儀と同様に不幸に繋がる行事なので、

友引にはなるべく避けた方がいいとされているようですが、

実際にはあまり気にしなくても良いという意見が多数派です。

 

それは、六曜というのは、中国から由来しているものだから

法事が行われる寺院の立場としては、あまり六曜の縛りを気にすることはありません。

しかし、法事が不幸に繋がる行事であることは事実なので、

参列者の中には友引に法事をすることを気にする方もいます。

 

法事の日程は弔主が決められるので、

あえて友引にするようなことは避けるのが無難かも知れません。

とは言え、参加者の都合などで友引の日しか日取りを摂れないということもありますよね。

そういった場合には、午前中の早い時間帯や、昼過ぎから夕方にかけてやるのが良いです。

 

というのも、友引には「朝は吉、昼は凶、夕は大吉」という言い伝えがあるのです。

正午前後の時間帯は、特に縁起が悪いとされていますので、

やむなく友引に法事を行うとしても、その時間帯は避けるようにしましょう。

 

ちなみに、六曜の1つである赤口は友引と反対の意味を持っています。

赤口は基本的にその日1日が凶とされているのですが、

正午前後の1時間は吉とされています。

 

また、新しい車を購入したとき、その納車日も大切な一日になりますよね。

納車日が友引で大丈夫?と感じる方も少なくないようです。

ただ、友引の納車には何の問題もありません。

そもそも、友引の意味は「友を引き込む」というものです。

だから、友引に葬儀などを行うと故人に引き込まれるという話になっています。

むしろ友引自体は大安の次に縁起が良いとされているほどです。

 

納車という行為は、別に縁起の悪い物でもなんでもありませんので、

友引はむしろ納車をするには良い日取りと言えます。

もし、納車日が友引になって迷っているとしても、大丈夫です。

関連記事:お守りの返納方法!時期や場所は?郵送でもできる?




スポンサーリンク





友引には他に何をして良い?

葬儀や法事を避けるべきというのが友引の常識の1つではありますが、

他に避けるべきな行事、あるいはやるべき行事はあるのでしょうか。

 

まず、一番気になるのは入籍や結婚式ではないでしょうか。

一般的には、大安の日に入籍や結婚式を行うというのが多いと思いますが、

先ほども紹介したように友引は本来縁起が良い日でもありますので、

入籍のようなおめでたい行事もして良いとされています。

友引は大安の日取りに比べて式場の予約が取りやすかったり、

値段が安かったりすることもあるので、参考にしてみてください。

 

注意点としては、結婚式を行う時間帯、婚姻届を出す時間帯は

正午前後1時間の時間帯を避けることです。

午後2時以降であれば、より吉とされています。

 

また、友引は結婚式に参列してくれている友人を幸福に引き込むという

好意的な解釈もできるため、ある意味では結婚式を行うには良い日なのです。

ちなみに六曜を吉凶の順序で考えると、大安、友引、先勝、先負、赤口、仏滅となります。

ですから、お祝いごとを行うにはむしろ適していると言えるのです。

 

また、引っ越しを考えている人も友引はおすすめです。

友引は、勝敗の決着が付かないとされていることからも、

維持や継続と言った意味合いがあります。

 

良い状態がその日だけでなく翌日にも続くということを考えて、

節目となるイベントを友引に行うというのも良いとされていることなのです。

時間帯を気にするのであれば、午前の時間帯に引っ越しを済ませてしまう、

もしくは、昼前後の時間帯は休憩とするなどして工夫するのも良いと思います。

関連記事:大安に葬式をしてはいけないの?通夜・告別式ならOK?




スポンサーリンク





最後に

普段何気なくカレンダーに書いてある六曜ですが、

改めて考えると奥が深いことがわかります。

友引の日の法事は問題ないとするのが多数派で、

納車に関しても時間を考えれば大丈夫です。

 

基本的に縁起が良い日とされているのは大安ですが、

友引に関しても、別に縁起の悪い日というわけではありません。

 

法事や納車だけでなく、

入籍や結婚式などめでたい行事の場合でも友引の日に行って良いのです。

しかし、葬式だけは、友引の意味からも避けた方がいいでしょう。

 

普段は六曜なんてあまり気にしないのが普通ですが、

何らかのイベントを行う際には、

事前に確認して縁起が悪い日ではないかどうか考えておくのも良いと思います。

関連記事:厄払いの付き添いの服装や料金は?家族、子供連れで行ってもいいの?





スポンサーリンク


サブコンテンツ