お守りの返納方法!時期や場所は?郵送でもできる?

みなさんは役目を果たしたお守りや前の年に購入したお守りをどうしていますか?

お守りは、初詣の度に購入するという方や、合格祈願、安産祈願、縁結びのお守りなど、

様々なタイミングでもらったり、購入したりしますよね。

 

それぞれに思い入れがあるはずですし、役目を終えてもなかなか捨てることができずに

知らず知らずのうちに溜まってしまう、なんてことはありますよね。

願いが込められたお守りですから、役目が終わったからといって、

そのままゴミ箱に捨てるというのは躊躇われますよね。

 

神社などに返納できるとは知っていても、返納できる時期や場所、

郵送でも良いのか?などと疑問は次々浮かんでくると思います。

 

お守りは神様が自分を守ってくれた大切なものです。

お守りにこめられた思いを大切にし、処分方法も正しい方法で行いたいですよね。

今回は、お守りの正しい返納方法や時期、場所についてなど、詳しくご紹介していきます。




スポンサーリンク






お守りを返納する時期について解説!

お守りの起源は、実に平安時代頃からと言われています。

陰陽師が魔除けの護符を袋に入れて持ち歩いていたことが始まりのようです。

 

その後、民衆に広まったのは江戸時代で、

現在のように神社などでも販売されるようになりました。

その頃からご利益を込めてお守りを購入する風習も広まり、

今では、大切なイベントのタイミングや年の始まりなど、

様々な用途に合ったお守りが販売されていますよね。

 

大切な思いのこもったお守りは、

いつまでも持っているからと言って効果が持続するわけではありません。

適切な処分の時期があるのです。

 

お守りは外界にさらされていると徐々に効果が薄くなっていき、

その効果が発揮できなくなっていくとされており、その目安はおよそ1年です。

初詣の時期に購入したお守りであれば、

翌年の初詣の際に新しいものを購入すると同時に返納するというのが

適切なタイミングだと思います。

 

そこでまた新しいお守りに変えることで、

その効果は再び最大限に発揮することができるということになります。

 

また、何らかの目的のために購入した、もしくはもらったお守りの場合は、

満願が処分の時期となります。

ですから、安産祈願や合格祈願などは1年という期限に関わらず、

そのイベントが無事に終わったところで返納するというのが正しい時期ということですね。

 

お守り本革ケース

お守りを正しく返納するには、

1年間あるいは満願まで大切にお守りを保管しておく必要があります。

途中で無くしてしまっては縁起も悪いですよね。

そこでおすすめなのがこちらのお守り本革ケースです。

 

首から提げるチェーンも付いていますし、

カラーも4種類から選ぶことができます。

大切なお守りに傷が付くことも防げますし、

肌身離さず持つことで、効果も倍増するかもしれません。




スポンサーリンク






お守りの返納場所!どこに返納するのが良いの?

お守りを返納する場所は、基本的に購入した神社や仏閣になります。

しかし、人からもらったお守りや遠方で購入したお守りは、

その神社へ返納しに行くのが困難な場合もありますよね。

そのような場合には、近所の神社で構いません。

 

注意してほしいのは、神社で購入したお守りは神社へ、

お寺で購入したお守りはお寺へ返納するというのが原則です。

もらった場合にも、神社のものかお寺のものかは最低でも確認する必要があります。

 

神社とお寺では祀っているものが神様か仏様かという違いがあります。

また、お寺は宗派の違いもあるため、

違う宗派のお寺へ返納すると失礼にあたる場合もあります。

大抵はお守りにその神社やお寺の名前が書いてあるので、

わからない場合は事前に確認しておきましょう。

 

また、年末年始に神社に訪れると、

境内に古くなったお札やお守りを納める専用の箱が置いてあります。

一年間守ってくれた神様や仏様に感謝の気持ちを述べてから返納しましょう。

この時に、返納箱の横に賽銭箱が置いてある場合もありますが、

お守りを買ったときと同額程度の賽銭を納めるのが礼儀とされています。

 

また、年末年始に限らず、お守りの返納はいつでも受け付けてくれます。

神社に行くと、決められた場所が設けられていますので、

その場所に返納すれば問題ありません。

見つからない場合は、神主さんに聞いてみるといいと思います。




スポンサーリンク





関連記事:初詣東京で空いてる穴場のパワースポットランキング!

お守りの処分方法!返納は郵送でもできる?自宅でも可能?

お守りは1年を目安にいただいた神社やお寺に返納するという方法が一番良いです。

しかし、人からいただいたお守りや、購入した場所が遠方の場合は、

その場所に直接返納するのが難しいこともありますよね。

 

そのような場合には、いただいた場所と同じでなくても、

近くの神社やお寺に返納しましょう。

だいたい1月の中旬頃に神社ではどんど焼きという行事が行われます。

正月に飾ったしめ縄などを炊きあげるので、

その際にお守りも一緒に持って行くと良いでしょう。

 

また、実は郵送で返納するという方法も可能です。

この方法なら、そのお守りを販売している遠方の神社にも

お守りを返納することができます。

大抵の神社やお寺では郵送での返納を受け付けていますが、

心配な場合には直接、電話などで確認してから行うと安心だと思います。

 

郵送する際には、返納金を同封するのが一般的なため、普通郵便で送ることはできません。

返納の際には、現金書留などで送るようにしましょう。

郵送方法は、茶封筒にお守りを入れて、「お炊きあげ希望」と書きましょう。

お礼の手紙を添えるのも忘れないでくださいね。

 

内容は簡易的なもので構いません。

「大変お世話になりました。

1年間ありがとうございました。

お炊きあげの程、よろしくお願いします。」

などと書いた手紙を入れれば大丈夫です。

あとは定形郵便、もしくは定形外郵便で送れば返納が終了します。

 

長3封筒 茶封筒

お守りと手紙を入れて送るのに使える茶封筒です。

あまり茶封筒を常備しているという方は少ないかもしれませんが、

ちょっとした連絡で使用できたり、会社での使用頻度も多いので、

買って置いても無駄になることはありませんよ。

 

その他にも、自宅で処分するという方法も可能です。

自宅で燃やす場合には、火事などの危険性もあるのであまりおすすめはしませんが、

忙しくて神社やお寺に直接行けないという方には良いでしょう。

 

自宅でお守りを処分する場合には、白い半紙と塩を用意します。

白い半紙と塩にはお清めの効果があるのです。

お守りを白い半紙に包み、塩をひとつまみ振りかけて燃やすだけです。

 

家で燃やすのに抵抗があるという方は、そのままゴミとして処分しても構いません。

ただし、他のゴミとは袋を別にするようにしましょうね。

正月などの飾り物も同じですが、お守りのような縁起物は別にして捨てるのが一般的です。

また、どの方法で処分する場合でも感謝の気持ちを忘れずにしてくださいね。




スポンサーリンク





関連記事:神社にお参りする意味や頻度は?お賽銭の作法は?

最後に

お守りの期限は1年です。

何年も前のお守りをいつまでも大切に持っているという方はいませんか?

もし、そのようなお守りを持っている場合には、

できるだけ早く神社やお寺に行って返納すると良いと思います。

 

お守りはいただいた時と同じ場所に返納するのが一番良いのですが、

それが難しい場合は最寄りの神社やお寺でも問題ありません。

どうしても、いただいた場所に返納したいということであれば、

郵送という方法も可能です。

 

色々ルールはありますが、

返納する際にはお守りの処分方法のことばかりで頭をいっぱいにするのでは無く、

そのお守りが自分を守ってくれたという感謝の気持ちを忘れずに行うようにしましょう。



スポンサーリンク

サブコンテンツ