バレンタインの起源や由来!日本での歴史や始まりについても詳しく解説!

日本では新年にお祝いムードが終わった頃から、徐々にバレンタインに向けての

準備が始まりますよね。

毎年、女性にとっては彼にどんなチョコレートをプレゼントしようか悩んだり、

義理チョコなどでなにかと気を遣うことが多かったりで

少し面倒に感じている方もいるかもしれませんね!?

 

すっかりおなじみになっているイベントのひとつですが、

バレンタインについて詳しく知っている!という方は少ないでしょう。

今回は、その起源や由来、日本での歴史などをまとめてみました。

バレンタインの知識を身につけて、さらに有意義に過ごせるといいですね!




スポンサーリンク





バレンタインの起源と由来を知っておこう!

まず、「バレンタイン」という言葉の意味はご存知ですか?

これは人の名前なんですよ!

バレンタインデーを英語ではSt. Valentine Dayと言いますが、

これはセイントバレンタインと読みます。

彼は、3世紀にローマで殉教したキリスト教徒のことを指しています。

 

3世紀のローマでは、当時の皇帝クラウディウス2世は

なかなか戦争に出ようとしない若者たちを問題視していました。

そして皇帝はその理由を、家族や恋人たちのもとを去りたくないからだ

と考えるようになり、ついには結婚を禁止してしまったのです。

 

ここで、バレンタインが登場するのです。

彼は当時、キリスト教の司祭であったので、

彼はそんな若者たちを不憫に思い、内緒で結婚させてあげていました。

しかしそれが、皇帝クラウディウス2世に知られてしまいます。

 

しかもその当時のローマでは、キリスト教は迫害の対象になっていました。

皇帝はバレンタインに罪を認めることと、改宗を迫ります。

しかしバレンタインはそれを拒否したために、投獄され処刑されてしまいました。

彼が処刑された日は西暦269年の2月14日であったことから、

2月14日はバレンタインデーとなったのです。

 

ちなみに、バレンタインは後に勢力を増したキリスト教徒から聖人と認定され、

St. Valentineとなりました。

 

そしてローマでは、2月14日に未婚の女性たちの名前が書かれた紙を集め、

翌日に未婚の男性がその紙を引き、紙に書かれた女性と付き合うという伝統的な

お祭りがありました。

しかし風紀が乱れるということで、キリスト教の聖人を奉る行事となり

殉教した聖バレンタインをこの行事の守護聖人としました。

 

その後、キリスト教ではカードやお花を贈りあう行事に変わっていったのです。

これが現在のプレゼントを贈りあうバレンタインの文化に繋がっているのですね。

こんなに古い時代までさかのぼるなんて、ちょっと驚きですよね!




スポンサーリンク





日本のバレンタインの歴史や始まりは?

日本のバレンタインの始まりというのは、

実は先にご紹介したキリスト教的な行事や出来事とは全く関係がありません。

その歴史はさかのぼると、諸説あるようですが、一番古いもので約80年前になります。

 

1936年に神戸の洋菓子店「モロゾフ」が、日本初のバレンタインの広告を

英字新聞に掲載したと言われています。

キャッチコピーは「バレンタインデーにはチョコレートを」というものでした。

その背景には、モロゾフの創業者には米国に友人がおり、その友人を通じて

2月14日には贈り物をし合うという欧米の文化を知ったことが、由来とされています。

 

その後、日本の製菓業界ではバレンタインに対する熱が加速し

1958年にはメリーチョコレートカンパニーが、バレンタインセールを行ったり

1960年には森永製菓がバレンタインデーの新聞広告を打ったり、

1968年には輸入雑貨で有名なソニープラザがチョコレートを贈ることを

流行らせようとしたという動きが歴史としてあります。

 

ちなみに1958年のバレンタインセールは3日間で売れたチョコレートは

板チョコがたった5枚だけであったそうです・・・

 

このように、各社が「バレンタイン=チョコレート」という

図式を作りあげようと販売戦略を進めていくにつれて、1970年代ごろから

世の女性の心をつかむことに成功し、それが今の日本スタイルの

バレンタインデーになっているんです。

 

日本のバレンタインの歴史というのは、お菓子業界の仕掛けた

商業的な目的が始まりということですね!

関連記事:バレンタインのクッキーやチョコの意味は?マカロンやマシュマロについても詳しく解説!




スポンサーリンク





世界のバレンタイン事情は?

日本のバレンタインの歴史を紐解いてみると、商業的な目的から始まる

日本独特のものだということがわかりましたね!

では、世界のバレンタインはどのような習慣・文化があるのかもご紹介したいと思います!

 

まず、バレンタイン発祥のヨーロッパから見ていきましょう。

国によっても少し違いがあるようで、イギリスでは日本のように

チョコレートを贈ることもあれば、お花や高級なシャンパン、アクセサリーなども。

イタリアやフランスでは同様にプレゼントをしますが、まれに下着を贈ることもあるようで

さすが、愛と情熱の国と言えますね!

 

そして、ドイツでは既にお付き合いをしているカップルもしくは夫婦限定のイベント。

交際していない男女がプレゼントを贈り合うという考え方はないそうです!

片思いや恋人がいない人にとっては、ちょっぴり寂しい気がしますね。

 

次に、アメリカではお花やメッセージカードを贈るのが主流。

この時期になるとバレンタイン用のカードが大々的に売られているのが目立ちます。

 

ただし、ここで必ず覚えておいていただきたいことがあります!

この欧米諸国のバレンタインは、「男性から女性に」贈り物をすることが主流です。

日本とは正反対ですね。

そしてホワイトデーというのも日本の文化なので、欧米にはありません。

男性から女性に贈り物をすることが当たり前なのですね。

 

私はアメリカに住んでいるので、バレンタイン当日や前日には、

お花屋さんから出てくる男性や、お花を持った男性をを街中で多く見かけます!

 

男性はバレンタインに向けて、お花やアクセサリー、ぬいぐるみなどを準備して

さらにレストランの予約も取って、女性をデートに誘います。

そのためバレンタインデーは、人気のレストランは非常に予約が取りにくい日に

なっているんですよ!!

 

ぬいぐるみと言っても、アメリカでは特大サイズが人気!

せっかくなので、迷わず大きいものを選びましょう。

きっと彼女もサプライズに喜んでくれるはずです!

 

お花を贈るなら、こんなにキュートなフラワーケーキはいかがでしょうか?

これをもらって嬉しくない女性はいないというくらい、可愛い仕上がりです。

しかし箱に入っているので、崩れる心配がないのもデートの時にはありがたい!

 

ちなみに、アジアのバレンタインは中国やタイにも存在しますが、

こちらもやはり男性から女性に贈り物をするのが習慣になっています!

例外的に、お隣の国・韓国では女性から男性に贈り物をする文化があります。

それはなぜかというと、バレンタインデーの文化が日本から伝わっているためです。

そのため日本と同様にホワイトデーもありますよ。

 

そして韓国の記念日でおもしろいのは、4月14日。

バレンタインでーにもホワイトでーにも関係がなかった人々が

黒い服を着て、黒いものを食べるという「ブラックデー」。

しかしこれをする事により、自分はシングルであるという意思表示になるので

これを機に恋人ができるということもあるようです!

関連記事:友チョコとは?いつから始まった?市販のおすすめ詰め合わせもご紹介!




スポンサーリンク





最後に

バレンタインの起源は、宗教の迫害や処刑などという言葉が出てくるので

少し悲しい日のようにも思いますが、若者の結婚を陰でサポートしていた

聖バレンタインの気持ちを想うと、ロマンチックな気もしますね。

 

そして、現代の欧米のバレンタイン文化を知ると、女性なら憧れてしまいますよね!

毎年プレゼント選びに悩んでいる女性は、彼やご主人にこういった

本場のバレンタインの習慣を伝えてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んでいる男性は、ぜひ次のバレンタインを欧米風に過ごしてみませんか?

関連記事:バレンタイン会社の義理チョコの予算は?上司の場合は?おすすめの義理チョコもご紹介!





スポンサーリンク


サブコンテンツ